眞子さまvs. 佳子さま「違いすぎる姉妹」のガチンコ対決!――2018上半期BEST5

眞子さまvs. 佳子さま「違いすぎる姉妹」のガチンコ対決!――2018上半期BEST5

「橋本総業全日本テニス選手権」に臨席された眞子さま ©文藝春秋

2018年上半期、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。皇室部門の第5位は、こちら!(初公開日:2018年5月11日)。

*  *  *

 2015年11月8日、冷たい秋時雨が降り続く中、秋篠宮家の長女・眞子さまと次女・佳子さまの単独公務が初めて同日に行われた。3歳差のお2人は、公務スタイルから素顔まで「まるで対照的」だと関係者は口を揃える。ご婚約が内定した眞子さまと、英国の名門リーズ大学へ留学された佳子さま。ご姉妹の、2年前のご日常をふりかえる。(「週刊文春」2015年11月19日号)

■公務からプライベートまでマスコミの注目度は?

 お2人の初の同日単独公務に関し、実は宮内庁関係者の間ではある懸念が囁かれていた。

「1年間の英レスター大大学院留学で眞子さまが留守にされた間、日本は佳子さまブームに沸き、佳子さまが出席されたダンスサークルの公演や、八ヶ岳の合宿などプライベートも含め様々に報じられました。一方、英国の眞子さまのご動静は俎上にも載らない。帰国後の眞子さまにスポットライトが当たらなかったら、と憂慮していたのです」

 そんな心配などどこ吹く風。眞子さまは10時30分、有明コロシアムのVIP専用口に颯爽と到着された。

「サーブについて『どれくらいのスピードが出ているのでしょうか』と質問もされながら橋本総業全日本テニス選手権を熱心に観戦され、天皇杯を優勝選手に手渡されました」(宮内庁担当記者)

 当日、眞子さまの取材には計15社、総勢28名の報道陣が集まった。

「主催者側が例年より多いメディア数に戸惑い、『これだけ数がいるんだから仕切らないと混乱しますよ!』とカメラマンにどやされる場面も。観客数も前回より3割増の約3万人。『こんなに人数が入ったのは久しぶり』とスタッフは嬉しい悲鳴をあげていた」(同前)

「じつは取材エントリーが自由だったので、大勢プレスが集まった。ある記者が『これが終わったら佳子さまのほうにハシゴするんだけど、誰か一緒に行かない?』と言うと、別の記者が『そちらはカメラだけ行かせる』と話していた。ご長女の取材は外せないという判断でしょう」(同前)

 一方の佳子さまは、渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターに13時頃にご到着。「少年の主張全国大会」の会場ホールに笑顔で登場された。

「ちょうど1年前、初の単独公務に臨まれたのがこの大会です。去年より足取りに余裕が感じられました。冒頭、国歌斉唱の場面では、小さなお声で歌われていました。座席の背もたれには寄りかからず中学生のスピーチを聞かれ、メモを取られていた」(皇室担当記者)

 閉会の段となり、審査委員長を務めた松本零士氏は、

「佳子内親王殿下は(スピーチの)文章と合わせてご覧になって、若いというのは素晴らしいことだなと」

 と隣に座られた佳子さまの魅力について語った。発表後、懇談した中学生は、

「佳子さまに『どんな風に作文を書いたんですか?』と尋ねられて、私の思いを伝えたかったと話すと、『伝わりました』と優しく言ってくださって感激しました。すごく距離が近くて、佳子さまからはふんわりといい香りがしました(笑)」

 こちらに集まった報道陣は14社、21名。宮内庁関係者の心配は杞憂に終わったようだ。

■姉は研究者、妹はパフォーマー 正反対のご性格

 ある学習院関係者が話す。

「眞子さまは真面目なお子さんで、図書館で過ごすのがお好きでした。美術研究の道を志してICU(国際基督教大)に進学され、お小さい頃から軸がブレない。佳子さまのご性格は正反対。男子校の文化祭などでよくお姿を見かけられたそうですし、学校の中でも早熟で目立った存在でした。八重桜祭では有志で過激なダンスを披露されるなど、大勢の前でパフォーマンスするのがお好きなようで」

 初等科から女子中・高等科までお2人の歩みをつぶさに見てきたという。

「よく覚えているのは、眞子さまが高3、佳子さまが中3の合同卒業式。リハーサルで佳子さまはスカート丈を思い切り短くしていらした。それを見た高3の生徒が抗議の声をあげたのです。当日は常識的な丈に直されていた」(同前)

 佳子さまは2014年8月に学習院大を中退、翌年4月に眞子さまと同じくICUに入学された。眞子さまの同級生は当時を振り返り、

「眞子さまも鳴り物入りで入学されましたが、セクション(英語のクラス)で信頼できる友達を作られた。『マコシー』と呼ばれて、ICU祭では普通に焼き鳥やお好み焼きの売り子をされた。社会勉強のため学内でプール監視員のアルバイトをされていたことも。監視員用の椅子に座っている眞子さまを警備関係者が見守っているのですが(笑)」

 佳子さまはキャンパスで際立って目立つ存在だ。

「佳子さまは授業に遅れて来ることがあって、そういう時は皆一斉に見ますよね。そうすると、顔がバッチリメイクで可愛くて、細身の黒いワンピースで堂々と入ってきたのが印象的でした。皇族というより読者モデルに会うようなイメージ。少し地味な子のことは一度会っても忘れてしまうようで、挨拶をされてもキョトンとしてました」(ICU学生)

 サークル活動も対照的で、眞子さまは皇族らしくスキー部。佳子さまはダンス部へ入部されたという。

「ただ、ICU祭などの目立つステージには出演されず、その全体練習にも出席されません。ダンスがお好きなので出演できない公演があっても練習には参加したいということです。年明けから八王子などでダンスの練習を続けられていたそうです」(皇室担当記者)

 入学して翌月の八ヶ岳合宿「リトリート」では、タンクトップ姿が露見して大きな話題となったが、ご本人は意に介していないという。

 秋篠宮が前年の誕生日会見で、佳子さまについて導火線の短いところが〈私とちょっと性格も似ているところがある〉と述べられたが、紀子さまと佳子さまが、公務でにっこりと笑われる表情は瓜二つである。

 前出の学習院関係者は、

「じつは佳子さまは母似で、眞子さまは父似だと思うのです。眞子さまの高等科の卒業文集を見ますと、〈先生にヘリクツもリクツだと言って(なぜか)怒られた〉と率直にご自分の思ったことを記されています。こういうところは父上によく似ていらっしゃいますね」

■ファッション、メイク、ヘア 女子力が高いのは?

「佳子さまが、最近前髪を短くされたんですよ」

 ある関係者がこう証言したのは10月中旬頃。これまで長めの前髪を左右にきっちりと分けられていたが、先述の11月8日の公務では前髪を作ったスタイルで公の場に姿を見せられた。

「木村文乃や夏目三久など、短めの前髪を作るのが流行っていますから、よくトレンドを理解されていますよね。後ろは布製のリボンで束ね、前髪とバランスを取って縦ロールを作っています」(美容関係者)

 眞子さまも帰国後、前髪をカットされたようで、

「眞子さまの場合は、前髪がM字になるように少し隙間がありますね」(同前)

 佳子さまは成年皇族となられ、メイクをされたお顔を拝見する機会が増えた。

「涙袋にシャンパンベージュのシャドウを入れて強調したり、目のすぐ下に血色の良さを出すクリームチークを仕込んだ『おフェロメイク』。小学生の頃は八の字眉が素朴でしたが、今はシャープに描いて眉マスカラで色の薄い感じに。一方、眞子さまは肌をセミマットに、アイラインは濃く。奥二重なので目尻の3分の1にかけてアイラインをぼかすようにグラデーションのシャドウも入れ、清楚で凛とした雰囲気を作っておられます」(同前)

 お2人の私服にもそれぞれのポリシーが垣間見える。

「大学時代、眞子さまはローリーズファームやUGGのブーツを愛用されていました。単色の服が多くスカートもひざ丈。今、佳子さまはアバクロやアメリカン・イーグルなどアメカジブランドがお気に入りで、かがむと胸元が見えそうなボーダーのトップスや、ショッキングピンクのパーカー、ロングシャツにミニスカやショートパンツを合わせているのを何度か見かけました」(ICU学生)

 公務ファッションは、佳子さまはフェミニン、眞子さまはマニッシュな印象だ。

「佳子さまの場合は『プリティコンサバ』。可愛らしいパステルカラーを選ばれますね。小物づかいも気を使っていて、宮中晩餐会の時はブレスレット、ドロップ型のイヤリングに、円型のカクテルバッグを持たれていた。眞子さまは『英国式ハイセンス』というか、留学から帰ってこられてお変わりになられました。ツイード地のツーピースやマリンカラーのジャケットなど、トラッドな装いに磨きがかかったと思います」(ファッションジャーナリストの堀江瑠璃子氏)

■手話の動作がパフュームみたい!? 公務先での存在感

 公務先での存在感では、佳子さまに軍配が上がる。9月22日には、「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式で、手話での挨拶を披露されたが、

「手振りが大きく指先がピンと伸びた手話はさながらパフュームの振り付けのようでした。紀子さまの端正な動作とは違ってアイドルのようで」(皇室担当記者)

 公務先では「佳子さまが動けばカメラが動く」。

「春の伊勢神宮・神武天皇陵参拝の折、橿原神宮前駅停車中に窓際に人が押し寄せ撮影会になってしまった」(同前)

 一方の眞子さまは一般人に巧みに溶け込まれる。

「震災後の被災地ボランティアに一般大学生として参加したり、英国留学中インターン先の博物館でも最後まで内親王の身分は伏せて周りと変わらずに過ごされました」(秋篠宮家関係者)

 今月4日、文化勲章受章者・文化功労者を招いた茶会が宮殿で開かれた。眞子さまは秋篠宮ご夫妻がブラジルご訪問中のため、天皇皇后、東宮ご夫妻と並んで、1人で参加されたのだった。

 宮内庁内ではこうした公務へのご姿勢が、「紀宮さまを彷彿とさせる」と評判だ。来月、中米ホンジュラスとエルサルバドルを訪問されるが、これも紀宮さまが12年前に訪れた国。

「じつは近く、眞子さまは都内の博物館に勤務されるのです。これも山階鳥類研究所に勤めながら公務もなさった紀宮さまのスタイル。女性皇族のお手本と言えるでしょう」(ベテラン宮内庁担当記者)

■佳子さま大学中退にはウラ話が。お勉強ができるのは?

「佳子さまが学習院大を中退され、ICUのAO入試を受けられるとのNHKのニュースが入った時、教員たちは『これで学習院は死んだ』と蒼白な面持ちで洩らしていました」(学習院関係者)

 報道を受けて宮内庁は、佳子さまが高校時代に志望された大学の受験に不合格だったことも明らかにした。

 学習院大は佳子さまのために小学校教員を養成する教育学科開設を前倒して間に合わせたという経緯もあり、寝耳に水だった。

「学習院側と宮内庁側の交渉は8月中旬頃から行われました。9月上旬までに退学が認められなければ、ICU入試の受験資格を得られないので攻防戦が繰り広げられたようです」(同前)

 眞子さまの大学進学時も注目を集めた。

「眞子さまの志望は美術系の研究でしたが、学習院大で該当するのは文学部哲学科。専門的な学びができるとICUを選ばれた。高校での評定平均を含む書類審査やグループディスカッションを通過されたのです」(同前)

 一方、別の学習院関係者が「女子部での成績は宜しくなかった」と明かす佳子さまだが、いまICUの“洗礼”を受けられている。

「11月9日には全学生必修のキリスト教概論の試験があり、『私にとってキリスト教とは』というテーマでA4・1枚にまとめました。佳子さまは最後まで残っていましたね」(ICU学生)

 正反対な姉妹。お2人が力を合わせてこれからの皇室を支えて行かれるのだ。

(「週刊文春」2015年11月19日号)

(「週刊文春」編集部)

関連記事(外部サイト)