「家賃の支払いも難しくなって…」コロナ禍でも“歌舞伎町の路上に立つ”女性たちのホンネ

「家賃の支払いも難しくなって…」コロナ禍でも“歌舞伎町の路上に立つ”女性たちのホンネ

©iStock.com

 性風俗の世界で働く女性の無料生活・法律相談窓口「風テラス」には、昨年、2929人もの相談者が殺到したという。様々な業界に甚大な影響を与え続けているコロナ禍は、いわゆる“夜の世界”で生きている女性たちの生活も一変させた。

「風テラス」の発起人・坂爪真吾氏による『 性風俗サバイバル ――夜の世界の緊急事態 』(ちくま新書)には、その生々しい現場の実態がまとめられている。同書より「第四章 歌舞伎町に立つ」の一部を特別に掲載する。(全2回の1回目/ 後編へ続く )

◆ ◆ ◆

■緊急事態宣言下でも、路上に立ち続ける女性たち

 新宿・歌舞伎町の一角には、「立ちんぼ」や「街娼」と呼ばれる、路上で売春の客待ちをする女性たちの集まるエリアがある。2020年4月に緊急事態宣言が発出された直後も、そのエリアには客待ちをする女性たちが立ち続けていた。

 路上での客待ちや勧誘は、売春防止法第5条で禁止されている、れっきとした違法行為である。悪意のある客から性暴力やストーカー、盗撮や盗難の被害に遭うリスクも大きい。性風俗店に在籍して働くことに比べると、安全面でも収入面でも、路上に立つメリットはほとんどないように思われる。

 なぜ彼女たちは、コロナの渦中に歌舞伎町の路上に立つという選択をしたのか。そして、路上に立ち続ける彼女たちを公助につなげるために必要な支援の在り方とは何か。緊急事態宣言下の歌舞伎町で夜回りを実施していた数少ない支援者の一人である、NPO法人レスキュー・ハブの坂本新(あらた)さんにお話を伺った。

坂本「緊急事態宣言が出た直後の歌舞伎町は、飲食店のネオンや街灯が消え、正面玄関であるセントラルロードやTOHOシネマズ(旧コマ劇場)前の広場もこれまでにない暗さで、通行人もほとんどいませんでした。濃厚接触が禁忌とされている社会情勢の中で、さすがにこの時期に路上に立っている女性たちはいないだろう……と思っていたのですが、いました。それどころか、日を追うごとに、新顔の女性が立つようになっていきました」

 人身取引の被害者を支援する団体の職員だった坂本さんは、2年前から都内の繁華街で夜回りを行っている。ガールズバーの前で客引きをする若い女性や、ホテル周辺の路上で客待ちをしている女性たち一人一人に声をかけ、彼女たちの声に耳を傾ける。一定の信頼関係を作った上で、必要に応じて警察や弁護士、役所や病院、民間の支援団体やシェルターなどの窓口につなぐ、という草の根の支援を続けている。

 コロナの影響が強まって以降、坂本さんは、女性たちへの声掛けの際に、個包装したマスクを手渡すようにしている。そのマスクには、お金や住まいで困った時、性暴力の被害に遭った時に相談できる連絡先が記されたカードが添付されている。

 4月に緊急事態宣言が発出された直後の歌舞伎町は、人通りが途絶え、無人の街のように静まり返っていた。そんな中でも、路上で立っている女性たちの姿は、終電がなくなった深夜1時過ぎ頃まで見られたという。

坂本「女性たちから積極的に声をかけてくることはありません。警察による検挙を警戒している、という理由もあると思います。一般的には、男性から声をかけて料金等を交渉し、お互いの合意が成立すれば、近くのホテルに向かう、という流れです。

 路上に立っていた一人の女性に話を聞いてみると、「普段は他の地域のデリヘルで働いているが、客が来ないので収入が激減し、家賃の支払いも難しくなったので、お店での待機時間以外は外に出て稼ごうと思った」とのことでした。

 遠方からやってきて、繁華街の中にあるネットカフェ等に連泊して稼いでいる女性もいれば、徒歩圏内に友達とルームシェアをしている女性もいます。ただ、現在進行形で路上での直引き売春をしている女性は、歌舞伎町全体でも数十名程度。100人もいないのではと思います」

■彼女たちが路上に立ち続ける理由

 これだけSNSや各種アプリ、出会い喫茶など、割り切った交際関係を求める男女が出会う仕組みが整備されているご時世に、在籍している性風俗店で稼げなくなったからと言って、いきなり「路上に立つ」という選択をする女性は決して多くないだろう。コロナ禍の夜の街であれば、なおさらだ。

「路上で客を取る」という言葉からイメージされるのは、お店に在籍しても稼ぐことができず、面接にも通らないため、仕方なく路上に身を晒す女性の姿だ。行き場のない未成年の家出少女や、知的障害などのハンディキャップを抱えた女性、通常の性風俗店では働けない性的マイリティの人が集まっているのでは……と考える人もいるかもしれないが、坂本さんによれば、実際の現場は決してそうではないという。

坂本「16〜17歳で路上に立っている子は、少なくとも歌舞伎町にはいないと思います。今まで出会った中で一番若い子でも19歳でした。

 知的障害の女性はほとんどいないと思います。発達障害等を抱えていると思われる女性もいますが、マジョリティではない。性的マイノリティの人にも、数えるほどしか会ったことはありません。歌舞伎町の路上は、そもそも障害を抱える女性が稼げるような環境ではないと思われます。

 緊急事態宣言以降、男性の目を引くような女性が増えました。適切なたとえではないかもしれませんが、キャバクラやガールズバー等に普通にいそうな、化粧や服装等、身だしなみにも気を遣っている女性が増えたと感じました」

 路上という場を男性客の目線で読み替えると、「女性の生身の姿を事前に確認できる場所」になる。性風俗店では、店舗型であっても無店舗型であっても、男性客は女性の生身の姿を事前に確認することは、基本的にできない。ホームページ上にアップされている画像や動画も、加工・修正されているものが大半である。

 しかし路上であれば、女性の生身の姿を、料金を払う前に確認できる。また店を通さない分、交渉次第で自分の好きな行為ができる。金額も安くなる上に、予約の手間も不要だ。そう考えると「路上」という場は、一部の男性客にとってはメリットのある場になる。

 一方、女性から見れば、路上は「事前に品定めをされてしまう場」だと言える。通常の性風俗のように、口コミによる評価やお店からの推薦もない。ツイッターやブログで情報発信することもできない。そのため、男性から選ばれる基準は、純粋に「見た目のみ」になる。

 結果的に路上では、容姿の優れている女性、男性客と交渉できるだけのコミュニケーション能力の高い女性が有利になる。こうした競争原理が働くため、地方から家出してきた未成年の少女や、対人コミュニケーションに困難を抱える知的障害や精神障害の女性にとって、路上での直引き売春で稼ぐことはハードルが高いと言える。

■有縁と無縁

 坂本さんによると、路上に立っている女性たちは全員が単独で行動しているわけではなく、横のつながりもあるそうだ。そういったつながり=友人・知人の影響で路上に立つようになった女性もいるのかもしれない。

坂本「買春客に関する情報や警察の動向、そして他の女性の情報を共有している子たちもいます。「一部の女性が従来よりも低い単価で客を取り始めているので、こちらも値切られて迷惑している」という話を聞いたこともあります。初対面の男性と密室で一対一になるのはリスクが高いので、自分たちの身を守るために、二人一組で客を取っている子たちもいます。

 一人の女性と信頼関係ができると、そこから他の女性につながることができる場合もあります。横のつながりを介さないと会えない女性もいる。一方で、誰ともつながりがなく、孤立を深めていると思われる40〜50代の女性がいるのも事実です」

 性風俗や売春の世界では、10〜20代前半の若い世代であるほど、「友だちが働いていたから」「友だちから紹介されたから」といった横のつながりがきっかけになって、この世界で働き始める女性が一定数存在する。

 貧困や虐待、道徳的退廃や倫理観の欠如、親の愛情不足といった分かりやすい理由ではなく、「友だちがやっているから」という、ただそれだけの理由で、性風俗や売春の世界に足を踏み入れる若年女性は少なくない。

 夜の世界で売春を繰り返すことで、短期間で高収入を得られるようになるが、男性をはじめとする他者に対する信頼や期待は失われていく。履歴書の空白が埋められなくなり、昼の世界の仕事に就くことも困難になっていく。「友だちがやっているから」という理由でなんとなく始めたはずが、気が付けば「この仕事しかできない」状態になっていく。

 歌舞伎町の路上には、つながりによって直引き売春を始めた女性たち(有縁の街娼)と、つながりを失って直引き売春するしかなくなった女性たち(無縁の街娼)が混在しているのではないだろうか。

「うちらも捕まるんじゃないか」警察は取り締まりを強化…それでも解決しない“歌舞伎町の根本問題” へ続く

(坂爪 真吾)

関連記事(外部サイト)

×