《血税900億でバクチ》ひとりのメモから関係者続々!前代未聞の大規模汚職事件

《血税900億でバクチ》ひとりのメモから関係者続々!前代未聞の大規模汚職事件

造船疑獄の証拠として押収された書類(「国会画報」より)

 汚職を含め「政治とカネ」の問題はいまも絶えず起きているが、「疑獄」という言葉は聞かれなくなった。「[有罪か無罪かの判断が微妙に分かれるような事柄を扱う裁判事件の意](大臣などの)高官が関係する、大がかりな汚職事件。」と「新明解国語辞典」にはある。
 今回の造船疑獄は、ロッキード事件(1976年)が起きるまで「戦後最大の疑獄」と言われた1954(昭和29)年の事件。戦争で崩壊した海運と造船の復興という大きな流れの中での出来事だった。ドラマに登場するのは、のちの首相たちや白樺派の文人政治家、政界の「マッチポンプ」、のちの経団連会長、スキャンダラスな「高利貸し」、美人芸者ら“オールスターキャスト”。
 しかし、捜査が頂点に達しようとしたとき、法務大臣が検察官を指揮して捜査を止めるという“前代未聞”の指揮権発動で逮捕は見送りに。捜査は頓挫した。その後も大型汚職が起きるたびに取り沙汰される指揮権発動。一体誰がどのような目的で考えたのか。そして、事件からはどんな教訓が読み取れるのか――。

◆ ◆ ◆

■始まりはひとりの男のメモだった

 昔の日本には怪人物と呼べる人間が存在した。森脇将光はその1人だろう。いまでこそあまり知られていないが、「高利貸し、土地分譲、海外投資などで財を成し、戦後は一時出版業などにも手を出し、1948年度の全国長者番付のナンバーワンにランクされて世間をアッと言わせた」(「別冊一億人の昭和史 昭和史事典」)。1965年の「吹原産業事件」で有罪となったが、恩赦になり、1991年、91歳で亡くなった。調査能力が高く、いろいろな事件で彼の書いた「森脇メモ」が登場。この造船疑獄も始まりはそれからだった。
「この1月下旬、森脇将光手記『奇怪なる一億財宝の行方』と題して100ページにわたるガリ版刷りパンフレットが各新聞、通信社宛てに送られてきた。いわゆる“森脇怪文書”がそれである」。「週刊サンケイ」1954年2月21日号は「裸にされた金融王 造船疑獄の導火線」という見出しの記事を載せた。その中の「私はかくて騙された!」という森脇の手記などによれば、いきさつはこうだった――。

 長者番付1位になったのと同時に巨額の税金滞納が話題になり、表面に出られなくなった森脇は、1951年、志賀米平という人物を名目上の社長にして東京・日本橋に「江戸橋商事」を設立。金融業を再開したが、1952年、公正証書原本不実記載などの容疑で警視庁に検挙された。処分保留で釈放されるまでの20日余りの間に、保有していた2億円相当の手形と株券を志賀らに横取りされたことが判明した。

 東京地検特捜部在籍が長いことから「特捜の鬼」と呼ばれ、造船疑獄の主任だった河井信太郎検事は1954年11月の衆院決算委員会で次のように述べた。

 

〈いわゆる造船事件と申しますのは、昭和28年(1953年)8月28日に森脇将光という者から東京地検にあてて、志賀米平、猪股功(国鉄と関係の深かった日本特殊産業社長)という両名に詐欺横領背任の告発が提起されたのであります。…

 

この詐欺横領の被害事実の被害品の中に、山下汽船振出しの1000万円の手形が2通入っておって、これが被害物件であるということが明らかになって参りましたので、何ゆえに山下汽船がこのような手形を振り出したのであろうか、捜査の常道といたしまして当然この点の捜査をしなければならなかったのであります。…

 

その結果山下汽船におきましては、猪股功に対して合計約1億8500万円に達する貸出しをしておるという事実が明らかになり、これに対しては、そのうち証拠の明らかな1億3500万円に対して特別背任の起訴をいたすようになったのであります。…

 

それでは船会社がなぜこのような金が必要であろうか、何ゆえにかような手形振出しを行ったか、会社の事業内容はどのようであろうかということを取調べて参るためには、日本の海運界の状況を一応明らかにしなければならないという立場に立ち至りまして……(「国会会議録」)〉

■メモにピンときた検事のカン

 室伏哲郎「汚職の構造」によれば、1953年9月28日、森脇は事情聴取のため、東京地検に出頭。河井検事にメモを提出した。
 中でも、山下汽船の2000万円の手形が「計数に明るい元海軍主計大尉の河井信太郎検事にピンときたのだった。山下汽船のような一流会社であれば、メーンバンクが必ず資金手当てをするはずであり、その銀行が面倒を見ないような手形が振り出されていること自体がクサいというカンである」と同書は書いている。以後、事件捜査は森脇メモをベースに進められていく。

■最初は小さな記事にすぎなかった

 年が明けた1954年1月8日の各紙夕刊社会面の記事が造船疑獄捜査の始まりを告げた。毎日は4段、朝日3段、読売2段の扱い。比較的詳しい読売を見よう。

〈山下汽船重役ら逮捕 一億数千万円貸付け回収不能

 東京地検特捜部では7日夜、東京都千代田区丸の内2ノ4,山下汽船専務・吉田二郎(54)、同常任監査役・菅朝太郎(53)の両名を特別背任の疑いで逮捕した。調べによると、昨年暮れ、両名は共謀して1億数千万円の山下汽船の金を、自社と無関係の日本特殊産業会社(社長・猪股功氏)に貸し付け、回収不能となったもの。なお、同時に静岡市内、日本海運株式会社社長・塩次鉄雄(46)を特別背任容疑で逮捕した。塩次は昨年7月、吉田、菅と同様、会社の金3350万円を日本特殊産業に貸し付け、回収不能となったもので、猪俣氏は昨年末、特別背任罪並びに詐欺罪で同地検から起訴されている。〉

 おおよその筋立てが見えるが、まだ政界、官界に広がる疑獄になるとは予想されていなかったことも分かる。だから2段記事なのだろう。3段の朝日の記事の末尾には「会社の役員が、自分や第三者の利益のためか、会社に損害を与える目的で、任務に背いて会社に損害を与えるもの」という「特別背任罪とは」の説明が付いている。

■拡大していく事件

 山下汽船は大手海運会社だったが、その後合併して現在は大阪商船三井船舶。日本特殊産業は、国鉄(現JR)の蒸気機関車の汽缶の水あかを取る「清缶剤」を製造していたとされるが、実体のない会社。社長の猪股は日本占領を担当した連合国軍総司令部のシャグノン鉄道課長と親しく、同課長が国鉄に導入を要求したリクライニングシートの日本での特許を保有するなど、利権に関わっていたという。事件は拡大していく。

 横田愛三郎・山下汽船社長ら逮捕(特別背任容疑)=1月15日、壷井玄剛・運輸省官房長逮捕(収賄容疑)=1月25日、運輸省内を家宅捜索(2月6日)、日立造船・浦賀ドック・名村造船一斉捜索、日立造船社長ら4人逮捕(特別背任容疑)=2月8日……。山下汽船の家宅捜索では横田社長らが記した「山下メモ」が押収され、事件の骨格が見えるようになった。読売新聞社会部編「捜査 汚職をあばく」はそのことをこう書いている。

■5人だけに配られた“山下メモ”

「この“山下メモ”はトラック1杯分もあった他の押収資料と一緒に夜遅くまで日比谷公園の木陰に隠し、新聞記者の目を逃れたうえで地検に運び込まれ、こっそりガリ版でナンバーを打って5枚だけ印刷し、検事総長、最高検刑事部長、東京地検検事正、特捜部長、主任検事の5人に配り、5人が毎日このメモをにらんで考えたのです」
 この間、1月27日付朝日朝刊は早くも「出るか政界の腐敗」と報道。特別背任から官界での収賄へ飛び火し、政界へ伸びる可能性を示唆した。別項で、造船計画と業者の関係、船舶建造資金に対する政府援助の事情などを説明。2月8日付朝日夕刊は「同業各社へ波及せん 次第に疑獄の色彩深む」との解説記事を掲載している。それらによれば、海運・造船業界では、事件につながる大きな動きが重なっていた。

■「疑獄の遠因は明治以来の助成策」

「造船疑獄の遠因には、明治以来の政府がとってきた海運・造船業に対する保護助成政策があった。日本の近代海運・造船業は、明治政府の富国強兵・殖産興業政策の一環、国策そのものとして発達した」。渡邉文幸「指揮権発動」はこう述べる。

 同書によれば、国家的な保護助成政策の下、日清・日露戦争で急激に発展。日本は船腹量で世界第3位になるなど、有数の海運国に。そして戦争――。商船は戦争用に転用されるなどした結果、壊滅的な打撃を受け、開戦時の約2700隻、計約630万トンから敗戦時は約800隻、計約130万トンに激減した。
 政府は復興を図り、大規模造船に長期低利の財政資金を投入する「計画造船」を1947年にスタートさせる。海運会社と造船会社のチームが申請した内容を審査。船舶公団や復興金融公庫(のちの日本開発銀行)が建造資金を融資した。その割り当てをめぐって熾烈な競争が繰り広げられた。
 1月31日付毎日朝刊は「割当獲得への狭い門をくぐりぬけるには素手では不可能だというのが業界の定説になっている」と書いている。当時は船舶の建造価格の1%程度がリベートとして造船会社から海運会社に戻されるのが常識で、それが個人的な利得を図った浮き貸しと政・官界への工作に使われたとみられた。
 2月9日付読売朝刊は、リベートは特別背任罪を構成するとの東京地検の見方を伝えた。「汚職の構造」は日立造船の場合を挙げて構図を説明している。

〈日立造船→(リベート)山下汽船→(浮き貸し、手形)猪股功→(借り入れ、詐欺)森脇将光→(告訴)東京地検→(捜査)猪股功→(手形)山下汽船→(運動、ワイロ)→政・官界〉

■造船・海運業と国との間で生まれた「カネをめぐるかけひき」

 もう1つ、事件と直接関連があったのは建造費の利子補給制度だった。朝鮮戦争の「特需」もあって造船、海運は一時活況となったが、朝鮮戦争停戦後の不況で一転、経営難に。海運・造船業救済のため、政府は事件前年の1953年1月、戦前一度制定した、船舶建造で受けた融資の利子を国が補助する「外航船舶建造融資利子補給法」を復活させる。
 それでも業界はさらに利子の引き下げを狙い、政治家に働きかける。1953年7月28日付朝日朝刊経済面の左端には次のようなベタ記事が載っている。

利子補給法修正可決 外航船舶の建造融資

〈 外航船舶建造融資利子補給法案は27日の衆院運輸委員会で自、改、分自3党の修正案に次の付帯条件をつけて可決され、28日の本会議に上程されることになった。〉

「自」は当時の吉田茂首相率いる自由党で「吉自」とも略し、「改」は野党の改進党のこと。「分自」は、吉田首相を批判して自由党を離脱した鳩山一郎(のち首相)らが結成した「分派(鳩山)自由党」で「鳩自」とも呼んだ。

 修正案は、開発銀行の利息を7分5厘から3分5厘に、市中銀行の利息を1割1分から5分に引き下げる内容。改正案は国会の混乱が続く中、右派、左派に分裂していた社会党などの反対に遭いながらも、7月28日の衆院本会議と8月3日の参院本会議で可決され成立した。
 参院本会議で当時労働者農民党所属の木村禧八郎議員(のち社会党)は「政府原案で13億円だった利子補給を、3派修正案で一挙に12倍以上の167億円に増やす法案で、過程に多大の疑惑が持たれる。これはあとで重大な問題を起すのではないか」と、のちの事件を予見したような反対意見を述べている。
 1954年2月11日付読売朝刊は「250億円タダ取り 海運界の意向ででっち上げ?」の見出しで、同法によって海運業界に16年間、計約253億円が利子補給の名目で与えられると説明。「驚くほどの補給金の増額」が実現される間に、業界からの政党献金が激増したと批判的に伝えた。

■事件の発端・森脇将光氏証言台に立つ

 2月16日、東京地検特捜部は自由党副幹事長の有田二郎・衆院議員の逮捕許諾を請求。ついに疑惑は政界に及んだ。壷井・運輸省官房長の自供から、名村造船が壷井に贈賄する橋渡しをしたとされた。野党が許諾を決めたため、政権は対応に苦慮。ようやく23日になって、衆議院は紛糾のすえ「3月3日まで」という期限付きで逮捕を許諾した。
 2月19日には、衆院決算委員会が、捜査の糸口をつくった森脇を参考人として招致。森脇の証言は核心には触れず、森脇メモも公表されなかったが、その存在は社会に衝撃を与えた。
「森脇将光氏証言台に立つ」(毎日)などと報じた2月19日付夕刊各紙には、6年前に発覚した昭電疑獄事件で芦田均・元首相らの控訴審が始まった記事が載っているほか、このころには、大衆投資家から金を集めて理事長が逮捕された保全経済会事件のニュースが連日のように紙面をにぎわせていた。「政治とカネ」の問題が日常的に突出した時代といえる。

 2月20日付朝刊も「大波紋描く森脇氏答弁 重大内容、メモで提出」(朝日)、「造船疑獄にまた波紋 宴会取引など暴露」(読売)などと大々的に報道。同じ日、事態を重視した緒方竹虎・副総理は吉田首相と会って対応を協議している。このころ、吉田首相は体調を理由に神奈川県・大磯の私邸にいることが多く、実務の多くは緒方副総理が担っていた。

■「血税九百億でバクチ 海運界の乱脈ぶり」

 第5次吉田内閣のこの時期は政治全体が不安定だった。長期政権からくる民心の離反に加えて、前年の「バカヤロー解散」による衆院選で吉田自由党は過半数割れ。分派自由党から鳩山らが復党したものの、残った三木武吉(のち保守合同の立役者)らの日本自由党や、重光葵(戦前の外相でA級戦犯)が総裁になった改進党があり、左派、右派の社会党、日本共産党などもあった。政権運営に苦慮する中で、緒方副総理らを中心に保守合同を目指す動きが表面化していた。
 加えて、衆院決算委員会の田中彰治・委員長は「政界の爆弾男」「マッチポンプ」と呼ばれた人物。このときも吉田自由党の一員でありながら、独自の運営で、のちに自由党を除名される。職権を利用して疑惑を追及する姿勢を見せつつ、裏で脅迫などで金品をせしめていたとされ、1966年の「黒い霧事件」で逮捕されて失脚する。

 2月20日、右派社会党の佐竹晴記・衆院議員は森脇メモと同一とするメモを公表。赤坂の料亭「中川」での会合の出席者などが記され、中には犬養健・法相や石井光次郎・運輸相(のち衆院議長)、大野伴睦・国務相(のち自民党副総裁)ら、「大臣級がズラリ」(2月20日付読売夕刊見出し)。与党自由党の佐藤栄作・幹事長(のち首相)、池田勇人・政調会長(同)の名前も。
 さらに2月22日の衆院予算委員会では、改進党の中曽根康弘・衆院議員(のち首相)が爆弾質問。有田が橋渡しした名村造船の贈賄資金から、石井運輸相と大野国務相に100万円ずつが渡った疑惑があると発言して混乱に拍車をかけた(2人は「事実無根」と否定)。2月25日、船舶保有トン数日本一の飯野海運など9海運会社に一斉捜索が入り、各社の重役が次々逮捕された。

 2月24日付読売朝刊は「血税九百億でバクチ 海運界の乱脈ぶり」の見出しで船会社の経理の実態をこう報じた。「第6次の計画(造船)で、山下汽船が注文して造った船のレセプションのときなど、都内数百人の芸者がかき集められて、朝から夜まで船上の宴が続き、芸者が出払った各花柳界は開店休業の状態となった」「1回のレセプション費用は1000万円(現在の約8300万円)というのが相場だった」。
 特に、検挙された業界の要人との仲がうわさになった芸者「秀駒」はメディアで取り上げられて人気者に。雑誌に手記を発表し、劇作家・菊田一夫が舞台化。新東宝映画「芸者秀駒」が製作、公開されるなど、話題を呼んだ。

■捜査は核心へ

 疑惑について田中二郎・佐藤功・野村二郎編「戦後政治裁判史録」はこう説明している。

〈 捜査の手は次第に政界中枢部に伸び、自由党幹事長・佐藤栄作、同政調会長・池田勇人に対する疑惑が浮上してきた。日本郵船、大阪商船、三井船舶、飯野海運の4社から2人に贈られた各200万円、自由党に対する船主協会、造船工業会からの各1000万円などの性格が問題になった。つまり利子補給法案成立に対する謝礼なのか、それとも別の意味の金なのかという解釈の問題である。池田は、受け取ったのが渡米の直前だったため、餞別という見方が強まったが、佐藤は賄賂の疑いが強まった。渡した時期、渡した方法などから、200万円は佐藤個人の収賄、2000万円は自由党のための第三者収賄との疑いが濃厚となった。〉

 そして、3月5日付朝日朝刊は社会面トップで、日立造船と西郷吉之助・参院議員の間の500万円授受の取り調べの過程で判明したとして、疑獄の頂点を示す出来事を報じた。

池田氏から事情聴取 造船疑獄 五百万円授受めぐり

〈(東京)地検では金の贈り先といわれていた自由党政調会長、元蔵相池田勇人氏に対しさる(2月)28日の日曜日、都内某所に任意出頭を求め、参考人として極秘のうちに事情を聴取したことが明らかにされた。いわゆる“大物”政治家が造船疑獄に関し出頭を求められたのはこれが初めてである。〉

 3月11日、東京地検特捜部は俣野健輔・飯野海運社長を特別背任容疑で逮捕。播磨造船、川崎重工などの捜索に着手した。同日付読売夕刊は1面トップで「造船疑獄 最大のヤマへ」「議員の逮捕請求必至」と報道した。

《与党幹事長逮捕直前の激震》“検察の歴史の汚点”はなぜ生まれてしまったのか へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)

×