ひっそりと進む聖火リレー……東京五輪から「体制側の正義」しかみえてこない

ひっそりと進む聖火リレー……東京五輪から「体制側の正義」しかみえてこない

聖火リレーの様子 ©時事通信社

 3月25日、東京オリンピックの聖火リレーが始まりました。その模様は連日、ニュースなどで報じられてはいます。が、いつもならば過剰に煽ってくるはずの地上波メディアの熱は感じられず、徐々に醸成されていくはずの国民的な盛り上がりは、残念ながらまったく見えてきません。

 メディアの熱のこもった情報量が増えてこないのも、目下の新型コロナウイルス感染の状況はもちろんのこと、「なんのためにこのオリンピックをやるのか」についての明確な答え、今まさに更新されるべき位置づけが置き去りにされているからでしょう。オリンピック開催への歩みが「民意を無視しつづけている」ことを、国民が日々実感していることがこの問題の根幹にある、と私は思います。

■あえてひっそりと事を進めているかのような印象

 招致時に掲げられた「復興五輪」というフレーズも、今ではほとんど聞かれなくなりました。福島・Jヴィレッジからの聖火リレーのスタートも、形だけのように見えてしまった。被災地と縁のあるランナー、それぞれの物語にふれる報道もありますし、リレーに関わっている方々それぞれの思いはもちろん尊いものですが、やはり招致決定当初とは状況も様変わりした今、目的と正義の輪郭があまりにも曖昧となってしまっています。

 このリレーが、国民の心の過半の賛同を得ることは難しいでしょう。

 そして主催者側の姿勢としても、国民の共感を是が非でもつくるんだ、という「攻め」のための正義の変更や正義の更新とそれら「あらたな正義」の「発信」が見えません。あえてひっそりと事を進めているかのような印象さえ受けます。本番に向けて全力で機運を高めていこう、というより、とにかく開催にこぎつけること自体がゴールとさえ感じるような姿勢。オリンピックの意義・目的や、外国人客の受け入れ見送りに伴うコスト負担の問題などが世間の耳目を集めないよう、とにかく今は声をひそめている。

 直前になって、あるいは開会後日本人のメダリストが誕生すればいつものようにブーム的に盛り上がる日本人の特質。それを頼りにして、直前まではとにかく目立たせないことによって、さまざまな批判をうまく受け流しながら進めていこう、そんなふうにも見えてしまいます。

■橋本聖子新会長就任は絶好の機会だったが…

 2月、五輪組織委の会長だった森喜朗氏の女性蔑視ともとれる失言に端を発するゴタゴタのすえ、橋本聖子氏が新会長に就任しました。世論を巻き込む大混乱の末、女性の新リーダーが誕生したのです。

 外形的にみれば、大きな変化です。組織が生まれ変わるチャンス、新しい五輪像を世界に示す、絶好の機会だったように思います。  

 日本に渦巻く旧態依然としたものごとが壊され「あらたな正義、あらたな価値観」に民意が共感し感動する。そして五輪後は、様々な側面でそんな明るい時代が到来する――。そういった期待感とともに、多くの国民が、コロナ禍にあっても五輪への寛容と希望を抱くことができたのかもしれない。そんな好機だったように思います。

 しかしながら、オリパラの組織委員会の女性理事が12人増えて女性が全体の40%となった、という報道はありましたが、そういった前向きなニュースは続きませんでした。これでは「体制が変わりました。以上」であり、新体制が新風を巻き起こした、といった報道は、ほとんど見受けられません。

■「体制側の正義」しかみえてこない

 それ以上に「週刊文春」が報じている開会式の演出に関する醜聞が世間の注目のマトとなっています。それもあってか、体制側はその後も、「さらに目立たないように」という姿勢を強め、とにかく粛々と開幕への準備を進めています。醜聞について、何もなかったかのように繕い、開会の日を迎えるために。

 大変残念なことですが、東京オリンピック・パラリンピックはこうしてやはり、旧来同様の「体制側の正義」しかみえてこないイベントになるでしょう。

「あらたな正義、価値観」によって時代がこれから大きく変わるんだという希望と共感を得るチャンスを逸したかたちで開会を迎え、選手たちの頑張り、メダル数を軸にひとときの夏のブームは謳歌するものの、終わればすぐに静かな秋を迎えるのではないか、と思わざるを得ません。

■空手界のパワハラ問題も噴出

 オリンピックに限らず、ここ数年、スポーツ界では様々な問題が噴出し続けています。

 昨今では、柔道界では全柔連の前事務局長によるパワハラ問題が発覚しました。ラグビー界では、2022年1月に開幕予定の新リーグ法人準備室長が退任。直近では、空手女子の五輪代表選手である植草歩さんが、師匠である全日本空手道連盟の選手強化委員長からパワハラを受けたと告白し、話題となりました。

 コロナ対応における混乱はもちろんのこと、各団体における組織ガバナンスや人事、選手の指導方法などの問題がここ数年、あいもかわらず次々と明るみに出続けています。

 体制側にいる当事者たちは、この場面でもやはり、なるべく目立たないことで、関心を集めず、みなが忘れ去るのを待っているかのようです。いずれにしても、スポーツ界のそこかしこで、時代錯誤のまま溜まりつづけた「膿」が出続けているのは明らかでしょう。

■安倍政権終焉後に見えてきた変化

 一方で私が感じているのは、ほんの少しずつではありますが、世の中全体の空気に変化が起こり始めている、ということです。

 おそらくそれは、安倍長期政権から菅政権に交代した日本の社会をとりまく情勢と呼応して、生まれ始めている空気のように感じています(予め申し上げておきますが、私は政治的には政権擁護派でも批判派でもなく、すべてにおいて是々非々、でしかありません)。

 7年8ヶ月という長期にわたった第二次安倍政権下の日本を象徴する言葉として、私はどうしても“忖度”を思い起こします。

 目の前に問題があっても口を閉ざし、体制側につく。「体制側の正義」にだけ耳を傾け、その意図を汲んで動くことで、自分の身を守る。そうすることで、利権の一端にありつくことができる。

 そんな空気が蔓延していました。

 それが、コロナ禍における数々の失政が引き金となって安倍政権が終焉を迎え、安倍政権の官房長官だった菅義偉新総理が誕生して以降は、明らかに流れが変わりました。

 忖度が以前のように万能に機能しない。権力をもってしても隠しきれない。政治家と官僚をはじめ権力側も一枚岩ではなくなってきた。問題や不満が目の前にあるならば、ハッキリと口に出して言ってしまっても排除されるリスクが減少してきたように見えるのです。

■二つの正義の衝突

 そして、そうやって問題を表に出すことで事態が動いていく、よくなるのではないか、といった「あらたな正義」を推し進める力が生まれつつある空気を私は感じます。

 そうした時代背景を感じつつ、しっかりと市井の人々や大小さまざまな組織内にまで浸透する「正義や価値観」が、旧来の権力を中心とした正義との衝突の局面を迎えている。

 この二つの正義の衝突が存在することこそが、民主主義の民主主義たるゆえんだと私は思います。一部の偉い人主導の、権力によって守り固めた「体制側の正義」への信頼感が大きく損なわれた今、民意を軸にして時代を切り拓く「あらたな正義」を時代は求めている。その現れだと思うのです。

 日本もスポーツ界も正しく変わっていく、その端境期にきているのではないでしょうか。

■「国民のために働く内閣」への疑い

 もう一つ見えてきたこと、それは、中間管理職的リーダーの限界です。

 安倍政権時代に強く見られた権力主義、ことなかれ主義が、その最終盤に綻びを見せ、菅政権になると明らかに崩れてしまったように私は感じます。

 その背景には、国民からの期待を背負って滑り出した新政権が、その出だしでさまざまな失策を犯し、そのリーダーシップに大きな疑問符がついたことが影響しています。国民はもはや、リーダーとしての姿勢に共感できなくなっているように私は思います。

 政権発足当初、「国民のために働く内閣」を掲げ、理念よりも実務で評価を受けよう、と意気込んでいたように記憶しています。昨年9月の世論調査での支持率は6割を超えていました。国民の過半が、菅新首相に期待していたのです。

 ところが、その国民にとっての最大関心事であるコロナ対策で、最初から躓き続けてしまった。少なくともそのように、一国民である私には映りました。自身の会食の件でもミソがつきましたが、GoToトラベルの停止時期をはじめ、さまざまな施策はすべて後手後手。結果、新しい時代を切り拓くリーダーとしてのイメージを形づくれないまま今に至っています。

 おそらく、GoTo案件をはじめとして、リーダーであるはずの首相の政策決定には、与党の派閥の領袖の意向が色濃く反映されているのでしょう。その積み重ねの中で、「やることすべて、本当に国民のため?」という印象を国民の多くが抱いてしまうことになりました。

■国もスポーツも大切なのは「民意」

 国をみてもスポーツをみても、やはり本質的に大切なのは「民意」です。

 もちろん、民意に媚び、民意ばかり汲み取りすぎても時代を切り拓くことはできません。が、自分が率いる組織、自分が関わるスポーツの未来よりも、自分の周りにいる任命者のほう、あるいは親会社の方を見て物事を決めてしまうと、変わるべき組織が変わらないまま、時代に取り残されていってしまいます。

 一部の体制側の人はそれでいいでしょう。

 しかし、「体制側の正義」に固執し、忖度しつづける「中間管理職的リーダー」では、コロナ後の困難な時代には、その他大勢の人々を不幸にしてしまうのではないでしょうか。

「中間管理職的リーダー」は、端的にいえばリーダーではありません。次世代を担う若者や子どもが目指し憧れるようなリーダーでは、まったくもってありません。

 そして、そのようなリーダーでは乗り切れない現実を前にして、今こそ日本のリーダーのあり方が変わるべき時期が到来していると私は考えています。

 先述したとおり、日本のスポーツ組織が様々な場面で溜め込んできた膿が出続けていて、それでも一向に大きくは変わらないこと。

 沈黙を貫いて権力にもたれかかるより、言うべきことは恐れず言う空気が醸成され始めていること。

 そのほうが民意と世論の支持も得やすい風潮になりつつあること。

 つまり、各組織に携わる人たちが、これまでは飲み込んでいた言葉を外に出し、ハッキリと声を上げていくことで、組織が生まれ変われる可能性、流れが生まれてきているのです。

 いまは、それぞれの組織が、日本が、旧来のあり方から脱せるか、脱せないかの分岐点だと思います。

 そんな大きな時代変革の流れがある中で、東京オリンピック・パラリンピックはどうなっていくのか……。どうすれば、コロナ後の日本の元気復活に寄与する元気玉になっていくのか……。

 先述したとおり、声をひそめ、ただ「開催」というゴールだけをひっそりと目指しているかのようにみえるオリンピックは、残念ながら「変われない」例の一つになっていくような気がしてなりません。

 開催して終わり、で一過性のカンフル剤にならないことを祈ってやみません。

■“次のリーダー”を狙う人にとっても大きなチャンス

 様々な問題が噴出して、結局は変わらなかったものは、やがて人々の興味の範疇から外れ、人気を失っていく。反対に、この機に「変われる」ことを示せた組織は、ひとつの新しい未来を切り拓きながら次の時代へ、民意の興味と共感とともに生き残っていくのではないでしょうか。

 今は、“次のリーダー”のポジションを狙う人にとっても大きなチャンスです。

 コロナ禍で危機に立たされたスポーツ界。各々が新たな取り組みを模索していることは理解していますが、パラダイムシフトと呼べるような劇的な変化は起きていないように思います。だからこそ、思いきって大胆なアイディアを打ち出せば、大きな話題になり、世論の支持も得られるでしょう。それを追い風にして、リーダーの座へ近づけるチャンスだと思います。

 ひとつだけ留意すべき点があるとすれば、そのポジションの取り方です。

 森喜朗氏が川淵三郎氏に組織委会長職を“密室”でバトンタッチしようとしたような後継指名のあり方、ある種の“禅譲”が、これまでのスポーツ界ではまかり通ってきました。そのため、前任者かつ任命者の影響力が強くなり、結果として「中間管理職的なリーダー」しか出てこない、という構造的な問題が残り続けてきました。

 また、そうしたトップ選任の手法では、リーダーを志す、その能力も資質もある人材がいたとしても、ポジションを取るチャンスすら与えられない、という状況が生じてきました。

 本来的には、私は、多くのリーダー候補者に平等に機会を与えるために、可能な限り選挙制を導入すべきだと思います。

 そうすることで、今よりはるかにましな、健全な世代交代が進んでいくのではないでしょうか。

■今こそ「我こそは」と歩み出るべき

 当然のことながら、政治の世界ではトップは直接間接問わず、選挙によって選出されます。変革の必要性を社会が共有したとき、それは民意となって投票結果に反映され、従来のしがらみを越えて、新たなリーダーが誕生します。

 大阪府知事や、先日誕生した新しい千葉県知事などがいい例でしょう。与野党の政争にとらわれず、国民目線である種の“自治領”をつくり上げようとしているように見えます。しがらみと保身に囚われない“中間管理職”ではないトップとして、自立したリーダーとして、独自の考え、判断に基づいて、施策を展開することに共感が育まれる時代です。そういったリーダーが日本中に誕生することに、国民もコロナ後の時代への期待感を抱くのではないでしょうか。

 さて、現状のスポーツ界に、こうした時代の潮目を察知し、声を挙げていく、リーダーはいるでしょうか。

 さまざま困難はあっても、その競技、その組織を今後、より発展させていきたいと心から願うのであれば、次のリーダーを志す人たちは、「我こそは」と歩み出るべきだと思います。

 コロナがあるから、今は守りだ。

 そう思っているスポーツ関係者が多いからこそ、あえて今、私はこう強調したいと思います。

 今がまさに、新しくリーダーを志す人がそのポジションを掴み取りにいく時です。

※さいたまブロンコス公式サイト  https://broncos20.jp/
※池田純オフィシャルサイト  https://plus-j.jp/

(池田 純)

関連記事(外部サイト)

×