パソコン通信“最後のホスト”「死ぬまで続ける」と語る理由

パソコン通信“最後のホスト”「死ぬまで続ける」と語る理由

もう残り少ないパソコン通信のホスト、西和ネット(http://jp3tlc.dip.jp/com/index.shtml#LINKS)

 インターネットが普及する前、テキストでの通信手段といえばパソコン通信だった。

 それはネットのようにすべてがつながった世界ではなく、原則一つのホストコンピュータに会員のみがアクセスしてコンピュータやスポーツ・音楽などの趣味に関しての情報交換を楽しむ、ちょっと秘密の世界だった。

■パソコン通信は死んでいなかった!

 しかしインターネットが爆発的に広まると衰退。商用大手としては最後まで残っていた「ニフティサーブ」が2006年3月で全サービスを終了し、ここで世間的にはパソコン通信は終わった。

 しかし実はその後もパソコン通信は生き長らえていた。

 当時は大手サービスと同様に、個人的にホストを立てていた「草の根BBS」と呼ばれた小規模のパソコン通信が全国各地にあった。最盛期の数は2400以上とも言われ、こちらもネットの普及で大きく数を減らしたが、細々と生き残ったのだ。

■残り5つほどの現役ホスト

 いまでは現役のホストは5つ程度、さすがに電話回線を使った方式は姿を消し、「Telnet」というインターネット回線を使った方式が中心となった。これは現在のWindows10などにも搭載されており、設定すれば使用できる。

 今回は貴重な現役ホストにアクセスし、運営者たちの話を聞いた。

■最後のホストの一人は、48歳銀行員

「いま私以外のアクセスはまったくないので0です。私の独り言の場です。最盛期は日に10人くらいアクセスしてくれていたと思いますが……」

 そう吐露してくれたのは、老舗のパソコン通信「西和ネット(旧:MYSTIQUE)」( http://jp3tlc.dip.jp/com/index.shtml#LINKS )のSYSOP(システムオペレーターの略で、パソコン通信の管理者)である山田和弘さん。48歳の銀行員だ。

「パソ通全盛のときは学生で、なかなか長時間回線をつなげませんでした。お金を節約するため、電話回線では無く、アマチュア無線で無料でつないでいたこともあります。そのため、ホストには憧れていて」

 ようやくパソ通ホストになれたのが93〜94年ごろ。すでにブームは終わりかけの時期だった。

「クラシックカーに憧れるようなもので、いまとなっては性能が低くても、それに乗りたいのと同じです。パソコン通信ホストになって、学生のときの夢を叶えたかったんです」

■「アクセスはなくても当然なので気にしていません」

 それでは中を色々見てみよう。慣れない操作でさまざまなボードを開けると、シンプルな黒画面と白い文字による、宇宙のような世界が広がる。

 いろいろな投稿があるが、何やら会話の話題が古い。そう、最新の投稿が10年前というのも珍しくないのだ。

「アクセスはなくても当然なので気にしていません」と達観している山田さん。一人でも、細々と書き込みを続けている。ほぼ誰も見ていない、紙の日記帳へ書くのにも等しいにも関わらずである。

 それでもごくたまに書き込みはあり、その際の話題はいまのWindowsなどのコンピュータの話や、「石油ストーブを買った」などの他愛もない話が中心だとか。

電報、時差チャット……パソコン通信独特のサービスが残る

 現在、極めて希少な存在がファイルライブラリ。当時は貴重だった、各種ソフトやゲームをオンラインで入手できる場。「Windows3.1」「98用DOS」「MSX」用のソフトなどが並ぶ。

 このほか、ログインしているユーザーにメッセージを送れる「電報」、短文での掲示板のように使う「時差チャット」など、パソコン通信ならではの機能が、いつかまた使われる日を待っているのだ。

■パソコン通信を悩ませる「サービス不能化攻撃」

 それほどアクセスも無く、来訪者を待ち続けるパソコン通信ホストたち。実はここ数年彼らは「サービス不能化攻撃」でダメージを受けていることが多いという。

 Telnetに使われるソフトはセキュリティホールが多い。そのため、ロボットによるカンタンな攻撃でダウンしてしまうことが多いのだとか。

■ホストPCのCPUは25MHz

 なおホストコンピュータとして使われているPCはヴィンテージもの。今ではプリンタメーカーのイメージが強いエプソンが1993年7月に発売したPC-486NoteASだ。

 CPUはわずか25MHz。RAMもわずか1.6MBという、いま考えるとかなりの低スペックだが、十分パソコン通信には堪えられる。

■SNSの世界には「先輩」の文化がなくなってしまった

 2003年までは電話回線で運営を行い、その後休止を経て、2008年にTelnet方式で復活を遂げた。

「別にインターネットでいいと思いますが、機械然とした、ドキドキワクワク感があると思いますので、残しています。あと、いまの自由なSNSの世界には、ルールを守らない新参者を怒るような先輩がいなくなった気がします。一長一短ですね」

「特に手間もお金もかかっているわけではないので、私の生きている間は続けようと思っています。この記事でアクセスが増えることを願っています。独り言をつぶやくだけではさみしいので。まず辰井さん(筆者)がもっと書き込んでくれたら良いんですが(笑)」

 アクセスはほぼゼロ。数ヶ月に1回誰かが書き込んでくれる以外は、自分だけの世界。そしてサービス不能化攻撃に脅かされる。これが今残るパソコン通信の現在である。

■パソ通を16年休業し、復活させた人

 ここで、もう一つの現役パソコン通信ホスト「はんぞーBBS( https://www.hanzou.jp/hanzoubbs/ )」のはんぞーさん(40歳・SIer=システムインテグレーション業)に話を聞いた。1995年〜1997年9月にホストを行い、16年もの長い休業期間を経て、2013年から再スタートした。

「復活のための準備は、1年半以上もかかりました。再オープン時には知人に宣伝したものの、5年経っていまだ誰もアクセスしてくれません(笑)。95〜97年時に比べ、相当アクセス数は落ちていますね。ましてやリピーターは激減しました」

 ボードになかなか新しい書き込みがされない中、比較的更新が多いのは最後の「たわごと」で、常に新たな書き込みがされている。パソコン通信は、ログアウト時に短文で軽くコミュニケーションを取る文化もあったのだ。

「パソコン通信ホストは『DASH島』のようなものです」

「インターネットに比べ、パソコン通信はクローズドな世界です。SYSOPを筆頭に投稿の管理や監視が行われていて、無法地帯なインターネットに比べてモラルは高かった。また荒らしを防止するために『要注意リスト』もホストの間で出回っていたそうです」

「パソ通では、2ちゃんねる以上に制約がある中で工夫されたアスキーアート文化もありました。そんな『テキスト文字だけでやり取りしていた時代の文化』を廃れさせないためにも、数少ないホストとして頑張ります。できれば死ぬまで維持しようと思っています。また人が集まったら、オフ会もやりたいので……」

「死ぬまで続ける」と口をそろえたお2人。そして先ほどの山田さんに「なぜ続けるのか?」を問うと、ポツリと返ってきた言葉がある。

「パソコン通信ホストは『DASH島』のようなものです。無人島で、トロッコの線路を敷いたり、水を引いたり、レンガを焼いたり、いろいろ工夫して狙い通りに動くのが面白いのであって、それができたから、どうなんだ? とかは考えておりません。といいますか、それを聞いてはいけません。おおよそ人間のすることに大した意味などないのであって、ましてや興味のない方は、意味なんか感じなくて当然です」

(辰井 裕紀)

関連記事(外部サイト)