殺害は2歳の息子の目前で…血痕も足跡も残されながら、未解決事件になっている理由

殺害は2歳の息子の目前で…血痕も足跡も残されながら、未解決事件になっている理由

悟さんと奈美子さんは1995年(平成7年)7月7日の「七並び」の日に入籍した

 1999年11月13日午後2時半頃、名古屋市西区稲生町5丁目のアパートで、主婦・高羽奈美子さん(当時32歳)が首から血を流して倒れているのをアパートの大家が見つけ、119番通報した。

 大家は自宅の庭で採れたカキをアパートの各家の住人に届けようと、3階から訪問。201号室に住む高羽さん宅のインターホンを鳴らしても応答がなく、無施錠だったためドアを開けると、奈美子さんが倒れていたという。

■電話で「落ち着いて聞いてください」「間に合わなかったんです」

 テレビはつけっぱなしになっており、同じ部屋のテーブルには子供用の椅子に座らされた当時2歳1カ月の息子がいた。大家が慌てふためいていると、3階から奈美子さんのママ友の女性が下りてきた。事情を知って息子を預かり、女性は奈美子さんの夫に知らせようとした。

 夫の高羽悟さん(64)が話す。

「その日は名古屋市北区のタワーマンションで、不動産販売の営業をしていました。同じアパートに住むママ友の女性が勤務先に電話をかけてくれて、同僚社員が『高羽さんの奥さんが吐血して倒れたそうです。救急車を呼んだので、すぐに帰ってきて欲しいそうです』と伝えにきた。奈美子には持病もないのにおかしいなぁ……と思いつつ、駐車場から車を出し、最初の信号を待っているとき、私のPHSが鳴りました。

 同じ女性から『落ち着いて聞いてくださいね』と言われ、覚悟を決めました。『間に合わなかったんです…』と言われ、意外なほど冷静に『お手数かけてすみませんでした』と答えました」

■殺人事件だとは思いもせずに帰宅

 自宅に着くと、複数の救急隊員でごった返していた。奈美子さんはうつ伏せで顔を右に向き、左のおでこにコブのようなものがあり、メガネが外れかかっていた。救急隊員が「鑑識を呼ばなければならない」と叫んでいるのを聞いた。まもなく到着した警察によって現場はキープアウトされ、その外側で待つことになった。

「午後4時頃、出てきた鑑識の人に『どういうことなんですか?』と聞いたら、怪訝な顔をされ、『首を切られてまして。自分で切ったのかもしれないし、人に切られたのかもしれないし』と言われた。それまで殺人事件と思わず、病死で、すぐに解剖にまわされると思っていたのでビックリしました。その後、私も警察署で事情聴取を受けました。妻が殺された心当たりはないかと尋ねられ、前日の夕食とか今朝の朝食は何を食べたのかと聞かれた。胃の内容物から死亡推定時刻を割り出そうとしていたようですが」(悟さん)

■玄関先には血痕と靴跡、さらに目撃者も2人

 奈美子さんはトレーナーにジーパン姿で、廊下から居間に向かって体を投げ出すような格好で倒れていた。首の傷のほか、手に刃物を防ごうとしたような傷もあった。室内を物色したような様子はなく、犯行に使われたとみられる凶器も現場からは発見されなかった。

 だが、犯人は現場に決定的な証拠を残していた。玄関先の血痕と靴跡だ。DNA型鑑定などから、犯人は当時40〜50代の女性で、血液型はB型。かかとの部分が高い24センチの韓国製の婦人靴を履いていたことも分かった。もみ合った際に左右いずれかの手をケガしており、高羽さん宅の洗面所の蛇口をひねって手を洗った形跡もあった。

 アパートの通路や階段、駐車場には犯人のものとみられる血痕が続き、住宅街にも逃走ルートに沿って血痕が点在し、約500メートル離れた稲生公園付近まで徒歩で逃走していたことも分かった。

「その間に目撃者が2人いる。1人は『上半身はピンクの服だった』と証言した。返り血を浴びたのを隠すため、奈美子さんの服を着て逃走した可能性も考えられたが、部屋からなくなった服はなかった。もう1人は『稲生公園の前の道路で、車が途切れるのを待っている女を見た』というものだった。その女は片手を握るように押さえて立っており、上下とも黒い服を着ていたという。2人の目撃証言は服装が違うが、人相はピタリと一致している」(捜査関係者)

 さらに犯人の女は稲生公園で手を洗った痕跡もある。その後、北区方面の住宅街に逃げ込み、途中で血痕が途切れていた。

■唯一の目撃者である息子は当時幼く「その記憶がまったくない」

「事件の晩、マスコミの動向を嫌がった県警本部は、警察犬による捜査を一時中断し、その後の降雨によって血痕が消されてしまった。移動手段が徒歩で、駅にも向かっていないことから、徒歩圏内で暮らしていた人物と捉えることもできるが、車で逃走を協力した者がいた可能性もゼロではない。そこからの犯人の足取りが途絶えてしまったんです」(地元紙記者)

 犯行は息子の航平さん(23)の目の前で行われた。航平さんが無事だったのは不幸中の幸いだが、航平さんは“唯一の目撃者”であるにもかかわらず、「その記憶がまったくない」と話す。

「母の記憶さえ、消えているんです。物心ついたときには、もう母はいなかったわけで、どういう存在かと言われても、答えるのが難しい。それが当たり前で生きてきたので、母が生きていたらどういう生活だったかということも想像できないし、そこに感情はありません。犯人は捕まってほしいですが、どこの誰かも分からないし、犯人に対して怒りみたいな感情があまりないというのが正直なところです。この人が犯人ですと言われても、どう思うのかというのが難しいですね」(航平さん)

■事件当日の奈美子さんの行動

 現在、判明している奈美子さんの事件当日の行動をたどると、事件前日に「航平が下半身をかゆがるので、明日は病院で診てもらってくる」と悟さんに報告があった。

 事件当日、悟さんは午前9時に出勤。その後、奈美子さんは3階に住むママ友に電話をかけた。彼女の夫が自動車関連会社の社員をしており、数日前に奈美子さんが車のバンパーをこすってしまった件について、修理してもらう約束をしていたからだ。「車のキーは必要か?」と聞くと、「今日は休日だから、まだ寝ている」と言われ、電話を切った。

 それから奈美子さんはどこかへ出かけたらしく、9時30分には宅配便の不在票が入っていた。また、ママ友が10時20分と10時40分に電話をかけたときは留守だった。

 その後、奈美子さんは11時10分に小児科医院に現れ、11時40分には診療を終えて帰宅した。

 正午頃、奈美子さんが自宅に帰って来たとき、ママ友の夫が奈美子さんの車のバンパーに塗料を塗るなどの修理をしていた。そのときに不審な人物は見かけなかったという。

■犯行は正午ごろから午後1時までの間

 ところが、それから午後1時までの間に別の住民が、奈美子さん宅でタンスを動かすような大きな物音を聞き、その直後にアパートの階段を人が駆け下りる足音を聞いたという。つまり、犯行は正午から午後1時までの間に起きた可能性が高いのだ。

 夫の悟さんが再び説明する。

「テレビの前のこたつにはお湯を吸ってふやけたカップ麺が置かれていました。テーブルの上には航平が朝食時に残した味噌汁が置かれていました。うちは玄関にきた人物を玄関横のサッシュから覗き見ることができるのですが、当日は宅配便の不在票が入っていたので、インターホンが鳴り、反射的に奈美子が扉を開けたのかもしれない。玄関先には我が家では飲まない乳酸菌飲料の液体が吐き出されたかのようにこぼれていた。その飲みかけのパックが航平が座っていたテーブルの上に置かれていた。おそらく犯人が持ち込んだものでしょう」

 この乳酸菌飲料は製造番号により、約35キロ離れた西三河地区で販売されたものと特定された。遺留品は血痕だけではないのだ。それなのに、なぜ犯人が捕まらないのか。

■人違いによる犯行か

 警察は怨恨の線から捜査に入った。夫婦とつながりのあった人物を徹底的に洗った。だが、不審な人物は現れなかった。「アンタたちほど恨まれていない夫婦はいないわ」と刑事が頭を抱えるほどだった。

 そうすると、他に原因があったのではないか。たとえば、事件当時、隣家には高羽家と共通の漢字がつく別の苗字の住人が住んでいた。もしかしたら、あまり文字が読めない外国人女性が、その住人と勘違いしたのではないか?

 あるいは、事件直前の10月に奈美子さんの母親が北海道から名古屋へ転居してくることになり、高羽さんの住所に住民票を移すことになった。役所から送られてくる郵便物などを受け取るため、表札と郵便ポストに奈美子さんの母親の名前を加えた。それが何らかの原因になったのではないか?

「だから、犯人の動機がまったく分からないんですよ。なぜ、奈美子だったのか。それが知りたい」(悟さん)

■事件を風化させないために、現場のアパートを借り続け

 事件後、悟さんと航平さんは名古屋市港区の悟さんの実家に転居した。「いつか犯人を現場に立たせたい」「航平のためにも事件を風化させたくない」という思いから、事件現場のアパートを借り続け、すでにその費用も2000万円に上る。奈美子さんが好きだった松田聖子やチャゲ&飛鳥のCDも捨てられないし、カレンダーもその日のままで止まっている。

「私はメディアスクラムには遭いませんでしたが、あるテレビ局の記者との出会いが大きかった。犯人によって人生をメチャクチャにされたからと言って、泣いているところを撮らないでほしい。犯人を喜ばせたくないから、笑っているところを撮ってほしい。その思いを汲んでくれたことです。『最初に遺族のコメントをもらってこい』と競わせるのではなく、遺族が一生付き合いたいと思うような記者が評価されなければなりません」(悟さん)

 悟さんは現在、殺人事件の被害者の遺族でつくる「宙(そら)の会」の代表幹事をしており、他の未解決事件の遺族らの活動も支えている。

 愛知県警は2020年2月5日から1年間、捜査特別報奨金として、犯人検挙や事件解決に結びつく情報提供者に300万円を支払うと発表した。今年2月5日には、その期間が1年間延長された。

 白昼堂々、刃物を持って人家に侵入し、負傷した手から血を滴らせながら、数百メートルも住宅街を駆け抜けた中年女。もしかしたら、もっとも解決の可能性が高い未解決事件かもしれない。

(諸岡 宏樹)

関連記事(外部サイト)

×