《左ひざの皿くだいた》”普通の主婦”が苛烈な暴行で絶命した「太宰府女帝事件」最後の5日間

《左ひざの皿くだいた》”普通の主婦”が苛烈な暴行で絶命した「太宰府女帝事件」最後の5日間

遺体が発見された駐車場 ©文藝春秋

「青あざを通りこして血が滲み、汁が出る」“太宰府女帝”傷害致死 “普通の主婦”への暴行と恐喝の全容とは? から続く

■山本被告に懲役22年、岸被告に懲役15年の判決

 2019年10月20日、山本美幸被告(42)と交際相手の岸颯被告(25)が主婦の高畑瑠美さん(当時36)に度重なる暴行を加え、瑠美さんが外傷性ショックで死亡した事件。

 今年3月、山本、岸被告は瑠美さんを精神的、身体的に抑圧し死亡させたとして、傷害致死や監禁、恐喝などの罪で、それぞれ懲役22年と15年を福岡地裁で言い渡された。

 山本被告が瑠美さんと知り合ったのは2008年頃。瑠美さんの実兄の借金を名目に恐喝していたが、2019年8月下旬に瑠美さんを家族から引き離して岸被告と暮らす自宅に住まわせ、孤立させた。それ以降、誰も見ていない山中や自宅のみならず、人のいるホストクラブやバーなどでも、殴る蹴る、バタフライナイフや割り箸を刺す、火のついたタバコを押し付けるなどの暴行を日常的に加えるようになっていった。

■《悶絶してた》《うごーっても言っていた》

 そして瑠美さんが亡くなる5日前頃から、暴行は瑠美さんを死に至らしめるほど激しさを増していく。ただしほとんどが密室で行われたため、目撃者がおらず、物証も乏しい。両被告も自分たちが不利になる内容には言及しておらず、詳細のすべてが明らかになってはいない。

 しかしその数少ない物証や証言でさえ、暴行の凄まじさを十分に物語っている。

 10月15日、山本被告は知人のホストに電話をした。そこで「(瑠美さんを)ガムテープで縛っている」「どついている」と話している。

 岸被告も同日、山本被告の息子Bさんに、LINEで《左ひざの皿くだいた》《口にガムテープとタオル巻いて紐で手縛ってたから悶絶してた》《うごーっても言っていた》などといった内容を送っている( 「太宰府主婦ホスト漬け事件」裁判#2 )。

■「車の中にいる瑠美さんが息をしていない」

 10月18日には山本被告がバーで瑠美さんの腹部を足で蹴っているところが目撃されている。

 また同日夜から翌19日にかけて、岸被告が木刀で瑠美さんの臀部などを殴打した。この時の行為については、後述する音声データのなかで、山本被告が「昨日(岸被告が)夜中まで殴りよった」「ケツを何発か木刀で」などと話し、岸被告が「木刀も洋服の上やけん大丈夫と思うよ、直接皮膚じゃないけん」と応えている。

 そして瑠美さんが亡くなった10月20日の早朝。

 バーを訪れていた山本被告を迎えに、岸被告は車で中州の繁華街へ向かっている。後部座席には自ら乗り込んだという瑠美さんが座っていた。このとき、瑠美さんは木刀で体中を殴られ、岸被告が《左ひざの皿くだいた》状態だった。そしてそのまま、絶命した。

 岸被告が瑠美さんの異常に気が付き、山本被告に「車の中にいる瑠美さんが息をしていない」と連絡。山本被告はバーを経営する男性とともに、岸被告らの乗る車のあった近隣の駐車場へ向かい、車の後部座席で力尽きた瑠美さんを確認したという。死因は「外傷性ショック死」で、法廷では両被告による度重なる暴行が原因と断定された。

■「死んだことに気付いてないフリをしよう」と山本被告

 そこで両被告らは警察に通報することなく、後部座席に瑠美さんの遺体を乗せたまま、約1時間かけて太宰府市のインターネットカフェの駐車場まで車を移動させ、その場に車ごと遺棄した。山本被告は法廷で「瑠美が亡くなっていたと思っていないです」と、死体遺棄には当たらないと主張した。

 しかし、同乗したバー経営の男性は密かに車内の会話を録音していた。山本被告らは元暴力団員の田中被告と電話でこうやりとりをしている。

山本被告「まさか死ぬとは思ってないよ」

田中被告「言うた通りになったな」

岸被告「なりましたね〜」

山本被告「死んだということに気付いてないフリをしようと思ってる。どうしたらいい? 傷とか」

田中被告「病院連れて行ったら全部めくれるぞ」

 こうして瑠美さんは残忍な暴行の末、命を落とした。

「瑠美さんの遺体には全身に木刀や杖のようなもので殴られたり突かれたりしたことを示す外傷があり、対面した遺族も瑠美さんとはわからないほど変わり果てた姿だったようです」(地元社会部記者)

 しかし加害者らには反省の色は見られない。法廷で岸被告は「暴行は山本被告がやっていた。暴力団とのつながりがあると思っていたため、(山本被告が恐くて)止められなかった」と主張。山本被告は「暴行は岸被告。止めようとしたが怖かった」、自分は怪我の手当をしていたなどと訴え、「主犯」をそれぞれに押し付け合う事態となった。

■裁判長は「尊厳を踏みにじられた末に生命を奪われた」

 2月19日の最終意見陳述では、山本被告はすすり泣きながら「正直、謝ることしかできない。岸被告を止められなかった。私じゃ止められなかったんです」と懺悔してみせたこともあった。これに対して岸被告は「山本さんには面倒くさい演技はやめてほしい、と言いたい」と苛立ちをあらわにした。交際関係にあった2人だが、初公判以降、最後まで寄り添うことはなかった。

 3月の判決で岡崎忠之裁判長は次のように断罪し、山本被告に懲役22年、岸被告に懲役15年を言い渡した。

「日常的、継続的にバタフライナイフを落として刺す、木刀で臀部などを殴打するなどの激しい暴行を繰り返し、瑠美さんが衰弱していく中でなおも暴行を加えて死に至らしめた」

「(瑠美さんは)家族から引き離されて孤立させられ、衣服や入浴の機会も満足に与えられないなど劣悪な環境の中で監禁された。高カロリーの食事を強制されて無理やりに太らせるといった不本意な行動を強いられ、人としての尊厳を踏みにじられた末に生命を奪われており、この間に感じた苦痛や無念さは計り知れない」

 一方で死体遺棄については、「田中被告が遺体を埋めることを提案したが、それを山本被告が拒否し自ら通報した」として、遺体を隠したのではなく「口裏合わせをするための時間稼ぎ」だったと認定した。

 自分だけが助かろうとして、罪をなすりつけ合う両被告。死体遺棄についても有罪としたい検察の思惑も絡まり、今後開かれる福岡高裁での控訴審初公判が注目される。

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)