日清、闇に葬った黒歴史を自ら掘り返す 攻めすぎて爆死した「黒歴史トリオ」復刻発売

日清、闇に葬った黒歴史を自ら掘り返す 攻めすぎて爆死した「黒歴史トリオ」復刻発売

日清の黒歴史トリオ

日清食品は、過去に発売したものの売れなかった「カップヌードル サマーヌードル」「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」「日清焼そば 熱帯U.F.O.」の“黒歴史トリオ”を7月3日から復刻販売する。発売当時は時代を先取りしすぎて理解されなかったという「日清の黒歴史トリオ」。しかし、エスニック料理や出汁に注目が集まる現在であれば売れるかもしれないとして再起を図ることになった。


「カップヌードル サマーヌードル」は、トムヤムスープをベースに、レモングラスをきかせたスープが特徴のカップ麺。発売した1995年夏には、まだ日本ではレモングラスの存在が知られておらず、「正直よくわからない商品」として扱われてしまった。「エスニック料理が一般化した今ならもっと愛してもらえるのでは」という理由で復活する。


「日清のどん兵衛 だし天茶うどん」は、2002年茶系飲料が大ヒットするなか、無理矢理ブームに相乗するべく開発。当時流行っていたのは緑茶だったが、何故かほうじ茶ベースのスープで開発するなど、全体的にズレまくっていた。「最近の出汁ブームに乗じ、再ブレイクすることを夢見ている」という。


「日清焼そば 熱帯U.F.O.」は、2002年夏、前年に大ヒットした「カップヌードル 熱帯シーフードヌードル」を勝手にパクって誕生したカップ焼きそば。パッタイやミーゴレンなどのエスニック風焼そばに慣れていない当時には新しすぎたが、「今なら魅力をわかっていただけるかも」としている。


また、「日清の黒歴史トリオ」特設サイトでは、「黒歴史トリオ」をはじめとした日清食品の闇世界に迫る黒歴史コンテンツが一挙公開。発売当時の担当者に直撃し、開発の経緯や現在の心境に迫ったインタビューや、発売当時の“若気の至り”満載のニュースリリースなどの自虐コンテンツを楽しむことができる。

関連記事(外部サイト)