96歳の瀬戸内寂聴を支える“66コ下”の美人秘書、瀬尾まなほの秘密

96歳の瀬戸内寂聴を支える“66コ下”の美人秘書、瀬尾まなほの秘密

瀬尾まなほさん

 瀬尾まなほさんは、96歳にして旺盛な仕事を続ける瀬戸内寂聴さんを秘書として支えている。66歳の年齢差もなんのその。寂聴さんにとってなくてはならない人材になっている。

「学生時代に先生のお仕事場に潜り込んで以来、ずっとご一緒させていただいています。わたしが言うのも気が引けますが、先生とはとっても気が合うんです。だから一般企業の社長と秘書という関係と比べたら、秘書が少し図々しいかもしれません(笑)」

 忙しい秘書業のかたわら、瀬尾さん自身も新たなチャレンジを始めている。

「月に1回、地方紙にエッセイの連載を執筆しています。やっぱり書くネタを探すのは大変ですよね。普段は先生に原稿を催促しているんですが、書く大変さを知ってそれがしづらくなってきました(笑)。今年1月の母校での講演を皮切りにトークショーのご依頼をいただくことも増えました。わたしが話すことを通じて、平和や女性について、先生の考えてらっしゃることが少しでもいろんな人に伝わればと願っています」

INFORMATION

トークショー「寂庵ヒショヒショばなし」
9月22日(土)横浜ベイホテル東急(横浜市西区みなとみらい2-3-7)で開催
予約は045-682-2121で受付中
https://ybht.co.jp/event/seomanaho.php

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年9月13日号)

関連記事(外部サイト)