体を売った女性61人が現行犯逮捕された「大阪“ど真ん中”の待ち合わせスポット」で何が起きていたのか?《直撃ルポ》

体を売った女性61人が現行犯逮捕された「大阪“ど真ん中”の待ち合わせスポット」で何が起きていたのか?《直撃ルポ》

大阪・梅田の地下街にある「泉の広場」 ©八木澤高明

 大阪・梅田の地下街の待ち合わせスポットとして知られる「泉の広場」。ここで売春をしていた当時17〜64歳の女性61人が、売春防止法違反で大阪府警に現行犯逮捕されていた。府警は令和元年から2年にかけて約1年がかりで捜査していたという。

 大都会の真ん中で、何が起こっていたのか。『娼婦たちから見た日本』(角川文庫)、『青線 売春の記憶を刻む旅』(集英社文庫)の著作で知られるノンフィクション作家・八木澤高明氏が現地を歩いた。(全3回の1回目/ #2 、 #3 を読む)

◆◆◆

■繁華街で女性61人が現行犯逮捕

 今年の1月に気になるニュースが流れた。

 産経新聞が配信した、大阪の待ち合わせスポットとして知られている梅田地下街にある泉の広場で、立ちんぼの女性61人が現行犯逮捕されたというニュースである。

 大阪有数の繁華街で立ちんぼの摘発が行われたことに驚きを覚えずにはいられなかった。普段東京に暮らしている私は、泉の広場の存在は記事を読むまで知らなかった。なぜこの場所に立ちんぼたちが集まったのか気になった。

 逮捕された女性たちは、大阪ばかりでなく、香川や長崎と多方面から来ていて、年齢も17歳から64歳と幅広く、泉の広場が売春スポットとして広く浸透していたことがわかる。

 どのような女性たちが、泉の広場で体を売っていたのか。そして、そこが摘発された今、彼女たちはどのようにこのコロナ禍を生きているのだろうか。私は大阪に向かってみることにした。今年の3月の第1週目のことだった。

■なぜ「泉の広場」に集るようになったのか

 新大阪駅から在来線に乗り換え、JR大阪駅で電車を降りて、グーグルマップを頼りに泉の広場へと歩いた。

 地下街を歩き、阪急メンズのあたりで地上に出ると、商店街のアーケードが目に入ってきた。百貨店が建ち並ぶ駅前とは変わり、飲食店が軒を連ねる通りからは、少しずつ生活臭が漂ってくる。さらに広場に近づくにつれて、風俗店の看板が目につくようになり、猥雑な空気も漂い出し、かつて立ちんぼがいたということに違和感がなくなっていた。

 螺旋状の階段を降りて、かつて噴水があったという円形の広場に着いた。若い女性やスーツ姿のサラリーマン、さらにはハンドバッグを持った60代と思しき女性。どこかに摘発を掻い潜って体を売り続ける立ちんぼはいないかと目をこらしたが、ひとりひとり女性に声を掛ける勇気もなく、私は15分ほどで広場を後にした。

 なぜ、この場所に立ちんぼが現れたのか、気になって周囲を歩いてみると、広場から5分も歩かない場所にラブホテル街があった。さらに、近松門左衛門原作の浄瑠璃『曽根崎心中』の舞台となった露天神社もあって、江戸時代にできた色街曽根崎新地からも近い場所にあることがわかった。周辺のラブホテル街は、立ちんぼたちには好都合だったのだ。

 私の友人のジャーナリストは梅田近くに実家があった。彼に泉の広場について尋ねてみると、こんな答えが返ってきた。

「泉の広場のあたりは、兎我野と呼ばれているんです。今から20年ぐらい前までは、ラブホテルの前にタイ人が立っていたりして、異質な空気が流れていましたね。ラブホテルのあった場所は、その昔は寺町で江戸時代の遊女の墓もあったと思いますよ」

 現在、大阪駅もあり大阪の玄関口となっている梅田周辺は、江戸時代まで時間を巻き戻してみると、大阪の外縁部にあたり、墓地があるなど、寂れた場所だった。現在の兎我野ラブホテル街の前身である寺町は、大坂夏の陣のあと街が整備された際に形成された。ちなみに近松門左衛門の『曽根崎心中』の冒頭に登場する太融寺は、今も変わらず兎我野のラブホテル街の中にあり、淀君の墓があることで知られている。

 東京の吉原などからもわかるが、色街は町外れ、日常と切り離される川の側と相場が決まっていて、大阪においても、町外れに曽根崎新地ができた。そして、今日のラブホテル街、泉の広場という立ちんぼたちが集う場所が形成される下地ができた。

 泉の広場に立ちんぼたちが集まったのは、単なる偶然ではなく、歴史的な水脈によって、湧き出た水が噴き出したのが正に泉の広場だった。

■「待ち合わせ場所が、いつの間にか売春スポットに」

 それにしても、泉の広場が摘発された理由は何だったのだろうか。ジャーナリストの友人を通じて、大阪の大手新聞社の支局に在籍している記者を紹介してもらった。

「泉の広場は、待ち合わせのスポットとして有名だったんですけど、いつの間にか売春のスポット化したそうなんです。それで付近の飲食店関係者などから、どうにかして欲しいという陳情が曽根崎署や大阪府警に寄せられていました。それでも警察は手をつけられませんでした」

「手をつけられなかった理由は何ですか?」

「これまで売春防止法は五条一号が適用されていたんですが、その条文では、公衆の目に触れるかたちで客を勧誘するということが、処罰の対象となっていました。例えば、声を掛けたり、腕を引っ張ったりといったことです。ところが、泉の広場の女性たちは、警察を警戒して自ら行動しないので、五条一号では逮捕することができなかったんです。

 そこで警察は検事とも相談し、五条三号を適用して、摘発に踏み切りました。五条三号とは、人前で客待ちし、売春に誘うことを処罰対象とする条文です。ただ、立ちんぼと一般人との見分けが難しいということでこれまで適用されることはありませんでした。今回、適用に踏み切ったのは、警察と検察の連携によるものです」

 2019年5月15日から主だった摘発がはじまり、昨年の2月29日まで続いた。逮捕された61人が売春に走った理由は、半分以上の38人が生活のために、借金が8人、遊興費のためが13人、性的欲望が1人、小遣い欲しさが1人、ホストクラブのためが9人といった具合だという。

■「泉の広場」にいた女性をどう探すか?

 泉の広場にいた立ちんぼたちをどのように探すか。泉の広場が摘発された以上、仮に女性たちが戻って来たとしても、警戒されることは間違いないだろう。そこで私が考えたのは、売春に利用されているというマッチングアプリだった。

 アプリを利用している一人の友人のことを思い出した。かれこれ15年の付き合いになり、もともとはマスコミにいたのだが、今は転職してサラリーマンをしている浅野君(仮名)という友人だった。

 彼は、横浜にあった色街黄金町に興味を持ち、私の著作『黄金町マリア』(亜紀書房)を読んでくれて、メールで連絡をくれたことから付き合いがはじまった。私は事情を説明し、彼が使っているアプリで女性を探してくれないかとお願いした。

「それは難しいんじゃないですか」

 と、あんまり気乗りしない様子だったが、無理なお願いをしてから1週間後、その詳細については文字数の関係で記せないが、浅野君は2人の女性を見つけてくれたのだった。

「本当に来てくれますかね。心配ですけどね」

 浅野君の不安は私にもあったが、何となく会えるような気がしたこともあり、ちょうどまん延防止等重点措置が適用された日に、再び私は大阪へと向かったのだった。

■待ち合わせた女性は「警察の人じゃないですよね?」

 最初に私が会う予定だったのは、杏梨(仮名)と名乗った女性だった。私が指定されたのは、梅田から電車で30分ほどの場所にある町工場の前だった。そこに昼の12時とのことだった。

 実は、前日に会う予定だったのだが、1時間前に杏梨から、会えなくなったという連絡が入り、ドタキャンされていた。昨日のこともあるので、果たして彼女が現れるのか、半信半疑であったが、とりあえずその場所へと向かった。

 改札を出て、長い地下通路を歩いて地上に出ると、そこから5分も掛からない場所に町工場があった。彼女はなぜこの場所を指定してきたのか、この工場の従業員なのだろうか。

 待ち合わせの場所を確認すると、近くに話を聞ける喫茶店がないか探してみた。住宅街を抜けた幹線道路沿いに小さな喫茶店があったが、話の内容が内容だけに、気が引けた。さらに歩いていくと、マンションに面した歩道に2人が腰掛けるには十分なベンチが置かれていた。そこなら、あまり気兼ねすることなく、話ができる気がした。話を聞く場所は決まった。あとは彼女が現れることを願うのみだ。

 待ち合わせ時間の10分前に、工場前に向かった。

 時刻を何度も確認しながら、立っている場所から30メートルほど離れた工場の出入り口に目をやる。時計の針が12時を指して、間も無くひとりの女性が出てきた。

 距離が近づいてくるにつれ、肌の色が茶褐色で、日本人ではないことがわかった。まさか彼女ではないと思い、声は掛けなかった。自転車に乗って彼女が去ると、またひとり女性が出てきた。

 少しぽっちゃりとした体型で、白いハンドバッグを持っている。おそらくあの女性ではないか。

 私が2、3歩近づくと、彼女も私に気が付いた。私が会釈をすると、彼女も応じた。

「取材で来ました八木澤です」

「昨日はすいませんでした。杏梨と言います。警察の人じゃないですよね?」

 話を聞きたいと連絡をしてくる人間など珍しいのだろう。私が否定すると、冗談なのか、本気なのか、「あぁ、良かった」と言った。〈 #2 に続く〉

 4月29日(木)21時から放送するYouTube「 文春オンラインTV 」では、筆者の八木澤高明氏が出演し、記事に書き切れなかった実態について解説する。

「いきなりおじさんにガン見されて『遊び行こか?』と…」大阪・梅田の地下街で体を売っていた女性(30)の告白 へ続く

(八木澤 高明/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)

×