“AI爆速翻訳”されたB級ケータイ小説が世界中で売れている理由とは

“AI爆速翻訳”されたB級ケータイ小説が世界中で売れている理由とは

中国企業「伝音」がアフリカでスマホを展開していて、アフリカでもスマホユーザーは増えている

「ワールドワイドウェブ! ネットサーフィンで世界のページを訪問できる!」といった夢の文言が飛び交ってから四半世紀近くが経ちました。外国語を翻訳するならGoogle翻訳やDeepL翻訳など、さまざまなサービスが登場し、かつては数万円かけてソフトを買って利用していたものよりもずっと高性能な翻訳サービスが無料で利用できるようになりました。

■ドラえもんの「ほんやくコンニャク」が現実に

 Google翻訳を通してスマートフォンのカメラから看板や標識類を見れば、スマートフォンの画面でリアルタイムで翻訳結果が出てきます。家電量販店に足を運ぶと、話すと外国語で発声してくれるポケトークのほか、文章を読んで翻訳してくれるペン型スキャナ、リアルタイムに翻訳した言葉を音で出してくれるイヤフォンなどさまざまな製品が登場しています。どれも使ってみれば便利なもので、ドラえもんの「ほんやくコンニャク」が21世紀前半にして早くもやってきた感じです。

 何かと話題の中国はグーグルが使えないけれど、アメリカに負けじと中国産の翻訳サービスや翻訳機をリリースしています。しかもテンセント、バイドゥ、ネットイース、日本でも進出するAIに強いアイフライテックなど、後追いとはいえ確かな実力を持っている企業が参入しています。侮れません。

 その結果、中国では外国語へのハードルが下がっています。しかし、それでも翻訳が難しいジャンルがあります。小説や映画の字幕などの翻訳です。「こんにちは、元気でやってますか?」という簡単な言葉の原文でも、恋人が話すのと敵対する組織のマッチョマンが話すのではわけが違います。

■「例えばAIが『神父』と『牧師』の使い分けができるかというと難しい」

 小説の翻訳の難しさについて、中国のさまざまな小説を翻訳した経験のある翻訳家の立原透耶(たちはらとうや)氏はこのように語っています。

「もし本当に素晴らしい出来なら、とても期待できますが、現実にはまだまだ難しいのでは?と思いました。例えば、作家や作品によっても文体が異なり、訳しわけが必要なんですが、そういうことまではできそうにない気が……。美文調だったりハードボイルドだったり、作品ごとに訳し分けできるなら、ものすごいんですけど。でもそうなったら、翻訳家が廃業してしまう!」

 中国を代表する日本文学翻訳家の文潔若氏は、メディア「中国文藝評論」で、AIによる小説の自動翻訳の可能性についてこう語っています。

「翻訳というのは、自身の知識とは異なる国家間の文化を理解する一種のクリエイティブな労働です。ある国の文字を原作を色褪せさせずに別の国の文字に変えるものであり、外国語ができても母国語の表現能力が十分でなければできることではありません。例えばAIが『神父』と『牧師』の使い分けができるかというと難しい。作品の言葉の風格だとか、作者の生まれ育った経歴とか、思想観念とかそういったものを理解しないといけないのです」

■爆速で翻訳ができて、海外進出が楽になるサービスが軌道に乗っている

「今、翻訳ソフトで英語や日本語の翻訳ができるようになりました。碁などでもロボットが人間を打ち負かしています。それでもロボットはそう簡単に翻訳できるわけではありません。ロボットは字にこめられた意味を理解できません。AIによる自動翻訳は相当に難しいと思うのです」

……ごもっともな話で、首を赤べこのように何度も縦に振りたくなります。

 しかし、中国発の翻訳AIの企業が中国の膨大なネット小説を海外に向けて翻訳し、それが世界で売れてるという、常識がくつがえされる話が出ています。何があったのでしょう。

 中国にfunstory.ai(推文科技)という翻訳サービスを提供する会社があります。 中国テック・スタートアップ専門メディアの「36kr Japan」は、「毎秒1000字アウトプット可能、AIの超高速翻訳で中国ネット小説を世界へ」という記事でこう紹介しています。

〈 翻訳の効率と質を向上させるため、同社は2018年7月にネット文学のAI翻訳システムを開発。同システムにより翻訳業界の効率は3600倍に向上するという(1000字を翻訳するのに人間だと1時間、AIはわずか1秒)。そして100万字を翻訳する場合、人間では10万元(約150万円)かかるところがAIでは1000元(1万5000円)で済むため、コストを従来の1%にまで抑えることができる。

?

 同社のプラットフォーム「funstory」は1秒あたり1000字のアウトプットが可能。人手による校正は不要で、翻訳の品質はまもなく出版可能なレベルに達するという。ワンクリックでKindleやGoogle ブックス、Applebooksなど50社近くの海外大手デジタル出版プラットフォームに発表することが可能だ。

?

 童氏(同社CEO)によると、ネット文学関連企業はfunstoryを利用することで、多言語翻訳からデジタル出版、収益化まで一貫したサービスを受けられる。現在、連尚文学、「掌閲科技(IReader Technology)」、「縦横文学(Beijing Huanxiang Zongheng Chinese Literature)」、「磨鉄閲読(Motie.com)」「味?閲読(Migu Reading)」など20社近いネット文学の大手企業がfunstoryを利用している。2019年7月時点で、同プラットフォームが1日に更新する英文小説は2600本を超え、1日あたりの更新本数は業界1位となっている。〉

  つまりは爆速で翻訳ができて、海外進出が楽になるサービスが軌道に乗っているわけです。

■読解不能な日本語を書きなぐったリアル中華料理屋の看板やメニューのごときクオリティ

 またオンライン小説業界に目を向ければ、大手企業の閲文集団(China Literature)に東京23区の人口と同じくらいの890万人が作者登録しているといいます。また特に中国で新型コロナが感染拡大した昨年2月、3月に、20代の若者を中心に暇なので小銭稼ぎもかねて思いの丈をオリジナル小説にぶつけたわけですよ。1月〜3月には33万人が新たに登録し、トータルで52万タイトルが登場しました。もうスケールが違いすぎますし、また爆速翻訳したくなる土壌があるのはわかっていただけたかと思います。

 ただクオリティはというと、翻訳以前に小説の時点で正直ダメな作品が多い。素人が勢いのままに書いていることもあり、話が面白くない程度ならいざ知らず、そもそも話に整合性がないとか、何を書いているのかわからないといった、まさに粗製乱造が行われています。

 私の友人がどこから仕事を手に入れたのか、中国人の自作小説の翻訳校正バイトをやっていますが、日々数千数万文字の対訳の日本語と原文の中国語を読みながら、「人力翻訳だといろいろと残念」「機械翻訳だと文法は間違ってないのに何言ってるかわかんねえ」と嘆いています。日本語に翻訳した文もまた、読解不能な日本語を書きなぐったリアル中華料理屋の看板やメニューのごとく、日本人ネイティブに読ませられるクオリティではないのです。

■それでも受け入れられる中国のインディーズ小説

 中国の小説を翻訳する中国人Deathblade氏(ペンネーム)もまた、「多くの小説で中国風味の珍奇な英語Chingishがかった翻訳となっていて、しばしば理解できないでしょう」と中国メディアにコメントしています。

 それでも中国のインディーズ小説が受け入れられています。

 中国の定番の小説ジャンルに「武侠」と呼ばれる中国中世世界が舞台の、武術バトルあり恋愛あり笑いあり涙ありのファンタジージャンルがあります。権威あるオックスフォードの英語辞典にも、「wuxia(武侠)」が登録されているほどメジャーなジャンルです。

 このwuxiaで検索すると、英語のWuxiaWorldというサイトがあり、多くの読者がいることが確認できます。またGoogleの検索トレンドを調べると、なんとアフリカのナイジェリアなどで武侠小説が検索されていることがわかります。

■娯楽不足でスマホが普及しつつある今だからこそ

 振り返るに中国でも、地下鉄やバス内の私の周囲でオンライン小説を誰かしらが読んでる時期がありました。モバイルのデータ通信料金が高くて、動画が気軽に見られるものではなかったころ、有象無象のオンライン小説は中国人の移動中の暇つぶしにもってこいのエンタテイメントでした。

 通信料金が高いところでは、データ量の少ない小説のようなテキストコンテンツが重宝されます。今でこそ中国人はホワイトワーカーを中心に多くの人が本を読んでいますが、中国でも15年くらい前までは本を読む人は少なく、そこに大量のテキストコンテンツがやってきたのです。

 内容がダメ、翻訳クオリティが多少ダメなコンテンツでも、本を読まなかった市場に向けて、なんとなくあらすじがわかれば楽しいというニーズは確かにあります。人海戦術による玉石混交というか、ほとんど質が良くないコンテンツが、大量にアフリカなど第三世界に流れ受け入れられているのは、まさに娯楽不足でスマホが普及しつつある今だからこそという時の運もあるわけです。作中の登場人物の細かな感情の表現まで品質にこだわるプロの翻訳家は、100円ショップの商品が大量に流通する中での高級ブランドのように少数派の職人となっていくかもしれません。

■日本の漫画より中国のネット小説?

 AIによる翻訳クオリティはどんどん向上しているので、もう数年もしないうちに見違えるでしょう。漫画なども、吹き出しのセリフがAIで自動翻訳され、海外で読まれる時代が来るかもしれません。例えばそれが武侠ネタであれば、すでになじみがある読者のいる地域で人気になる可能性はあります。

 今は翻訳のプロを介さないAI翻訳でクオリティが良くなかろうとも、それでも読む人は沢山いるし、無数の中国小説を読むことで中国文化やストーリーのツボが理解されるようになっています。海外で中国ネット小説文化が受け入れられれば、その読書に時間が費やされ、日本の漫画に費やす時間が減るということも考えられます。中国のネット小説の大量輸出、脅威だと思いますよ?

(山谷 剛史)

関連記事(外部サイト)

×