オフィスでもご飯が炊ける「ハンディ炊飯器」が登場 弁当箱サイズのお一人様用

オフィスでもご飯が炊ける「ハンディ炊飯器」が登場 弁当箱サイズのお一人様用

お一人様用 ハンディ炊飯器

サンコーは、お茶碗1杯分からご飯が炊ける「お一人様用 ハンディ炊飯器」を9月11日に発売した。価格は税込4980円となる。


「お一人様用 ハンディ炊飯器」は、持ち運ぶことができる小型の炊飯器。自宅やオフィスのデスクの上に置いても場所を取らない幅22.5×奥行き13.5×高さ15.5センチの弁当箱サイズで、ビジネスバッグにも入る大きさ。コンパクトでありながら、最大お茶碗大盛り約230グラムのご飯を2つ炊け、ご飯以外にも生野菜やレトルト、味噌汁などのおかずを温めることができる。


操作は、まず炊飯器本体と、といだお米を入れたお茶碗に水を投入。フタを締め、電源をコンセントにさしてスイッチを入れるだけと簡単。50分後には、高温の水蒸気でまんべんなく熱を加えることで、ふっくらと炊き上げた甘みのあるご飯を食べることができる。また、空焚き防止機能も付いており安全面にも配慮された炊飯器となっている。






関連記事(外部サイト)