“美しすぎる皇族”佳子さまがご帰国 「結婚延期」発表から4カ月の眞子さまは……

“美しすぎる皇族”佳子さまがご帰国 「結婚延期」発表から4カ月の眞子さまは……

劇場のご見学中に、笑顔で説明をお聞きになる佳子さま ©AFP=時事通信社

 国際基督教大(ICU)の交換留学プログラムを利用して、イギリス・リーズ大に在学された秋篠宮家の次女・佳子さま(23)が、現地時間の6月11日、取材に応じられ、大学構内の劇場を見学される様子が報じられた。ICU1年生の「リトリート」(合宿)では佳子さまのタンクトップ姿が、イギリス留学中も革ジャン、細身のデニムにブーツを合わせた今時の大学生らしいスタイルが目撃されてきたが、一転して清楚なファッションでお出ましになった。

■3年前とは様変わりしたご姉妹を取り巻く状況

 ネイビーのジャケットにブルーのワンピースをお召しになり、くっきりとした二重メイクと、ゴージャスな巻き髪はご健在だ。佳子さまは、パフォーマンス文化産業学科で、舞台美術や舞台運営などに関する授業を受けられ、 6月初旬に課程を終えられたという。そして息をつく間もなく、15日に無事帰国された。9月からは、ICUの4年生として授業を受けられる。

 約3年前、2015年9月に長女・眞子さま(26)が同国レスター大大学院から帰国された頃は、日本中が“美しすぎる皇族”佳子さまフィーバーに沸いており、眞子さまの公務などに国民やマスコミの注目が集まらないのではないか、と懸念する宮内庁関係者もいたようだ。ところが現在では、当時と状況が様変わりしたと言えるだろう。

■眞子さまのお姿は、箱根湯本駅にあった

 佳子さまがイギリスで取材を受けられた日から約1週間前の6月3日、眞子さまのお姿は神奈川県下、箱根湯本駅にあった。 「女性セブン」 (小学館)は「眞子さま 覚悟を決めた箱根女子旅」として、女性3人とご一緒に、ご旅行を楽しまれた眞子さまのご様子を報じた。学習院初等科から女子高等科まで同級生の、スキー部や茶道部でご一緒だったご友人たちと、ロマンスカーに乗り込まれるまで、箱根登山鉄道の駅名看板の前で駅員の制帽をかぶって写真撮影をされたり、おみやげを手に取られては、終始はしゃいだ笑顔を見せられていたという。新宿駅に向かう車内では、2人がけのシートを後ろ向きに回転させて、1時間30分ほど、4人だけでおしゃべりを満喫されたようだ。

■「おうちスタイル」に身を包まれて

 汗ばむほどの陽気だったこの日、眞子さまはラフなファッションに身を包まれ、「おうちスタイル」とも言えるようなくつろがれた印象のファッションだった。毛先に少し動きをつけたストレートヘアに、眉を描かれた程度のナチュラルメイク。変装用だったのか、細いフレームのメガネをおかけになっていた。トップスはゆったりとしたネイビーのフレンチスリーブTシャツに、ボトムスはブルーのマキシスカート。グラデーションが美しく、スカートのウエストはゴムで、裾にはゴールドのラインがあしらわれていた。そして足元はダークネイビーの太いヒールサンダル。小さいリュックサックからはサングラスがのぞき、ブラックのキャリーケースを引かれていたという。

 眞子さま以外のご友人3人は、Tシャツ、ジーンズにスニーカー、ナイロン製の旅行バッグという動きやすいスタイルで、若々しくフレッシュな印象だったが、それに比べて、眞子さまはずいぶんと大人びたアンニュイな雰囲気をかもしだされていた。さらに、お一人だけサンダルをお履きになっていることが、ご友人とのご旅行のためにお履きになるにしては歩きづらいように思え、人目を気にされて屋外で観光をされなかったのだろうか、と少し気がかりに思った。また、2016年10月に東急東横線内で目撃された小室圭さんとのデートのときに身につけられていた右手の指輪は、この日、外されていたようだった。

■ブータンご訪問では「ヨシエ・イナバ」や「レリアン」を

 眞子さまが、ICU時代に知り合われた小室圭さんとのご結婚延期を発表されて、早4カ月が過ぎた。対照的に思い出すのは、NHKのスクープとしてご婚約が報じられた直後の2017年6月、眞子さまお一人でブータン王国を訪問された時のことだ。ブータンの国花「ブルーポピー」に合わせた鮮やかなブルーや、ミントグリーンのスーツなど、色とりどりのお召し物はとても眞子さまにお似合いで、“幸せオーラ”を隠しきれないというご様子の満面の笑みを数多くの場面で拝見した。眞子さまは、公務で“ミセス”向けのブランドの服もお召しになる。眞子さまは骨格がしっかりしていらっしゃるせいか、肩や腕まわりにゆとりのあるデザインの方が、体型が綺麗に見えるともいえるだろう。ブータンでは、ベージュの「ヨシエ・イナバ」のセットアップや、「レリアン」のノースリーブにワイドパンツを着こなされていたのが印象に残っている。エキゾチックな総柄プリントで、涼しげなインディゴブルーが素敵だった。

■眞子さまのお幸せそうなご様子と、美智子さまのご懸念

 標高3000メートルを超える断崖絶壁に建つ「タクツァン寺院」を目指して登山をされたときは、笑顔で手を振って登り始められ、通常約3時間はかかるという登山道を、颯爽とご自分の足で進まれたという。白いオーバーサイズのシャツにブラックのパンツ、登山ブランド「キャラバン」のピンクのトレッキングシューズをお履きになっていた。ブータンの新緑の美しさとあいまって、眞子さまが新生活に向けて希望を抱かれているご様子が伝わってくるようだった。

 しかしながら、眞子さまのお幸せそうなご様子とは裏腹に、小室圭さんの母・佳代さんと元婚約者男性との借金トラブルが報じられる以前より、折にふれて公表される美智子さまのお言葉からは、眞子さまのご婚約について、とても慎重に見守られているように私は拝察していた。昨年10月のお誕生日に際して公開された文書回答では、宮内記者会からの「9月には眞子さまのご婚約が内定しました。この1年を振り返って感じられたことをお聞かせください」という質問に対して、「身内では9月に、初孫としてその成長を大切に見守ってきた秋篠宮家の長女眞子と小室圭さんとの婚約が内定し、その発表後程なく、妹の佳子が留学先のリーズ大学に発っていきました」と述べられたのみだった。

■小室圭さんのことを「お相手の方」と記したある文章

 さらに、今年5月25日に宮内庁がホームページに掲載した「眞子内親王殿下に関する最近の週刊誌報道について」の中で、「皇后さまは、これまでもご家族のどなたかが苦しい状況におありの時は必ず、それは家族全体の苦しみだからと言われ、心配しつつ見守ってこられました。この度、早くより、眞子さまや秋篠宮両殿下、お相手の方に静かに考える環境を与えることを最重要と判断され、沈黙に徹してこられた両陛下のお考えが無にされたことは余りにも残念であり、宮内庁として、この問題に関するこれまでの両陛下のお考えとご対応をお伝えすることに致します」との見解が示された。眞子さまが「苦しい状況」におありであることを暗示し、小室圭さんのことを「お相手の方」と表現したこの文章は、美智子さまのご懸念の深さを物語っているように思う。

 眞子さまのご結婚延期問題は、今後どのような展開を見せるのだろうか。佳子さまが日本へお戻りになり、まだしばらくは眞子さまとそろって、皇室をお支えになるご姉妹の溌剌としたお姿を拝見できることを、待ち望んでいる国民は多いだろう。

(佐藤 あさ子)

関連記事(外部サイト)