ビックリマン、妖怪ウォッチ、ドラえもんから王選手まで…! 児童学習雑誌「小学一年生」の“懐かし付録”で50年間を振り返ってみた

ビックリマン、妖怪ウォッチ、ドラえもんから王選手まで…! 児童学習雑誌「小学一年生」の“懐かし付録”で50年間を振り返ってみた

ビックリマン、妖怪ウォッチ、ドラえもんから王選手まで…! 児童学習雑誌「小学一年生」の“懐かし付録”で50年間を振り返ってみたの画像

 4月といえば新しい学校への入学の季節です。特に初めて本格的な「教育」に触れることになる小学校への入学は、人生の中でも大きな1ページ。今年も多くの子どもたちが期待を胸に新天地へ入学していったことでしょう。

 そしてそんな時、昔から学習のおともになってきたのが児童学習雑誌の存在です。

 中でも雑誌についている「付録」の存在は、いつの時代も子どもにとって興味深いものではないでしょうか。特に近年は、その豪華さや技術力の高さがSNSを中心に話題になることも多いです。そこで、もうすぐ創刊100周年を迎える老舗雑誌「小学一年生」にお願いして、歴代付録から興味深いものをピックアップしてもらいました。

『小学一年生』の歴代付録を見る

◆◆◆

■1960年代後半にキャラクター付録が出現した理由は…?

「『小学一年生』は今年で創刊97年目を迎えます。実は付録そのものはかなり初期の頃からついていたんですが、1960年代の後半からいわゆる“キャラクター”をモチーフにしたものが目立ってきたんです」

 そう解説してくれたのは、元「小学一年生」編集長で、現在は小学館の第二児童学習局でドラえもんルーム室長を務める松井聡さんだ。

「一般家庭にテレビが普及して、『小学一年生がみんな知っているキャラクター』が登場し始めたことが理由です。その草分けになったのが60年代後半のオバQやおそ松くん、70年代のウルトラマンやドラえもんでした。結果的にそのあたりから児童学習雑誌の付録は、そのときに流行っているキャラクターを起用することで、読者の注目を集める形になっていったんです」(※以下、解説は松井さんのもの)

「この付録は一言で言えば『輪投げ』なんですが、平面の紙に設計図が書かれたものを、説明の通りに順序良く組み上げないと完成しない。『説明を読んで、順番に作らないとできない』ということを学ぶことで論理的思考を養っているんです。学習雑誌の付録の意義はそういうところにあり、その要素は現在の付録にも受け継がれています。また、輪投げの点数計算をすることで、足し算の学習もできるようになっています」

 70年代の後半には、この時期特有のちょっと珍しい付録もあった。それが、実在の人物をモチーフにした付録だ。

「当時は今以上に『国民的』と言えるヒーロー、ヒロインがいたんです。本当に日本中の子どもなら誰もが知っているスターですね。野球の王貞治選手や、歌手のピンクレディーなどは『小一』でも付録に使わせてもらっています。この『王選手ホームランゲーム』も、読者が自分で組み立てて作る必要がある。遊び方はシンプルですけど、結構、工程は多いですね」

■80年代の流行は…「ファミコン」と「ビックリマン」!

 児童学習雑誌の特性もあるのだろうが、その当時の小学生の流行によって付録のキャラクターも大きく変化している。1983年に任天堂のファミリーコンピュータが発売になったころには、付録からも「ファミコンブーム」が感じられる。

「まだ発売直後ということもあって、ファミコンというよりコンピュータ的なものへの憧れが大きかったように思います。付録もあまり厳密にファミコンを象ってはいないですね(笑)。クイズ形式で算数や国語の勉強をしながら、紙を左右に引っ張ると下の『?』の部分に回答の数字が出るという作りになっています」

 80年代後半は「ビックリマン」が社会現象を起こした時代だ。ビックリマンチョコの“おまけシール”には今でも根強いファンがいる。例にもれず、児童学習雑誌でも付録に採用されていた。

「88年6月号にはビックリマンのすごろくがついていますね。こちらも単なる平面にならないように、要所に立体部を設けて、読者が自分の手で組み立てる作業を入れています。すごろくは、サイコロを振って何コマか進み、そこでいろんな出来事が起こる。今でいうプログラミングの考え方に近いんです。そういう思考力を鍛えるものですね」

■「マリオ」「ポケモン」…メガヒットコンテンツ繚乱の90年代

 90年代に入ると任天堂からスーパーファミコンの発売もあり、テレビゲームから派生した「スーパーマリオ」などのゲームのキャラクターが存在感を強めていく。

「これはマリオをモチーフにした紙飛行機ですね。また、ヨッシーをかたどったけん玉を付けた号もありました。実は児童学習誌の宿命として、読者が男女両方いるんです。そのため、極端に男の子が好むものや、女の子が好むものというのは付録につけにくい。そのため、マリオを使う時でもカワイイ要素があるヨッシーを組み合わせたりすることも多かったです」

 そして96年にはついにメガヒットコンテンツ「ポケットモンスター」が登場する。このころからは公園の片隅などで、小学生たちが頭を突き合わせてゲームボーイで遊ぶ姿も見かけるようになった。老若男女を問わず人気を集めたコンテンツの威力は、当時の小学一年生にとっても大きなものだった。

「ポケモンのキャラクターを使った『黒ひげ危機一発』的な付録ですね。剣を差すことで、真ん中のピカチュウが飛び出す。そういう因果関係を学習することで、ロジカルな考え方ができるようになるのが狙いですね。また、前述のように女の子が遊ぶことも考えて、キャラクターには“カッコイイ”よりも“カワイイ”感じのポケモンが選ばれています」

■意外な人気の「星のカービィ」、男子に圧倒的人気を誇った「ムシキング」

 2000年代に意外な(?)健闘を見せたのが「星のカービィ」だ。女の子にもウケのいいゲームキャラクターという立ち位置から、この頃にはポケモンと合わせて多く付録に登場している。

「実はパチンコやピンボールというのは児童学習誌の鉄板付録のひとつなんです。遊び方がわかりやすいですし、得点の計算がいるので算数の勉強にもなる。そういう風に人気のある付録は、キャラクターが変わってもずっと残っていきますね」

 続いて2000年代中盤に男の子から圧倒的な人気を誇ったのが「甲虫王者ムシキング」。前述の「男女の人気のバランス」という面では偏りがあったものの、それでも付録に採用されるほどの圧倒的勢いがあった。

「この付録もポケモン同様、『黒ひげ危機一発』のようなものになっています。さきほど言ったように、わかりやすくて勉強になる付録というのはやっぱり人気が高い。付録も雑誌で読者アンケートを取りますから、結構感触が良い時と悪い時があります。人気のある物は長く残るし、そうでないものは消えていく。そこは結構、シビアですね」

■2010年代「妖怪ウォッチ」の登場と「ドラえもん」の底力

 2010年代に入ると新たなキラーコンテンツとして「妖怪ウォッチ」が登場する。アニメ、ゲーム、マンガとクロスメディアを活用することで、子どもたちから大きな人気を得た。そして、ちょうどこのころ「小一」の付録にも大きな変化があったという。

「実は国鉄民営化までは、付録の材質などをその都度、認可申請していて、プラスチック製の部品などはつけることができなかったんです。なので基本的には紙を中心に組み立てる形式のものをつけていました。

 それが、2001年に日本雑誌協会の付録に関する規約が大幅に変更され、雑誌の厚み制限はありつつも、いろいろな材質の付録をつけることが可能になった。そのためプラスチック製の完成品のパーツを使った付録も増えてきました。ただ、それでも先ほどの『実際に自分の手で触れて、手を動かして組み立てる』という根本は変わっていません」

 そしてこれまで長年、小学館の顔として活躍してきたドラえもんが再び注目を集め始めたのもこの時期だろう。リブート映画の公開などもあり一気に人気を高めたのだ。

「男女の別なく人気があるという意味では本当にドラえもんはスゴイ。親御さんたち世代も子どものころから接しているキャラクターですし、ずっと小学館の学習雑誌を支えてくれている存在ですね。これはATM型の貯金箱になっていて、子どもが『貯金してそこから使う』ということを学べるようになっています」

■最新の付録はなんと…「しゃべる目覚まし時計」に「プログラミング」!?

 そして、最新の付録に目を向けると、かなりハイテク機能の付いたものになっている。キャラクターは引き続きドラえもんが強さを見せている。

「最近はこういった完全に完成品タイプの付録もあります。ドラえもんがおしゃべりするめざまし時計ですね。ただ、パーツにタッチするとドラえもんが話してくれる機能がついていて、例えば右手をさわると『顔を洗ったかな?』、あたまをさわると『キミって本当にすごいね』など、ドラえもんがアドバイスや応援をしてくれる。そういう意味でこちらも『読者が自分の手を動かす』という要素は生きています。アナログ時計なので長針・短針の区別はもちろん、時計の読み方も自然と学ぶことができます」

 また、近年、児童学習雑誌で目立つのがプログラミングに関するものだ。幼少期からコンピュータへの理解が必須のものになりつつある現代だけに、付録にもその要素を取り入れている。

「ボタンを押して進む方向をプログラミングすると、ドラえもんがしゃべりながら指示の通りに動いていく付録です。命令は連続で14個まで覚えられ、自分で考え、組み上げた通りの道筋で進んでいく。これも論理的思考養成の助けになりますね。小学校で必修化されたプログラミング教育に各家庭でも親しむことができる付録です」

◆◆◆

 いかがだったでしょうか?  50年間を振り返ってみると、まさに児童学習雑誌の歴史は「付録」とともにあったと言っても過言ではありません。よい付録をつけることで、学習への意欲も高まり、読者が雑誌を手に取る機会も増えるのでしょう。松井さんはこう言います。

「4月号の付録会議は半年前には行われます。組み立て付録は、緻密な設計図にあわせて紙や素材を選び、それぞれの部品を作成し、それを業者に依頼していきます。なので、企画から発売までは何カ月もかかる。だからこそ、企画を考える編集部員も手が抜けないんです」

 時代とともに進化を続けてきた付録たち――。時には童心に返ってそんなところに目を向けてみてはいかがでしょうか?

撮影=文藝春秋/平松市聖

※「小学一年生」編集部では、子どもたちの写真を送るとそれがオリジナルのアルバムになって届く通販サービス 『入学おめでとう!! 限定メモリアルメッセージえほん』 も大反響とのこと。

(山崎 ダイ)

関連記事(外部サイト)

×