満島ひかり、“海を越えた3万年前の祖先”にせまる!

満島ひかり、“海を越えた3万年前の祖先”にせまる!

海部陽介氏(国立科学博物館)と対談した満島ひかりさん ©深野未季/文藝春秋

 3万年以上前、海を渡ってやって来た日本人の祖先。それまで、無人の野だった日本へ、対馬、北海道、沖縄という3つのルートから、別々に足を踏み入れた。

 そのなかで、最も困難だったのが沖縄ルートといわれる。なにしろ世界最大の海流のひとつである黒潮を越え、時に100〜200kmに及ぶ海峡をいくつも渡る航海が必要だったのだ。

 祖先たちはいかにして、台湾から沖縄への大航海を成功させたのか。「3万年以上前の祖先たちの海への挑戦をできる限り詳細に解き明かしたい」、そんな思いで、太古の大航海の再現に挑戦するのが『 3万年前の航海 徹底再現プロジェクト 』だ。

 国立科学博物館、人類史研究グループ長の海部陽介氏がプロジェクト代表となり、来年、台湾から与那国島への航海を実施することを最終目標に、草や竹、そして丸木の舟で実証実験を続けている。

 去年Eテレの番組で海部氏と話をして、このプロジェクトに「ロマンを感じた」という女優の満島ひかりさん。来年の台湾から与那国島への本番航海へ準備を進める、海部氏と再会。3万年前の最初の日本人たちの謎について対談を行った。

◆◆◆

■先人たちに思いを馳せている姿にロマンを感じた

海部 この『3万年前の航海 徹底再現プロジェクト』、満島さんにとても関心を持ってもらって、本当にうれしいんですけど、どんなところに魅力を感じられていますか。

満島 ロマンがあるなあと私は思って。去年、対談をしたとき海部先生がおっしゃったんですけど、職業柄いつもは確実に研究成果を出せたものを発表する。でも今回は、失敗や冒険も含めて研究の過程をたくさん見せながら、プロジェクトを進めているというのがすごく面白いなと思いました。

 黒潮の中を舟で渡る。島と島を渡る。そういった、先人たちに思いを馳せている姿は、冒険物語を聞いているようで興味を持ちました。

■「天気」ではなく「海気」を読む

海部 満島さんは島で育って、海には慣れ親しんでいると聞いています。

満島 そうですね。東京で暮らしているより海や空が身近で。私たちはまだ全然できないんですけど、おばあちゃんたちは「ああ、2日後は雨になるよ」とか「今年の緑の色はちょっと違うねえ」とか空を見たり、匂いを嗅いだだけで、話したり。

 プロジェクトの航海で舟を漕ぐ監督さんのインタビューを読んだんですけど、「海気を読む」と書いてあって、それがすごく面白くて。

海部 そうですね。「天気」じゃなくて「海気」なんですよね。

満島 海の気を読むというのは……羨ましいなと思います。都会に暮らしているとなかなか出来ないですけど、本当はもっと雨のことを知りたいし、海のことを知りたい。雲の流れが変わると何が起こるかとか、もっと自然と触れていたいと思うんです。そういった漠然としたものに海部先生が挑戦していることにやっぱりロマンを感じます。

■「そんな舟でこの海を渡れるわけないでしょ」

海部 僕らのプロジェクトの特徴は、「祖先たちがやったことを自分たちでやってみる」ということです。通常だと遺跡を掘って、そこから出てくる証拠で研究する、それが王道です。でもそこからちょっとはみ出して、自分たちがやってみる。祖先たちもやっぱり人間なわけですから「人間に迫れる」、そういう実感がとてもありますね。

満島 それはすごく思いました。先生たちが挑戦する台湾から与那国までの航海は下手したら70時間とかずっと舟を漕いでいくわけじゃないですか。海の上を渡っていくためにこういうふうに筋肉を使わなきゃいけないんだとか、3万年前の人の身体の使い方にまで思いを馳せている感じがします。

海部 「そんな舟でこの海を渡れるわけないでしょ」って言われることがあるんです。「無茶なこと止めなさい」って。でも祖先たちは実際に来ているので、それが事実なんです。

■3万年前には地図もGPSもスマホもない

満島 舟で渡っていった3万年前の祖先たちの気持ちになって、シナリオを組み立てているというのも面白いなと思いました。

海部 忘れちゃいけない大事なポイントは、3万年前には地図は存在しないということですね。海流についての知識も乏しい。水平線の向こうにはこんな島がある……なんて知らないわけです。なにしろ初めてですからね。島を発見した。でも、そこへ行って何が起こるかもわからないわけです。どんな島かもわからないし、行けるのかどうかもわからないわけですけど、そこへ旅立っていった人たちがいる。

満島 プロジェクトの航海では星を読んだりもするんですよね。

海部 それも大事で3万年前と同じ条件ですから、GPS、時計、スマホ……そういうものは持たないで行きます。当然3万年前と同じで、漕ぎ手は途中で交代はしちゃいけないわけですね。

 それから、これは冒険ではありません。現在の冒険というのは誰が行ってもいいから、たいていベテランの男の人が行くわけですけど、3万年前は男だけで旅立ったらダメなわけですね。

満島 ああ、そうです。島に着いたら子孫を作らなきゃいけないですもんね。

海部 航海の先の未来が待っていますので、男だけではダメなんです。女性も一緒に行く。そういうことをトータルで考えて、祖先たちの移住がどうだったのかを知りたいんですね。

■一番の謎は「舟の材質は何だったのか?」

満島 一昨年に与那国島から西表島までテスト航海されたじゃないですか。そのとき実際に先生も古代の舟に乗ってみて、どうでしたか。

海部 そのときは草の舟を作ってテストしました。じつはプロジェクトの一番の謎は、祖先が乗っていた3万年前の舟の材質は何だったか、なんです。

 舟については遺跡に残っていないんですけど、4つの条件があります。1つはその後の縄文時代に丸木舟が存在したことが分かっているので、丸木舟以上の舟ではないこと。縄文時代の技術を超えてはいけません。2つめは地元にある材料しか使えない。3つめは当時の道具でも造れる。最後に、海に出て機能する、つまりちゃんと舟として航海できる。その4つの条件をクリアできる舟は何かというのを探しているんですね。

■草の舟と竹の筏はスピードが出なかった

満島 最初はいくつか候補があって、いま先生たちが行き着いた木の舟ではなかったんですよね。

海部 初めに与那国島から西表島で草束舟を試したんですが、スピードがあまり出ず、潮に流されてうまくいきませんでした。それから台湾で試した竹筏舟もあまりうまくいかなかったんです。やはりスピードが不十分で、さらに竹が割れてしまうんです。それで行き着いたのが、丸木舟なんです。これが丸木舟用に僕らが能登の山で切ってきた杉です。

満島 けっこう長いですね。横にも長くて、これ、列になって座るんですか。

海部 まだ作っている途中で、ずっと彫っていくんですけれども、完成したときに、だいたい4、5人乗り、そういう舟がやがてできていくと思います。

満島 どうして最初にこのプロジェクトをやってみようと、興味を持たれたんですか。

海部 遺跡の実態を考えたら止まらなくなって。だってすごいじゃないですか。3万年前まで遡る遺跡が琉球列島の各地で見つかっているんです。つまり3万年前には祖先たちが黒潮を渡って、琉球列島全域に辿り着いている、これは事実なんです。

■“海から見た陸”の姿が感動的だった

満島 舟漕ぎの方が「舟を漕いでいる最中は自分の下半身はほとんど海の生物なんだ」とインタビューでおっしゃっていました。先生も草の舟や竹の舟に実際に乗って、出発前に考えていたことと乗ってみて思ったことと何か違いましたか。

海部 僕はプロジェクトリーダーで実際の航海の漕ぎ手ではないのですが、舟に乗ってみると、やっぱり景色が全然違うんですね。エンジンの付いた普通の大きな船に乗っているときとは違って、小さな舟では水面ギリギリで大きなうねりが目の前にバーッと来て、時にイルカが来たり。それから“海から見た陸”もまた感動的です。台湾で実験を進めているんですけど、普段は台湾の陸から海を見ますよね。だけど舟で海に出て、そこから陸に戻っていく。その自分たちの故郷に戻っていくとき、陸の姿というのは、とても感動的なんです。

■「海に憧れた人たちがたどり着いたから日本人が存在する」

満島 やっぱり大地を歩けるホモ・サピエンスの血が騒ぐというか、やっと歩けるぞみたいな感じの気持が高ぶってくるんですかね。

海部 そんな気持ちがあります。そんなふうに体験してわかること、感じることは本当に多いです。ほかにも例えば、先ほど言ったように最初、草束舟でうまくいかなかった。台湾での竹筏舟もあまりうまくいかなかった。でも失敗の次にできたものがあると「これならどこまで行けるのかな」という小さな挑戦心の芽生えを感じます。

 祖先たちも同じように失敗しながら、新しい経験を積んで、どんどん技術が上がって、新しいものを作ったはずで。遠くまで行くというのは、帰ってくる自信があるときにできることだと思うんですね。だから見えないのに「向こうに島があるはず」と闇雲に出ちゃったという、男の冒険譚ではきっとないんですよ。そんな男の無謀な挑戦に女性はついてきてくれないでしょう。祖先たちはやっぱり、島の存在を知った上で自信があって海に出て行ったんだと、実感としてこう思っています。

満島 そうですね。何度も、何度も失敗を繰り返し、何度も行っては戻ってというのを繰り返して、先人たちもたどり着いたはずですよね。日本は島国ですから、海に憧れて、あの先には何があるんだろうって、たどり着いた人がいるから、いま私たちが存在しているわけですもんね。

海部 そうなんです。僕らは3万年前の人たちについて、考え方を変えなければいけないと思います。もちろん当時の技術は原始的だけれど、彼らはその技術をもって、新しいことに挑戦して、新しい世界を切り開いた人たちなんだなというのをいますごく感じていますね。

※『3万年前の航海 徹底再現プロジェクト』では、以下のURLから、9月14日(金)23:00まで、クラウドファンディングにて「本番の実験航海」への活動資金を募集しています。
https://readyfor.jp/projects/koukai2

?

(海部 陽介,満島 ひかり)

関連記事(外部サイト)