劇団四季「キャッツ」人気俳優が罵倒レッスンで自殺未遂していた

劇団四季「キャッツ」・ミストフェリーズ役の27歳人気俳優が飛び降り自殺未遂か

記事まとめ

  • 劇団四季の人気俳優Iさん(27)が飛び降り自殺を図ったと、週刊文春が報じた
  • Iさんは、「キャッツ」の主役級キャスト“マジック猫”ミストフェリーズ役に抜擢
  • 飛び降りの原因は、「スーパーバイザーの加藤敬二氏(56)のパワハラ指導」と関係者

劇団四季「キャッツ」人気俳優が罵倒レッスンで自殺未遂していた

劇団四季「キャッツ」人気俳優が罵倒レッスンで自殺未遂していた

キャッツのチケットは入手困難 ©共同通信社

 今年7月13日、創設メンバーの浅利慶太氏(享年85)が亡くなったばかりの「劇団四季」。その直後の15日未明、マンション5階から四季の人気俳優Iさん(27)が飛び降り自殺を図ったことが、「週刊文春」の取材でわかった。

 Iさんは、四季の超人気ミュージカル「キャッツ」で、主役級キャスト“マジック猫”ミストフェリーズ役に抜擢されていた。

 四季関係者が明かす。

「飛び降りの原因は、スーパーバイザーの加藤敬二氏(56)による“パワハラ指導”です」

 加藤氏と言えば、四季の元トップダンサーで、最近も、空前の売れ行きを記録した「アラジン」やキャッツなどの数多くの作品で、振付や演出を手掛けている。

「I君は次第に、加藤氏から罵倒されたり、無視されたりするようになっていきました。今年8月から始まった東京公演のミストフェリーズ役からも外されています」(同前)

 劇団四季広報宣伝部は「週刊文春」の取材に対し、次のように回答した。

「俳優が、高所から落下したことは事実です。事故があったことを重大なことだと受け止め、事実関係や発生原因の究明を行い、再発を防止していくために、社外監査役を委員長とする調査委員会を立ち上げ、調査を依頼しました。(加藤氏のパワハラについては)調査結果には個人情報のみならず、関係者のプライベートに関わる内容も少なからず含まれています。そのため、調査の内容に関わることはお答えいたしかねます」

 9月6日(木)発売の「週刊文春」では、加藤氏とIさんの関係、飛び降りの際の状況、劇団四季の対応などについて詳報している。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年9月13日号)

関連記事(外部サイト)