残忍すぎる性的暴行の末、女性10人を殺害…韓国史上最悪の連続殺人犯はなぜ「自白」したのか

残忍すぎる性的暴行の末、女性10人を殺害…韓国史上最悪の連続殺人犯はなぜ「自白」したのか

写真はイメージです ©iStock.com

 頭を垂れた黄金色の稲穂の波が地平の向こうまで広がる。2003年に公開された、ポン・ジュノ監督映画『殺人の追憶』はこんな風景から始まる。

 1986年から91年まで起きた「華城連続殺人事件」をモチーフにしたこの映画はその年、興行1位となる大ヒットとなった。

 後にポン・ジュノ監督は、「顕示欲の強い犯人は必ずこの映画を見に映画館に来る。犯人にソン・ガンホ(刑事役)の(射貫くような)目を見せてラストを終わらせたかった」とインタビューで答えていた。(前後編の前編/ 後編 を読む)

■10人の女性が次々と…。韓国初の連続殺人事件

「赤い服を着ていると狙われる」、「雨が降る日には外に出るな」。

 当時、華城一帯では、こんな怪談がまことしやかに流れたという。

 ソウル市から在来線で南に1時間半あまり。東西に広がる華城市は、西部は海に接し、東部は山深い内陸部に入り込む。事件はこの内陸部、田畑が広がる村一帯、半径3km圏内で起きた。

 最初の事件が起きたのは1986年9月15日(犯行推定日)。

 被害者は71歳の女性。華城郡台安村(当時)の草むらで、下半身は下着が脱がされた状態で発見された。娘の家から帰宅する途中だったという。そのひと月後の10月23日には、同じ台安村の農水路で25歳の女性が全裸の状態で発見されることになる。見合いをした帰り道だといわれた。

 そして、さらにそのひと月半後、やはり台安村の24歳の女性の行方が分からなくなる。4カ月後に村近くの石垣で発見された腐乱した遺体の口にはストッキングが詰め込まれていた。残業中の夫と食事をした後、再び会社へ戻る夫を見送り、ひとりで帰宅したところを自宅近くで襲われたとされた。

 24歳の女性が行方不明となったわずか9日後には農水路で23歳の女性が両手をストッキングで後ろで縛られ、ガードルを頭から被された状態で発見されていた。この事件では被害者は傘で性的暴行されたことが分かっている。

 その後、87年に18歳、29歳の女性が、88年には54歳、13歳、90年には14歳、91年には69歳の女性が遺体で見つかった。韓国で起きた初めての連続殺人にして、合わせて10件もの殺人。いずれも暴行の後、絞殺されており、ボールペンやフォークなどを使った性的暴行の痕跡があるなど殺害手口はさらに残忍になっていた。

 殺害に使われたのは被害者のストッキングやマフラーなど。ストッキングは犯行後、手足を縛ることにも使われており、後ろでX字型に縛られていた。

■事件は未解決のまま時効を迎えた

 当初、犯行現場には、下着に付着した精液やたばこの吸い殻、犯人のものと思われる髪の毛、スニーカーの足跡などが残されており、ほどなく犯人が捕まるかと思われたが、捜査は難航を極めた。

 韓国全国からベテランの捜査員が捜査本部に次々と投入され、動員された警察官は延べ205万名あまり。捜査の対象となったのは2万1280名、指紋鑑定の対象者も4万人以上にのぼった。しかし、犯人逮捕には至らなかった。取り調べを受けた中には、その後、自死する者も出ており、捜査に当たった警察官の中にも過度なストレスからか自ら命を絶った者もいた。

 警察のずさんな捜査が集中非難を浴びる中、89年7月、その前年(88年)の9月に起きた8番目の事件の容疑者として1人の男が逮捕された。台安村に住む13歳の中学生が自宅で暴行された後、絞殺された事件で、容疑者は近隣に住む当時22歳、農機具の修理工だった。

 逮捕の決め手となったのは血液型。他の事件から犯人の血液型はB型と推定されており、容疑者は同じB型だった。さらに、被害者の遺体から採取された犯人のものと思われる陰毛が鑑定され、陰毛の成分と形状が犯人のものと“似ている”と判断された。

 容疑者の犯行はこの8番目の事件のみとされ、10件のうち唯一室内で起きたこの事件は「華城連続殺人」を真似た犯行と結論づけられた。

 容疑者は裁判で、「警察の高圧的な捜査により虚偽の自白をしてしまった」と無罪を訴えたが、聞き入れられることはなかった。上訴は棄却され、無期懲役となり収監された。

 その後、「華城連続殺人事件」を担当した刑事が執念の捜査を続けているといったニュースが時折思い出したように出たが、犯人の行方は杳として知れず。2006年、8番目をのぞいた9件すべてで時効が成立した。韓国では2007年に殺人罪の公訴時効は25年になり、2015年には時効はなくなっていたが、それ以前に起きた事件では時効15年が適用された。

■真犯人は別件で服役中の無期懲役囚だった

 ところが、事件の記憶も薄れかけていた2019年9月、30年あまりの時を経て事態は急転する。

 この2カ月前。京畿南部地方警察庁に立ち上げられていた「重要未解決事件捜査チーム」は最新のDNA鑑定により解決できた2つの事件のケースから「華城連続殺人事件」の証拠品も再び国立科学捜査研究院(科捜研)へ鑑定を依頼した。すると、ひとりの有力な容疑者が浮かび上がった。前科者、収監者のDNAリストにあったある男のDNAが一致したのだ。

 釜山刑務所に服役中のイ・チュンジェだった。

 イは、94年、妻の妹(当時20歳)を暴行し、絞殺。裁判では一貫して無実を訴えたが、被害者の遺体からは睡眠導入剤が検出されており、一部計画的犯行が認められるとして、殺人と遺体遺棄で95年から無期懲役刑囚となっていた。

 イのDNAと一致したのは、「華城連続殺人事件」の被害者の下着に付着していた「汗」だった。京畿南部地方警察庁は続いて他の被害者の衣類も鑑定にかけ、検出されたDNAすべてがイのものと一致した。分析結果、血液型はB型ではなく、O型であることも判明した。イの血液型はO型だった。

 イは刑務所への警察官の訪問に「とうとう来るべきものが来たと思った」と後に語ったが、取り調べに応じるつもりはなかったという。しかし、ひと月後の同年10月、「華城連続殺人」の犯行と他の4件の殺人、そして性的暴行30件あまりも自白する。

 イの取り調べには、警察の犯罪心理分析官(プロファイラー)9名が動員された。うち半分以上は女性プロファイラーだった。韓国で犯罪心理学の第一人者として知られるイ・スジョン京畿大学犯罪心理学科教授は時効が過ぎた犯罪を自白したイの心理についてこう分析している。

「女性と話ができる場所ができたと認識したことがイ・チュンジェが続けて面談に応じた理由でしょう。イは性的倒錯(パラフィリア)ですが、20年あまりの収監生活では女性と接触できる機会はありません。女性と話ができる場所ができたことは、たとえ相手が捜査官という立場であったとしても、これほど興奮することはないのです」(東亜日報、2019年11月5日)

 性的倒錯とは、一般の社会的通念から逸脱した性的嗜好を持つ精神障害をいう。女性プロファイラーに「手を触ってもいいか」と聞いたことも伝えられている。

 イは、1963年、台安村の農家に生まれた。厳格な家父長的な父親の下で感情を表に出さずに押し殺すようにして育ったという。高校卒業後は徴兵制により陸軍に入隊。3年間の服務(当時)を終えて86年1月末に除隊した後は電機部品を扱う会社に勤務したが、その年の8月には小学生に性的暴行をはたらいたことを自白している。

■そして、あの8番目の事件も…

 犯行の動機については被害者にその責任を転嫁したと伝えられた。プロファイラーのひとりは、軍隊で機甲部隊に所属した際、「戦車に乗って先頭を走ると自分の後ろを他の戦車がついてくるのを見て心が沸き立った」と興奮ぎみに話したことをあげて、「軍生活を終えて単調でひまな(無聊な)生活がストレスになったのではないか」とも分析している。

 91年頃、イは華城市を出て、隣接する忠清道の忠州市に移り住んだ。建設会社でフォークリフトの運転士として働き、そこで知り合った女性と結婚。一児をもうけたが、家庭内暴力が酷く、妻と子どもは家を出ている。妻は後にイの「性的倒錯」についても語っていたという。イはこの忠州市でも2件の殺人を犯している。

 イの近所や同級生、軍隊での評判はとてもいい。近所では「はきはきと挨拶するいい子」として知られ、同級生や軍隊時代には「おとなしくて優しかった」と認められている。

 前妻の実家でも好意的に受け入れられており、義理の妹を殺害後にも前妻の実家を訪ねて、帰宅しない娘を心配する義父を慰め、警察へ連れだって失踪届を出したという。さらに、服役していた釜山刑務所でも「問題を起こしたこともない模範囚」だった。前出イ・スジョン教授の話を引こう。

「イ・チュンジェは性的な欲望とつながりがなければ温順な人物。まず性暴行が目的で、性暴行を犯した後に殺人まで至るケースです。犯罪者も一般的な思考は普通の人とひとつもかわりません。ただ、自分が関心を持つ部分において異常な形で反応するということです」

 イは手足を縛るなど同じ手法を繰り返していた。これについては、「逮捕される可能性が高くなることは分かっていても、必ずそれをしないと欲望から解放されないのでやってしまう」と分析している。

 そして、イの一連の自白はまた別の“激震”をもたらした。華城市で起きた10件の犯行はすべて自分がやったと認め、さらに、8番目の事件で犯人が逮捕された89年7月には小学生(当時8歳)を性的暴行し殺害したことも自白したのだ。

【続きを読む】 韓国史上最悪の連続殺人事件で“冤罪”に…素朴な修理工は「檻の中の20年」をどう耐えたのか

韓国史上最悪の連続殺人事件で“冤罪”に…素朴な修理工は「塀の中の20年」をどう耐えたのか へ続く

(菅野 朋子)

関連記事(外部サイト)