「紀州のドン・ファン」怪死事件 逮捕された“セレブアピールの強い20代妻”の素性

「紀州のドン・ファン」死亡事件で元妻逮捕 セレブアピールや承認欲求が強かったとも

記事まとめ

  • 「紀州のドン・ファン」野崎幸助氏が死亡した事件で、元妻の須藤早貴容疑者を逮捕
  • 野崎氏の女性の条件は「美人、身長170センチ以上、20から25歳まで」だったという
  • 容疑者はセレブアピールが強く、“承認欲求”の強さが印象に残ったという証言も

「紀州のドン・ファン」怪死事件 逮捕された“セレブアピールの強い20代妻”の素性

「紀州のドン・ファン」怪死事件 逮捕された“セレブアピールの強い20代妻”の素性

“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助氏

「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家・野崎幸助氏(当時77)が2018年5月に死亡した事件で、和歌山県警は4月28日、殺人容疑で野崎氏の元妻の須藤早貴容疑者(25)を逮捕した。野崎氏は和歌山県田辺市の自宅で死亡。発見者は元妻で、体内から致死量を超える覚せい剤が検出されたため、県警は何者かに摂取させられた可能性があるとみて捜査していた。

 当時「週刊文春」では、元妻を含めこの事件の影にあった女性たちの謎を詳報していた。記事を全文公開する。(2018年6月14日号より。日付、年齢、肩書き等は掲載時のまま)

◆ ◆ ◆

 毒物カレー事件から20年、メディアが殺到する事件が和歌山で起きた。「美女4000人に30億円を貢いだ」と豪語していた男が死んだ。巨額資産と急死した愛犬、そして55歳下妻と東京から通う家政婦兼秘書。事件の陰にあった女性たちの謎を追いかけると――。

◆ ◆ ◆

 豊かな乳房を覆う花柄のベアトップドレス。その写真には、斜に構えて微笑を湛えるエキゾチックな黒髪美女が収まっていた。

「実は、野崎社長に須藤早貴を紹介したのは私です。社長はこの写真を見て『美人だ。今すぐに会いたい』と言い出したのです」

 写真を示しながら、こう語るのは、“紀州のドン・ファン”こと野崎幸助氏の知人A氏だ。

「4000人の女性に30億円をつぎ込んだ」と豪語してきた野崎氏が77年の生涯に突然別れを告げたのは、5月24日。22歳の妻、早貴さんと2月8日に3度目の結婚を果たしてから、105日後のことだった。

 野崎氏の体内からは覚せい剤の成分が検出され、田辺署が殺人事件を視野に捜査を続けている。

■女性の条件は「とにかく美人、身長170センチ以上、20から25歳まで」

 55歳差夫婦の出会いについては「羽田空港でナンパ」「高級デートクラブの客」など諸説入り乱れている。だが、A氏こそがキューピッドなのだという。

「私と社長との出会いは、雑誌の記事でした。『女と遊ぶために金を稼ぐ。歳を取っても美女を抱きたい』という社長に憧れを抱いた私は昨年10月、会社宛に便箋4枚ほどのファンレターを郵送したのです。その後、本人から御礼の電話が入り、交友が始まりました」

 昨年11月30日、野崎氏から高級ホテル「ザ・リッツ・カールトン東京」の1人2万円以上する日本料理屋に招かれた。

「社長の隣には、当時定期的に会っているという23歳の愛人がいました。4年ほど前に高級デートクラブで知り合った身長172センチの美女で、天ぷらのカスをポロポロ落とす社長の口元を介護士のように拭いてあげていました」(同前)

 野崎氏の目の色が変わったのは、A氏の一言だった。

「『自分の周りにもいろんな女性がいる』と話したときでした。社長は『それなら紹介してください。たっぷりと謝礼は払わせていただきますから』と懇願してきたのです」(同前)

 この時、野崎氏には翌月の12月19日に、和歌山県白浜にある老舗ホテルで、会社関係のパーティを催す計画があった。そこに、新しい女性を連れて行きたいのだという。

「社長の条件は、とにかく美人、身長170センチ以上、20から25歳までの3つでした」(同前)

 それから1週間かけて、A氏は条件をクリアする女性を必死になって探し、ある女の子の連絡先を伝えたという。

「社長は、その子に『写真をくれ』『和歌山に来てくれ』と連日ストーカーのように電話をしたようで、彼女は気持ち悪がって早々にギブアップしてしまった。その後、知人の紹介を通じてアジア圏でモデルをやっている女性と知り合ったのですが、その女性は年齢的にアウトでした」

■「美人だ。会いたい」自宅にすぐ呼んだ

 だが、彼女が知り合いの女性を紹介してくれた。

「それが早貴でした。昨年12月4日、モデルのオーディションを受けるため北京空港にいたとき、同じオーディションに参加していて出会ったのだそうです。『和歌山のお金持ちがパーティの同伴者を探しているんだ』と話すと、早貴は『いいですよ』と快諾してくれました」(同前)

 だが、1人目の女性で懲りていたA氏は、「野崎氏の目的はセックス」にあることをあらかじめ伝えた。だが、早貴さんは、臆することなく首肯したという。

「(昨年)12月9日、私は社長の会社のアドレスに早貴の宣材写真を添付して送りました。そうしたところ社長は『美人だ。会いたい』と。それで社長は(12月19日の)パーティを待たずに早貴を和歌山の自宅に呼んだのです」(同前)

 2人が初めて顔を合わせたのは翌10日のこと。だが、それから、ふたりからA氏への連絡は一方的に途絶えた。

「早貴にLINEをすると、14日になって『19(日)もなしになりました!』と返事が来たので、うまくいかなかったのだろうと考えていました」(同前)

 だが、今年2月下旬、写真週刊誌『FRIDAY』を見たA氏は驚いた。野崎氏の再婚を伝えるその記事に写っていたのは、早貴さんだったのだ――。

■野崎氏の数奇な人生

 さて事件の核心に入る前に、野崎氏の数奇な人生を振り返っておこう。

 和歌山県田辺市で酒屋を営む一家に生まれた野崎氏は中学卒業後、数々の仕事を経て、貸金業を始めた。

「その傍ら、コンドームの訪問販売で財を成したのです。小柄で愛嬌があったので営業は上手かった。その後、正規登録をして本格的に貸金業を展開。その頃、イメージキャラにしたのが演歌歌手の仁支川峰子でした」(地元の貸金業者)

 仁支川の事務所に聞くと、「イベントを通じて知り合い、一時はイメージキャラクターをしていましたが、何十年も交流はありません」と語る。

 暴力団相手にも一歩も引かない熾烈な取り立ては、地元では有名だったという。

「過去に2度ほど刺されたことがある。ピーク時は貸し付けの資金が200億円あったと言っていました」(前出・貸金業者)

 野崎氏の会社の元男性従業員が当時を振り返る。

「社長から『催促の赤紙を貼ってこい』と言われると、『金を返せ!』と書いた紙をガムテープで債務者の敷地全部に敷き詰め、換気扇が詰まるほど相手の家に貼りまくりました」

 90年代、野崎氏は長者番付に毎年名を連ねるようになった。

“色”には金を惜しまないという独自の“哲学”は当時すでに確立されていた。元女性従業員が野崎氏の好色ぶりを明かす。

「東京に出張に行くと、私が社長の大きなエルメスのバッグを持って歩くんです。あるとき、中に入っているバイブレーターがブーブーと鳴り出したことがありました。ご商売の女性と寝ると、全身にキスマークをいっぱい付けた裸の写真を撮り、それを私たちに現像しに行かせるわけですよ」

 女性に対して手渡すのは一晩につき30〜40万円。理由を尋ねると「これは買春と言わない。感謝の気持ちとしてお礼を渡しているだけ」と意に介さなかった。別の元男性従業員が当時を振り返っていう。

「1回エッチしただけの女にカードと現金20〜30万円を盗まれ、その日のうちにホストクラブで600万円を使われたという逸話もあります」

■2番目の妻に対する異様な執着

 そんな野崎氏が初めて結婚した女性は、銀座のホステス。その後、離婚し、六本木の元ホステスだった2番目の妻と再婚を果たしたのは02年のこと。結婚生活は10年続き、6年前に別離するが、野崎氏はこの2番目の妻に対し、異様な執着を見せていた。2番目の妻の親友はこう打ち明ける。

「幸助さんは嫌がらせで彼女の家に大量の梅干しを置きに行ったり、『帰ってこい』というビラを配りに行ったこともありました。それで彼女が警察に届け出て、接近禁止命令が出た。13年から14年にかけ、幸助さんが生誕祭を立て続けに2回開いたのですが、生誕祭といっても誕生日ではなく、女の人を東京から連れてきて『今度結婚するんです』というお披露目会。彼は(2番目の妻に)ヤキモチを妬かせるためにイベントを催していたのです。参加者は100人くらいで2度目はデヴィ夫人が参加していました」

 その後も、野崎氏の身には女性トラブルが相次いだ。

 16年2月、野崎氏の自宅から6000万円相当の金品を盗んだ容疑で、高級デートクラブで知り合ったハーフの自称モデルが逮捕。その事件により野崎氏は一躍全国区の存在となった。『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』(講談社)を上梓したのは、同年12月のことである。

「自伝は幸助さんが会社で1000部ほど購入して、業者に売りつけて回っていたんですわ。私も10部を1万円で買えと言われて、それって定価より高いわけ。従業員も『(取引先の)アサヒビールに売ってこい!』とか言われていて。でも、野崎幸助やからしゃーない。これが“幸助劇場”やねん」(取引先関係者)

 前出の貸金業者が続ける。

「その次に交際した芸能関係者の女性は、野崎氏のプロポーズを受け入れる条件として『元交際相手から借りた2000万円を清算したい』と言ったが、野崎氏がお金を渡した途端に行方をくらましてしまったのです」

 傷心の野崎氏が出会ったのが、早貴さんだった。

■彼女はセレブアピールの強い子

 早貴さんは、北海道札幌市に3人きょうだいの次女として生まれ、地元の高校を卒業後、美容専門学校に入学した。友人が証言する。

「とにかく金遣いが荒くて『お父さんは開業医で家が大金持ち』と話していました。身に着けているものは、学生のときからシャネルだらけ。学校で先生に『帰れ!』と怒られたら『あ、帰るわ』と出て行って、午後になったら両手に買い物袋をブラ下げて帰ってきたこともあります。ホスト遊びでも有名でした」

 早貴さんは、インスタグラムなどのSNSで華やかな日常をアピールする投稿を繰り返していた。

「当時から彼女はセレブアピールの強い子。海外旅行に頻繁に行き、『1泊30万円の部屋に泊まった』と言っていましたね。1体30〜50万円もする大きなリカちゃん人形を集めるのが趣味。その頃、早貴はホストと付き合っていました。心配すると『私は貢がれる派。自分からは貢がないから大丈夫』って。その彼とは別れたのに自宅に白いバラが100本送られてきたそうで『キモかったから、花びらを取って浴槽に敷き詰めてお風呂に入った』と話し、実際その写真をインスタに投稿していました。その後、そのホストとは復縁したそうです」(同前)

 別の友人は、早貴さんの“承認欲求”の強さが印象に残っている。

「札幌から東京に来るときには、インスタに千歳―羽田の国内線の機内でファーストクラスの席にウェルカムドリンクが置かれた写真を投稿していましたが、実際乗っていたのはエコノミー。JALの株主で優待券を使っていたようです。ある日、私と一緒に旅行をしたときは、ホテルに到着するとトランクケースを開けてルブタンなどの靴を何足か取り出し、ベッドに並べ始めた。そして『この角度から写真を撮ってくれない?』と。旅行中はしょっちゅうこんな感じで、高級なエントランスやレストランでも写真を撮るように頼まれました」

■「あたし、ジジイとかムリなんだよね」

 一方で、早貴さんは年上の男性に露骨な嫌悪感を示すことがあったという。

「たまたま近くに友人たちがいて、私たちのホテルまで遊びに来てくれたんです。その友人は40代なのですが、そのうち早貴は『私、先に帰るね』と一人その場を去ってしまった。理由を聞いたら『あたし、ジジイとかムリなんだよね』と言うんです」(同前)

 そんな早貴さんと野崎氏が結婚したのは、今年2月8日。結婚後、野崎氏は早貴さんの名前が記載された新たな戸籍謄本を大量に複製し、嬉々として知人に配り歩いていたという。早貴さんが野崎氏の自宅に同居し始めたのは、4月中旬。従業員は、ふたりの不可解な夫婦関係について話す。

「早貴さんは毎月のお小遣いとして社長から100万円もらっていました。でも、社長は早貴さんが和歌山に来て10日くらい経った頃、『あの女はダメや。家のこと何もしないし。もう離婚したい』と言ってはりました。それに対し、早貴さんは『離婚するなら慰謝料もらうよ。早くお金だけもらって東京に帰りたい』と。その頃、うちの関係者が、たまたま彼女が出演しているセクシービデオを発見してしまったことがあった。いま思えば、それが社長の知るところとなり、夫婦関係がギクシャクしてしまったのかもしれません」

■「遺産を継がせる」と公言していた愛犬イブが急死

 この頃、野崎家では重大事件が起きていた。

 野崎氏が「遺産を継がせる」と公言していた愛犬イブが5月6日、急死したのだ。旧友が明かす。

「イブが死んだとき、社長は相当取り乱した。家政婦に『何を食わせたんや!』と当たったため、疑われて怒った家政婦と大喧嘩をしていました。その日、社長はイブを連れて24時間やっている大阪の動物病院へと車を走らせた。イブはその途中で社長の胸に抱かれたまま、息を引き取ったのです」

 イブの世話をする機会が多かった女性が証言する。

「イブちゃんが死んだ当日、早貴さんと会った。死んだという報告を受けてアポイントを取り、お昼過ぎに幸助さんの家に行ったら、彼女がバスローブを着て出てきたんよ。家には棺桶があり、幸助さんは『とりあえず置いとく。まだ火葬はせえへん』と。そうしたら早貴さんは『腐ってきて臭いするんじゃないの』と反対していた」

 その後、野崎氏は愛犬の偲ぶ会を6月11日に計画し、多くの知人に直接誘いの電話を入れている。

「私には『あいつ(2番目の妻)を呼んでくれるかぁ』って。私が『早貴さんが来るのに前の奥さんが来たらややこしいわ』言うたら『あいつはええんや。大丈夫や』と。ホンマに盛大にしたかったみたいで、南紀白浜空港で演奏会をしてから白浜町でパレードをして、最後に(会場の)ホテルに行くというイベントを考えていた。まさか、その数日後に亡くなるとは考えもしませんでした」(同前)

 愛犬の死に際しても“ライフワーク”を欠かさなかったと証言するのは、前出の従業員である。

「イブが亡くなった翌日、社長は交際クラブを利用していますからね。『東京でネーチャンとヤッた』と言っていましたから……」

 愛犬の偲ぶ会を待たずに怪死した野崎氏だが、葬儀での早貴さんの様子は、

「態度の悪い早貴さんを親族が怒鳴り散らしたという報道がありましたが、そんなことはありませんでした。ただ、葬儀のときニヤニヤしながら携帯をいじっているのは見ました」(同前)

■母親は娘が結婚していたことも「知らなかった」

 怪死を巡る捜査はどうなっているのか。

「行政解剖の結果、覚せい剤は野崎さんの胃の中から検出されています。覚せい剤を食物に混ぜたか、あるいはそのまま飲み込んだのではないか。毛髪の簡易鑑定では常習性を裏付ける結果は出ていません。覚せい剤を入手し得る第三者の関与の疑いが濃厚です」(社会部記者)

 6月2日には、東京・新宿区にある早貴さんの自宅に和歌山県警による家宅捜索が入った。

 早貴さんの母が、複雑な胸の内を語る。

「(早貴さんの父は)医者ではなくて会社員です。そんなこと言ってたんですか……。あの子は専門学校が終わってちょっとしてから東京に行ったんですよね。『友達の所に泊まって向こうでちょっと働く。投資と不動産の会社やるから手伝いをする』といい、ビットコインと株投資で『収入はある』と話していました」

 娘が結婚していたことも「知らなかった」という。

「今年4月に住民票を取ったところ、娘の名前がなかったので、確認したら『自動車免許を取る』と言っていたんです。今回、『何かあったの?』とLINEで聞いたら『6月に帰るから、そのときに説明するから』と。でも、どう見たって娘が怪しいですよね」

■「4000万円を家政婦に譲る」

 早貴さんの自宅に加えて、もう1カ所、和歌山県警が東京で家宅捜索に入った関係先がある。

 野口幸代さん(仮名)の六本木の自宅だ。幸代さんは野崎氏の会社の取締役を務めると共に、月に10日ほど田辺市に通い、家政婦として食事など野崎氏の身の回りの世話をしていた。愛犬イブが急死した際、野崎氏に疑われたあの家政婦である。

 野崎氏と親交のあるデヴィ夫人はこう話す。

「社長は私の目の前で『もし死んだら(家政婦に)4000万円譲るという遺言を書いている』と家政婦さんに言っていました」

 田辺市で生まれた幸代さんは上京後、夜の街を舞台に生きてきた。六本木にダイニングバーを開店させたのは、十数年前のこと。

「お店は繁盛していて、幸代は俳優の竹内力が常連だと自慢していました。でも、その当時婚姻関係にあった夫に問題があった。彼は覚せい剤で2〜3回逮捕された末、幸代に三行半(みくだりはん)を叩きつけられたのですが、出所後、金を無心するようになったのです。そんなこともあり、その飲食店は閉店してしまいました」(飲食店関係者)

 幸代さんは、元夫の逮捕歴を隠そうとせず、野崎氏の会社の従業員にあけすけに語ることもあったという。その後、彼女が雇われママとして働くことになったのが、同じ六本木のスナック「P」だった。当時の源氏名は「小雪」。彼女を知る別の飲食店店主が当時を振り返る。

「マスターとママの他、30代くらいの女の子が2〜3人いましたね。ママの娘はクラブシンガーをしていました」

 同店は約2年前に閉店したが、その頃から幸代さんは「和歌山の富豪のところに行く」と周囲に話していたという。彼女が“家政婦”として野崎氏の自宅に出入りするようになったのは、今から約8カ月前のことだ。

「幸代さんはとにかく社長をおだてるのがうまい。『社長すごーい』って。『私はそういう仕事(ホステス)をしてきたから扱いが違うのよ』なんてことを言うんです」(前出・従業員)

■社長が亡くなった日の出来事

 家宅捜索の当日、幸代さんは「週刊文春」記者の取材に、次のように答えた。

「社長が死んだ当日夜、奥さんが2階に上がっていった後、『わあぁ!』って悲鳴が聞こえたんです。慌てて2階に行くと、社長はソファーにダラーンと腰かけていた。パンツがズレて、男性のシンボルが見えてしまっていました」

 現在までに野崎氏の自宅の家宅捜索は2回行われているが、幸代さんは「週刊文春」にこんな証言もしていた。

「(5月29日の)家宅捜索では、2階の鏡の前の机の引き出しから『少量の覚せい剤が出てきた』と早貴さんを通じて聞きました。その机、私は開けませんよ。社長は『勝手に触るな』というので掃除機をかけて拭くだけなんです。

 私は毛髪鑑定で100本くらい毛を抜かれて『円形脱毛症で禿げているから止めて』と言ったら(捜査員に)爆笑されました。嘘発見器で『あなたは殺しましたか?』なんて質問をされて、腹が立ってきて『そんなこと、知らんわよ』って言いました」

 だが、捜査関係者は「自宅から覚せい剤が検出されたという事実はない」と否定する。

「現在、任意提出された早貴さん、幸代さんの携帯の解析が進められており、彼女たちの交友関係から薬物に繋がるルートはないか、慎重に捜査を進めています」(同前)

 野崎氏の資産は50億円と言われるが、実際の資産状況を知る立場にある別の従業員は次のように語る。

「それは絶対ないです。50軒くらいの不動産はありますが、現金は10億円以下でしょう。いまは社長が不在ですが、今後は社長と一番仲が良かった妹さんが会社の舵取りをしていく方向で動いています」

 冒頭のA氏は、夫婦についてこう語る。

「その後、何度ふたりに連絡しても返信なし。私は色々な方の力を借りて協力したのに、御礼の一つもなかった。5月3日には、早貴がLINEから退出したと思ったら、社長が急死の報が流れ、驚きました。雑誌や本で読んだ社長の生き様に憧れていた私でしたが、本に書かれていた、お世話になった人の墓参りのエピソードについて聞くと、『ああ、あれウソや』。間近で見た社長の実像に、幻滅することは少なくありませんでした」

 愛欲と金に塗れた“紀州のドン・ファン”は、大きなミステリーを残してこの世を去った。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年6月14日号)

関連記事(外部サイト)

×