辛らつな言葉で女性たちが罵倒……日本人男性にとってなぜ包茎は“恥”とされてきたのか

辛らつな言葉で女性たちが罵倒……日本人男性にとってなぜ包茎は“恥”とされてきたのか

『日本の包茎 男の体の200年史』(澁谷知美 著)筑摩選書

 一説に、日本人男性の約63%が仮性包茎とされている。多数派なのに「包茎=恥」とされるのはなぜなのか?

『日本の包茎』は江戸期の春本や医学書、医学論文、一般向けの性の指南書、青年誌や中高年向けの雑誌まで様々な文献を紐解きながら、日本でこの200年、包茎がどう語られ、どう扱われてきたのかをたどる。

 澁谷さんは、なぜ包茎を研究しようと思ったのか。

「初体験の時、こちらが聞いてもいないのに、相手が『男の7割は包茎だから』と言ってサッと股間を隠したんです。のちに童貞について研究する過程で、童貞と一緒に包茎もひどくバカにされていることを知りました。特に仮性包茎は多数派で、医学的に病気ではないとされているのに、なぜか美容整形外科は『手術で治せ』と喧伝する。この状況を疑問に思い、包茎について調べ始めました」

 澁谷さんは男性のセクシュアリティの歴史を専門に研究活動を行っている。前著『日本の童貞』では、明治から平成の日本社会における童貞をめぐる価値観の変化を丹念に追いかけた。

「男性のセクシュアリティに関心を持ったのは、中学1年生のある朝に目撃した光景がきっかけでした。同じ電車に乗り合わせたサラリーマンが、際どいグラビアが大写しのスポーツ新聞や雑誌を広げて読んでいたのです。エロい新聞雑誌を公衆の面前で堂々と読む男たちがいて、それを許容する環境がある。そんな事態を成立可能にする社会の在り方って何なのか。いま振り返ると、これが男性のセクシュアリティに関心を持つに至った原体験だと思います」

■辛らつな言葉で女性たちが包茎を罵倒していたあの頃

 本書によれば戦前から包茎を恥ずかしがる感覚は存在したが、包茎への風当たりが強くなったのは70年代以降。包茎商売に手を染めた美容整形外科とメディアの罪が大きいという。

「80〜90年代の青年誌には、辛らつな言葉で女性たちが包茎を罵倒し、美容整形医が手術を勧める記事が溢れていました。しかし、それらの記事は、クリニックが女性に包茎批判を『言わせた』うえ、ページを買い取って掲載したものであることが明らかになっています。普通の記事のようでいて、実はクリニックの広告というわけです。依頼をした医師も、掲載を決定した編集部のスタッフもほぼ全員が男性。つまり、商売のために〈女の意見〉を使いながら男性が男性を貶(おとし)めていたことになります。このようなトリックに気付かぬ男性は“包茎を嫌っている”とされた女性に敵愾(てきがい)心を抱くことになり、それが女性への加害に繋がらないとも限りません。女性を巻き込みながら展開する男性間差別の構造――これをいかにして解体すべきか、本書をきっかけに考えてもらえればと思います」

 性教育の面でも課題があるという。

「子供の包茎に関しては、親が包皮をむく/むかないで議論が真っ二つに分かれています。そのため母親は子供をどのようにケアすべきか分からず、つらい状況に置かれている。小児科医には早く統一見解を出してほしいところですが、残念ながら、数十年間この議論は停滞しています。医師ですら、男性身体について積極的に研究し、情報発信することに抵抗があるのかもしれません。

 一方、男性器についての知識を伝える際は“正しい形”を前提にせず、色々な大きさや形があると教えるのが筋だと思います。科学的/医学的見地に立てば、童貞喪失の時期や性器の形に絶対的な“正しさ”などないはずですから」

しぶやともみ/1972年、大阪市生まれ。東京大学大学院教育学研究科で教育社会学を専攻。現在、東京経済大学全学共通教育センター准教授。ジェンダー及び男性のセクシュアリティの歴史を研究している。著書に『日本の童貞』『平成オトコ塾』など。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年4月8日号)

関連記事(外部サイト)

×