《混迷の聖火リレーに想う》「復興五輪」はまやかし…私が今すぐ東京五輪を中止すべきと考えるこれだけの理由

《混迷の聖火リレーに想う》「復興五輪」はまやかし…私が今すぐ東京五輪を中止すべきと考えるこれだけの理由

真山仁氏 ©文藝春秋

「今まさに日本中を聖火ランナーが走っていますが、その心中の複雑さを思うと正直気の毒です。世論調査では7割近くの国民がオリンピックの中止・延期を求め、沿道にはコロナ対策のため“密”を避け、どこか遠慮がちに応援する地元の人々と、オリンピック中止を求めて横断幕を掲げる人びとが集まっている。そんな中をランナーは走っているわけですが、これでどうして平和の祭典の灯(ともしび)をつなぐという晴れがましい気持ちになることができるでしょうか。むしろ後ろめたさすら感じているのではないか。聖火ランナーを辞退する有名人が多く出ましたが、それももっともなことだと思います」(小説家・真山仁氏)

 開会式まで4カ月を切った東京オリンピック。3月25日には聖火リレーが福島からスタートしたが、新型コロナウイルスがいまだ猛威を振るう中での五輪開催には疑問の声が挙がり続けている。4月5日には大阪府が公道での聖火リレーの中止を正式に組織委員会に申し入れた。コカ・コーラやトヨタ、NTT、日本生命などの「スポンサー車両」が、聖火リレー中に大音量の音楽をかけながら走っていたことにも批判が殺到した。そんな現状に対して、「国は、こんなことをしていて恥ずかしくないのか」と憤るのは小説家の真山仁氏だ。混迷を極める東京五輪について、真山氏が、「文春オンライン」に提言を寄せた。

■聖火リレーだけが「虚構」の世界で動いている

 聖火リレーの様子を見ていると、そこだけが「虚構」の世界で動いている気がします。これまで国は「なぜ聖火リレーをするのか」という本質的な議論を全くしてきませんでした。そして、今回ついに、なし崩し的に聖火リレーは始まってしまいました。

 これは、「いったん始めてしまえば、もう後戻りができなくなるだろう」という政府の戦略ではないかと思っています。オリンピック本番までのカウントダウンが進んでいけば、五輪ムードは自然と盛り上がっていく。スポンサーの意向もあるし、ある程度「見切り発車」で聖火リレーをやっても大丈夫――そう考えたのではないでしょうか。しかし、その見通しは甘すぎた。タカをくくった結果、思惑とは全く反対のことが起きています。4月7日、大阪府は13、14日に府内全域の公道で予定していた東京五輪聖火リレーを中止すると表明しました。今後も感染拡大に伴い聖火リレーを中止する地域や辞退する人たちが増えていくでしょう。

 私はコロナ禍が始まった1年ほど前から、東京五輪は中止すべきだと主張してきました。今でもその気持ちに変わりはありません。

■組織委は「安全」と「安心」が全然別であることに無頓着

 五輪組織委員会の方と先日議論する機会がありましたが、「東京五輪開催には安全安心が第一」と強調されていました。私もこの点には同意します。しかし、どうも「安心」と「安全」が全然別なものである点に無頓着なことが気になりました。安心は人の心の問題ですが、安全は具体的に「数値化」できる。ところが、組織委は「安心」について語るばかりで、きちんと数値を出して「安全」を証明できていません。

 本来であれば、五輪開催を議論するに当たっては、「数値化された安全性」を土台にして、その数値が本当に信頼できるかどうか(安心できるかどうか)といった形で話を進めないといけない。ところが、いまだに五輪開催については感情的な視点からの話が出てくるばかりです。

■選手を命の危険に晒してまで、開催する意義はあるのか

 もしこのままオリンピックが開催されたとして、大会期間中に選手のコロナ感染やクラスターが起きないという保証はありません。組織委は「即刻隔離する」「そのための医療体制を確保する」と話しますが、これは根拠なき「安心」の話です。選手がコロナの感染リスクを心配せず、「安全」に競技に打ち込める環境を整えたことにはなりません。たった一人でも選手にコロナ感染が出たら、必ず混乱が起きますし、その中で競技に打ち込まなくてはならない選手達のメンタルに与える影響は計り知れない。

 万全の環境で選手が競技に打ち込める環境が作れないのなら、五輪開催を強行する必要はない。何より大事なのは人命です。選手を命の危険に晒してまで、開催する意義が五輪にはあるのだろうか、と思うのです。それこそ「平和の祭典」としての五輪の存在意義を根本から否定するものではないでしょうか。

 菅義偉首相は1月18日に行った施政方針演説で「夏の東京オリンピック・パラリンピックは、人類が新型コロナウィルスに打ち勝った証として、また、東日本大震災からの復興を世界に発信する機会としたい」と説明しました。しかし、特効薬がまだ開発されていない現状では、ウイルスに打ち勝つ(=ゼロリスク)のは不可能な話です。

■「復興五輪」とは一体なんだったのか

 遡ること8年前、日本は「復興五輪」というテーマを掲げてオリンピックを招致しました。しかし、今やその目的を十分に達成できないことは明らかになっています。

 私は2011年から東北の被災地取材を続けてきました。この10年間で被災地が復興したとは思えません。復興とは、その字義からいって、以前の状態よりもより豊かになることを表します。

 しかし、今回の五輪が、東北の復興に果たした役割は何かあったでしょうか。オリンピック・パラリンピック競技の一部を被災地で開催するそうですが、効果は限定的です。いっそ、開会式を行う国立競技場を被災地に作った方が復興のためになったのではないでしょうか。招致に「復興」という言葉を使ったからには、その責任として何らかの成果を出していただきたいところですが、残念ながら見る影もないというのが現実です。

■アスリートが政治に最大限利用されてしまっている

 政府はいまも着実に五輪開催に向けて歩みを進めている。正直に言って、オリンピックは、政治の道具にされているように見えます。そして、そんな状況で最大限利用されてしまっているのは、他でもないアスリートです。

 白血病で闘病していた水泳の池江璃花子選手が4月4日、競泳の日本選手権女子100メートルバタフライの決勝で優勝しました。その結果、東京オリンピックのメドレーリレーの派遣標準記録を突破し、代表に内定しました。そのことを伝えるメディアは「池江、五輪内定 奇跡の復活」と絶賛しました。

 もちろん池江選手の復帰は喜ばしいことです。しかし、新聞のスポーツ面では「五輪内定」が大々的に報じられる一方、政治面では「五輪中止」を懸念する記事が載せられる。このアンビバレントな状況を我々はどう解釈すればいいのか。

 国の宝、世界の宝であるアスリート達が、4年に1度の大舞台のために、真剣に練習に打ち込んできた姿を想像すると、オリンピックに出られなくなる絶望は計り知れません。しかし、繰り返し述べるようにスポーツは健全な環境で行うべきもの。安全を担保できないのであれば、いくら選手本人が「やりたい」と切望したとしても、制止するのが政府やJOC、各競技団体の仕事であり責任だと思います。間違っても、大会参加の是非を選手個人の判断にゆだねるようなことがあってはなりません。それは「政治」が決断すべきことです。

■ゼロリスクの安心は生まれなかった

 東日本大震災で原発事故が起きた時、帰宅困難区域に指定された被災地域が多くありました。本当は100年近く経たないとすべての除染は終わらないとシミュレーションされていたのに、政府は当初、40年ほど経てば故郷に帰れるようになるとアナウンスし、被災者に安易に希望を抱かせてしまいました。本来政治家は、国民の命を守るためなら国民が嫌がることであっても決断し、発言するべきです。つまり、「100年経たないと除染は終わらない。故郷を捨てるのは苦しいだろうが、帰郷は諦め、別の場所に住んでほしい。そのための支援はしっかりするから」と、真摯に伝えれば、帰宅困難区域の住民も、ある種、“諦め”がついて移住を受け入れられる。

 しかし、実際には帰宅困難区域の住民に対して「帰れるようにする」と国は安易な希望を見せたにもかかわらず、ゼロリスクの安心は生まれなかった。先の見えない現状に、地域住民が自分たちの判断で「故郷を捨てる」決断をしなければならないところまで追いつめられたのです。

 本来であれば、政治は、国民に嫌われてでも、国民の盾となり、国民の命を守る選択をすべきなのです。今はよく「アスリートファースト」という言葉が聞かれますが、本当の「アスリートファースト」とは何かということでもあります。

■オリンピックは国際的な“運動会”にすぎない

 私は菅総理が「オリンピックを中止する」と決断すべき時が迫っていると感じています。各種のスキャンダルが発覚して菅内閣の支持率は急落してしまいました。もはや菅政権が安倍政権ほど長く続くことはありえないでしょう。ここで首相の矜持として、誰にも相談せずオリンピックを中止するという切り札を出してほしい。4月16日に行われる日米首脳会談の最後に、バイデン大統領を前に、国際社会に向けて中止を宣言したらいいと思います。それが「政治が決断する」ということです。

 私は、他の人が言いたくない、目を背けている問題に光を当て、小説を書いてきましたし、発言してきました。今回もあえて申し上げますが、言ってしまえばオリンピックは国際的な“運動会”にすぎません。深刻な感染症によって世界中で学校閉鎖が続いている状態なのに、なぜ運動会の準備だけ進めているのでしょうか。この大いなる矛盾に早く気付くべきだと思います。

(真山 仁/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)

×