三段目力士の死亡事故で感じた大相撲の問題点 コンタクトスポーツの専門家が感じた“3つの違和感”

三段目力士の死亡事故で感じた大相撲の問題点 コンタクトスポーツの専門家が感じた“3つの違和感”

亡くなった三段目力士・響龍

 今日5月9日から大相撲の夏場所が開幕する。連日熱い取り組みが期待される一方で、今年3月の春場所後には痛ましい事故も起きた。三段目の力士だった響龍が、4月28日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で死去したのだ。響龍は春場所13日目にすくい投げで敗れた際、頭部・頸部を土俵に強打。そのまま動けなくなり、救急搬送され入院していた。

 大相撲同様、激しいコンタクトスポーツであるアメリカンフットボールの本場アメリカでは、10年以上前から試合中・練習中の頭部や頸部のアクシデントに関して非常に厳格な措置が取られるようになっている。その専門家はこの事故をどう見たのか。スタンフォード大アメリカンフットボール部コーチの河田剛さんに聞いた。

◆◆◆

 今回の力士の事故に関しては、映像で取り組みとその後の処置を見ました。

 もちろん実際の現場にいたわけではないので、細かな部分にまでは言及できません。ただ、大相撲と同じような激しいコンタクトスポーツであるアメリカンフットボールに携わる者としては、いくつか非常に気になったポイントがありました。

■ポイント1 土俵周りに医療関係者が配備されていなかった

 まず1番は、土俵周りに医療関係者が配備されていなかったことです。大相撲という危険性の高いコンタクトが日常茶飯事である競技にもかかわらず、その現場の周囲に医療関係者が立ち会っていないというのは驚きを隠せませんでした。

 アメリカンフットボールの場合、NFLでもカレッジでもゲームはもちろん、日常の練習でも医療関係者の立ち合いが義務付けられています。試合ともなれば1人ではなく10人近い専門家がスタンバイしているのが普通です。その理由は各々に専門があり、アクシデントが起きた際に例えば肩のケガなのか、膝のケガなのか、それとも脳震盪なのかによって対応が全く違ってくるからです。

 特に頭部や頸部へのケガの場合、確認しなければならない要素が非常に多いです。呼吸、脈拍、手足の麻痺、意識レベル…生死に直結するケガに成り得るものですから、その確認はとても大切です。中でも意識レベルの確認の際に最も重要なのが、「複数の医療関係者で意識確認を行う」ことだと言われています。仮に誰か1人が「大丈夫だ」と言っても、それだけでは危険性が残る。ダブルチェック、トリプルチェックが重要なのです。そこで一定レベル以上の意識障害がある場合は、首から上をしっかりと固定したうえで、絶対に大きく動かさないように気をつけながら担架で救急車に運び、病院に搬送することになります。

 アメリカンフットボールの試合ではスタジアムに救急車の待機も義務付けられていて、危険な事故の場合はすぐに病院へ搬送できるようにスタンバイしている。もちろん競技ごとで予算や規模の違いはあるでしょうが、少なくとも興行として成立しているプロスポーツである以上は、そのくらいの備えは必要であるように感じます。

■ポイント2 対応に時間がかかっている

 また、2つ目としてその後の対応にかかった時間に関しても疑問が残りました。

 映像を確認すると、取組後に負傷した力士はうつぶせのまま動けず、倒れてから約1分後に呼び出しなどの関係者が3人であおむけにしています。その約3分後、国技館内の相撲診療所からようやく医師が到着し、力士の状態を確かめ、担架に乗せて土俵を降りています。その後、救急搬送されたと報じられていますが、一連の対応に約6分以上の時間を要しています。

 アメリカンフットボールでは選手が立ち上がれないような事故が起こった時には、フィールド外にいる医療関係者が、それこそ肉離れせんばかりの勢いでフィールドに猛ダッシュしてきます。それは1分1秒が選手のその後を左右することを分かっているからです。今回の事故のように、倒れた選手をそのままにして、勝ち名乗りを続行するというのはあまりにも異様な光景だったように思います。また、医療関係者ではないスタッフたちが倒れた力士を無造作に動かしているというのも信じられない衝撃を受けました。

■ポイント3 頭部や頸部に関するケガへの意識

 最後に最も気になったのが、頭部や頸部に関するケガに対する関係者と力士たち自身の意識の部分です。

 今年1月の初場所では、ある取組で頭からぶつかった力士の片方が立てなくなったにもかかわらず、回復直後に取り直しの一番が行われたことがありました。それもあってようやく「勝負がつく前でも審判団が危険だと判断した場合は、その力士を不戦敗として相撲を取らせない」という決まりができました。大相撲の競技特性を考えるとおそらくこれまでも似たような事態は起きていたはずです。そういった状況について関係者も力士たち自身も、本当に深刻に考えていたでしょうか。

 歴史や慣例というのは確かに大切なものだと思います。ですが、それと比べるまでもなく、人の命や若い力士の将来はもっと重要です。もし、関係者や力士たちがこれまでのケースから真剣に対応を考えていたのなら、今回のような事故が起きた際に、医学的知識も何もない審判団の判断に事を委ねるということは起きなかったように思います。

 2015年にウィル・スミスが主演した映画『コンカッション』が話題になりました。NFLの選手たちが引退後も脳震盪などの後遺症に悩まされていることに気づいた医師の物語です。そういった作品にも代表されるように、NFLではここ10数年ほどで明らかに脳震盪をはじめとする選手の負傷に対する注意意識が上がっている。これは周囲のスタッフや経営陣はもちろんのこと、選手たち自身も強く考えていることでもあります。

■NFLではトレーニングの場を労組がチェック、脳震盪3回で引退

 例えば、NFLではオフの練習に関する制限がものすごく厳密に決まっています。

 チームとしてはレギュラーシーズンで結果を出すために、もちろん各選手に練習をさせたい。でも、そこは選手会や労働組合にあたるNFLPAがちゃんと主張する。「NFLは世界で一番儲かっているのに、選手の平均寿命は短い。そういうスポーツだからこそ、セカンド・キャリアや家族との時間、プライベートを含めた『ワークライフバランス』を重視するべきだ」と言うわけです。

 具体的に言えば、9月〜翌年2月の通常シーズン中以外のオフシーズンに行うチームの全体練習は、決められた期間内に10回だけしか許されません。その10回しかない練習も、ヘルメットだけを着けた状態で行う軽い練習が中心で、激しいコンタクトや競争を煽るようなシビアな練習は許されていません。また、2年目以上のベテラン選手がチームの施設に滞在していいのは4時間までとも決められています。2018年にはオフシーズン中にボルティモアのチームが「規定を超えたコンタクト練習をした」という理由で、10回しかない練習を8回に減らされています。オーナーには1000万円以上の罰金も科せられました。

 さらに一定以上の脳震盪を3回起こした選手は有無を言わさず引退になります。実際にスタンフォードのOB選手でも、NFLのチームに入団した有望なルーキーだったにも関わらず、1年目に2度の脳震盪を起こしたため自身の判断で引退した選手もいました。その選手は「夢の舞台で危険を冒しながらプレーすることよりも、命や将来の方が大事だ」と言っていました。

■「伝統」を隠れ蓑にせず、改善すべき安全性

 アメリカンフットボールも大相撲も、スポーツ選手としてのキャリアはもちろん大事です。それまでその選手が積み上げてきたものは並大抵のものではないでしょう。それは十二分に理解できます。ですが、実際には引退後の人生の方がはるかに長いわけです。それを軽んじてまでスポーツにすべてを懸けるのは、明らかに間違っている。

 最近ではスタンフォード大のアメフト部は、ヘルメットの上にさらにショックパッドをつけて練習をしています。例えば相撲界でも、稽古の時にヘッドギアをつけたりすることはできると思います。

 もちろん大相撲とアメリカンフットボールは全く違う競技ですし、大相撲には「伝統」という側面もあるかと思います。ですが、そういった言葉を隠れ蓑にして、力士たちの命を危険にさらすというのはもはや時代にそぐわないのではないでしょうか。そういった部分は、競技に関わらず改善されていかなければならないと思っています。

 シンプルに考えて欲しいのは、伝統を守る事と人の命や若者の将来、どちらが大事なのかということです。今回の事故のように若い命や将来が犠牲になることは、決してあってはならないと思います。

(河田 剛)

関連記事(外部サイト)