肉を肉でサンドしたモスの「にくにくにくバーガー」 毎月肉の日限定で復活

「有吉弘行のダレトク!?」で反響を呼んだ、肉を肉で挟む「にくにくにくバーガー」復活

記事まとめ

  • モスバーガーの肉を肉で挟んだ「にくにくにくバーガー」が毎月29日限定で販売される
  • 「にくにくにくバーガー」はワケあって日の目を見ることがなかった“没メニュー”
  • 「有吉弘行のダレトク!?」で紹介され、期間限定で販売、20万食以上を売り上げた

肉を肉でサンドしたモスの「にくにくにくバーガー」 毎月肉の日限定で復活

肉を肉でサンドしたモスの「にくにくにくバーガー」 毎月肉の日限定で復活

にくにくにくバーガー

モスバーガーは、7月29日から毎月29日限定で「にくにくにくバーガー」を全国の店舗で販売する。価格は税込850円となる。


「にくにくにくバーガー」は、人気の「モスライスバーガー焼肉」のライスプレートをパティ(肉)に変え、さらに直火焼チキンとレタスを挟んだハンバーガー。塩などでシンプルに下味をつけ、じっくりと直火焼きした鶏もも肉は、皮はパリッと中はジューシーな食感を楽しむことができる。ボリュームはもちろん、バンズもライスプレートも使用しないため、糖質制限を意識した人にもおすすめの商品となっている。


「にくにくにくバーガー」は、もともと新商品を開発する中でワケあって日の目を見ることがなかった“没メニュー”。6月に放送された「有吉弘行のダレトク!?!?」の人気企画「没メニューレストラン」で復活し、1週間の期間限定で販売した。しかし、反響が大きく期間を2週間に延長、20万食以上売り上げる人気となった。


関連記事(外部サイト)