東京で増える“麺類王県”山形のそば。野方駅「もがら」の洗練された味

東京で増える“麺類王県”山形のそば。野方駅「もがら」の洗練された味

駅舎も綺麗になった西武新宿線の野方駅

 山形県は麺類王県だ。山形そばは挽きぐるみのそば粉を使い、やや黒っぽい、硬めの田舎そばが特徴で、板そばや冷やし鶏そばなどとして食べられている。東京でも最近、山形そばの店が増えている。銀座の「山形田」、神田の「河北や」、西新宿の「肉そば家 笑梟(フクロウ)」など。そして、西武線野方駅近くにも「山形のおいしいお蕎麦とお米 もがら」が7月末にオープンした。

■天童の観光名所から拝借した店名「もがら」

 野方駅を南口側に降りて、商店街を南下する。左手路地奥にはもつ焼き「秋元屋」が見える。昔は居酒屋の達人・浜田信郎氏とよく行っていた。さらに進むと野方区民ホールと小さなバスターミナルがあり、その前に「山形のおいしいお蕎麦とお米 もがら」が営業していた。

 最初に伺ったのは8月の初旬の土曜日だった。店は6人ほどのカウンターのみだが、カウンターは広くゆったりして落ち着いた雰囲気である。

 メニューはいたってシンプル。基本は「冷たい肉そば」と「温かい肉そば」(各700円)で、「冷たいおろし肉そば」(800円)がある。サイドメニューは「山形米だしごはん」(200円)、「山形米おにぎり」(150円)。

 ひとりで切り盛りしていた女将さんに店名の由来を聞いてみた。「もがら」という名前は、天童市上貫津(かみぬくづ)にある風穴や冷水の泉がある観光名所「ジャガラモガラ」から拝借したそうだ。

■「冷たい肉そば」はきりっとしまった濃い目の味

 まずは、「冷たい肉そば」(山形弁では「つったい肉そば」)を注文。注文後、やや黒い生そばを大きな鍋で茹で始めた。山形の製麺所に特注したそばだそうで、そば粉は山形県産そば粉「でわかおり」を使用している。3分ほど待って「冷たい肉そば」が登場した。

 つゆは鶏とかつお節から出汁をとったもので、山形県や福島県などの山岳地帯で親しまれた味だそうだ。きりっとしまった濃い目の味。返しは地元の醤油を使っているのだろうか、やや華やかな香りが広がる。

 鶏チャーシューは親鳥のモモ肉を別に甘辛く炊き出したもので、コリコリとした食感がよく、しっかりと味が染みている。

 脂分はほとんど落ちていて、つゆには脂が一切浮いていない。丁寧で綺麗な出来上がり姿である。麺は想像以上に硬く色黒である。虎ノ門の「港屋」ほど太くはないが、その系統の麺である。

■冷やしよりやや甘さを感じる「温かい肉そば」

 そして、8月最終週の水曜日に「温かい肉そば」(700円)を食べに再訪した。さっそく「温かい肉そば」と「山形米だしごはん」(200円)を注文。その「温かい肉そば」の出来上がり姿がまた美しい。温かいつゆは、冷やしよりやや甘さを感じる深い洗練された味だ。麺は冷やしと違いしっとりと丁度良い硬さで、つゆとよく馴染んでいる。このつゆは中華麺で食べてもうまそうだ。

■「山形米だしごはん」を茶漬け風に

「山形米だしごはん」は、「きゅうり」、「豆腐」、「ナス」、つるっとした食感を出す「なっとう昆布」などを細かく切って混ぜた自家製のだしが、山形産のお米「つや姫」に載ったものだ。張りのあるお米がだしの味を引き立てる。途中で、温かいつゆをだしに入れて茶漬け風にして、お新香も入れて食べてみたが最高にうまい。冷たいつゆならもっと合うに違いない。

 女将さんに伺うと、ご主人が「もがら」の運営会社の社長をされており、同時に天童でも本業の仕事をしているとか。東京の人にも旨い山形そばを食べてもらいたいと開店したそうである。

 ただ、「普通のもりそばやかけそばが食べたい」というお客さんも多いそうで、山形そばの知名度を上げていくことも必要なのだという。それでも、開店と同時にお客さんも入店しており、庶民的な街である野方に山形そばが認知されるのもそう遠い話ではなさそうだ。

写真=坂崎仁紀

INFORMATION

山形のおいしいお蕎麦とお米 もがら

東京都中野区野方5-25-3 野方ビル1F
営業時間 
11:30〜15:00 18:00〜20:00
定休日 火曜日

(坂崎 仁紀)

関連記事(外部サイト)