高級クラブは50万、ゲームセンターは毎月100万? ヤクザと「みかじめ料」の知られざるリアル

高級クラブは50万、ゲームセンターは毎月100万? ヤクザと「みかじめ料」の知られざるリアル

©iStock.com

 ヤクザという言葉を知っていますか? そう問われたとき、多くの人は「知っている」と答えるだろう。しかし、ヤクザと呼ばれる人たちが、実際にどんなことをして、どのように生きているのかについて問われたとき、自信を持って「知っている」と答えられる人は少ないのではないだろうか。それだけ、ヤクザという生き方はベールに包まれている。

 ここでは、裏社会に精通し、多数の著書を出版している溝口敦氏、鈴木智彦氏両名による『 教養としてのヤクザ 』(小学館新書)を引用。現代におけるヤクザの生き方の実態を紹介する。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◆◆◆

■働くヤクザ

鈴木 中国ではナマコは高級食材です。“黒いダイヤ”と呼ばれるくらいで、乾燥させた「いりこ」の形で、キロ15万円くらいで取引されることもある。中国人バイヤーが北海道に大挙してやって来て買い漁ったため、ヤクザが目をつけて密漁天国になったんです。

溝口 ナマコを獲るためにヤクザが直系密漁団を率いているわけでしょう。これほど組織的に行なわれているとは、思いもよらなかった。

鈴木 私は北海道出身なんですけど、どんな田舎にもヤクザはいるじゃないですか。彼らが何をやって食っているのかすごい疑問だったんです。普通に考えたら、シノギがないんですよ。

 メディアでは、都市部でデカい金を動かしている暴力団のことばかり報じられて、田舎ヤクザの実態はほとんど知られていなかった。私もそれまで都会のヤクザばかり追いかけていて、田舎のヤクザは盲点になっていたんです。

 で、彼らのシノギが何かといったら、海沿いの町では、その一つが密漁なんですよ。歌舞伎町のヤクザと全然違うヤクザが日本の田舎にはいる。

溝口 本来、ヤクザは“働かないこと”に価値がある。彼らの誇りとは、「腰に手ぬぐいぶら下げて肉体労働をしてない」ということですから。肉体労働をものすごく蔑視する。

鈴木 蔑むんですよね。

溝口 昔は韓国人にも、肉体労働をする人間を極度に軽蔑する人がいたけど、日本のヤクザも「おれは大根売ってないぜ」というのが誇り。

 伝統的にヤクザ社会のヒエラルキーでは、最下層にいるのが親のスネをかじっている「親依存型ヤクザ」で、その上辺りに「女依存型ヤクザ」とか、アンコ(日雇い労働者)をやっているような「肉体労働型ヤクザ」がいる。警察庁ではそういう分類をしているんですが、密漁をやっているのはまさに「肉体労働型ヤクザ」で、ヤクザ社会では下に見られる。

 ヤクザは商売ではないんです。無職なんです。だから、“無職渡世”などと言うわけです。ヤクザはまったく働いていないのに食っていける。そこに価値がある。

 それがわざわざ10メートルも海に潜ってナマコを獲るなんて、昔だったら考えられない。だから、密漁がシノギになっているということは、ヤクザが貧窮化して、肉体労働をせざるを得なくなっているということでしょうね。

?

鈴木 昔は根室で北方領土近海のカニを密漁するヤクザが“働くヤクザ”と言われて特別視されていたくらいですから。それが今では、地方のヤクザの多くが密漁という肉体労働をしている。

■ヤクザが獲った密漁ウナギでも食べたら同じ

溝口 そう言えば、不思議に思っていたのが、20年ぐらい前にグアム島に行ったら、海の底がナマコだらけで……。

鈴木 今、いませんよね。

溝口 今は知らないけど、昔は足の踏み場もないぐらいナマコだらけだった。あのナマコって食用にならないんですかね?

鈴木 なるんです。今は全然いない。観光客のために駆除したということだけど、中国人が獲っちゃったんじゃないかと疑ってます。

溝口 海を清掃してくれたんだ(笑)。

鈴木 南の国のナマコのほうが獲りやすくて、量も獲れる。価値は低いんだろうけど、中国人が買っていったんでしょうね。

溝口 だけど、ナマコはゼラチン質でしょ?

鈴木 そう。ただのゼラチン質です。味もほとんどない。

溝口 フカヒレもツバメの巣も、ゼラチン質だよね?

鈴木 そうです。他の食材で取った出汁で食べるだけで、それ自体にほとんど味なんかありません。栄養らしきものもない。

溝口 それに大層なお金を投じて食べるってどういう感覚なんだろうね。

鈴木 私もよくわかりませんが、ナマコにしたってアワビにしたって、金になるという観点で見れば、中国市場向けが一番儲かります。だから、今の最前線の密漁というのは、対中国。

溝口 象牙もそうらしいよね。中国では象牙を扱うのは禁止されているが、日本ではワシントン条約適用前に作られた製品は売買できるので、日本から中国へ流れていく。

鈴木 日本人のそういうルーズさって何なんでしょうね。ウナギの稚魚のシラスウナギは、ヤクザが密漁で獲っていると聞いても、だからといってウナギを食べないということにはならない。土用の丑の日になるとみんなウナギの蒲焼きを食べているわけで。

溝口 暴力団が関与していようがしていまいが、味に変わりはないからね(笑)。消費者の根底にあるのは、密漁品でも食べたら同じという感覚でしょう。

鈴木 だから密漁はなくならない。

溝口 だけど、中国人のほうが、トラやサイを絶滅に追い込むまで食料や薬にしていて、そういう体質が強いと思いますけどね。日本人は絶滅させるまで食べようとしないでしょ。

 ウナギについては、中小河川をさらえば獲れますよね。子供の頃は多摩川でよく獲りましたよ。そういう意味では、ウナギが絶滅危惧種だと言われても、あまり実感が湧かない。今は自然の河川で獲らなくなったから、むしろ増えているんじゃないですか?

鈴木 そういうデータもあります。絶滅する絶滅すると煽ることで、儲かっている人がいるわけです。事実、ウナギの価格って以前よりずいぶん上がりましたよね。学者のなかには、「絶滅させようと思っても絶対にできない」と言う人もいます。

溝口 横浜の住宅街の河川にもいるようですからね。

■牛の首を送りつける

鈴木 これは直接消費者には関係ない話ですが、漁業には漁業権があって、それを切り売りして生きている人もいますよね。20年くらい前に漁協の組合長が工藤會(九州の指定暴力団)の組員に射殺される事件があったじゃないですか。

溝口 北九州市?

鈴木 ええ。2013年にはその被害者の実弟が組合長になっていたんですが、また工藤會に殺されるという。おそらく、開発の利権が絡んでいる。

溝口 工業地帯の開発が進んでいますからね。工場と空港ができた。

鈴木 利権というのは漁業権のことで、これは漁業補償の取り合いだと思うんですよ。漁業権って非常に大きな利権で、巨額の金を生むことがある。

 港湾エリアを開発する場合、漁業権を持っている地元漁師に対して補償金を払って、「この程度で勘弁してよ」とやるわけですよ。ここに食い込めば大きな金が流れてくる。

溝口 それだけでなくて、建設のために集まってきた生コン業者から上納金を納めさせるんですよ。これは大きいシノギになって、名古屋の中部国際空港建設では、地元・弘道会から六代目山口組組長になった司忍や若頭のナンバー2・高山清司がこれで相当儲けたと聞いています。

 知り合いのヤクザで「来るべき金が催促しても来ない」というので、羽曳野から牛の頭を仕入れて、それをその業者に送りつけたやつがいる(笑)。

鈴木 猫の死体や犬の首を置いておく脅しのエスカレート版。

溝口 映画の『ゴッドファーザー』で、馬の首をぶった切ってベッドのなかに放り込んでおくというシーンがありますが、あれと同じで牛の首を送りつける。普通、ビビりますよね。食肉だとこういう利用法がある。サカナだとこうはいかない。

鈴木 マグロのカマが送られてきたら、塩焼きにして美味しくいただきますよね(笑)。?

■テキ屋と暴力団

溝口 労働するヤクザと言えば、東北だとテキ屋が多いですよね。だから、田舎のヤクザは、高市(テキ屋用語で大きな市や祭礼のこと)で儲けているんだろうなと思っていた。

鈴木 東のヤクザはテキ屋が多いんですよ。西日本はテキ屋とヤクザ・暴力団は別の集団として分かれているんですが、東京から東はほぼ一緒。だから、東北のヤクザは高市がシノギのなかで大きなウェイトを占める。たぶん、収入の半分くらいを占めている。

溝口 東北だけでなく、北海道もですね。

鈴木 そうです。寅さんみたいなヤクザ、あれが東日本では暴力団だった。

溝口 警察の分類では、暴力団が3種に分かれるとされている。博徒、テキ屋、愚連隊または青少年不良団と。この3種なんですね。それで、関東では同じ組織のなかに博徒とテキ屋が混在している。稲川会でも住吉会でも、一緒くたになっている。

鈴木 今でも祭りとかに出るテキ屋のなかには当然、ヤクザがいる。警察がうるさいから、とりあえずテキ屋と暴力団は組織を分けているけど、実は一緒。取材に行って「写真を撮りたいんですけど」と言うと、「僕らテキ屋ですから」と写ろうとしない。分かれているタテマエになっているけど、溝口さんが言うように同じ組織のなかにいる。

溝口 なかには独立系のテキ屋もいますけどね。テキ屋というよりも街商。街商一本でやってる組もあることにはあるんですよ。ここも苦しいけどね。

鈴木 そうですよね、コンビニができて、何でも買えるし。

溝口 食べていけるのは親分だけという状態。金がないから若い衆は結婚もできない。

鈴木 暴排条例制定後、祭りでテキ屋が露店を出せなくなったとよく言うけど、全国的に出せるところは出せている。弘前の桜祭りでも出ていた。だから、ヤクザとテキ屋の関係性はあまり変わっていないように見える。あんまりツッコまれると警察も困るんじゃないんですかね。警察も困るし、ヤクザも生活できなくなって困る。

 警察はわかってて、「町の活気作りのためにテキ屋が必要だ」という意見に乗って、排除していない。本気で完全に排除するとなったら、見世物小屋も出ないし、たぶん、祭りが大打撃を受ける。だから、ツッコまれると警察が困る。密漁のサカナが市場に堂々と出回っているのと同じで、ある意味、共犯関係にある。

溝口 祭りに関して、町の声で最も大きいのは、「町内会や自治会のおばさんが焼きそばやたこ焼きを作っていると、祭りの雰囲気が出ない。味も違う」という声。テキ屋の怪しげなおっさんやお兄さんが出てくることで、祭りらしい雰囲気になる。

鈴木 地元のちょっとおしゃれな飲食店が出店しましたという露店ばかりだと、昔ながらの祭りっぽさが出ないんですよね。だから、祭りを運営する側も排除しきれない。

溝口 最近、焼きそばやたこ焼きとかを「粉物」と言いますよね。一般でも普通に使われる言葉になっていますが、もともとはテキ屋用語だと思いますよ。粉物というのは、ヤクザの専売品で、見てくれの割に原価がものすごく安い。利益率が高くて儲かる。一般の飲食店の焼きそばやたこ焼きは知らないけど、テキ屋がやっている露店の粉物は原価が非常に安い。?

鈴木 儲からなければやらないですよね。

■みかじめ料はもう取れない

 ヤクザというと、水商売や風俗店などから毎月「みかじめ料」を取るというイメージがありますが、あれももう取れなくなっているんですよね。

溝口 みかじめ料を取ると捕まるから。

鈴木 みかじめ料を取っていたことがバレて警察に挙げられると、その件だけでなく、3年、5年、10年と遡って賠償命令が出る。だから、1万円取るくらいなら、最初からやらない。?

溝口 昔は月払いで、高級クラブだったら月50万円とか、ボロ儲けしていた頃のゲームセンターなら月100万円とか、かなりの額を取っていた。だけど、今はほとんどないし、仮にやっていたとしてもせいぜい月5万円くらい。

鈴木 居酒屋とか寿司屋とか、カタギ商売の飲食店だと、1万円から数万円程度でしたが、それもすっかりなくなった。昔のネオン街では、町内会費の1つだったんだけど、10年くらい前から減り始めた。残っているのはぼったくりの店、ホスト業界、キャバクラなどですね。まっとうな飲食店からは取れてない。

溝口 飲食店側も経営が厳しいから、ヤクザに払えと言われたら警察に訴える。

鈴木 これは暴排条例の影響ですかね?

溝口 それもあるけど、不況のほうが大きいんじゃないかな。店が儲かりにくくなっているし、ヤクザにみかじめ料を払うメリットもなくなっている。店主のほうがヤクザを馬鹿にしているところはある。

◆◆◆

※著者の溝口氏、鈴木氏両名によるシリーズ最新作『 職業としてのヤクザ 』(小学館新書)も現在好評発売中です。

【続きを読む】 「“暴力団”はいいけど“反社”とは呼ばれたくない」ヤクザとして生きる男たちの“不思議な本心”とは

「“暴力団”はいいけど“反社”とは呼ばれたくない」ヤクザとして生きる男たちの“不思議な本心”とは へ続く

(溝口 敦,鈴木 智彦)

関連記事(外部サイト)

×