真夏の夜に女性3人を射殺…未解決の「八王子スーパー強盗殺人」警察が潰しきれなかった“3台の不審車両”

真夏の夜に女性3人を射殺…未解決の「八王子スーパー強盗殺人」警察が潰しきれなかった“3台の不審車両”

女性従業員3人が射殺された「スーパーナンペイ」大和田店 ©時事通信社

 今から26年前。3月にオウム真理教の地下鉄サリン事件、國松孝次警察庁長官狙撃事件(時効成立)が立て続けに起き、首都・東京が大混乱に陥った1995年。その夏、都下八王子市郊外で、銃犯罪の歴史を塗り替える惨憺たる射殺事件が起きた。

 市内では最高気温34.2度を記録。陽が落ちても茹だるような蒸し暑さの収まらない、7月30日の夜に起きた「八王子スーパー強盗殺人事件」は、未だに犯人の特定すらされていない。なぜ警察は真相にたどり着けないのか。ジャーナリスト・石垣篤志氏が、“謎多き未解決事件”の裏側を明かす――。

出典:「文藝春秋」2011年12月号(※肩書・年齢等は記事掲載時のまま)

◆ ◆ ◆

 現場の「スーパーナンペイ」大和田店は、事件の3年後に廃業。現在は駐車場だ。辺りの風景もすっかり変容したが、隣家の男性は今でも「あの日曜日の晩」を忘れていない。

「飲んでから帰宅し、テレビでプロ野球中継の巨人対ヤクルト戦を観ていたんです。9回に巨人の石毛(博史投手)がホームランを打たれた場面までは覚えているんだけど、そのまま転寝(うたたね)しちゃってね。気づいた時には外が大変な騒ぎになっていた」

 その隣、ナンペイの事務所2階では女性3人が射殺された状態で見つかっていた。パート従業員の稲垣則子さん(47)、夏休みを利用した高校生アルバイトの矢吹恵さん(17)と友人の前田寛美さん(16)だった。

■犯行可能な時間は「約2分半」

 一報を受けて事務所に駆けつけた同店のA専務(故人)は、2001年に取材した際、凄惨な光景を昨日のことのように描写してみせた。

「中に入った瞬間、稲垣さんと目が合ってね。冷蔵庫の脇の壁にもたれて倒れてたんだけど、目をカーッと開けておでこの二つの穴から一筋ずつ血がポロポロとさ......。あんまり睨まれてるから、足も震えて稲垣さんから目を外せなくて、床の分厚い血溜まりの中に女子高生が2人倒れてることに、最初は気づかなかったんだよ」

 ナンペイの閉店は午後9時。稲垣さんが、第一発見者となる近所の知人男性Mさん(故人)に迎えを依頼したのが、通話記録から同15分。その後の捜査により、付近路上の通行人が銃声を聞いたのは同17、8分頃とされ、Mさんが事務所下に到着、待機したのが同20分過ぎ。

 そして導き出された犯行可能な時間は約2分半。「長くても4、5分」(警視庁捜査一課OB)という極めて短時間の凶行からは、犯人の躊躇(ためら)いが全く感じられない。事件の“戒名”は「――強盗殺人事件」と銘打たれているものの、そもそも犯行の目的が金銭か、それを装った殺人だったのか、捜査陣の中ですら見解は分かれている。

■金庫の500万円は手付かずで残っていた

「この事件はモノ取りじゃねえ」

 事件から数年後、指揮を担当した捜査幹部の一人は、現場や捜査資料を見て直感したという。

 確かに、38口径のフィリピン製拳銃「スクワイヤーズ・ビンガム」の粗悪品から発射された5発のうち、1発は金庫に向けて放たれていた。しかし金庫は開錠されず、約500万円の売上金は手付かずで残っていた。鍵は夜間担当者の稲垣さんが持ち、ダイヤル番号など開錠方法が書かれた紙は事務所内にあったにもかかわらず、犯人は呆気なく金庫の金や室内の物色を諦めて姿を消したのだ。結果として、3人の女性を数分のうちに容赦なく射殺しただけに過ぎない。

「ナンペイは大通りから離れた、静かな住宅街に在った。さらに、下見を繰り返せば、セキュリティの甘さを見抜くのは容易(たやす)い。わざわざコロシを犯してまでタタキ(強盗)のヤマを踏む必要があったのか」(前出・捜一OB)

 事件の本質を殺人に見立てた時、捜査の軸足が置かれたのが、稲垣さんの交遊関係だった。かつて地元高級クラブの売れっ子ホステスだった彼女の周りには、常に複数のオトコが存在した。特に、不倫関係の清算を巡って揉めていたとされる会社社長は、関与の有無を徹底的に洗われている。

「暴力団関係者との交流も含めてキッチリ調べたが、そのセンもクロにはならなかった」(同前)

■初期捜査に見落としはなかったのか?

 ナンペイの捜査経験者への取材で一致していた意見がある。はたして初期捜査に見落としはなかったのか――。

「子どもが2人も巻きこまれたんだ。あの現場を見て、捜査の手を緩めるデカなどいない。だが、当時は一連のオウム事件、長官狙撃事件に捜一捜査員の大部分が動員されていたのは紛れもない事実。当初、八王子には遠方から土地鑑のない者も多く応援に駆り出されていた。

 後年、捜査に加わり資料を読み返した時、『未了』、『未決』案件が多いことに驚いた。当日は現場の目と鼻の先で午後9時過ぎまで町内の盆踊り大会が開かれていたが、本当に目撃者はいなかったのか。業者をはじめスーパーに出入りできたすべての者を潰しきれたのか。稲垣さんの交遊関係は完璧に追えたのか。当時であれば入手できた証言や資料も、今となっては時間の経過に阻まれる」(元捜査幹部)

■現場周辺で目撃された不審車両

 現場周辺で目撃された不審車両についても、白黒を確定させられなかった車が3台あるという。それぞれ、ナンペイの東側、南側、西側に停車していた、いずれも白の乗用車だ。

「車検証の廃棄、あるいは廃車処分となっていて、当時の所有者の裏取りを最後まで出来なかった」(同前)

 この16年(※掲載時)の間、銃弾の線条痕から過去の射殺事件や強盗殺人未遂事件との関連が注目され、犯人に繋がる情報を追って捜査員はフィリピンや中国にまで派遣されている。しかし、いずれも真相にまではたどり着けなかった。

「過去に潰した情報も、繰り返し洗い直した。だが結局、なぜあの日、ナンペイが狙われたのか、出発点に立ち戻ってしまう」(元捜査員)

 従来の時効まで残り4カ月を切った2010年4月、法改正によって殺人罪の公訴時効が撤廃された。時効成立による捜査終結という「警察の敗北」はなくなったが、初動の蹉跌は、発生15年の節目を跨いで、捜査を未知の領域に突入させている。

(石垣 篤志/文藝春秋 2011年12月号)

関連記事(外部サイト)

×