「腕を切ったら8畳の部屋が血だらけに…」 半グレ「怒羅権」元幹部がヤクザの腕を日本刀で落とした“顛末”

「腕を切ったら8畳の部屋が血だらけに…」 半グレ「怒羅権」元幹部がヤクザの腕を日本刀で落とした“顛末”

トークショー(左から2番目より汪楠氏、草下シンヤ氏、上出遼平氏)

「ドライバーが体に入った感触があるんですよ。ちょっと動かしたらすごい血が出たんだよね」 半グレ集団「怒羅権」元幹部が語る“初めて人を刺した日” から続く

 日本刀で相手の腕を切り落とし、窃盗では数億円を荒稼ぎ??。1980年代後半に中国残留孤児2世、3世を中心に結成され、その凶悪さを恐れられた半グレ集団「怒羅権」。その創設期のメンバーで、13年間服役した汪楠(ワンナン)氏の著書 『怒羅権と私 創設期メンバーの怒りと悲しみの半生』(彩図社) が話題だ。

 汪楠氏は、「包丁軍団」と呼ばれた怒羅権の荒れ狂った活動の実態から、出所後に犯罪から足を洗い、全国の受刑者に本を差し入れるプロジェクトを立ち上げるまでの壮絶な人生を著書で綴った。刊行を記念して行われた、書籍を編集した作家、草下シンヤ氏と、テレビ番組「ハイパーハードボイルドグルメリポート」のディレクター、テレビ東京の上出遼平氏、そして汪楠氏のトークイベントの模様の一部を紹介する。(全2回中の2回目。 前編を読む )

 ◆◆◆

■日本刀で相手の腕を切り落とし…

――汪さんは17歳当時、怒羅権にいながら、ヤクザのある組にも所属していました。同じころ、汪さんのお金を盗んだ人間とトラブルになり、日本刀で相手の腕を切り落とし、さらに首すらも落としかけた事件を起こしています。

草下:日本刀を振り下ろした瞬間は覚えていますか?  

汪楠:そいつ、自分のお金盗むし、その後のお詫びの席での態度も悪く、食事の代金も踏み倒そうとした。それまでは、組長が許したから殴っちゃいけないって思っていたんです。警察に捕まるからじゃなくてね。でも相手の顔も殴ってしまって、こんなに出血したならもう組長にもバレちゃうなと思ったんです。

 殴られた経験が結構あるから分かるんですけど、殴り始めは痛い。でも、5分、10分続くと痛みって感じないんですよね。だから腕を切り落とされたやつも、もう痛み感じないところに来ちゃっていた。

■相手の首も落とそうとして、少年院へ逆送致

汪楠:それで腕を切ったら思った以上に血がいっぱい出た。事務所の8畳ぐらいの部屋が、もう全部血だらけになったんですよね。二の腕のあたりって血管すごいいっぱいあって。心臓に近いし。それで「あ、これ駄目だ」と思って。組のもう1人に首つかませて、本人に土下座させて、首の切りやすいところに向けて振ったんです。でも、1回目に腕を切ったしたときに、握りの部分の2本ある竹のくぎが相当ゆるくなっていて。

草下:初めの一振りで、相当な衝撃だったんでしょう。

汪楠:首の後ろって皮と骨しかないんですよね。その後いっぱいそういう場面見たんですけど、両サイドはめちゃくちゃ血管あるから、そこを切るのはやばいんです。だから、後ろを切っても首の方は大した出血もしてないんです。そうこうするうちに、組長たちが止めに来て、その人を病院に送りました。

 実はその人はヤクザの事務所を渡り歩いていて、「若い衆になります」と言っては集金してきたお金を盗む専門の泥棒だったんですよ。

草下:窃盗の常習犯だったと。

汪楠:そのときに自分は18歳、未成年で、いくつかの事件を起こしていたこともあり、中等少年院送致となり、1年間少年院行きました。

草下:少年法も改正前で、逆送致にはなったけれども1年半ぐらいで済んだということですね。むしろ汪さんが腕を切った方のほうが……

汪楠:常習累犯でいっぱい指名手配もあり、6年の実刑判決だったと聞いています。

草下:普通に考えると、首を落とそうとした汪さんのほうが凶悪に見えますが、刑期は汪さんの方が軽かったんですね。

(略)

■脅迫観念、飛び降り妄想…、きつかった離脱症状

――汪さんは著書の中で「長年薬物をやっていたので耐性がついていた」と書かれています。読者からの質問ですが、服役中に禁断症状が出るといった影響はなかったのでしょうか。

汪楠:すごいありましたね。

草下:初めは離脱症状がきついですか。

汪楠:きついですね。結構繰り返しました。実際に虫はいないのに、虫が皮膚の中に入って、心臓に届いたら死ぬと思いこむような危険な状態でした。

上出:強迫観念だったんですね。

草下:それは覚せい剤の妄想ですか。

汪楠:そうですね。シンナーの場合はわりと、高いところから飛び降りたり、ゼロ戦が襲ってきたりといった妄想でした。その妄想のせいで、飛び降りた子は周りに何人かいますね。自分はシンナーのときはそんなに幻覚を見ていないんですけど、覚せい剤の場合はひどかったですね。

草下:薬が抜けるときですね。

■根性ややる気で薬物はやめられない

汪楠:薬物ってやめるのは本当に大変なんですよ。根性とか本人のやる気の問題じゃなくて、ケミカルで、直接脳に効きますから。しかも経験者に言わせると、薬物とセックスと一緒にくっついた快感は、他にそれ以上のものを得られない。もっと楽しい代替品がない以上、やめるのは相当大変です。

草下:セックスと薬物の組み合わせだけはやらなければよかったと後悔している方は、かなりいますよね。

汪楠:人間を駄目にするっていうのは、時間も守れないし、友達も失う。例えば、夫婦で頑張って2万円で買ったビデオデッキを、旦那が薬の代金欲しさに、1週間後にたった3000円で売ってしまう。時間を守らないから働けないし、お金がなくなると友達に借りて、周りの人間関係も壊す。周りの人間関係が壊れると、生きることも大変です。それでいて刑務所に入ると、刑務所の中はお酒もたばこも何もない代わりに、精神安定剤や睡眠導入剤といった強い薬がいっぱいある。そういった薬に依存しちゃうんですよね。だからといって何も与えずに放置すれば治るかというと、そうでもない。ケアは大変です。

■金もうけが喜びとなって薬物依存から脱却

上出:汪さんはどういう風に薬物依存から抜けられたんですか?

汪楠:薬物をやっていた時期の後に、めちゃくちゃシノギがうまくいった時期があるんです。はっきり言って、薬物より金もうけのほうが面白かった。自分が考えた案がどんどん形になることが喜びになっていたんですね。

上出:報酬を得るゲームのようですね。

汪楠:薬物がひどいときは町をうろうろして、行くとこなくてサウナに行って。サウナで朝6時ごろ寝ていたら、業務用掃除機の音がすごい気になっちゃってうるせえって暴言を吐いたり。覚せい剤を使用しているときは、暴力性と猜疑心でめちゃくちゃだから、俺に何か悪意があるんじゃないかと思ったりしたんです。

上出:いいことないっすね。

草下:快楽のとりこになってしまうんですね。

■犯罪と関係のない世界で、評価される場ができた

――その後、刑務所に13年間服役された。出所後、怒羅権や組の仲間と連絡を取らず、住む場所も変えて、犯罪から離れて生きようと思ったのはなぜですか。

汪楠:14歳で日本に来ていじめにあって、15歳ぐらいで非行少年になった。17歳でヤクザになり、懲役が終わって刑務所から出てきたのは42歳なんですよ。その間、まともに働いたのは1年間だけなんです。

 犯罪の手口にはめちゃくちゃたけているし、さらに刑務所、少年院、長期刑務所でも犯罪の手口を日常的に皆が話すので、犯罪に対するノウハウはすごくあるんです。だから、他の人から聞いた犯罪の失敗を繰り返さなければ、収入にはなる。

草下:犯罪が得意になっていたと。

汪楠:でも、刑務所の中にいて、非常に少ない荷物で15年間過ごすことができたわけです。せっかく生活レベルをここまで下げたんだから、俺は何にでも変われる自信があった。ラーメン屋でも、土木作業員でも、何でもできそうな気がしていた。

 もちろん、いい服を着て高い店に行っていた記憶を忘れられないと、犯罪に戻る確率は高いと思います。

 人に認められたい欲求ってあるじゃないですか。ヤクザや怒羅権の組織の中にいれば「兄貴すごいね」「汪くんすごいね」「汪やるね」って褒められる。でも、組織をやめた途端に、俺の人生の中に何もないんだよね。だから、東京の東村山市に引っ越しました。それで、全く犯罪と関係ない人と、大衆酒場とかこういうイベントで知り合ってどんどん新しい友達を作った。そうすることで新しい交友関係ができて、その人たちに求められたものをがんばっていった。

 そうして、ホームレス支援や残留孤児、精神疾患のある方の支援を始めるようになりました。新しく評価される場ができたんです。生活レベルも、月の手取り12、3万円で生活できる自信がついた。そこで初めて、地元の葛西に戻ったんです。

【前編を読む】 「ドライバーが体に入った感触があるんですよ。ちょっと動かしたらすごい血が出たんだよね」 半グレ集団「怒羅権」元幹部が語る“初めて人を刺した日”

(2021年3月2日、ロフトプラスワンにて)

(汪楠,草下 シンヤ,上出 遼平)

関連記事(外部サイト)

×