朝日新聞で上司が女性記者にセクハラの疑い

朝日新聞社で上司が女性記者にセクハラか 紙面では福田氏や財務省を厳しく批判

記事まとめ

  • 朝日新聞社で、上司が女性記者にセクハラをした疑いがあると週刊文春が報じた
  • 上司は女性記者に無理やりキスを迫り、自宅に上がりこもうとしたそう
  • 紙面では福田氏や財務省を厳しく批判しており、セクハラ問題への対応が注目される

朝日新聞で上司が女性記者にセクハラの疑い

朝日新聞で上司が女性記者にセクハラの疑い

セクハラで辞任した福田前次官 ©共同通信社

 朝日新聞社で、上司が女性記者にセクハラをした疑いがあることがわかった。週刊文春の取材によれば、3月、経済部の歓送迎会が開かれた。女性記者は幹事の一人で、その後、男性の上司とバーに流れた。朝日新聞の中堅社員が証言する。

「そこで上司は女性記者に無理やりキスを迫り、自宅にまで上がりこもうとしたそうです。女性記者は、後日、被害を同僚記者らに打ち明けたとか」

 その後、上司は論説委員となり、以前と変わらず働いているという。

 女性記者に取材を申し込むと、「ごめんなさい、広報を通していただけますか」。上司の男性は「それは広報に聞いて頂けますか」と回答した。

 朝日新聞広報部に確認を求めると、次のように回答した。

「ご質問いただいた個別の案件につきましては、お答えを控えます。当事者の立場や心情に配慮し、保護を優先する立場から、ご質問にお答えできない場合があることをご理解下さい」

 セクハラ行為について、否定しなかった朝日新聞。紙面では、福田氏や財務省を厳しく批判しており、セクハラ問題にどう対応するのか、注目される。5月24日(木)発売の週刊文春では、“疑惑”の詳細や、「箝口令疑惑」などについて詳報している。

(「週刊文春」編集部)

関連記事(外部サイト)