佐々木勇気七段と高見泰地七段へ 2年連続ダブル昇級の弟弟子に送るエール

佐々木勇気七段と高見泰地七段へ 2年連続ダブル昇級の弟弟子に送るエール

左から順に高見泰地七段、師匠の石田和雄九段、佐々木勇気七段(筆者撮影)

 2021年3月9日、C級1組順位戦最終戦。高見は勝てば昇級という一番を迎えていた。佐々木はすでにB級1組への昇級を確定させていて、ここで彼に離されるわけにはいかない。

 高崎一生七段との将棋は終盤までは高見ペースだったが、大事な局面で緩手を指してしまった。私は将棋連盟で見ていたが、高見が敗勢になったところで帰宅した。彼にどう慰めの言葉をかけようかと考えながらネット中継を見ていたが、高見と昇級を争っていた船江恒平六段も逆転負けして、高見に幸運が舞い込んできた。

 私は石田和雄九段門下の勝又清和。佐々木勇気七段と高見泰地七段の不肖の兄弟子だ。二人が奨励会に入会する前から、泣くところも笑うところも落ち込むところも喜ぶところも見てきた。

■佐々木との出会いと小学生名人戦

 2002年、石田一門の研究会に二人の小学生が入ってきた。それが小学3年生の三枚堂達也と小学2年生の佐々木勇気だった。二人は幼少の頃から師匠が経営する千葉県柏市の柏将棋センターで切磋琢磨してきた。

 三枚堂は祖父が懇意にしていた内藤國雄九段にすすめられて将棋を覚え、内藤のすすめで柏将棋センターに通い出した。そして、三枚堂は別の教室で仲良くなった佐々木を柏に連れてくる。これが石田と佐々木の運命の出会いだった。当時は石田門下のプロ棋士が私だけだったので、指導対局のように2面指ししていて、佐々木や三枚堂ともたまに指した。佐々木は師匠譲りの本格派の早見え早指しで、ぐんぐんと強くなっていった。

 2004年の小学生名人戦、佐々木が埼玉、三枚堂が千葉、やはり研究会に参加していた伊藤沙恵現女流三段が東京都下と、3人が県代表になった。会場で東日本大会の予選を見て驚いた。とてもレベルが高いのだ。出場者には、神奈川代表の永瀬拓矢現王座、栃木代表の長谷部浩平現四段、三重代表の石川優太現四段と、後の棋士5人・女流棋士1人が代表に名を連ねていた。そして、佐々木と伊藤が東日本代表になった。

 西日本大会も、岡山代表が菅井竜也現八段、大阪代表が斎藤慎太郎現八段、長崎代表が佐々木大地現五段とすごいメンバーが揃っていて、菅井が西日本代表となった。

 4月某日、師匠から「勇気が優勝したよ!」と電話がかかってきた。決勝はNHKで放映されるのだが、師匠はスタジオまで見に行っていたのだ。佐々木は準決勝で伊藤に、決勝で菅井に勝って栄冠を手にした。小学4年生での優勝は渡辺明名人以来、史上2人目の最低学年記録だった。

■入門時の高見は「怖い先生だったらどうしよう」

 高見との出会いは地元の将棋大会だった。

 私が審判を務めていた東京都町田市の将棋大会に、横浜に住む高見が参加していた。序盤はつたないが終盤が強く、才能を感じさせる勝ち方をしていて、気になって何度か将棋を指した。

 2004年初夏、両親からプロ棋士を目指したいと相談を受けた。私は師匠になれる器量も棋力もないので、弟子をとるのは石田師匠にお願いしていた。7月頃、高見を連れて柏へ。高見は「怖い先生だったらどうしよう」とすごく緊張していたが、師匠は「勝又君の紹介なら大丈夫」と笑ってそれで終わり。高見は拍子抜けした顔になっていた。

 8月上旬、岡山県倉敷市で倉敷王将戦全国大会が開かれた。前年度は佐々木が低学年で、菅井が高学年で優勝している。ちなみに、藤井聡太二冠も2011年に低学年の部で優勝している。

 高学年の部、菅井が4回戦で佐々木に勝って小学生名人戦の借りを返したが、その菅井を破ったのが高見だった。決勝では青森の中川慧梧さん(後にアマ王将3回・アマ名人1回)に負けて高見は準優勝だった。当時の印象を参加者に聞くと、菅井は負けん気が強くて迫力があり、高見は人懐っこくてよくしゃべっていて、佐々木ははしゃいでいたそうだ。今とまったく変わらない。

 8月下旬の奨励会試験、三枚堂も佐々木も菅井も斎藤も伊藤も合格したが、高見だけは2次試験で奨励会員に3連敗して不合格になった。その半年後、当時研修会幹事で私が懇意にしている植山悦行七段から電話がかかってきた。

「高見君が昇級して奨励会編入が決まったよ。昇級の1局、負けたらどうしようと悲壮感にあふれていてね。必死だったよ」

 思えば高見が同世代を追いかけるのはこの頃からだったのだろう。ともあれ、これで仲間たちと一緒に奨励会で研鑽することになった。

■奨励会を抜けるまで

 佐々木も高見も順調に昇級した。特に佐々木の成長は驚異的で、13歳8か月で三段に昇段した。三段リーグを3期以内に昇段すれば中学生棋士だ。だが、そこに立ちふさがったのが永瀬と菅井だった。二人の将棋への情熱は奨励会時代から有名だった。

 永瀬は、蒲田将棋クラブで奨励会員やアマ強豪といつも将棋を指していた。師匠と電話で話していたとき、唐突に「永瀬君は四六時中将棋の勉強をしとるそうじゃないか。そうとう強いんだって? ウチの弟子たちの手強いライバルになるぞ」と言われ、師匠まで知っているのかと驚いたことがある。

 この師匠の「手強いライバルになる」という予言は後に的中する。

 私が永瀬の観戦記を書いたときに研究会の数を聞いたら、「1月は対局と研究会が28日でした、元日だけは相手がいないので仕方なく家にいましたが」と言われ、呆れたことを覚えている。

 菅井は、岡山県から大阪の関西奨励会に通っていてネット将棋で鍛えていた。

 永瀬も菅井も、道場とネットの違いはあれど、年間1万局は指したという。これだけ指すというのは、もはや狂気の世界だ。棋士になるためには将棋が好きで好きでたまらないというのが最低条件で、努力は夢中に勝てない。しかし、二人にとって将棋は夢中を超えて命そのものだった。

 四段昇段は永瀬が一番早く、2009年10月に棋士になった。永瀬は三段リーグで印象に残った将棋に佐々木戦をあげている。佐々木は2010年3月に連勝すれば昇段という状況で最終日を迎えた。1局目の相手は菅井で、彼は2局残して四段昇段を決めていた。だが菅井は全力で戦い、佐々木に「中学生棋士」の肩書を与えなかった。それでも佐々木は次の三段リーグを14勝4敗で上がり、2010年10月1日で四段に。16歳1か月での四段は当時としては史上5番目の年少記録だった(後に藤井が14歳2か月で四段になって6番目となる)。石田門下にとっては15年半ぶりの棋士誕生だった。

 高見も後を追いかける。2011年3月、高見は最終日に連敗して昇段を逃すという不運を味わった。このとき上がったのが同門の門倉啓太五段で、師匠はアベック昇段できなかったと残念がった。しかし、高見はめげることなく、2011年10月に18歳で四段に昇段した。佐々木が四段に上がった後わずか3年の間に、門倉、高見、渡辺大夢五段、実質石田門下の三枚堂と、4人も四段に昇段した。佐々木が石田一門に良い刺激を与えたのだ。

■二人は真逆だった

 棋士として一緒に仕事をするようになって、二人がなにもかも対照的なことに気づいた。高見はファンの顔と名前は必ず覚え、まめにはがきや手紙でお礼するなど気配りを欠かさなかった。一緒に仕事していても安心した。

 佐々木は自由奔放天真爛漫で、どういう行動をするか読めず、彼との仕事はいつもハラハラした。

 今から6年前にタイトル戦のイベントで指導対局したときのこと。佐々木の指導が最後まで残り、終わった後に佐々木が「穴熊の遠さが生きましたね」と言った。そうか下手が穴熊に組んで勝ったのかと盤面を見たら、佐々木が角落ち上手で居飛車穴熊にして攻め倒していた。

「なんで穴熊?」と聞くと、「駒落ちでも新しいことにチャレンジしたくて」。

 控え室でその話をすると、正立会の木村一基九段が「いいじゃないか。まだ21歳なんだろ。それぐらい勝負にギラギラしていないと。それにプロに角落ちで挑むということは相手も強いわけで、思い切り負かしても良いんだよ」。さすがは木村、言うことが違うと感心したことを覚えている。

 先日、木村はアベマトーナメントで佐々木をチームメイトに指名した。もともとともに研究会をしているという。

 佐々木と高見は、将棋の棋風も違った。序盤から本筋を追求する佐々木と、終盤で相手を間違えさせる妖術を持つ高見。居飛車党で石田門下以外の共通点はなかった。

■藤井の連勝を止め、「壁になることができて良かった」

 2013年に若手棋戦・加古川清流戦で優勝した佐々木は、C級1組に昇級したが、各棋戦であと一歩の状態が続いていた。そんなとき、藤井聡太というモンスターがやってきた。29連勝を達成した竜王戦本戦トーナメントの増田康宏六段戦では、朝、次の対戦相手となる佐々木が対局室で見つめていた。「多くの取材陣に囲まれる環境に慣れておきたい」と考えたという。

 2017年7月2日の藤井戦、佐々木は永瀬と研究していた研究手をぶつけ、徐々に差を広げていった。師匠は将棋センターで見守っていたが、将棋連盟で検討していた私が「勇気が勝勢になりましたよ」と連絡すると、「ホントか!」と叫んだ。

 佐々木は局後のインタビューで「私たちの世代の意地も、ちょっと見せたいというのはあった。壁になることができて良かった」とコメントした。

 佐々木は一躍有名になった。師匠にも取材が殺到し、柏将棋センターの子供教室は人であふれた。

 だが、注目を集めすぎたことで調子を崩してしまう。竜王戦での敗戦を含め、2か月間の成績が3勝7敗と急降下した。特にC級1組順位戦の敗戦が痛恨だった。

 2018年3月、佐々木は最終局を勝って9勝1敗で終えた。だが全勝が1人おり、永瀬も9勝1敗だったため、順位の差で佐々木は上がれなかった。佐々木がC級2組から昇級したときは、永瀬を順位わずか1枚差で頭ハネした。その借りを返されたのだ。棋王戦では挑戦者決定戦敗退、王位リーグでは3連勝から連敗でリーグ陥落と、どれも後一歩に終わった。

 一方で永瀬は棋聖戦と棋王戦で挑戦者になるなど各棋戦で活躍し、菅井は2017年8月に羽生善治九段から王位を奪って、同期のタイトルホルダー一番乗りとなった。ライバルの背中が遠くなった。

■大学を卒業した年の叡王戦が転機に

 高見は立教大学に進学したが、棋士と学業の両立に苦しんでいて、最初の5年間は鳴かず飛ばずだった。だが、大学を卒業した年に叡王戦がタイトル戦に昇格したことが転機となった。

 将棋に集中できるようになって成績が上がり、叡王戦では五段戦予選を7連勝して勝ち上がった。さらに本戦トーナメントでは豊島将之八段・渡辺明竜王・丸山忠久九段(いずれも当時)とトップ棋士を連破して挑戦者に。2018年4月にはじまった金井恒太六段との七番勝負では得意の終盤で逆転勝ちし、3連勝してタイトル獲得に王手をかけた。

 5月26日、群馬県の富岡製糸場で行われた第4局を石田師匠はお忍びで見に行った。高見は師匠に頼んで書いてもらった直筆扇子を持参して戦い、見事勝って初代叡王の座についた。C級2組在籍の棋士がタイトルを取るのは郷田真隆九段以来、26年ぶりだった。

 だが佐々木が藤井に勝った後苦しんだように、高見もタイトルの重みに苦しんでいた。初代叡王として、叡王戦の知名度を上げるのが自分の使命と、精力的に動き回った。NHK将棋フォーカスの司会も引き受けた。忙しすぎて、今どこにいるか、誰と会っているのかもわからない毎日をすごした。

 将棋の勉強は怠らなかったが、他棋戦では今一歩で、C級2組順位戦も8勝2敗ながら7位に終わった。

 2019年の防衛戦、挑戦者に名乗りを挙げたのはあの永瀬だった。その七番勝負は台湾で戦った第1局がすべてだった。永瀬の角換わり早繰り銀の速攻に対し、居玉で強く反撃して優勢に。だが永瀬は身上とも言える粘り強さを発揮し、高見が最後に根負けした。初戦の逆転負けが響いて後はずるずると敗戦し、4連敗で失冠した。

 高見は「自分に足りないところを知りました。技術面も精神面も足りませんでした」とあのときを振り返る。

■佐々木は負けて自分の勲章だと、納得していた

 2020年、二人に春が来た。佐々木は9勝1敗で藤井と一緒にC級1組を卒業した。高見も9連勝で1局残して昇級を決めた。佐々木はC級1組6期目、高見はC級2組8期目にしての昇級だ。三枚堂もC級2組6期目で昇級を果たし、“3人同時昇級”となった。師匠の喜びぶりは説明する必要がないだろう。

 昇級後の順位戦、佐々木は初戦で藤井と対戦することになった。6月8日の渡辺明棋聖対藤井七段の棋聖戦第1局、午後取材で控室に行くと、佐々木が対局前に来たんだよと職員に聞かされた。コロナ対策のため対局室に入れるわけがなく、拒否されたので帰ったと。まあこれも彼らしい。

 6月25日のB級2組順位戦・藤井戦は名局だった。終盤佐々木が強く寄せ合いに出たが、藤井は絶妙の切り返しで勝利した。佐々木はこの対局は負けて自分の勲章だと、納得していた。将棋世界の「昇級者喜びの声」では、両者ともこの将棋が印象に残ったと述べている。

 佐々木はここから8連勝して、1局を残してB級1組への昇級を決めた。最終局も緩むことなく勝ち、9勝1敗の堂々たる成績だった。

 そして高見も幸運を掴み、「兄弟弟子の2年連続ダブル昇級」という快挙を成し遂げた。

■「まさか藤井さんに指名されるとは」

 この原稿を書くにあたって、高見に電話で話を聞いた。

――今年の10月で10年になるけどふりかえってどう?

「棋士になって、たくさんの喜怒哀楽を味わいました。特に後半の5年は良いことと悪いことの両方をタイトル戦で味わいました。幸運にも昇級できて、ちょうどいい区切りで10年経ったかなと」

――アベマトーナメントで藤井二冠に指名されましたね?

「まさか藤井さんに指名されるとは思っていなくてびっくりしました。私の名前をインプットしてくれたんだな、覚えてくれたんだなと嬉しかったです。こんなこと言うともっと自信を持てと言われそうですが(笑)。

 彼と話してみると将棋が『異常に』強いだけの普通の青年なんですよ。東京と大阪の将棋めしは何がいいかという話題で盛り上がりました」

 斎藤、菅井、永瀬ら同世代の活躍について聞くと、「同世代が強いのは励みになります。離されずに食いついていこうと思っています」と語った。

■敗れた直後に新宿将棋センターへ

 高見はNHK将棋フォーカスの司会があるため、毎日忙しい。それでもお礼の手紙やはがきは欠かさない。最後にこんな質問をした。

――高見くん、もっと自分中心に生きてもいいんじゃない?

 すると、しばらく沈黙した後「人に迷惑をかけるのがいやなので。これからも自分のペースでやってきたいなと思います」と明るい声で答えた。

 佐々木は、対局が続いていて直接話は聞けなかったが、「高見さんは先手矢倉の研究が深く、自信を持って指しているのが棋譜から伝わります。持ち時間の使い方も上手いと思います。弟子が勝つと師匠がほんとに嬉しそうなので一緒に盛り上げていきたいですね。いい将棋を指していけるよう努力したいと思います」とメールで返事が返ってきた。

 3月30日、佐々木は王将戦1次予選で古賀悠聖四段に敗れた後、帰りに3月いっぱいで閉まる新宿将棋センターに立ち寄った。この道場で佐々木と永瀬は数多く将棋を指した。夜、道場が閉まるギリギリまでいて怒られたこともある。受付の男性に「今までお世話になりました」と一言告げてすぐ帰った。時折こういう行動をするのが彼らしい。

■「同世代に負けないよう、そして藤井二冠に肉薄できるよう」

 師匠にも話をうかがった。

「勇気はね、順位戦では素晴らしい戦いぶりでした。時間もしっかり使っていて、意気込みが違ったですね。YouTubeの石田一門チャンネルで勇気と話したんですが、『順位戦はどの将棋も印象に残っている、力が出せた将棋が多かった』と言っていました。

 高見は実力からみたら上がって当然かもしれませんが、負けて上がったのは幸運でした。彼は幸運を呼び込む男なんですよ。叡王になったのもそうですし。アベマトーナメントで指名されたのも幸運ですよ。第1希望を藤井二冠が抽選で外したからこそでしたしねえ。

 2年連続で弟子二人が昇級というのは快挙ですが、この次は簡単にはいかないと思います。勇気は『相手が強いほど将棋は楽しい。いい手を多く指されるので大変だけど頑張りがいがあります』と言っていましたが、藤井二冠とも戦うことですし、A級に上がるのはなかなか至難です。

 勇気が棋士になってもうすぐ11年ですか。月日の経つのは早いですね。欲を言ったらきりがないが、勇気と高見の二人はよく頑張っていると思いますよ。同世代に負けないよう、そして藤井二冠に肉薄できるように食らいついてほしい。また、門倉に大夢に三枚堂にゆりあちゃん(加藤結李愛女流初段)、みんな大事な可愛い弟子です。みんなこれからも頑張って欲しいですね」

 二人の生き方を見ると違った意味でハラハラする。足して2で割ってちょうどいいな、といつも思う。だが、これからも佐々木は佐々木らしく、高見は高見らしく生きるのだろう。それが二人の持ち味なのだから。

◆ ◆ ◆

 人気棋士のインタビュー、コラム、マンガが一冊にまとまった、観る将ファンに向けた文春将棋ムック『 読む将棋2021 』(全144ページ)が好評発売中です。勝又清和七段が執筆した記事「《王位戦と藤井聡太》回想録」も掲載されています。

(勝又 清和)

関連記事(外部サイト)

×