水谷功が築いた「北朝鮮」とのゼネコン利権 仕掛け人の拉致被害者家族への“裏切り”とは

水谷功が築いた「北朝鮮」とのゼネコン利権 仕掛け人の拉致被害者家族への“裏切り”とは

©iStock.com

 一般には知られていない中堅ゼネコンの社長にもかかわらず、永田町では知らぬ者のいない有名人だった男が、2020年12月17日に帰らぬ人となった。その男の名前は水谷功。小沢一郎事務所の腹心に次々と有罪判決が下された「陸山会事件」をはじめ、数々の“政治とカネ”問題の中心にいた平成の政商だ。

 彼はいったいどのようにして、それほどまでの地位を築き上げたのか。ノンフィクション作家、森功氏の著書『 泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴 』(文春文庫)より、芸能界でも幅を利かせていた男の知られざる正体に迫る。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◇◇◇

■特捜部の異質な北朝鮮捜査

「カジノは、平壌ホテルから車で10分くらい走ったところにありました。夜やから、暗うてね。まわりがどうなっとるんか、ようわからへんかった。車で連れていかれたのやけど、なんや寂しい感じのところに、大きな建物がポツンと建っている。外から見たら、何の変哲もないオフィスビルみたいでした」

 そう記憶をたどったのは、水谷建設と取引のある北陸の下請け業者だ。水谷功とともに北朝鮮を訪問したことがあるという。

「そうして、ビルのなかに入ると、1階はがらんどうになっとる。カジノは、ビルの地下1階にありました。案内されると、そこにはバカラやルーレット、ブラックジャックの台があった。部屋は大して広くはない。けど、まぶしいほどきれいな別世界でした。帰国してその話をすると、北朝鮮にカジノなんかあるかいな、と笑われたけど、決して夢なんかやありません」

 2006年の脱税事件捜査の渦中、水谷建設と北朝鮮とのかかわりが話題になった時期がある。

 水谷建設の政界工作解明に乗り出した東京地検特捜部は、このとき広範囲な家宅捜索を展開した。そのなかに異質な捜索対象があった。それがレインボーブリッヂだ。00年4月、世界宗教者平和会議日本委員会評議員だった飯坂良明が代表となり、北朝鮮に対する人道支援を目的として設立されたNGO(非政府活動組織)団体である。政官界への裏金流用を調べているはずの特捜部が、なぜそんな団体を捜索したのか。建設業界が最も驚いた捜索先だった。

 NGOレインボーブリッヂといえば、代表の飯坂より、事務局長や代表代行を務めてきた小坂浩彰のほうが知られている。02年12月、茨城県日立港で座礁した北朝鮮船籍の貨物船チルソン号との関係が注目され、一挙に有名になった人物だ。小坂は工業燃料不足に苦しむ北朝鮮に対し、石油や石炭代わりの廃タイヤチップを寄付してきた。それを積み込んだまま、北朝鮮船が座礁事故を引き起こしてしまった。船から燃料の重油が流れ出し、海を汚染したものだから、小坂たちの活動が世間に知れ渡ったのである。

 チルソン号が船主責任保険に加入していなかったせいで、茨城県が流出した重油の回収作業を担い、数億円の損害を被った。もとより北朝鮮側がその分の損害賠償するはずもない。それより廃タイヤチップの輸出そのものが顰蹙を買ってしまった。水谷功はその小坂とも親しかった。

■日朝国交回復を睨んだパイプづくり

 小坂浩彰は水谷功と同じ三重県出身だった。二人はローカルな地縁もあって知り合い、水谷が小坂に急接近した。そこから水谷も北朝鮮とのかかわりを深めていく。

 脱税事件の捜査が佳境を迎えるさなかのことである。水谷功がいっときアルジェリアに身をかわしたことは 前に触れた 。一方で、

「ひょっとすると北朝鮮に亡命するのではないか」

 と囁かれたほど、水谷は北朝鮮に肩入れしていた。足しげく北朝鮮に通い、かの地の政府高官とビジネスを始めた。おかげで、北朝鮮高官の間で、最も信頼できる日本の実業家の一人といわれた。水谷が北朝鮮とのパイプを築こうとした狙いは、まさに日朝の国交回復後を睨んだゼネコン利権である。水谷が北朝鮮と接点を持った時期は、もっぱら小泉純一郎政権時代のことだ。

■レインボーブリッヂ・小坂浩彰の計画

 02年9月17日の第一次小泉訪朝により、北朝鮮総書記の金正日が13人の日本人拉致を認めた。あのショッキングな出来事とともに、戦後長らく氷のように固まり、閉ざされていた日朝双方の交流が動き始める。この年の10月15日には、拉致被害者のうち、北朝鮮政府が生存を認めた5人の帰国が実現した。戦後途絶えてきた日朝国交交渉が急に盛んになり、両国の国交回復機運が高まっていった。

 そして、国交回復後の開発利権を狙い、政官業各界のさまざまな思惑が渦巻いていく。水谷建設の水谷も、利権狙いに走りだした一人だ。北朝鮮に対する食いこみ方は、まごついていた日本の政府関係者や産業界に比べ、突出して早く深かった。

■胡散臭さを承知で乗った

 その水谷功が北朝鮮に爪を伸ばすにあたり、レインボーブリッヂの小坂が一定の役割を果たしている。水谷建設の狙いを解き明かす前に、やはり小坂の動きに触れなければならない。水谷功の北朝鮮におけるブレーンが話す。

「きっかけは、小坂浩彰からもたらされた話でした。レインボーブリッヂの事務局長をしていた小坂は、石油や石炭の代替燃料として使える廃タイヤチップを北朝鮮に寄付したおかげで、北の政府から絶大な信頼を得ている、との触れ込みで、水谷会長に接近してきた。建設業者にとって日本国内の公共工事は、そろそろ頭打ちになると見られていた。そんな折から、会長が小坂の話に乗ったのです。もちろんきな臭い話なのは承知のうえですが、その分を差し引いても北朝鮮には魅力がある。ゼネコン業界にとって未開の地でもあった。重機土工の業者には国内工事のライバルが多いが、向こうで足場を固めれば、独壇場になる。そのための橋頭堡を築こうと、敢えて彼に乗ったのです」

 実際、レインボーブリッヂの小坂の評判はあまりよくはなかった。だが、政官界の裏工作にはそんな胡散臭さは付きものでもある。水谷はそれを熟知しているだけに、むしろ小坂の話に魅力を感じたのかもしれない。政界では、この手のいわくありげな話で、意外な関係が浮かぶことがままある。

 ちなみに、小坂が最初にクローズアップされた茨城県日立港沖の輸送船座礁事件では、のちに船の積み荷の出どころも話題になる。問題の廃タイヤチップを提供していたのが、群馬県の産廃処理業者「明輪」だ。実はこの産廃業者が、小泉元首相の支援者だったと判明する。日朝の関係が微妙な折も折、この会社が小泉後援会に政治献金していたのだから、騒ぎになるのは無理もなかった。そのうえ小泉事務所の辣腕秘書、飯島勲の息子が、明輪の関係団体に籍を置いていた。

■日朝交渉の狭間で怪しげな動き

 北朝鮮船の座礁事件は、小泉が訪朝した3カ月後のことだ。いきおい、ときの首相と産廃業者との不可解な関係が取り沙汰され、それを仕組んだレインボーブリッヂ・小坂浩彰の存在が、ますますクローズアップされたのである。

 小坂は、日朝交渉の狭間で怪しげな動きを見せる。拉致問題のシンボリックな存在である横田めぐみの娘、キム・ヘギョンに近づき、03年7月、拉致被害者の子供たちの手紙を日本に持ち帰った。そこから民放テレビをはじめ日本のマスメディアは、北朝鮮政府に話ができる人物だ、と小坂をしきりと持ちあげる。横田めぐみの父親である滋も、「家族会」の代表として小坂と会っている。だが当時、インタビューした横田滋は、小坂にあまりいい印象を抱いていなかった。

「小坂さんと最初に会ったのは、2000年7月31日でした。ある政治家から、『北朝鮮をしょっちゅう訪問していて、向こうに情報源のある人がいるので、会っておいたほうがいい』と紹介され、都内のホテルで会いました」

 とこう話した。

「それから3、4回ほど会ったでしょうか。いつも小坂さんから自宅へ連絡が入るんです。最近の北朝鮮情勢を話したうえで、『拉致問題は早く決着したほうがいい』とか、『騙されたつもりでキム・へギョンさんと会ったほうがいい』とか、しきりに勧めてきました。そんなあるとき北京にいる彼から、『子供たちの写真を持って帰ります。蓮池さん、地村さん、曽我さんに個別に直接渡したいから、日程を調整してくれませんか』と電話があったのです。唐突な話なので驚きましたけど、一応、それぞれのご家族に連絡をしました。だが、妙な動きに利用されては困る。それで家族会で相談し、写真の受け渡しについては、政府を通すことにしたのです」

■拉致家族の写真で会見

 拉致被害者家族たちは、当時、内閣官房参与だった中山恭子や外務省審議官の斎木昭隆とともに銀座のバーで小坂と落ち合い、そこで写真を受けとった。むろん、拉致家族の写真となれば、対北朝鮮外交上の重要事項でもある。横田たちは小坂にこの件を口外しないようクギを刺した。

「ところが、わずかにその2、3日後のことです。彼が記者会見を開いた。これには驚きました。やはり、この人は信用できない、と改めて思ったものです」(横田滋)

■日本鋼管による風力発電寄付計画

 むろん純粋な人道支援ではないだろう。レインボーブリッヂの事務局長や代表代行という肩書きを持っていた小坂は、同時に非営利法人(NPO)「資源再利用並びに不法投棄監視センター」を運営してきた。廃タイヤチップのプレゼントは、こちらの活動の一環だ。燃料不足に喘ぐ北朝鮮では、廃タイヤチップは石炭と並ぶ火力発電所の重要燃料になってきた。その恩を売るかたわら、別の狙いがあった。小坂の動きについて、日本の公安当局者が解説してくれた。

「当時の彼は平壌に事務所を構え、そこで経済活動をしていました。最初に彼が熱を入れたのが、北朝鮮政府への風力発電施設の売り込みでしょう。日本鋼管製の発電機を南浦に設置する計画を立てていた。日本鋼管が1基あたり1億円相当の施設を寄贈する計画で、現地調査も済ませていたと聞いています。そうして日本から寄付を募るのが彼のやり方だった」

 小泉純一郎政権下、日朝関係が熱くなるのに合わせ、小坂は次々と独自のプロジェクトを立案していく。その後、開発計画を日本企業に働きかけ、寄付を募るという手法だった。

■仲人の元厚労大臣発言で平壌の病院建設計画

 小坂は小泉内閣の厚生労働大臣とも懇意だった。三重県出身の坂口力は、小坂と同郷だ。が、それだけの仲ではない。坂口は小坂の結婚の仲人まで務めている。二人は切っても切れない間柄だといえた。坂口が顧問だった三重県内の医療法人で、小坂が事務局長を務めていた時期もある。小坂はそんな坂口との関係をうまく利用した。

「被爆者は、その住む国や地域によって格差をつくらない」

 二度目の小泉訪朝から2カ月後の04年7月27日、厚労大臣だった公明党の坂口力が、閣議後の記者会見でこう話した。発言の趣旨は、戦時中に原爆被害に遭い、戦後北朝鮮に帰国した原爆被害者の救済である。北朝鮮に対する補償問題に関し、韓国内にいる原爆被害者と分け隔てなく救済する、というものだ。

 小坂は、この坂口発言に歩調を合わせ、文字どおり水を得た魚のように、日朝のあいだを勢いよく泳ぐ。まずは平壌の病院建設計画だ。北朝鮮の親睦団体として活動を続けてきた「在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)」の関係者が明かす。

「小坂さんは総合商社の内田洋行を事業パートナーに選んでいました。04年夏ごろから、その内田洋行とともに、日本のゼネコンへ北朝鮮国内に病院を建設する計画を持ち歩いていた。まるで、自分自身が北朝鮮の唯一の窓口であるかのように、日本企業に売り込んでいましたね」

■「私が北朝鮮政府から一任されているのです」

 実際、小坂から話を持ち込まれた日本のゼネコンは1社や2社ではない。小坂のセールストークはこうだったという。

「日本政府並びに坂口厚労大臣は、国交正常化に先立ち、北朝鮮在住の被爆者へ補償費として42億円を支払うべく準備しています。北朝鮮国内では、その補償費を病院の建設・運営に充てる計画であり、受注業者については私が北朝鮮政府から一任されているのです」

 小坂の話した「42億円の補償費」とは、韓国の被爆者に対する政府補償に基づいて算定された金額なのだという。日本企業に対する売り込みのなかで、小坂は建設業者以外の医療機器メーカーやベッドメーカー、厨房施設業者など、事業に前向きな企業の具体名をあげ、計画実現への可能性を強調した。この病院建設を皮切りに、そこからゼネコンにダムや発電所、道路などのインフラ整備の計画も盛んに持ちかけるようになる。例によって、金銭的な寄付の要請も忘れない。あるゼネコンの担当者には、こう話したという。

「すでに両国の政府間では、国交正常化の行程ができあがっています。正常化後は、まずわが国のODA資金で、6カ所のダムと3カ所の港湾整備、さらに道路建設などをおこなう予定になっています。それらのプロジェクトを受注するためには、なにより北朝鮮政府に対する人道支援の実績が必要です。レインボーブリッヂが支援の窓口となっていますので、こちらへ寄付していただければ、それなりの実績になります」

 その口車に乗り、ゼネコン業界では、いち早く前田建設工業が小坂の計画に飛びついた。大手ゼネコンの国際担当幹部が語る。

「前田建設では、専務が率先して小坂の北朝鮮プロジェクトに乗っかり、実際に現地の調査名目で資金を出している、と聞きました。なんでも発電所のボーリング調査として、億単位の調査費を支払ったそうです」

 前田建設は水谷建設にとっての元請け業者である。公共工事における最も大切な事業相手だ。そしてそんな関係もあり、水谷功は小坂の話にますます前のめりになっていく。

【続きを読む】 「小泉首相も知っているはず」拉致問題のかたわらで進行していた闇深い“北朝鮮開発プロジェクト”の実態

「小泉首相も知っているはず」拉致問題のかたわらで進行していた闇深い“北朝鮮開発プロジェクト”の実態 へ続く

(森 功/文春文庫)

関連記事(外部サイト)

×