グルメなタイ系民族は『ヤギの糞のスープ』を食べる!?――高野秀行のヘンな食べもの

グルメなタイ系民族は『ヤギの糞のスープ』を食べる!?――高野秀行のヘンな食べもの

イラスト 小幡彩貴

 タイ系民族は東南アジアから中国南部にかけて広く住んでいるが、なぜかどこの人もひじょうにグルメである。美味いものに目がないだけでなく、食の幅が広くて、ゲテモノ的な食材にも果敢にチャレンジする。

 中国南部、広西チワン族自治区に住むトン族もそうで、彼らが住む三江(サンジャン)という町に行ったときは、前に本連載で紹介した「 紫血(ズシュエ/豚の生の血の和え物) 」とか、十年以上も漬け込んだ草魚のナレズシなどなど、よそではお目にかかれない特殊料理の宝庫であった。

 私がそのような個性的な料理を好んで食べているのを知り、親しくなったタクシー運転手の楊さんが「ヤンビーって食べたことある?」と訊いてきた。

 ヤンビー? 私が首を振ると、彼はおもむろにスマホを取り出した。

 昔は中国語が通じないとき、もっぱら筆談だったが、今では誰もがすぐにスマホの翻訳アプリを開く。中国の翻訳アプリは自動的に発音までしてくれるのはいいが、スイッチをオフにするまでエンドレスで喋り続ける。例えば、「補品(プーピン)」と入れると、「サプリメント、サプリメント、サプリメント……」と連呼して、やかましい。

 楊さんが手書きで何やらさささっと入力すると、突然アプリが日本語で叫びだした。

「ヤギの糞(くそ)のスープ、ヤギの糞のスープ、ヤギの糞のスープ……」

 シュールすぎて頭がおかしくなりそうだ。ヤギの糞のスープって一体何だ? というか、そのSFに出てくるロボット鳥みたいなアプリを早く止めてほしい。

 やっとアプリを閉じた楊さんが言うに、ヤンビーはもともとトン族の料理でトン語では「ベーレイ」という。最近は漢族も真似して食べるようになり、「羊(ヤン)ビー」と呼ぶようになったが、方言なのでアプリの辞書にも載っていない。楊さんが自分で標準中国語に意訳した語彙を打ち込んだら「ヤギの糞のスープ」と変換されたらしい。

 ヤギといっても羊のことだと思うがそれはさておき、「糞」というのが解せない。いくらゲテモノ好きのタイ系民族とはいえ、羊の糞なんて食べるだろうか。楊さんは「糞じゃなくて、糞になる前のもの」などと一生懸命説明するが、何のことかわからない。凄いゲテモノ系の気配が濃厚に漂っているが……。

 こういうものは自分で実際に食べてみるにしくはない。幸い、ヤンビーを出す店は市内にいくつもあった。旅に同行していた先輩と一緒に私が訪れたのは、「土狗虫(オケラ)」の炒め物や「蜂子酒(蜂を漬け込んだ酒)」など、特に精力がつくゲテモノ系料理を専門に出している店だった。

 ヤンビーを注文すると、店の女将さんが「あんたたち、初めて? それなら量を減らした方がいいね。食べやすくしとくよ」と言った。その口ぶりから「やっぱりゲテモノか」と覚悟したが、いざ料理が来てみれば、羊のモツ鍋だった。汁の色はドブの水のようで、匂いも多少ウンコくさいような気がしなくもなかったが、匂いの強い香菜でカバーされていて問題なし。

 味も悪くない。塩気とこってりした油分を感じる。すごく苦かったり渋かったりするハーブが入っており、それも臭みを和らげている。全体的に「美味い料理」と言っていいだろう。私がこれまで食べてきた料理の中では沖縄の山羊汁にいちばん似ている。

 しかし、食べただけでは「糞」の謎は解けなかった。これは実際に料理する場面を自分で見るしかない。かくして、知り合いになっていた料理屋の主人に取材させてもらうことにした。(以下、次号)

(高野 秀行)

関連記事(外部サイト)