「子どものお弁当に冷凍食品」は愛情不足? 誤解だらけの冷凍食品

「子どものお弁当に冷凍食品」は愛情不足? 誤解だらけの冷凍食品

©iStock.com

「子どものお弁当に冷凍食品は禁止」。そんな保育園や幼稚園があると話題になったことがある。子どもに「食育」のため、今でも禁止されている園があるというが、果たして「お弁当に冷凍食品禁止」は、食育なのか。冷凍食品の気になる「真実」を、冷凍食品ジャーナリストの山本純子氏にお聞きした。(全3回の1回目/ #2#3 へ続く)

■すべて手作りのお弁当=愛情?

──「幼稚園のお弁当に冷凍食品禁止」が一時期話題になりました。SNSで炎上したこともありましたが、どうご覧になっていましたか。

山本 毎日、旬の食材を使ってすべて手作りでできるなら、それが一番いいです。でも、「冷凍食品は手作りじゃない」とか「冷凍食品は愛情不足」といわれると「えっ?」と思います。冷凍食品って、レンジで温めて詰めるお総菜だけじゃないんですよ。食材を凍結することは、資源を有効に生かす手段です。素材から調理品まで、そのすべてを「禁止」とされてしまうことには違和感を覚えます。

──冷凍食品の並んだお弁当は、手作りのお弁当に比べて見劣りがするなど、子どもの自尊心を傷つけることもあると聞いたことがありますが・・・・・・。

山本 それは私も嫌かも(笑)。冷凍食品で「手間抜き」して得た時間を使って、彩りなどを考えてセンスよく詰めてほしいですね。「手をかけることがよいこと=愛情」と考える人も多くいますけど、「幼稚園で使うバッグを手作りしてきてください」と言われることには納得できても、「お洗濯も愛情なので、お子さんの洗濯物は毎日手洗いしてください」と言われたら「えっ?」と思いますよね。どうですか? 極端な言い方ですけどね。

 社会が便利に進化していくなかで、交通やインターネットなどの情報手段はどんどん生活に取り入れているのに、便利に進化した食材を使うと批判されるというのは、矛盾している気がします。

──最近は「便利で確実だから」という理由で、連絡手段にラインやメールを使う学校や園も多いと聞いています。確かに矛盾している部分はありますね。

山本 ですよね(笑)。

■コープが離乳食の冷凍食品を開発

山本 「安全性」という点では、コープ(生協)が離乳食の冷凍食品を開発しています。昨年春に発売されたんですが、すごく評判がいいそうです。子育て世代の組合員の声をもとに子育て中の女性が開発したもので、手作り離乳食の助けになるような、うらごし野菜、無添加の白身魚ほぐし身、小分けしたおかゆなどが揃っています。「時間を上手に節約しながら、安全でおいしいものを食べさせたい」という賢い消費者が、やっと冷凍食品のよさに気づいてくれた、と喜ばしく思っています。離乳食の冷凍食品が評価されているということは、品質、安全性が証明されているということの裏返しでもあるんですよね。

■保存料を使う必要がない冷凍食品

──「生協」や「離乳食」と聞くと、安全性に配慮されているというイメージが強まりますが、一般の冷凍食品は、長持ちさせるために着色料や保存料などの添加物を使っているものもありますよね? 市販の冷凍食品とは、違う製法や原材料で特別に作っているんですか? 

山本 いやいや、市販品もコープ商品も、保存料は使っていないです。そもそも冷凍食品って、保存料を使う必要がないんですよ。この商品のパッケージ見てください。(といって、冷凍庫から冷凍ブロッコリーを取り出す山本さん)原材料名のところに「ブロッコリー」しか書かれていませんよね。

──ああ、ほんとだ。「ブロッコリー」としか書いてない。なぜ着色料も使っていないのに、鮮やかな色が保てるんですか?

?山本 冷凍野菜は通常、収穫した野菜を選別し、洗浄、カットして「ブランチング(下ゆで)」という加熱処理を行います。これにより酵素の働きを不活化させて、変質や変色を防ぎます。さらに、急速凍結することで、野菜の組織を壊さずに保存できるようにします。

 パッケージの「保存方法」の部分には「−18℃以下で保存してください」という表示がありますが、−18℃以下の低温で凍結した状態を保つのです。その温度帯では、食品を腐らせる菌は活動できないので食品は腐りません。つまり、腐らないので、保存料は不要なんです。

■冷凍食品は栄養価も保っている

──野菜の組織を壊さないということは、栄養価も下がらないのですか?

山本 その通り。下がらないどころか、生野菜より栄養価が高いケースもありますよ。たとえば、12月と9月に収穫した生のほうれんそうを比較した場合、ビタミンCの含有量はおよそ4倍程度も差があります。冷凍野菜は、1年のうちで最も美味しく、栄養価が高く、さらに価格も安い旬の時期に収穫した野菜をすぐ下処理、ブランチング、急速凍結します。つまり、栄養価が高く安定しているものを一年中食べられるというわけです。仮に、旬の時期に生のほうれんそうを買った場合でも、冷蔵庫に入れたままにしておくと、鮮度が低下し、ビタミンC量も低下します。また、夏場の生のほうれんそうより、冷凍の方が、ビタミンC量が高いということになります。

 生協が離乳食の冷凍食品にほうれんそうなどの野菜を採用したのは、小分けの便利さに加えて安全で、しかも高い栄養価を維持することができるからなんですよ。

■冷凍食品のイメージを悪くした「犯人」

──初めて知りました。「冷凍食品」は、品質の落ちたものを材料にしているとか、保存料や着色料を使っている、栄養価が低いなど、「健康に悪そう」というイメージが強いのは、なぜなんでしょう?

山本 そうですね、誤解している人がとても多いんですが……。

 まず、冷凍食品のイメージを地に落とした犯人は冷凍魚だという説があります。戦後間もない頃、鮮度が落ちた魚を冷凍庫に入れたら臭いが無くなった、なら出荷しようと販売した業者がいたそうで、その頃の「冷凍魚は臭くてまずい」という認識が、世代を超えて「冷凍食品=まずい」とか「冷凍食品=粗悪品」というイメージで語り継がれているといわれています。どこまで本当の話か分かりませんが、実際に年齢層が高い方の方が、冷凍食品に抵抗感を持っている方が多いですよね。

──確かに。若い世代は、「Picard(ピカール:フランスの冷凍食品専門店)」の上陸以降、冷凍食品をポジティブにとらえる人も増えたのではないでしょうか。むしろ、ホームパーティに使ったりして積極的に冷凍食品を生活に取り込んでSNSなどでシェアする人もいますが、ピカールの人気をどう見ていますか?

山本 大歓迎です! 実は日本でも過去、ピカールを手本に何度か冷凍食品専門店にチャレンジした例がありましたが、失敗しています。スーパーでお弁当用商品の伸長時期と重なったのが背景にあると思います。ピカール人気が、冷凍食品の誤解やネガティブイメージを払拭してくれるきっかけになれば、なお、ウェルカムです。

 フランスでは、ピカールは人気の高い食品のブランドで、冷凍食品は「普通の食材のひとつ」で、どの家庭でも日常的にあたりまえに使っています。ピカール人気を契機に、日本でも冷凍食品を「食材のひとつ」として購入し、家で最終的に解凍、調理して食べるという「冷食文化」がもっと広がっていくことを期待しています。

■冷凍食品はお弁当の「保冷剤代わり」にはならない

──日本では、冷凍食品は、お弁当用商品が多いですね。最近は自然解凍できる冷凍食品も増えました。家ではそのまま食べられ、お弁当に入れると保冷剤代わりにもなって便利だと評判が高いそうですが。

山本 そういう声をよく聞きますが、実はそれは完全な誤解です。冷凍食品は保冷剤代わりにはなりません。業界でも「保冷剤代わりになります」といったことは一度もありません。

 自然解凍の商品は、朝お弁当箱に入れて、お昼の食べる時間に解凍されるように作られていますし、それ自身が傷むことはありませんが、ほかの食材を冷やす機能はありません。ですから、保冷剤代わりに入れて、安心するのは絶対やめてください、とみなさんにお伝えしたいです。特に夏場は、通常の食品が傷まない工夫が必要です。

取材・構成=相澤洋美

#2 へ続く)

やまもと・じゅんこ
冷凍食品ジャーナリスト。「冷凍食品新聞」編集長、主幹を経て、2015年独立。現在は一般向けサイト「冷凍食品エフエフプレス」を立ち上げ、編集長としてサイト運営に携わる。冷凍食品の報道に携わって以来37年間冷凍食品を食べ、冷凍食品のよさとおいしさを発信し続けている。最近は冷凍食品解説者としてテレビ番組などでも活躍。夢は「冷凍食品ミュージアム」を設立すること。 https://frozenfoodpress.com/

(「文春オンライン」編集部)

関連記事(外部サイト)