アルバイトからの帰路、小柄で活発な19歳の被害女性に何が…闇に消えた「島根女子大生バラバラ殺人事件」

アルバイトからの帰路、小柄で活発な19歳の被害女性に何が…闇に消えた「島根女子大生バラバラ殺人事件」

遺体の頭部などが発見された臥竜山山頂付近 ©谷口雅彦

 科学捜査の発達した現代では、警察の事件捜査能力は飛躍的に向上した。警察庁の「犯罪統計資料」の中の殺人事件の件数をみれば、2007年から2016年の10年間の認知件数1万567件に対し、検挙数は1万288件と約97%だ。

 逆にいえば、今日でも尚、3%ほどの事件が「未解決」になっている。殺人など凶悪犯罪の時効が廃止されて早11年。事件の風化を防ぐため、実際の現場を新たに訪れ再検証を行ったロングセラー「 迷宮探訪 」(警視庁元刑事・北芝健監修、「週刊大衆」編集部編、谷口雅彦撮影:双葉社2017年刊)より、一部を抜粋して引用する。

 今回は2009年、島根県浜田市・広島県北広島町で起きた「島根女子大生バラバラ殺人事件」について――。

◆◆◆

■「島根女子大生バラバラ殺人事件」事件概要

 2009年10月26日に行方不明となった女子大生が、同年11月6日にバラバラ遺体となって発見された事件。被害者は島根県浜田市に住む島根県立大学1年のHさん(19=当時)。Hさんは10月26日21時15分頃に浜田市内のショッピングセンターでのアルバイトを終えて、帰宅する途中に消息を絶った。その夜に自宅へ帰った形跡もなく、携帯電話もつながらなかったため、28日に香川県にいる家族によって捜索願が出され、捜索が行われた。

 そして11月6日の13時45分頃、島根と広島の県境付近、広島県北広島町にある臥龍山でキノコ狩りをしていた男性が、山頂付近の斜面で若い女性の頭部を発見。後日、周辺で胴体、大腿骨なども続けて発見された。後の警察の鑑定により、これらはHさんの遺体であると断定された。

 遺体の損壊が激しかったことなどから、警察は怨恨による殺人事件の線で捜査を行うも、解決には至らず、事件は迷宮入りが濃厚ともいわれたが、遺体発見から7年後の2016年12月、警察は、島根県益田市に住んでいた男(33=当時)を犯人と特定。その男は、遺体が発見された2日後に交通事故で死亡していたため、被疑者死亡のまま書類送検。2017年1月に不起訴処分となった。

■なぜ事件が起きたのか、なぜ被害者は…

 我々が『増刊大衆』の取材で、この事件の現場を訪れたのは2015年の5月のこと。何の手がかりもないといわれたこの事件が、その1年半後に急転直下の解決を見ることになるとは、そのときは思ってもみなかった。だが、そこに待ち受けていたのは被疑者死亡という無念の結末だった。なぜ事件が起きたのか、そして被害者は、なぜ殺されなければならなかったのか――その謎を解くことは、永遠にできなくなってしまった。警察が解明した「謎」と、残された「謎」。現地取材を振り返りながら、これらを今一度、検証したい。

■小柄な体格ながら、気丈で活発な学生だった被害者

 被害に遭ったHさんは当時19歳の島根県立大学1年生。2009年4月から地元の香川県を離れて、島根県浜田市内にある同大学の女子寮で一人暮らしをしていた。身長147cmと小柄な体格ながら、気丈で活発な学生として好評判だったという。高校時代の部活は応援部。英語実務科というコースに在籍し、アメリカでのホームステイを経験していた彼女の将来の夢は、英語を生かした仕事に就くことだった。大学でも国際的なボランティアのサークルに所属し、精力的に活動していたそうだ。

 そんなHさんに異変が起きたのは、2009年10月26日の夜。浜田市のショッピングセンター内にあるアイスクリーム店でのアルバイト終了後に、行方が分からなくなった。ショッピングセンターの監視カメラに彼女の姿が映っていたことや、帰宅した形跡がなかったことから、帰り道で事件に巻き込まれたものと見られている。同月28日に家族から捜索願が出されて警察も動いたが、捜索は難航した。それもそのはず、彼女が発見されたのは、浜田市街から約25kmも離れた広島県の山奥だったのだから……。

 11月6日13時45分頃、広島県北広島町の臥龍山山頂付近で若い女性の頭部が発見され、後の鑑定で、それがHさんのものと断定された。発見したのは、キノコ狩りに来ていた男性だった。

 発見された頭部に腐乱はなく、顔面に皮下出血の痕があった。また、首には紐で絞められた痕があり、引っかき傷も残っていたという。また、その翌日から同月9日までに、大腿骨、胴体、左足首が次々と発見され、19日には動物の糞の中から足の爪も発見された。大腿骨は肉がそぎ落とされており、胴体は腹部から内臓が抜き取られ、性別が分からないほどに切り刻まれたうえで、火をつけられた痕もあったという。

 ちなみに、現場に血痕は残されていなかった。そのことから、どこか別の場所で殺害、解体された可能性が高いと見られていた。

■緑鮮やかな穴場の観光地に……

――東京から島根県の浜田に入るには、広島から中国山地を抜けるのが最短ルートだ。そこで我々は広島から北上し、島根との県境にある遺体発見現場の臥龍山を経由して浜田へと向かうことにした。

 瀬戸内海側から高速道路を北上してしばらく行くと、島根県との県境付近に差しかかる。遺体が遺棄されていた臥龍山のあるのはこの辺りだが、なだらかな尾根が延々と連なるばかりで、道中には人家もまばら。これでは、どれが臥龍山なのか判別することは難しい。

 そう思いながら進むと、「臥龍山登山道」という道路案内の標識があった。キノコ狩りやハイキングに訪れる人も多いというが、高尾山や箱根のような観光地とは、だいぶ印象が違う。知る人ぞ知る観光スポットなのだろう。その道路案内の方向に目を向けると、ラクダのこぶが幾重にも重なったような姿の山が見えた。それが臥龍山だ。その名の通り、竜が臥しているような山容であった。

 標識に従い、細い道を右折してしばらく行くと、「臥龍山」と書かれた小さな立て看板。林道の入り口だ。そこを進むと、鮮やかな黄緑色の葉をつけたブナの木々が目に飛び込んできた。その光景は、息を飲むほどの美しさだった。

 自然が豊かな反面、周囲に民家も街灯もなく、退避所でしか車がすれ違えないほど幅の狭い林道は、通りすがりで入るような道ではないように思えた。だが、平日の昼の山奥であるにもかかわらず、すれ違う車が意外にも多い。ここはブナの原生林として密かに人気を集める山なのだそうだ。我々が訪れたのは初夏だったが、遺体が発見された11月は紅葉のピーク。さらに人の多い時期だったに違いない。それなのに、なぜ、このような場所に遺体を遺棄したのかという疑問が湧いてくる。

■発見現場へ

 頭部発見場所付近の車回転場は、想像したよりも広いスペースだった。その場所には「雪霊水」と書かれた湧き水の汲み場がある。これを汲みに来る人も多いという名水なのだそうだ。飲んでみると、非常に冷たくて甘みのある水だった。すれ違った車の目当ては、この水だったのかもしれない。

 遺体の頭部が発見された場所は、その回転場から崖下10mの地点と当時の新聞にあったが、そこは崖といっても、垂直に切り立った断崖絶壁ではなく、人が下りていける斜面だった。樹木も生い茂り、秋になれば、その木の根元にキノコが自生する光景が目に浮かぶような場所だ。ちなみに胴体が発見されたのも同じ車回転場付近。頭部が見つかった場所から70mほど北東の位置なのだが、ここも似たような光景だ。キノコ狩りに来た人が発見したのも頷ける。山奥まで運んできたにもかかわらず、このような、すぐに見つかる場所へ遺体を遺棄した犯人の意図が、ますます分からなくなってきた。

写真:谷口雅彦

「大変なことをしてしまった」事件から7年…手詰まりになった「島根女子大生バラバラ殺人事件」に起きた激震 へ続く

(北芝 健,「週刊大衆」編集部)

関連記事(外部サイト)

×