甲子園、サマータイム「俺も苦労したのだからお前も頑張れ」の終わらない病理

甲子園、サマータイム「俺も苦労したのだからお前も頑張れ」の終わらない病理

©AFLO

 今年の夏は、前半ほんとヤバいぐらいの猛暑に見舞われて、気象庁が「災害級」というぐらいの高温でありました。確かに「暑い」ってレベルじゃないぐらいの酷暑で、冗談抜きにして外を出歩いて命の危険を感じる状況だったのは記憶に残ります。

 そんななか、男が日傘を差すのはありやなしやという暇ネタで随分盛り上がりましたが、その陰で高校野球はあまり気にせず開催され、地方大会はマジヤバの暑さの中で熱戦が繰り広げられていました。いや、ヤバイだろ。せめてナイトゲームにしようぜってぐらいにヤバイ。

 あまりにもヤバイので、高校野球は甲子園ではなく京セラドームあたりで開催したほうがいいんじゃないか? っていう話が出ておりましたが、なんかこう、高校野球は猛暑ですら美談にされてしまうほどの状況になっておりまして、熱中症で亡くなった女性マネージャーさえも「彼女の死を乗り越えて」的などうしようもないハートフルストーリーにされてしまって、大丈夫なのかと思ったわけです。

 や、人が亡くなってるんですけど。ヤバくないですか。

 さらには、秋田県代表の金足農の躍進もありつつ、甲子園閉会式で高野連の八田英二会長が「秋田大会から、ひとりでマウンドを守る吉田投手を他の選手が盛り立てている姿は目標に向かって全員が一丸となる高校野球のお手本のようなチームでした」などととぼけたことを語っていました。さすがにマズいと思うんですけど。高校生なのに、金足農業の吉田輝星投手は甲子園大会で計881球を投げたそうですよ。見ている側はそりゃ感動しますよ。辛そう、痛そう、でも頑張った、感動した、って、単なる見世物のレベルを超えたヤバさだと思うんですよね。その点では、先日東洋経済で広尾晃さんが問題提起してまして、内容はもちろんごもっともなのです。

金足農「投手の玉砕」を賞賛する甲子園の病 いったい誰のための高校野球なのか?
https://toyokeizai.net/articles/-/234656

 そして、おそらくは当事者はみんな「問題だ」とは思っているのでしょう。私の見聞きする限り、個人的な意見として「甲子園を頂点とする高校野球のシステムのままではマズい」とヤバさを認識している野球関係者はほぼ全員と言っていい。まあ、中には「俺も甲子園でたくさん投げたし、故障にも暑さにも負けずに頑張った。だから後輩も苦難を乗り越えて頑張ってほしい」という“気持ち”でどうにか意義を見出す人もいなくもありません。

■マネジメントを適切に放棄できた人ほど偉くなる

 でも、いわば「俺も苦労したんだから、若いお前も苦労しろ」っていう論調は、日本の体育会系がここ最近立て続けに問題を起こし続けている共通の精神的な病理の根源になっている、と思うのです。ひいては、正しく誰かの努力や貢献を見抜く努力をするのがマネジメントの一分だとするならば、そういうマネジメントを適切に放棄できた人ほど偉くなるのが日本の組織のヤバいところだと思うんですよ。

 とりわけ、881球投げ抜くエースがひとり踏ん張って甲子園で大番狂わせの準優勝をしました、というのはもちろん稀有なことで、確かに称賛されて然るべきです。しかしながら、本来問題とされるべきは「何で一人のピッチャーにそこまで投げさせちゃうシステムのまま現在まで来てしまったのか」ということです。ヤバいでしょ、そういう仕組み。夏休みの期間中に地方大会から甲子園まで全部終わらせなければならないこと、若い野球志願者が凄く減ってしまって9人のスタメンを埋められるだけの野球部員をかき集めることにすら苦労しているチームがあること、そもそもユニフォームやグローブなどを買い揃える必要がありプレイするための家計の負担が他のスポーツに比べて大きいことなどが挙げられると思います。

 で、そういうのを改善したり、システムを変更しようとすると、伝統や価値観が邪魔をするようにできてしまっている。まあ、せめてドームでやったらと思うんですけど、普通に野球選手にアンケートを取ったら「みんな甲子園がいいといっている」って当たり前じゃないですか。例えとして良いかどうかは分かりませんが、戦争に行ったことのない人たちに「この戦争に勝って生きて帰ってこれると思いますか?」とアンケートするようなもんです。

■そして酷暑オリンピックがやってくる

 本来、マネジメントとはそういう一人で800球も投げたり酷暑のなかでプレイをしなければならないような状況にしないようにするのが筋論であるし、改革とは時代の流れや価値観の変遷、科学の進歩にあわせてシステムを作り替え、より良い結論に向けて仕組みを変えることが求められていると思うのです。正直、酷暑なので不要不急の外出を控えましょうと呼びかけ、熱中症対策の重要性を説いているはずの新聞社が、こと甲子園の問題になると突然黙り、新聞でもテレビでも甲子園で猛暑でも汗だくになって頑張る高校球児のことばかり報じているのではなかなか解決もむつかしいと思うんですよ。

 そこにきて、高校野球のような日本国内のイシューだけでなくオリンピックの問題になると国際的なイベントのことになりますんで、この酷暑が本当にオリンピック開催期間中を襲ったらと思うと目の前が真っ暗になるのであります。当たり前のことですが、選手やコーチだけでなく、日本を楽しみでやってきた外国人観光客も次々と倒れることになるんじゃないかとガチで心配するわけです。ヤバいでしょ、それ。

■キャンセル料払って東京五輪を返上したほうが安上がりなんじゃないでしょうか

 少しは開催時期をずらすとか何かやるのかと思ったら、サマータイムだそうですよ奥さん。誰なんだ奥さんって。時計の針を2時間ぐらいずらしてどうするんだよ。というか、システム改修も大変だし、インフラその他対応コストのことを全く考えてないだろうなと思うわけです。「そんなもの、2時間早く起きればいいだけですよ」とか本当に日本の権力者が考えていそうなのが怖ろしい。誰も止められないのか、夏の酷暑の甲子園みたいに。

 しまいには、船田元さんまで出てきてサマータイム問題は「律儀で真面目な国民ならば十分乗り切れる」とか言い始めるし、さらには学校に対して「東京五輪メダル『銀』まだ足りない、小中学校でも回収へ」(8月20日 日経電子版)とか銀の徴発をやり始め、そして東京五輪ボランティアが集まらない懸念で中学生高校生までボランティアに半強制で徴用されることになるかもしれない、というネタまで報じられて幻滅です。いったい何のためのオリンピックなんでしょう。

 もちろん、オリンピックのホストである東京都民として恥ずかしくない五輪にしたい、成功させたいという気持ちはある一方、小池百合子都知事がアホを晒したりエンブレムだ国立競技場だとケチがついて2号線も身動きが取れなくなった結果、無計画に進めたしわ寄せが都民にやってくるということでは困るわけです。これは本当にヤバい。キャンセル料払っても東京五輪を返上したほうが安上がりなんじゃないでしょうか。

■細部にホコリが溜まって非効率なヤバいゴミ屋敷みたいになる展開

 それもこれもアベ政治が長く続いて閉塞感が蔓延しているとか言われることもあるのかもしれませんが、あまり書きたくないけどかなり本格的に日本のシステムが疲弊していて大本営が能無しで状況認識も満足にできる状態にない、ということなんじゃないのか、とすら思うのです。明らかにヤバイ施策がそのまま発表されたり、どう考えてもヤバイ状況に対して誰に忖度をしているのか分からないぐらい問題が解決されないまま放置されたりしているんです。もちろん、大枠で考えれば景気も悪くなかったし、日常生活レベルで概ね満足しているから支持率もあれだけメディアに叩かれながらも5割前後でうろうろしていて長期政権になっているんだとは思いますが。

 ただ、うっかり「まあ、飯が食えているんだからこれでいいか」と思っていると、神が宿るべき細部にホコリが溜まって非効率なヤバいゴミ屋敷みたいになってしまっているのが日本なのかもしれません。昭和は過ぎ、もう平成もそろそろ終わろうかというところで、さすがに炎天下に高校生に野球させたりとか、世界各国から人呼んできて競技だ観光だって、正気の沙汰とはとても思えないんですけど。そりゃいろんなところに配慮はいるのかもしれませんが、さすがにもうちょっと考えましょうよ。ねえ。ちょっと。

(山本 一郎)

関連記事(外部サイト)