未解決の「舞鶴高1女子殺害事件」…捜査線上に浮かび上がった“ハゲタカ”と呼ばれた男

未解決の「舞鶴高1女子殺害事件」…捜査線上に浮かび上がった“ハゲタカ”と呼ばれた男

旧日本海軍の軍港た?った舞鶴港 ©谷口雅彦

行方不明から2日後、雑木林で発見された女子高生の遺体…軍港の町で何が起こったのか から続く

 科学捜査の発達した現代では、警察の事件捜査能力は飛躍的に向上した。警察庁の「犯罪統計資料」の中の殺人事件の件数をみれば、2007年から2016年の10年間の認知件数1万567件に対し、検挙数は1万288件と約97%だ。

 逆にいえば、今日でも尚、3%ほどの事件が「未解決」になっている。殺人など凶悪犯罪の時効が廃止されて早11年。事件の風化を防ぐため、実際の現場を新たに訪れ再検証を行ったロングセラー 「迷宮探訪」 (警視庁元刑事・北芝健監修、「週刊大衆」編集部編、谷口雅彦撮影:双葉社2017年刊)より、一部を抜粋して引用する。

 今回は2008年、京都府舞鶴市で起きた「舞鶴高1女子殺害事件」について。現場からは性別さえ分からない、あまりに痛ましい遺体が発見されたこの事件。捜査線上に浮かび上がっていたのはどんな人物だったのか……。

 ◆◆◆

■疑われた男たち

 犯人の痕跡が一切ない中、犯人の捜査は非常に困難なものとなったが、すぐに何人かの人物が浮上した。最初に疑われたのはKさんと親しかった10代の少年だったが、すぐにアリバイが判明する。その後、現場の近くに住む、当時60歳のNという男の名前が挙がり、2008年11月に逮捕されたのだが、その容疑は窃盗罪。女性の下着や神社の賽銭を盗んだ疑いというものだった。つまりKさんの殺害容疑では立件できず、“別件”での逮捕だったのだ。

――N元被告が住んでいたという府営住宅は、遺体発見現場から数百mのところに現在もあった。築数十年は経っているであろう2階建ての集合住宅だ。その区画から道を挟んですぐ西側は、新しい分譲住宅が建ち並んでいる。Kさんが住んでいたマンションは、ここと同じ町内だったそうだ。新興の住宅地の中に1棟のマンションが建っているが、そこのことだろうか。府営住宅とは目と鼻の先だ。

 スキンヘッドだったことから、近所の子どもたちからは“ハゲタカ”と呼ばれていたというN元被告は、地元では奇怪な行動をすることで有名だったという。彼はガラクタを集める習慣があったらしく、近所を徘徊して粗大ゴミを漁り、家の中も外もゴミだらけだったというのだが、そのガラクタの中には工具や鉄パイプも散乱しており、彼は日頃から、それらを持って近所を歩き回っていたと、周辺の住民が証言している。犯行に使われた凶器がバールのような鈍器だと推測されていることから、この点も逮捕の際に重要視されたのだろう。

 ちなみに、N元被告が逮捕された当時、彼の知人や行きつけの飲食店の店員などの証言による彼の素行が、あらゆる週刊誌で報道された。その中には、「キレると見境がなく、何をするか分からない」「仕事場や地元でも口論やトラブルが多かった」という内容のものが複数の雑誌で見受けられた。

 また、「無類の女好き」という証言が掲載されている雑誌も多く、「家の中には大量の女性ものの下着やアダルトビデオがあった」という。また、行きつけの店の店員の「店に来るたびに口説かれた」という証言も多数あったが、中には、「若い女の子が好きでしたけど、“糖尿病だし、肝臓が悪くて立たへんのや。役に立たん”と言っていた」というものもあった。

 さらに、N元被告は殺人の前科を持つ男だった。この事件の36年前、交際していた女性に結婚を断られると(女性の両親に反対されたとの説もある)、彼は逆上して逃げ帰った実家まで追いかけ、女性とその実兄の2人を刺殺していたのだ。逮捕された彼は懲役16年の刑に服したが、出所後の1991年にも舞鶴市内で21歳の女性に暴行、傷害と強制わいせつの罪で懲役5年の実刑判決を受けている。

■防犯カメラに映った男の姿

 だが、周囲の評判や前科前歴だけでN元被告が疑われたわけではない。彼の逮捕には、それなりの根拠があった。

 それが、防犯カメラの映像だ。自転車を押しながらKさんらしき女性と一緒に歩く男とN元被告が酷似していたのだ。画像が不鮮明なため、はっきりとは分からないが、その容姿や背格好だけでなく、その日の服装が、防犯カメラの男が着用していたのと似た黒いジャンパーだったと、5月6日に彼が訪れたスナックの店員が証言している。そして自転車。定職に就いていなかった彼は、自転車で近所を徘徊するのが日課だったというのだ。

 事件直後のN元被告の行動も非常に怪しいものがあった。ニュースで防犯カメラの映像が流れると、彼はその黒いジャンパーは捨てたと周囲に言っていたり、自転車の色を塗り替えたりしたという話もあった。さらには、警察の聴取に対し、事件当日、彼は「何軒かの店で飲んだ」と供述しているが、そのうちの1軒には訪れていなかったことが警察の捜査で判明するなど、食い違いが生じている。

■弁護人立ち会いの下で行われた家宅捜索

 状況証拠は揃った。だが、事件と彼を結びつける決定的な物的証拠がない。それを押さえるべく、警察は家宅捜索に踏み切った。

 しかし、この家宅捜索は極めて異例な状況で行われた。N元被告はこのとき、窃盗容疑で勾留中だったことから、家宅捜索が不当であると主張した彼の弁護人が、捜索令状の取り消しを求める準抗告を申し立てたのだ。その結果、家宅捜索は弁護人立ち合いの下で行われることになった。

 それによって捜査には、どのような影響があるものなのだろうか。

「袴田事件(註1)の物証が“捜査機関によって捏造された疑いのある証拠”と裁判で判断されたことからも分かるように、昔はそういうこともあったかもしれないが、通常は、別に何かを隠すとか、証拠をでっち上げるなんてことは、まずありません。だから、やましいことなんてないんですが、監視され、手の内をさらさなければならない中での捜索は、やはり非常にやりづらいものです。自然と捜査が及び腰になることもある」(北芝氏=以下同)

 押収物は約2000点に上り、その中に現場の土の粒子や、被害者の衣服の繊維痕が残ってはいないかというレベルまで調べられたが結局、犯人につながる証拠は出ず。殺人容疑での逮捕には賛否で意見が分かれたが、状況証拠とビデオの鑑定結果を頼りに、警察は2009年4月にN元被告の再逮捕に踏み切った。

 しかし、逮捕された彼は容疑を否認し、無罪を主張。その裁判は、一審で無期懲役の判決が下るも、二審で一転して無罪判決が下る。そして14年7月に上告が棄却され、無罪が確定したのだ。

■目撃証言の信憑性

 検察側の唯一の頼りだった防犯カメラの鑑定結果は、映像自体がかなり不鮮明だったため、証拠不十分となったのだ。しかし、もう一つの手がかりであった、似た人物を見たという目撃証言は決定的な証拠にならないのだろうか。

「警察の捜査でも本来、目撃証言はそれほど当てにしないものです」

 確かに、発生当初の目撃証言は、Kさんらしき女性と一緒にいたのは若い男だというものだったが、次第にN元被告に似ていたというものに変わっていった。

「夜中にすれ違っただけで鮮明に顔を覚えられるかな。人間の記憶は曖昧ですからね。刑事に“この人じゃない?”と、捜査線上に浮上したNの写真を見せられたら、誰だって“そうだったかも!?”って思い込んでしまうものです」

 実際には、どの程度はっきり見えるものなのだろうか。目撃証言の信憑性を確かめるため、我々も夜の舞鶴を歩いてみることにした。

■慎重だった司法の判断

――日没後の、彼女がたどったと思われる道は想像以上に暗かった。ガソリンスタンドや薬局があった国道27号線は、まだ交通量も比較的多く、一部の開けた地点では街灯や店の照明もあったが、大都市の繁華街のような明るさではない。そして、国道をそれて府道に入ってからは街灯も減っており、そこはカメラのシャッターもうまく切れないほどの暗さだった。すれ違う人の顔をはっきり覚えられるようなものではない。ましてや、それが見知らぬ人物だったら、なおさらだろう。

「歩いている2人がいたことは確かですし、映っている服装や背格好と、その晩に行方が分からなくなっていた点から、女性のほうがKさんであることは間違いないでしょう。ただ、こんなに暗くては、一緒にいた男がNだと断定できる目撃証言とはならない。仮に目撃者が不審に思って車を徐行させて注視していたとしても、この暗さでは、裁判所が証拠と認定することはないでしょうね」

 物証もなければ、防犯カメラの映像や目撃情報も決め手にならない。これでは証拠不十分で無罪になるのも必然と言えるだろう。だが、状況証拠のみで死刑判決が下った和歌山毒物カレー事件(註2)などの例もある。

「あの事件では同じ毒物が被告の自宅から見つかっていますが、それでも冤罪との声が上がったくらいです。それ以上に物証の乏しかったこの事件に無罪判決が下ったのは、妥当だったと言えるでしょう。ジャンパーを捨てたという証言や、自転車を塗り替えたという証言も、やはり状況証拠に過ぎず、確定要素ではない。司法が慎重な判断を下した結果だと思います」

(中略)

■真相の行方

 無罪となったN元被告だが、彼は2014年11月、大阪で38歳の女性をメッタ刺しにして重傷を負わせた殺人未遂の罪で逮捕されている。その事件の報道の中には、彼が以前、舞鶴の事件は自分がやったと、拘置所仲間に話していたというものもあった。

「拘置所内で武勇伝のように吹聴したという話ですから、嘘か本当かは分かりません。犯罪者の中には、やっていないこともやったと言って自慢するような、自己顕示欲の強い人間も多いんです。しかし、もし事実だったとしても、一事不再理の原則から、彼がKさんの事件で裁かれることはありません。法律上、Nは絶対に犯人ではないんです」

 その後の2016年3月、N被告はこの殺人未遂の罪で懲役16年の実刑判決を受けて確定し、大阪刑務所に服役。服役中の同年7月に死亡した。病死と見られている。

 いったい真相は、どこにあるのか。そして犯人は誰なのか――。その“霧”が晴れるまで、Kさんと遺族の無念が晴れることはない。

 ◆◆◆

 過剰なまでの凄惨な暴行、そして現場の状況から何が見えてくるのか。浮かび上がる犯人像については 「迷宮探訪」 で詳述されている。

 ◆

 註1「袴田事件」……1966年に静岡県清水市(現・静岡市)で起きた強盗殺人事件。1968年に死刑判決が下るも、証拠が捏造されたものである可能性が高いなどの理由から2014年に再審開始が決定。しかし、2018年に東京高裁が静岡地裁の決定を取り消して再審請求を棄却。それに対し2020年、最高裁が高裁の決定を取り消して審理が差し戻された。現在は審理中。

 註2「和歌山毒物カレー事件」……1998年、和歌山市にある住宅地の自治会の夏祭りにおいて、用意されたカレーに猛毒のヒ素が混入され、それを食べた67人が病院へ搬送され、4人が死亡した事件。直接的な物的証拠はなかったが、警察は同じ町内に住む主婦を犯人として逮捕。主婦は容疑を否認したが、2009年に死刑が確定した。

(北芝 健,「週刊大衆」編集部)

関連記事(外部サイト)

×