安倍首相「獣医大学いいね」発言否定 ウソをついてるのは誰だ?

安倍首相「獣医大学いいね」発言否定 ウソをついてるのは誰だ?

安倍晋三首相 ©文藝春秋

 日大アメフト部の問題、働き方改革関連法案の問題、森友学園問題の再燃など、さまざまな話題が物議を醸した1週間だったが、加計学園問題もいまだに落ち着いていない。中村時広愛媛県知事による文書提出から端を発した、さまざまな発言を集めてみた。

◆ ◆ ◆

安倍晋三 首相
「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」

朝日新聞デジタル 5月21日

 学校法人加計学園の獣医学部新設をめぐり、2015年2月に学園の加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と面会した、と学園側から報告を受けた内容を愛媛県職員が文書に記録していたことがわかった。愛媛県は21日、要請を受ける形で関連文書計27枚を参院予算委員会に提出した。

 文書によると、安倍首相は2月25日に加計氏と15分ほど面談し、加計氏が首相に「今治市に設置予定の獣医学部では、国際水準の獣医学教育を目指すことなどを説明」したという。それに対して、「首相からは『そういう新しい獣医大学の考えはいいね』とのコメントあり」と記されていた。

安倍晋三 首相
「今回であれば獣医学部を創りたい、さらには今治市にといった話は一切ございませんでした」

BuzzFeed NEWS 2017年7月24日

 安倍首相は2017年7月24日に行われた衆院予算委員会で、加計学園の獣医学部新設計画を把握した時期について、国家戦略特区申請が認められた2017年1月20日だと明言していた。それまで加計孝太郎氏から「獣医学部を創りたい」という話は「一切ございませんでした」とも述べている。愛媛県が公開した文書の内容が事実なら、この答弁は明らかに嘘となる。

 なお、「安倍首相が1月20日に知ったのは国家戦略特区制度を使った申請のこと」「獣医学部新設の構想は構造改革特区で申請された時点で知っていたから答弁に矛盾はない」と首相を擁護する声もある。たしかに安倍首相は昨年6月、「(小泉純一郎内閣時代に創設された)構造改革特区で申請されたことを私は承知していた」と答弁していた。しかし、昨年7月24日の答弁では「構造改革特区と国家戦略特区を取り違えた」と説明した上で、「整理が不十分だった。おわびして訂正したい」と謝罪している(ロイター 2017年7月25日)。

 過去に構造改革特区での申請があったことについては「説明を受けていない」として、「加計学園の申請が正式に認められた国家戦略特区諮問会議において、私が知るところに至ったわけでございます」と明確に発言している(BuzzFeed NEWS 2017年7月24日)。あくまで加計学園の獣医学部新設の構想について知ったのは1月20日だと強調していたのだ。

安倍晋三 首相
「念のために昨日、官邸の記録を調べたところ、確認できませんでした」

朝日新聞デジタル 5月22日

 安倍首相は22日、記者団の質問に答え、「ご指摘の日に加計孝太郎理事長と会ったことはございません」と愛媛県の文書に書かれていたことを否定した。

 また、「加計孝太郎氏とは、獣医学部新設について、今まで国会等でお話をさせていただいてきたように、そういう事柄について、話をされたこともございませんし、私から話をしたこともございません」と2015年2月25日の面会のみならず、それ以前から加計氏と獣医学部新設について話したことはないと強調した。記憶も記録もないということだ。

 安倍首相は「官邸の記録を調べた」と話していたが、菅義偉官房長官によると首相官邸の入邸記録は廃棄されているという。面会記録やスケジュール表も「ない」とのこと。じゃ、首相は何を調べたんだ? というツッコミも各方面からあった。なお、15年2月25日の新聞各紙による「首相動静」に加計氏の名前は出てきていない。とはいえ、15年4月7日に花見で加計氏と同席したことを安倍首相は認めているが、その日の動静にも加計氏の名前は出てきていない。

柳瀬唯夫 元・首相秘書官(現・経済産業審議官)
「獣医学部新設の話は総理案件になっている。なんとか実現を、と考えているので、今回内閣府にも話を聞きに行ってもらった」

朝日新聞デジタル 5月21日

 これは愛媛県が国会に提出した文書に記録されていた柳瀬氏とのやりとりの一節。今年4月、首相秘書官を務めていた柳瀬氏が愛媛県などの職員に対し、「本件は首相案件」と伝えていたとする愛媛県の文書が明らかになっていたが、5月10日に行われた衆院予算委員会の参考人招致では「そもそも普段から首相という言葉は使わない」と述べていた(朝日新聞デジタル 5月10日)。しかし、こちらでは「総理案件」と記されている。

柳瀬唯夫 元・首相秘書官(現・経済産業審議官)
「私は同席した覚えはないし、その話を伺った覚えもない」

産経ニュース 5月22日

 柳瀬唯夫氏は22日、記者団の問いかけに応じて、安倍首相と加計氏の面談を否定した。愛媛県の文書には、柳瀬氏から「改めて資料を提出するよう指示があった」との記載もあったが、柳瀬氏は首相から指示はなかったと明言した上で、「私が安倍総理と加計理事長の面談を踏まえて資料の提示をお願いした覚えもない」と反論した。記者からの「愛媛県が嘘をついているのか」との問いかけには無言だったという(TBS NEWS 5月22日)

 柳瀬氏は今年4月10日、「記憶の限りでは、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありません」などとするコメントを発表したが、5月10日の参考人招致では「今でもわからない」としながらも、「いたのかもしれない」と述べていた(朝日新聞デジタル 5月10日)。

中村時広 愛媛県知事
「何も改ざんする必要がない。ありのままの報告書類」

朝日新聞デジタル 5月22日

 22日、中村時広愛媛県知事は取材に応じて、安倍首相が加計氏との面会を否定したことについて、「それぞれの発言ですから、そうですかとしか申し上げられない」と話した。

 ネットでは文書の中の一部のフォントが異なるとして「ねつ造文書」との指摘もある。今年4月から加計学園の客員教授に就任したと報じられている経済評論家の上念司氏もツイッターで「フォントが不自然」と指摘していた(5月22日)。一方、中村知事は文書について、「何も改ざんする必要がない。ありのままの報告書類」と述べ、信頼性の高い記録だと説明している。

 学園側が面会を否定していることには、「(文書は)学園関係者の話としての備忘録。学園の関係者が、(当時)県にうそを言ったのかということは、可能性としてはある」と話している。獣医学部新設を推進してきた加戸守行前愛媛県知事も「あくまで私の推理だが、首相がきっぱり否定したのだから学園側の作り話だったと思う」と指摘しているが、作り話を県に報告しちゃダメだろ、加計学園(産経ニュース 5月23日)。

中村時広 愛媛県知事
「僕は“殺されるリスト”に入っている。だけど、二回落選して怖いものなんてない。うちは真実だけを言い続けていく」

『週刊文春』5月31日号

 これは5月上旬、中村知事が県政担当記者に漏らした一言。このとき中村知事は「官邸が県の信頼を損ねるような答弁をするのであれば、ちゃんと対応をしないといかん」とも発言した。野党は文書の作成経緯について質問するため、中村知事の参考人招致を求めたが、自民党の森山裕国対委員長は国会招致要求に難色を考えを示している。

村上誠一郎 自民党・元行革相
「(加計学園や森友学園の問題は)日大アメフト部の悪質タックルとよく似ている」

朝日新聞デジタル 5月22日

 そう感じている人は少なくあるまい。

(大山 くまお)

関連記事(外部サイト)