魔王がブラック企業の社長になったら… 投稿漫画に反響「恐ろしいほどにホワイト」「一生ついていきます」

魔王がブラック企業の社長になったら… 投稿漫画に反響「恐ろしいほどにホワイト」「一生ついていきます」

画像提供:ポッポ焼き屋:ベニガシラ(@poppoyakiya)さん

ゲームなどに登場するラスボス「魔王」がブラック企業の社長になったらどうなるかを描いた漫画がTwitterに投稿され、共感や称賛の声が多数寄せられている。


漫画の主人公は、ゲーム世界で勇者に敗北し別次元の人間世界に転送してきた魔王。この世界の征服を目論みつつ、異次元に消失した前社長にかわり、とあるブラックIT企業の社長に就任する。前社長は、「パソコン!?XPで十分だろ!」「残業代?働かせていただいてんだろ!」とブラックを体現したような人物だったが、魔王は「愚かなり、人間 旧式の装備で戦えるものか」「キサマらは魔王を倒すのにヒノキの棒で戦うのか?」と最新機種を導入。サービス残業をしている社員には、「愚かなり、人間 長時間勤務なぞ効率を堕とす」と言い放ち、世界崩壊まで1時間に迫った勇者の力を目の当たりにした経験から、「限られた時間だからこそ全力を尽くせる」と持論を展開。その上で、「勤務期間内で馬車馬のように働け!」と残業を否定する。


さらに、ボーナスを期待していなかった社員たちに対し、「使命、義務、精神論で戦える者は一部の狂人のみ」「より高い地位 より高い報酬がほしければ、働くがいい 人間!」と成果に応じたボーナスを支給。そして、次々にブラック体質を改善する魔王に社員たちは、「一生ついていきます!」と忠誠を誓う。


作者のベニガシラさんがこの漫画をTwitterに投稿したところ、瞬く間に拡散。一般的な魔王の設定やキャラクター像を活かしながら風刺を利かせた内容に、共感や称賛の声が多数寄せられている。
「恐ろしいほどにホワイト企業」
「勇者が弱い時期の現場には、初任者だけを配置してあげる適切な人事配置と職務給だったのかもしれん。魔王様、一生ついていきます」
「使命、義務、精神論で戦えるのは一部の狂人のみってのには1000%同意するわ」
「デーモン界は実力主義 なのでアホな精神論ばかり語る人間ごときには負けない」
「どこぞの城に呼び出して雀の涙ほどの金渡して魔王を倒してこいって言う王よりもよっぽどか良い人です」
「魔王軍が何故強いのかが心で理解出来たわ…こんな部下思いで手際のいい大将なら全力で期待に応えたくなる」
「これを見て魔王最高って思う日本はおかしい」






関連記事(外部サイト)