焦げた子どもの遺体が転がっていても……彼女が紛争地に向かう理由

焦げた子どもの遺体が転がっていても……彼女が紛争地に向かう理由

白川優子さん

 国境なき医師団(MSF)で看護師を務める白川優子さんには、忘れられない夫婦がいる。2010年、MSFの一員として初めて派遣されたスリランカ。多数派のシンハラ人と少数派のタミル人の内戦は終結したものの、激戦地だったタミル人地域には医療を求める難民が溢れていた。

 その地で、MSFとともに何年間もタミル人の難民の治療にあたっていた若い医師の夫婦に出会った。難民たちが慕い、敬っていたそのふたりは、シンハラ人だった。

「看護師として、人として心の底から尊敬しました」

 MSFは、1971年にフランスの医師が中心になって作られた非政府組織で、紛争地や自然災害の被害を受けた地域などで中立的な立場で医療・人道援助を行う。

 7歳の時、テレビでMSFの存在を知った白川さんが、本気でMSFを目指すようになったのは26歳、看護師3年目の99年。MSFがノーベル平和賞を受賞したのを知り、「私も厳しい環境で医療を求めている人を救いたい」と思い、一歩を踏み出した。

 しかし、MSFで働くには英語力が必須。そこで一念発起し、オーストラリアで英語を学び、現地の看護師の資格を取得して4年間、働いた。

 そこで十分な語学力とスキルを身に着け、10年に帰国。一発合格で念願のMSFに加わってから、スリランカを皮切りに出動した回数は17回。イラク、シリア、イエメン、南スーダン、ガザ地区など紛争地がほとんどだ。

■白川さんが紛争地で見たものとは……

 初めてシリアに行った時は、戦争とは無関係の一般市民が無差別の銃撃、爆撃によって負傷し、次々と運び込まれてくる現状に言葉を失った。

 難民支援で向かった南スーダンでは、当初の予想に反して銃撃戦が勃発し防空壕への避難を余儀なくされた。戦闘がひと段落し、町なかの病院に戻ると、何者かに火を放たれた小児病棟には焼け焦げた子どもの遺体が転がっていた。

 ガザ地区での医療支援を終えた後、イスラエルの空港では全裸で身体検査をされ、数時間に及ぶ尋問を受けた。パレスチナの支援者に対するあからさまな嫌がらせだった。

「行く場所、行く場所で、同じ人間として信じられない行為や光景を見てきました」

 それでも、紛争地に向かうのはなぜ? という問いに白川さんは柔らかく微笑んだ。

「イラクのモスルがイスラム国(IS)から解放された後、モスルの病院にISの子どもが運び込まれてきました。シリア人スタッフからISの想像を絶する非道な振る舞いを聞いていましたが、スタッフは両親が自爆テロをして孤児になったその子を献身的に看護しました。その時、人間の愛、強さを感じたんです。そういう人たちを援助するのが私の仕事。戦争は怖いけど、屈したくないんです」

しらかわゆうこ/1973年、埼玉県出身。幼い頃から読書が好きで、図書館ではいつも紛争や飢餓に苦しむアフリカの子どもたちを捉えた写真集を眺めていた。「戦争を止めなきゃいけない」とジャーナリストを目指したことも。今年7月、初の著書となる 『紛争地の看護師』 を上梓。

(川内 イオ)

関連記事(外部サイト)