戦後73年だからこそ ダークツーリズム的「靖国史観」のすすめ

戦後73年だからこそ ダークツーリズム的「靖国史観」のすすめ

靖国神社 ©iStock.com

 73回目の終戦記念日を前に、靖国神社の遊就館に足を運び、いささか驚いた。以前に比べて、普通の外国人観光客の姿が明らかに目立ったからである。

 これもインバウンドの余波だろう。あるいは、近年欧米などで流行っている「ダークツーリズム」(被災地や戦跡などを巡る旅)の影響もあるのかもしれない。

 いずれにせよ、軍事博物館はけっして軍事マニアや専門家の占有物ではない。今夏も注目されるであろう靖国神社の遊就館も、諸外国の軍事博物館と比較するとまた違ってみえてくる。

■海外の軍事博物館にも「靖国史観」

 満洲国建国も、支那事変も、大東亜戦争もすべて正しかった――。遊就館の展示内容は日本賛美で貫かれていて、しばしば「靖国史観」と称される。

 これに対し、「歴史研究の成果を反映していない」「負の側面を取り上げていない」「ナショナリズムを煽っている」と批判するのがこれまで定番となってきた。

 いや、最近ではその反動で「これこそ正しい歴史観だ!」と叫ぶものも増えている。だが、ここでそういう話がしたいわけではない。

 世界各国の首都中心には大抵、立派な国立の軍事博物館が鎮座している。北京の中国人民革命軍事博物館、ソウルの戦争記念館、ロンドンの帝国戦争博物館、パリの軍事博物館などがそうだ。

 その展示内容をみると、程度の差こそあれ、基本的には自国賛美であり、自国中心史観である。そこでは、まるでその国が常に中心にいて、世界史を動かしているかのような錯覚を覚える。

 日本人の多くはこれを見ても、「とんでもない!」と怒るわけでもなければ、「本当はそうだったのか」と目から鱗体験をするわけでもない。ただ、「まあ、そういうものだな」と納得して、軽く受け流すだろう。軍事博物館は、国威発揚と不可分の施設だからである。

 このような感覚は、国内に持ち帰っても役に立つ。遊就館の「靖国史観」だって、数多ある「そういうもの」、つまり自国中心的な歴史観のひとつにすぎない。それゆえ、いちいち目くじらをたてても仕方がない――。そう達観できるのだ。

 あらためて展示をみれば、「靖国史観」は、実在しない神武天皇の業績からはじまる(「展示室2 日本の武の歴史」)。これがすべてを現わしているのであって、われわれもダークツーリズム的な視点で、国威発揚の展示を観察すれば済むのである。

■飛躍する「感動の愛国物語」とどう向き合うか

 戦死した軍人の写真や遺書は涙を誘わずにはおかない。これは人間として自然な感情だ。だが、軍事博物館はそのような感情を利用し、「感動の愛国物語」に仕立て上げる。

 お隣の中国の軍事博物館であれば、抗日戦争の戦死者は、中国共産党の活躍や栄光にかならず結び付けられる。歴代指導者の大きな顔写真は、もはや同国の定番となっている。

 日本人がこれをみれば、「個々の軍人は悼むべきだが、政治利用しすぎだろう」と思うにちがいない。亡くなった軍人だって、全員、中国共産党を支持していたわけではあるまい。まして、現在の指導部についてどう思っているかなどわかったものではない。

 このような観察もまた、国内に導入できる。個々の軍人の戦死は悼むべきである。だが、それが必ずしも「大東亜戦争は聖戦だった」という歴史観につながるわけではない。その間には明らかな飛躍が存在する。

 日本国内の議論だけみていると感情的になりやすいが、外国の事例を挟むことで、こうした仕組みも冷静に認識できる。「靖国史観」がどこの国にでもあるというと反発を招くかもしれないが、それは「感動の愛国物語」の中和にもなるのである。

 あらゆる国の「感動の愛国物語」から距離を取ること。これは以前から抽象的に指摘されてきた。しかるに今日では、実感をもって実行に移すことができる。これが観光の時代のいいところだ。

■「靖国の神々」のコーナーは、世界的にみてかなり珍しい
 

 もちろん、遊就館の独自性も捨て置けない。戦死者の写真や遺書をあれだけ延々と並べた「靖国の神々」のコーナーは、世界的にみてかなり珍しい。

 また山田朗も指摘しているように(「時評 靖国神社遊就館の展示とその歴史認識」『日本史研究』533号)、遊就館では兵器があまりに不規則に漫然と並べられている。

 大展示室の、人間魚雷「回天」、ロケット特攻機「桜花」、艦上爆撃機「彗星」、「九七式中戦車」、戦艦「陸奥」の副砲などがまさにそうだ。それぞれ重要な兵器ではあるが、これでは相互の関係性や問題点がわかりにくく、教育的効果が薄いだろう。

 さらに、遊就館が国立の施設ではない点も重要だ。たしかに、昭和館やしょうけい館、また平和祈念展示資料館などの公的な施設も都心に存在することはする。だが、世界の軍事博物館に比肩するのは、その知名度でも、規模でも、展示物の豊富さ・広範さでも、やはり遊就館でなければならない。それが宗教法人の運営である点が、日本の大きな特徴である。

■観光の時代だからこその、歴史との付き合い方

 このような違いもあるとはいえ、それでも遊就館と世界の軍事博物館との比較には十分な意味がある。

 今年の終戦記念日も、靖国神社の喧騒が話題になり、型通りの左右対立が繰り返され、そしてお盆明けには忘れ去られるだろう。このように議論がパターン化しているからこそ、違った観点が持ち込まれなければならない。

「靖国史観」や「感動の愛国物語」はどこの国にもある。それを完全に否定し、抹消することはできない。だからといって、それを真に受けることもむずかしい。では、それらとどのように付き合っていくべきなのか。

 海外の軍事博物館はそのヒントになるだろう。戦後73年は観光の時代でもある。海外旅行のおりには、訪問先に含めるのも悪くない。世界の「靖国史観」に触れることは、自国の「靖国史観」との付き合い方にも、新しい視点を与えてくれるからである。

(辻田 真佐憲)

関連記事(外部サイト)