『星ドラ』CMでジャッキー・チェンが話すニセ中国語「シェイシェイ」の正体

『星ドラ』CMでジャッキー・チェンが話すニセ中国語「シェイシェイ」の正体

https://youtu.be/Jx_8OwUKun4 星ドラのCM。0:13からジャッキーの「ギガ謝謝」を聞くことができる。

 今年5月半ばから、スクウェア・エニックスがオンエアしている、同社のスマホアプリゲーム『星のドラゴンクエスト』(以下『星ドラ』)のCMシリーズをご存知だろうか? これは1986年に初代ドラゴンクエストが発売された5月27日を祝う「ギガ感謝祭」キャンペーンを告知するもの。期間中はゲーム内のアイテム交換ツールであるジェムが大量配布される。

 今回のCMシリーズの最大の売りは、往年の香港のアクションスター、ジャッキー・チェンの登場だ。「レベル99の伝説の武闘家」ジャッキーは、ゲーム内の伝説の武器を手に、現在64歳とは思えないなめらかな演舞を披露。砕けたジェムが頭にあたってトホホな表情を見せたりと、往年の香港映画そのままのユニークな演技を見せた。

■ジャッキーが「ギガ謝謝(シェイシェイ)」と決め台詞

 だが、私が中国ライターとして気になるのは、ジャッキーがCMや広告ポスター中で用いている言葉だ。例えばシリーズ3本目の「伝説の武闘家ジャッキー・チェン 棍篇(15秒)」のラストで、ジャッキーは片手で拝むようなポーズを取り「ギガ謝謝」と発言している。

 また、都内の駅などに掲載された今回のイベント広告や、5月27日に各地でドラクエオリジナルのガムが配られた公式イベント上では、ジャッキーの「ギガ謝謝」という発言の漢字部分に「シェイシェイ」という片仮名のフリガナが当てられている。

■二重の意味で違和感がある「ギガ謝謝」

 これらは日本の一般の視聴者にとっては普通のユニークなCMや広告だが、ちょっと中国に詳しい人なら演出内容に微妙な違和感を覚えるはずだろう。その主要な点はふたつある。

 まずひとつめは、広東語が母語の香港人であるジャッキーが、わざわざ標準中国語の普通話(プウトンホア)に近い発音で「謝謝」(「シエシエ」もしくは「シェイシェイ」)と言っている点だ。なお、広東語の口語の場合「ありがとう」は「多謝」(do1 je6:ドーゼー)と言い、あえて「謝謝」と言ってもらう場合でも「ゼーゼー」みたいな発音にしかならない。

 香港人のジャッキーに普通話(らしき言葉)で「謝謝」と挨拶してもらうのは、フランス人のMichel(ミッシェル)さんにわざわざ英語で「アイム・マイケル」と自己紹介してもらうのに近い。なんだかヘンな感じがするわけである。

 もっとも、香港は1997年に普通話を公用語とする中華人民共和国に返還されている。ジャッキー自身もプライベートでは北京の政権に親和的で、中国の国会である政治協商会議の委員も務める。「本国」に敬意を表して、あえて普通話に近い発音で「謝謝」と言ってみた……という強引な説明も一応は可能ではある。

 だが、そうだとしても「謝謝」に「シェイシェイ」というフリガナを当てるのは、少なくとも現在では誤りだ。現代中国の標準語・普通話の「謝謝(xi? xie)」は、片仮名だと「シエシエ」に近い。ゆえに現代の中国で日本人が「シェイシェイ」と言っても(特に「イ」音を明確に発音した場合は)通常は相手に聞き取ってもらえない。

 星ドラ広告のジャッキーのセリフには、堂々と「ギガ謝謝(シェイシェイ)」というフリガナが振られている。すなわち、ジャッキーは今回のキャンペーンのなかで、リアルの中国人には通じない中国語っぽい言語を喋る中国系武術マスターという、よくわからない公式設定を与えられているのだ。

■ニセ中国語「シェイシェイ」の起源は意外に古かった!

 ところで「謝謝」を「シェ・イ・シェ・イ」と明確に4音節に分けて発音した場合、これは世界中で日本人にしか通じないニセ中国語と化す。餃子の王将の店内用語である「ソーハンダイ(炒飯大盛り)」とか、麻雀用語の「ハク・ハツ・チュン(白発中)」などと同じく、中国語っぽいだけのただの日本語だ。

 このニセ中国語「シェイシェイ」の起源は何か。いざ調べてみたところ、表記の出現はかなり古かった。ちょっと検索しただけでも、例えば日露戦争の直後で清朝末期の1906年に刊行された中国語の会話テキストから「シェイシェイ」の用例を確認できる。

 もっとも、当時のテキストでこの表記がなされたのは、理解できる事情もある。20世紀初頭時点の中国では「謝謝」を「シェイシェイ」に近い音で読む人が相当数いたと思われるからだ。

■「シェイシェイ」は中国語の標準発音が定まる前の音かも?

 中華民国建国の翌年の1913年、これまで各地で発音がバラバラだった中国語の標準音を制定することになり、各省1票で正しいと考える漢字の音を多数決で決め、それを組み合わせて中国の標準語を作る試みが行われたことがある(ここで決められた標準語音は老国音といい、現代の中国大陸や台湾の標準的な発音とは違う発音も多い)。

 この老国音では、現代中国の普通話だと「ie(イエ)」となる母音が「イャイ」みたいに発音されることになっていた。すなわち「謝謝」という言葉についても、20世紀初頭の中国では「シャイシャイ」みたいに発音するほうが正しいと考える地域が多かった模様なのだ。

 上で紹介した『日C会話捷径』のテキストが作られたのは老国音が定まる7年前だが、当時の華北地方では「シャイシャイ(シェイシェイ)」に近い読みがそこそこ使われていたのだろう。なので、1906年の中国語テキストが「謝謝」に「シェイシェイ」とルビを振ったのは、現地の発音を比較的忠実に表記した結果だったかと思われる。

 ただし1920年代〜30年代にかけて、中国では標準語政策の転換のなかで北京語音が重視されるようになり、「謝謝」も北京風に「シエシエ」で読むのがスタンダードだとみなされるようになる。やがて人民共和国の成立以降に標準語「普通話」が制定され、その発音が完全に確定した。結果、日本語の「シェイシェイ」表記はネイティヴの発音から大きく遠ざかることになった。

 だが、日本では戦前の「シェイシェイ」表記が正しいと思われたまま、戦後も1990年代前半ごろまで使われ続けた。これは戦後の日中間の国交断絶や中国の経済停滞のせいで、標準音を話す中国人と日本社会との接点があまりなく、対して戦前・戦中期に中国大陸と関わりを持ち「シェイシェイ」発音に慣れ親しんだ日本人が多くいる状態が長く続いたためではないかと思われる。

 日本人限定のニセ中国語「シェイシェイ」はこのようにして生まれたのであった――。と、私はそんな仮説を考えている。

■仕掛け元は知っててやっていた

「『謝謝』の発音は、(標準的な)読みは『xi? xie(シエシエ)』だとは思いますが、これだと日本人の多くの方が読めない、もしくは親しみがなくピンとこないと思いました。音として日本人に馴染みのある『シェイシェイ』のほうが、一般の方がグラフィック広告を見た際に読みやすいですし、親しみを持っていただくため、あえてそういたしました」

 さて、話はジャッキー・チェンの星ドラCMに戻る。昭和の時代と違い、現在の日本国内にはネイティヴの中国人が100万人くらい暮らしている。スクエニ社内や「ギガ謝謝」を仕掛けた広告会社の社内にも中国人社員は何人もいるはずである。

 なのになぜ、星ドラCMでは現代中国語音の表記としては誤りと言っていい「シェイシェイ」が使われたのか。CMを手がける電通PR社に問い合わせたところ、上のような回答が来た。どうやら、彼らは発音が正確ではないことは把握したうえで「知っててやっていた」みたいである。

 これをどう考えるかは立場が分かれるところだろう。日本人に親しみがある発音とはいえ、現地で通じないニセ中国語でルビを打つのはけしからんと考える方もいるかもしれない。語学を知る人が見れば違和感を覚える表記なのも確かだからだ。

 私自身、行政や小中学校がネット上にアップしている国際交流イベントのPDFなんかで「中国のお友達に『謝謝(シェイシェイ)』とご挨拶」みたいな記述を発見し、頭が痛い思いをすることは多い。現代中国語の表記として「シェイシェイ」は誤用だ。インバウンド市場や国際交流教育のような、リアルの中国人と向き合う現場からはすみやかに排除される必要がある。

■おっさんの脳内中国は「シェイシェイ」を使う中国である

 ……ただし、私は星ドラCMの件に限っては、「シェイシェイ」表記を容認したい立場である。なぜなら、ここで登場する“中国的なるもの”は、はっきり言ってリアルの中国とは無関係で、またCMの訴求対象が中国人ではないことも明らかだからだ。

 初期のドラクエをプレイしていたような30〜40代くらいの日本人男性(筆者も含む)のなかには、「心の中国」とでも呼ぶべきイメージの世界が存在する。それは、小中学生だった1980年代から90年代にかけて親しんでいたポップカルチャーの世界に登場した、なんか中華っぽい感じだけれどよくわからないフィクションの世界だ。

 説明しよう。この「心の中国」では、春麗(チュンリー)がスピニングバードキックを打ってレイレイが暗器を投げている。ジャッキー・チェンは酔っ払いながら謎の拳法を使い、テンテンやスイカ頭がキョンシーを封じ込める。もちろん、秘孔を突けば指先ひとつで人体は爆発するし、ゴルフの起源は古代の恐るべき武闘家・呉竜府に求められる。

 加えて、謎の発明家一家は宇宙船「烈津號(れっつごう)」で家の隣に飛んでくる。アメリカに移住した華僑のじいさんはギズモを飼っている。ラーメンマンはブロッケンJr.と死闘を演じ、中国帰りの拳法家が水をかぶると女になったりパンダになったりする事態も、日常的にまま起きる――。

 この「心の中国」の住民たちのあいさつは、絶対に「シェイシェイ」に違いない。発音するときはあえて声調を無視し、はっきりと「イ」音を強調して読まなくてはならない。スカして「xi? xie(シエシエ)」などと言ったら、まるで本物の中華人民共和国や中華民国みたいな感じがして、実に野暮な気がしてしまうではないか。

 星ドラはゲーム内衣装や特別イベントのボスに、ドラクエの初期シリーズや『ダイの大冒険』など往年のドラクエ漫画をモチーフにした装備やキャラクターが頻出する。BGMの多くもドラクエの過去作品のものが使われている。

 もちろんゲームとしては全年齢的に遊べるのだが、筆者をはじめとしてファミコン時代のドラクエにハマったアラフォーのおじさんをコアユーザーに設定しているのは明らかだ。CMに(香港ではすでに人気が下火の)ジャッキーがあえて起用されているのも、この世代にとってのジャッキーが幼少期のスーパーヒーローであるからに他ならない。

 私たちが星ドラのCMで見ているのは、中華人民共和国香港特別行政区に暮らす中国政協委員の成龍(セン・ロン、チェン・ロン)氏ではなく、「心の中国」の住民である伝説の武闘家・ジャッキーである。ゆえに、彼はニセ中国語を喋って構わないのであり、むしろ喋らなくてはならない。

「ギガ謝謝」は、だからOKだ――。私はそんなふうに思ったりもするのである。

(安田 峰俊)

関連記事(外部サイト)