関空建設工事で起きた生々しすぎる“官製談合” 1兆円超の工費を司った元官僚による異様な要求の実態とは

関空建設工事で起きた生々しすぎる“官製談合” 1兆円超の工費を司った元官僚による異様な要求の実態とは

©iStock.com

 一般には知られていない中堅ゼネコンの社長にもかかわらず、永田町では知らぬ者のいない有名人だった男が、2020年12月17日に帰らぬ人となった。その男の名前は水谷功。小沢一郎事務所の腹心に次々と有罪判決が下された「陸山会事件」をはじめ、数々の“政治とカネ”問題の中心にいた平成の政商だ。

 彼はいったいどのようにして、それほどまでの地位を築き上げたのか。ノンフィクション作家、森功氏の著書『 泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴 』(文春文庫)より、芸能界でも幅を利かせていた男の知られざる正体に迫る。(全2回の1回目/ 後編 を読む)

◇◇◇

■関空談合屋の中国ツアー

〈関西国際空港第2期建設協力会〉

 そう宛名書きされた文書が手元にある。〈平成19(2007)年6月11日付〉。差出人は〈関西国際空港用地造成株式会社 代表取締役 古土井光昭〉とある。関西国際空港用地造成株式会社は、その社名が示すように、滑走路の造成を目的として設立された。関空や大阪府などが出資している。96年以降、ここが二期の埋め立て造成工事を担ってきた。ゼネコン各社にとっては大切な営業先だ。

 なかでもゼネコンにとっての重要人物が、旧運輸省第二港湾建設局長から天下り、専務に就任した古土井である。第二滑走路オープン後の10年7月に専務から退いたが、長らく工事を取り仕切ってきた。その剛腕ぶりが業界に鳴り響いていた人物だ。

 くだんの文書にある〈関西国際空港第2期建設協力会〉は、工事に携わってきた建設業者の集まりで、有体にいえば業務屋たちの集まりだ。文書は、関空造成会社の剛腕専務から業界に宛てられたものである。

〈皆様方のご努力で2期空港島の工事も進捗し、本年8月2日は新しい滑走路のオープンを迎える事になりました〉

 としてこう書かれている。

〈今般、2期空港島の用地造成の概成を記念し中国の主要空港を訪問し、空港関係者との技術交流を行うに当たり別紙のような計画を企画いたしました。

 関西国際空港2期事業に携わられた企業に貴協会からご紹介、ご案内頂ければ幸いです〉

 つまりは第二滑走路のオープンを記念した中国視察旅行である。ゼネコンの業務屋たちに声をかけ、半ば強制的に参加させている。これが不評を買った。参加業者が打ち明ける。

「この旅行の発案者が二階さんで、古土井専務がそこに相乗りした格好だと聞いています。関空の二期工事は、ずっとこの二階、古土井のコンビが仕切ってきた。だから、こんな通知が来て断るわけにはいかない。湾岸・海洋工事を得意とするマリコンはもとより、一般のゼネコンも含め、一社あたり社員や役員を3人ぐらい旅行に出さなければならなかった。小沢さんが小沢ガールズを引き連れ、600人の大視察団で中国に乗り込んで話題になりましたが、それよりもずっと多かったと思います。訪中団は空港視察と称して五班に分けられ、北京や上海、西安などの空港を回りました。視察といっても、それだけ。その割に旅行代金がバカ高かった。本音を言えば、やってられませんでしたよ」

■親中派二階の面子も立つ

 訪中ツアーの正式名称は「日中空港技術交流会」といった。6月時点の案内状を見ると、旅行の概算費用として記されている金額が、〈40万円〉となっている。たぶん少しだけスケジュールの変更があったのだろう。当初の6月の案内状では、07年9月2日から4、5日間という滞在計画になっていたが、実際には、8月30日と9月1日の2パターンに出発が分かれた。

 旅行の日程表にある第一班は8月30日午後2時に関空を発ち、北京空港に向かった。当日のうちに西安に着き、ここで宿泊する。翌日、終日兵馬俑坑など西安にある世界遺産を観光して過ごし、9月1日に北京に戻った。その次の9月2日が、メインの「日中国交正常化35周年記念晩餐会」となる。そして9月3日午後1時に北京から関空に戻って来る、という4泊5日の旅行スケジュールである。他のコースも似たり寄ったりだ。

 スケジュールに共通するイベントが、「記念晩餐会」であり、ここで参加者が集合するようなツアー設計になっている。こんなに大勢集めてやって来た、と中国側にアピールするために違いない。それで、日本の国会議員きっての親中派という二階本人の面目も立つ。

■業者が愚痴る割高ツアー

 ただし、参加業者が不満を漏らすように、旅行代金はやはり高い。基本的に航空チケットはエコノミーで、一班のツアー代金が1人37万8000円だ。当初の案内にある〈40万円〉に近い。

 他のコースでいえば、二班の行く先が青島と北京、三班が北京―杭州―上海、四班は北京―大連、五班は麗江―昆明―上海。一班、二班、四班のコースが同額で、三班が38万8000円となっている。五班だけは5泊なのでやや割高で、44万8000円する。ちなみに一班と二班の航空座席をビジネスクラスにグレードアップすれば、10万円が加算されて47万8000円。三班から五班までのビジネスクラスとなると、19万5000円が追加されるので、最高額の五班コースなら64万3000円もかかる。

■浮いた金はどこへ行ったのか

 昨今、中国行き4泊5日の割安ツアーだと、10万円台が相場だ。4、5万円の格安ツアーもめずらしくない。国会議員が大挙して向かった小沢一郎の訪中ツアーでさえ、1人あたりの費用は19万円だったと聞く。にもかかわらず、40万円もかかったとなれば、相当な割高である。ツアーへ参加した建設業者から愚痴が出るのも、やむを得ない。

「出てくる料理は、安物の中華ばかり。これほど高いとなれば、ツアーを企画・運営した人たちは、かなりのぼろ儲けでしょう。浮いた金がどこへ行ったのか。20万はピンハネされているのではないか、と業者のあいだでいろんな憶測を呼びました」

 参加業者がそうこぼす。

「ただし、第二滑走路がオープンしたとはいえ、まだまだ関空の二期工事の真っ只中のツアーですからね。不満をあからさまに口にする勇気は、誰もありません。なにしろ、関空工事はどれも一件請け負えば、100億円を超える大きな工事です。業者はみな古土井さんを窓口にして、お願いしてきました。言うてみたら、談合の調整役が彼ですわ。『今回は、ぜひうちに行かしてください』と願い出たら、『よかろう。今回札を入れろ』とか『お前のところはちょっと後へ回れ』と指図される。関空は海上の飛行場ですので、まず淡路島あたりから埋め立て用の土砂を持ってきて、その上に滑走路や施設をつくる。二期工事だけでも、1兆円以上の工費がかかっている国家プロジェクトやから、業者としても必死なわけです」

 かつて関空の第一期工事では、大林組の常務だった平島栄が、金丸信や安倍晋太郎の威光を借り、関空本体の運輸省の天下り社長を排除して建設工事を差配してきた。西松建設に移籍した「業界の天皇・平島」の失脚後、誰が二期工事をさばくのか、と業界内で混乱が続いた時期がある。そしてやがて混乱が収まり、新たな仕切り役として登場したのが、関空造成会社の首脳である運輸省の元官僚だったわけだ。

■天下り官僚による談合

 もとより造成会社の代表取締役専務だから、工事に口を出しても不自然ではない。だが、中国ツアーまで呼びかけるようなそのやり方に、建設業者も閉口してきたのである。

「関空工事の落札率はどれも100パーセントに近い。これは形を変えた官製談合ともいえます。古土井さんは、こと工事を進めるにあたり、業界内にいる運輸省OBと話をしてきた。それで、埋め立てや護岸工事を得意とするマリコンには、古土井さんの先輩の運輸省の元役人をたくさん抱えてきたものです」

 先のツアー参加業者が意を決して、談合のシステムについて話す。

「マリコンにとって天下りの運輸OBはいわば工事をとるためのお客さんです。だから、待遇もいい。役人側も『秘書がおるか』『運転手をつけてくれるか』と条件をつけてくる。その人らは何をするかといったら、午前中、新聞を読んで、昼から出身官庁へ行って営業するだけでしょう。でも、古土井さんと話ができるのは、運輸省OBだけですからね。会社側にとってはそれでいいのです。要するに官庁OBの談合です。ゼネコン業界が05年末に談合決別宣言をし、表立って調整機能をなくしていますが、それに代わって、このような調整が機能してきたともいえます。大手のマリコンになると、運輸省のOBを一社あたり5、6人抱えていますが、彼らは他社の元官僚と一種のサークルをつくっていて、口が堅い。社内でもなかなか本音を言わないのです」

 OBによる談合は、関空だけに限った話ではない。昨今の空港建設は多かれ少なかれ、天下り官僚たちの意向で動いてきたという。あげく赤字空港が続出しているのである。関空工事を牛耳ってきた古土井の後ろ盾については、もはや繰り返すまでもないだろう。

【続きを読む】 「5000万円ぐらいかかっている」“平成の政商”水谷功が実力派演歌歌手にプレゼントを贈り続けた“深い理由”

「5000万円ぐらいかかっている」“平成の政商”水谷功が実力派演歌歌手にプレゼントを贈り続けた“深い理由” へ続く

(森 功/文春文庫)

関連記事(外部サイト)

×