「いまの年収はフェラーリ3台分です」 微エロYouTuberのパイオニアが語る“配信で稼ぐために最も必要なこと”

「いまの年収はフェラーリ3台分です」 微エロYouTuberのパイオニアが語る“配信で稼ぐために最も必要なこと”

©杉山秀樹

黒の下着はNGなのに、白だとOK…? YouTuberとYouTube「エロ」を巡るコンプラいたちごっこ から続く

 微エロYouTuberの元祖ともいわれる広瀬ゆうさん。チャンネル登録者数は43万人に達し、昨年にはデジタル写真集まで出版。YouTube発のセクシー系タレントとして活躍しており、YouTubeドリームを手にした一人。ほんの数年前までは、都内で働くごく普通の歯科助手だったという。

 そんな彼女はいかにしてセクシー系タレントになったのか? その経歴はまさに波乱万丈。2019年に起きた「大事件」の裏話やそこからの復活劇、現在の収入までを本人に聞いた。

■歯科助手からYouTuberへ転身

――現在のような“微エロ”YouTuber活動を始めるきっかけは何だったんですか?

広瀬 私は元々、歯科助手として働いていたんですけど、勤務先の医院長とそりが合わなくて…あるとき突発的に辞めちゃったんです。次の仕事も決まっていなかったし、本当にお金がなくて。そんなときに、知り合いにあるサイトのアダルトチャットの仕事を紹介されたんです。「稼げるよ」って言われて軽いノリではじめたのが、最初の第一歩ですね。

――アダルトチャット時代は結構稼げていたんでしょうか?

広瀬 はじめたばかりの頃は全然、稼げませんでしたね。アダルトコンテンツもやっぱり厳しい世界で、誰でもやればすぐに儲かるというわけではない。稼げるようになったのは、YouTubeをはじめてからです。当時は、ヒカキンさんや、はじめしゃちょーさんがテレビなどでも取り上げられるようになりはじめた時期だったんですが、まだその頃って人気YouTuberは男性が多くて、女性で人気のある人が少なかったんです。

――ちょうどYouTubeが稼げるプラットフォームということが分かって、参入する人が一気に増えていった時期ですね。

広瀬 そうなんです。だから、「ほかのチャットレディたちも始めるんだろう」と思って、急いでYouTubeのチャンネルを開設したんです。そしたら、私しかはじめませんでしたね(笑)。まぁ確かに考えてみると、自分1人で撮影して、編集して、動画を出すって、多くの人がやったことのない作業なので、はじめはとても時間がかかるんですよね。ほかのチャットレディの人たちは稼げるかどうかもわからないYouTubeに、そんなに時間を費やしたくなかったのかなと思います。私は結構、そういう新しいことをやるのが楽しかったので。

 実は動画配信を仕事にできるかどうかって、そういう毎日の積み重ねができるかどうかが一番、大きい気がするんですよね。そこはエンタメもエロも変わらない(笑)。私も「正直、今日は編集面倒くさいなぁ…」という日ももちろんあるんですけど、そこで頑張れるかどうか。コンテンツの中身はもちろんなんですけど、待っている視聴者のために、「どうにかして続けよう」という気持ちがあるかどうかが圧倒的に大きいような気がしています。「お金を稼ぎたい」でも「自分を見てほしい」でも、モチベーションはなんでもいいんですけど、とにかく続けることが楽しくなれば、良い循環に入っていくような気がします。

■2019年に起きた大事件とは…?

――当時はまだYouTuberというものを仕事としてみた時には、みんな半信半疑のような状態だったかもしれません。

広瀬 正直、私は深く考えずに「やれることはやっておこう」と思ってはじめました。やっぱり、こういうお仕事って寿命が短いと思うので、もう無我夢中というか。アダルトコンテンツの規制が厳しいYouTubeなので、最初は競馬予想とかからはじめて、そういう趣味の投稿を続けながら徐々に登録者を増やしていった感じですね。

――YouTubeで広瀬さんを知った視聴者が、チャットの方にも来てくれてみたいな感じだったんですか?

広瀬 そうですね。YouTubeの登録者が増えて、チャットレディの方のお客さんもどんどん増えて。それで結構、稼げるようになっていましたね。ただ、その時にちょっと事件を起こしてしまって…公然わいせつで逮捕されちゃったんです。

――2019年の6月ですね。テレビのニュースにもなっていました。

広瀬 チャットレディの方でのコンテンツが引っかかってしまったみたいで…。当時はまだアダルトコンテンツの配信ビジネスってグレーゾーンが多くて、明確な線引きもなかったんですよね。しかも逮捕されても、小さく記事になるだけだろうなって思っていたんですが、テレビでも映像が流れていたし、新聞でも記事になっていて「え? そんなに記事になるの?」ってびっくりしました。

■YouTubeの広告収入は一気にゼロに…

――広瀬さんご自身が思っている以上に社会的影響力が大きくなっていたということなんでしょうね。

広瀬 そうみたいですね。チャンネル登録者数も30万人くらいだったんですが、私より多い人はたくさんいたんで、そんなに大事になるとは思っていませんでした。精神的に結構きましたね。

 結果的に警察の方には「ちゃんと反省しているから」と色々と正しい動画配信の知識を教えてもらえたんですが、自宅に戻ったらYouTubeに広告が付かなくなってしまっていたんです。当時、毎月国産車1台分くらいの収入があったので、それが一気に0になってしまった。さすがに落ち込みましたね。

 でも、そのときにYouTubeを見たら、視聴者の方から「応援しているよ」とか「待っているよ」みたいなコメントが、すごくたくさん来ていたんです。日本だけじゃなくて外国の方からも来ていて、こんなに待ってくれている人がいるんだって。それで、やっぱり動画投稿は続けなきゃなって思って投稿を再開したんです。

――チャンネルを継続できたのは、ファンのおかげもあったんですね。

広瀬 ファンの方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。あとは逆に逮捕されたことで、コンテンツがどこまで適法で、どこからがNGなのかをしっかり勉強するようになりました。法律もきっちり調べて、必要なすべての許可を取りました。

 さっきも言ったように、アダルトコンテンツ、特に個人でやる配信ビジネスってけっこうグレーゾーンな部分も多いんですが、ちゃんと資格や権利があるんです。映像送信型性風俗特殊営業と無店舗型性風俗特殊営業の2つの申請は警察に出して、IPPAというアダルトビデオのメーカーさんなんかが所属する団体にも入りました。

■いまの年収は…フェラーリ3台分!

――逮捕されたことで逆に勉強するきっかけになったというのは興味深い話です。とはいえそんな状況からまたビジネスを再開しようと思えるのもなかなかタフですね。

広瀬 もともとうちの実家は床にボールを置くとコロコロ転がっていくようなボロ家で、お金の面でも苦しんできていたんです。そのなかで、一家の大黒柱だった父まで亡くなってしまった。そうなると、「次は長女の私が家族のために稼がなきゃ」という思いも大きかったんですよね。

 なので、YouTubeに広告が付けられないなら、「別のところで収益を出すしかない」と思って、いろいろと調べた結果、課金制のSNSを始めることにしたんです。そのSNSはハリウッド女優の方なんかも利用しているんですが、いまではそこで全世界のランキングトップ0.4%とかになることができています。

――それはすごいですね。もはや世界的な人気ということですか。そこまでいくと収益もかなり上がったんじゃないですか?

広瀬 本当にありがたいことです。いまの大体の年収は…フェラーリ3台分くらいですかねぇ。

■現在は空いた時間に投資の勉強も

――それだけの大金を手にするとなると、生活も変わったりしたんでしょうか?

広瀬 実は生活は本当に何も変わってないんです。というか、そもそも時間が全然ないんです。動画の撮影をして、編集して…というのを1人でやっているんで、そんなにお金を使う時間もないんですよ。一般のYouTuberの人みたいに「大金を使ってみた」みたいなコンテンツをやるわけでもないし。空いた時間は投資の勉強とかしているので、なんだかんだで週7日、ずっとやることがある感じですね。

――投資ですか…次から次へと新しいジャンルに挑戦していくバイタリティーはすごいです。

広瀬 正直、YouTubeもいつまで稼げるのかはわからないので、しっかり次の収入源を見つけておかないと思っています。ただ、月1回はご褒美として海外旅行に行っていました。最近はコロナでいけないので、たまに都内のちょっといいホテルに泊まったりしていますね。

――普通なら大金を手にしたら金銭感覚が変わってしまいそうです。

広瀬 そこは父の影響ですね。父には申し訳ないんですが、父はお金がないのに、パチンコでたまに勝つと「今日は焼肉だ!」ってすぐ使っちゃうタイプだったんですよ。それを反面教師にしているのかもしれません。

■「みなさんに喜んでもらえるような動画を作れたら」

――ただ、広瀬さんはもう十分すぎるほどのお金を稼がれたんじゃないですか?

広瀬 いや、まだまだ全然です。最終的な目標は海外移住することなので、そのためにはもっと稼がないと(笑)。

――最後に今後の目標を教えてください。

広瀬 最終目標は海外移住なんですが、いまはYouTubeなどを通して、「視聴者の方がどうやったら喜んでくれるかな?」と考えるのが楽しいので、みなさんに喜んでもらえるような動画を一本でも多く作れたらなと思っています。

撮影=杉山ヒデキ/文藝春秋

(味道苑)

関連記事(外部サイト)

×