数千万円のレアカードに賞金総額は約11億円…「紙の麻薬」として一世を風靡した「マジック:ザ・ギャザリング」の現在

数千万円のレアカードに賞金総額は約11億円…「紙の麻薬」として一世を風靡した「マジック:ザ・ギャザリング」の現在

日本のトレカと比べても写実的な絵柄。コレクションしたくなる美麗なアートワークも「マジック」の魅力だった。

 ホビーとしてのカード集めの歴史は長い。プロ野球カードや仮面ライダーカード、ビックリマンシールなど、色とりどりの紙片はあらゆる時代の子どもたちを魅了してきた。1988年にカードダス(カード自販機)ができてからは、『ドラゴンボール』のシーンを描いたトレーディングカードが売れに売れた。

 そんなカード文化に「TCG(トレーディング・カードゲーム)」が加わったのが90年代中葉のことだ。今日でも「デュエル・マスターズ」や「遊☆戯☆王 OCG デュエルモンスターズ」が盛んに遊ばれているが、とりわけ30代・40代に支持者が多いのが、アメリカ生まれの元祖TCG「マジック:ザ・ギャザリング」(以下「マジック」)である。

■28年の歴史を持つ「マジック」

 1993年にアメリカで発売された「マジック」はまたたく間に大人気となり、94年に日本上陸。まずはTRPG(テーブルトークRPG)を遊んでいた層に受け入れられ、数年後には中高生の間でもブームとなった。

 舞台はファンタジー世界の「ドミニア」(後に「多元宇宙」に改称)で、プレイヤーは魔法使いの役割を演じる。エルフやドラゴンなどのクリーチャー(魔法生物)を召喚したり、攻撃や妨害の呪文を駆使したりして、ライバルを倒すのがゲームの目的だ。

「マジック」には5つの色(属性)があり、「赤」は炎の攻撃呪文が使え、「青」には数々の妨害呪文があり、「緑」はクリーチャーが強い……といったような特徴がある。どの色のデッキを選ぶかに、プレイヤーの性格が現れていた。

「マジック」では、プレイヤーがあらかじめ集めたカードで「デッキ」を組んで戦うのだが、人気のカードは数千円したし、中には当時の値段で数十万円を超えるレアカードもあった。そんな「マジック」に全財産をつぎ込むプレイヤーも多く、ときに「カード破産」とも自嘲された。

「マジック」の世界で有名な高額カードに「ブラック・ロータス」がある。この価値は上がり続けており、今年1月にもネットオークションで一時は1億円の値段が付く(最終的には5000万円超で落札)など、さながらマネーゲームの様相を呈している。

 対戦型のTCGは今も人気だが、ここでは1人プレイの『ドラクエ』のように、誰でも“最強”になれるわけではない。だから「マジック」には、対戦格闘ゲームのような高い競技性があった。

 94年からは「マジック」の世界一を決める「世界選手権」が始まり、99年には日本のパシフィコ横浜が開催地に選ばれた。「マジック」大会の賞金で生活するプロは雑誌にも頻繁に登場。トッププロの年収は1000万円をゆうに超え、プレイヤーたちの憧れの的となった。

■「マジック」は30代の青春!??

「マジック」は、ときに“紙の麻薬”とも呼ばれる。もちろんLSD的な意味ではなくて、友だちと一度プレイを始めると、やめ時を見失うくらい遊んでしまうからだ。ひとりでいるときも、集めたカードを整理し、デッキを構築して楽しめる。

 筆者がはじめて「マジック」に触れたのは、中学1年生だった1999年である。「マジック」経験者には「ウルザズ・サーガと第6版の頃」と言ったほうが伝わりやすいだろうか。娯楽の少ない男子校ということもあり、クラスでは「マジック」が燎原の火のごとく流行していた。「マジック」ネタは広く通用しており、「サルタリー」というあだ名が付いたクラスメイトもいた(サルタリーとは、「マジック」に登場するガイコツ顔で可哀想な部族のこと)。

 この頃といえば、休み時間のたびに友だちと「マジック」で対戦し、放課後は繁華街のカードショップに入り浸っていた覚えがある。東京吉祥寺のアーケード街に所在した「アメニティードリーム」では、レジ横にある特価販売コーナー(「状態悪し」)が毎日更新されるので、その品目をチェックするのが日課だった。

 当時は渋谷に「DCIジャパン・トーナメントセンター」という立派な施設があり、最高峰の「マジック」プレイヤーのサロンになっていたが、月額5000円か1回あたり500円(休日は1000円)の入場料が必要だった。

 これを中高生の小遣いから捻出することは難しいため、大半のプレイヤーが、カードショップに併設される無料の「デュエルスペース」を居場所にしていたのである。ゲームセンターの常連になるのと同じ理屈で、そこに行けば誰かしら友だちがいて、遊ぶことができたのだ。

 そのうち大会にも出るようになった。目立った成績は残せなかったが、埼玉県の桶川や千葉県の船橋など、日帰りできる範囲であれば「マジック」のために足を伸ばした。「地震の魔道士」と「ゴブリンの太守スクイー」による土地破壊ロックで善戦したのは良い思い出である。その後に流行した「補充」のコンボデッキには、なす術なくやられるばかりだったのだが。

 それからしばらくすると、「遊☆戯☆王 OCG デュエルモンスターズ」などの後発TCGも盛り上がり、「マジック」のシェアに食い込むようになる。実際に平成生まれ世代の思い出話を訊くと、「遊戯王カード」が登場する割合が高い。しかし「マジック」プレイヤーには、こちらこそ元祖TCGであるという妙なプライドがあり、他のTCGに浮気する割合は少なかった。

■そんな「マジック」がアプリに

 その「マジック」がスマホで遊べると知ると、驚く人もいるかもしれない。

「eスポーツ」の認知も進んでいる昨今、競技性の高い対戦ゲームはたくさんあるが、そのジャンルのひとつに「デジタルカードゲーム」がある。日本では「シャドウバース」、世界的には「ハースストーン」というタイトルが人気だ。

 デジタルカードゲームでは、実物の机の上でカードを並べて遊ぶのではなく、パソコンやスマホを通じて、遠隔地にいる対戦相手とプレイする。要するに、TCGを再現したオンラインゲームなのである。

「マジック」のデジタル化は古くから行われているが、最新のものが「Magic: The Gathering Arena」(以下「MTGアリーナ」)だ。Windows向けとしては2019年、Mac向けとしては2020年に正式サービスを開始、すでに多くのプレイヤーが対戦を楽しんでいる。

 この「MTGアリーナ」のスマホ版が、つい最近の3月25日にリリースされた(iOS/Android対応)。いよいよ「マジック」が、「シャドウバース」や「ハースストーン」同様、スマホで手軽に遊べるようになったのである。

■“紙の麻薬”は電子でも麻薬だった

 その中毒性はデジタル版でも健在だ。しかも「MTGアリーナ」では、対戦してくれる友だちを探す必要がないうえ、遊べば遊ぶほど報奨がもらえる(ゲーム内通貨など)。徹夜で遊べる危険なゲームとして完成しているのだ。

 そんな「MTGアリーナ」の魅力について、若いゲーマーに訊くと。

「他のデジタルカードゲームだと、新しいカードを強く設定する『インフレ』が激しいですが、『マジック』のインフレはそこまで激しくない感じがします。歴史が長いからでしょうか」(20代・学生)

■画面が狭いのが最大の難点かも

「MTGアリーナ」は無料でスタートできるが、手持ちのカードしか使えないため、実物の「マジック」同様に、パックを買い足して追加する必要がある。無課金のままプレイを続けることも可能だが、思い通りのデッキを使えるようになるのは、始めてからしばらく後になるだろう。

 また、収録セットも限られている。「呪われた巻物」や「マスティコア」といった懐かしいカードを使えないのはすこし寂しい。最新カードを知らないプレイヤーならば、最近のクリーチャーの強さに面食らうかもしれない。

 スマホ版には特有の問題点もある。「マジック」のカードは情報量が多いことで知られるが、画面には小さい文字で表示されるため、ゲームの状況を理解するのが難しいのである。あらかじめカードの効果をすべて覚えていれば支障はないが、最初は戸惑うだろう。

 WindowsパソコンやMacが使える環境なら、大きな画面で遊ぶほうが快適なのは間違いない。またiPadのタッチパネルとは相性抜群なので、そちらで遊ぶのも良いだろう。

■一攫千金の夢、再び!?

 新型コロナウイルスによるソーシャルディスタンスは、TCG業界にも暗い影を落としている。直接対面してTCGを遊ぶ機会そのものが激減したし、TCGの大会会場は往々にして過密になりがちだ。

「マジック」においても、2020年の主要な大会はほとんどが「MTGアリーナ」上でのデジタル開催となった。「2020年シーズン・グランドファイナル」の優勝者であるアメリカの選手は、賞金の2万5000ドル(約275万円)を手にしている。なお、2019年に「MTGアリーナ」で払い出された賞金は総額11億円に達するという。

 世界の頭脳が争う「マジック」界で勝ち上がるのは簡単なことではないが、「MTGアリーナ」でマジックに再会した往年のプレイヤーが、大会を制覇してプロプレイヤーになるようなことがあるかもしれない。もちろん“気軽に遊べる”ゲームアプリでもあるので、そこまで気を入れずに楽しんでも結構だ。

(ジャンヤー宇都)

関連記事(外部サイト)

×