「ホストに手を握らせ、手の甲に割りばしを突き刺した」太宰府の女帝が主婦を“精神支配”した手口《法廷証言》

「ホストに手を握らせ、手の甲に割りばしを突き刺した」太宰府の女帝が主婦を“精神支配”した手口《法廷証言》

山本被告(左)と岸被告

 2019年9月下旬〜10月20日ごろ、福岡県太宰府市で主婦・高畑瑠美さん(当時36)が太ももをナイフや割り箸で刺され、20日午前4時50分ごろまでに外傷性ショックで死亡した「太宰府“主婦ホスト漬け”傷害致死事件」。

 今年3月、山本美幸被告(42)と岸颯被告(25)が傷害致死や監禁、恐喝などの罪で有罪となり、それぞれ懲役22年と15年を福岡地裁で言い渡された。恐喝の際は、別件で恐喝未遂罪で懲役2年執行猶予4年の有罪判決を受けている元暴力団員の田中政樹被告(47)の存在をちらつかせていた。

 山本被告と岸被告がともに出廷した際には、互いに「暴行したのは自分ではない」と罪を擦り付け合い、無罪を主張。判決を不服として控訴し、現在は福岡高裁での控訴審を控えている状況だ。

 しかしその裁判記録からは、山本被告らの“マインドコントロール”の手口が浮かび上がってくる。亡くなった瑠美さんは山本被告らから日常的に暴行や恐喝を受けていたが、周囲には「うち、姉ちゃん(山本被告)と離れとうない」と話していたというのだ??。

■女帝・山本被告の“シノギ”は元暴力団員を利用した恐喝

 地元社会部記者が事件を振り返る。

「山本被告は明るい髪色に濃いメイクと見た目も派手。取り巻きをひきつれて中洲の歓楽街で飲み歩き、豪快に金を遣う様子から、界隈では“女帝”として君臨していた。しかもこの金は、複数の被害者から恐喝して得たものでした」(地元社会部記者)

 判決文によると、2015年ごろ、当時30代後半だった山本被告は17歳年下の岸被告と交際関係にあった。岸被告は定職につかず、経済的に山本被告に依存していた。

「岸被告を養う山本被告の“シノギ”は主に恐喝でした。他人の隙につけこみ、元暴力団員の田中被告の存在を利用して、他人から現金を巻き上げていた。山本被告は過去にも恐喝や監禁の前科があります。今回の裁判でも瑠美さんやその夫ら複数人に対して、未遂も含めて500万円近くが被害額として認定されています」(同前)

■シガーライターを体に押し付け、生爪を剥ぐ

 “女帝”は少なくとも約20年前にはすでに暴行と恐喝に手を染めている。

 山本被告は当時、ある男性と婚姻関係にあった。その元夫は、今年2月に実子2人を絞殺し、殺人罪で福岡地検に起訴されている田中涼二被告(41)だ。田中涼二被告はテレビ西日本のインタビューで、山本被告とともに犯した罪について、こう明かしている。

田中涼二被告「(山本被告は)シガーライターを体に押し付けてみたり、カッターナイフで爪を剥いでみたり。でも(山本被告は)ヘラヘラ笑いながら『これ楽しいもんね〜』とか言って『もう一枚取る? まだ(金を)払わん? じゃあもう一枚』って風なことを平気でやってましたね」 

 あまりに残酷な犯行だが、こうした暴力と脅迫の“カモ”にされ、命まで奪われてしまったのが瑠美さんだ。

■ホスト漬けで孤立した瑠美さんを「異常な管理」

 山本被告と瑠美さんが知り合ったのは2008年頃。もともと恐喝していた瑠美さんの実兄の借金を肩代わりさせるという名目で、金を支払わせていた。当時、山本被告にとって瑠美さんは大勢いる脅迫相手の1人だったが、次第にその狂気は瑠美さんに集中していく。

 2019年2〜3月頃、山本被告は瑠美さんをホストクラブに連れて行くようになる。文春オンライン編集部の取材で、ホストクラブの従業員は瑠美さんがホストクラブを初めて訪れた際の様子をこう語っている。

「瑠美さんはホストクラブに慣れている感じはなく、ホストと話すのも乗り気ではないように見えました。お酒も強くないのか、最初はカクテルとか甘くて飲みやすい酒を飲んでいました」

 その後ホストクラブ通いは頻度を増し、訪れるたびに豪遊した。そして山本被告は瑠美さんの料金を立て替えることで借金額を増やし、激しく取り立てるようにもなった。

 瑠美さんはこの頃、近くに住む母親や妹から借金をしてホストクラブ代金を山本被告に支払っている。そのことが理由で瑠美さんは母親らとの関係が悪化したため、山本被告は瑠美さんと夫、そして2人の子供たちを実家から離れた場所へ引っ越しさせた。その後、瑠美さんを夫からも引き離し、同年8月下旬には太宰府市にある山本被告と岸被告の住む家に住まわせた。そこで瑠美さんは家族への連絡を制限されるなど、山本被告の許しなしに外部と接触することができない状況に陥っていた。

「山本被告らは瑠美さんを最愛の家族から引き離すことで孤立させました。そして瑠美さんを目の行き届く範囲に四六時中置き、異常な管理を始めます。これがマインドコントロールを強める大きな要因になっと考えられています」(同前)

 それからホスト通いはより一層加速する。この頃から、瑠美さんは異様な容貌でホストクラブを訪れるようになった。前出の社会部記者が語る。

「法廷で証言したホストクラブの従業員によると、この頃の瑠美さんは常軌を逸した様子だったようです。瑠美さんは山本被告から、毎日のように食パン1袋とカップ焼きそばを無理矢理食べさせられ、急激に太っていきました。服も同じ服を着せられ、風呂にも入らせてもらえず、ひどい悪臭がしたそうです。口紅を目のまわりに塗らせるなど奇抜な化粧もさせられていた」

■「怖くて逃げられない」「死んでしまう」「子供に会いたい」

 それだけではなく、山本被告はホストクラブで衆人環視のなか、瑠美さんに暴行を加えるようになっていったという。

「ホストクラブで同席した従業員によると、山本被告から『瑠美が手を握りたいんじゃない? 手首をちょっと握っとってくれん? 手首を握ってテーブルの上に置いて』と言われ指示に従うと、山本被告が瑠美さんの手の甲に割りばしを突き刺したというのです。ホストは驚いて手を引いたようですが、山本被告は『ちゃんと握っとって』と命令し、割りばしをライターで炙って再度手の甲に突き刺し、その後ライターの点火口も押しつけた。しかし瑠美さんは『熱い』と言いながらも抵抗はしなかったと言います。

 見かねた従業員が山本被告に聞こえないよう、逃げた方がいいと提案したようですが、瑠美さんは『怖くて逃げられない』『このまま死んでしまうかも』『子供に会いたい』と泣いたそうです。残虐な行為を受ければ受けるほど、瑠美さんは逃げられなくなっていった。他人がいる場で暴行を受けることで、『逃げられないし誰も助けてくれない』という思いを深めていったのでしょう」(同前)

■山本被告と岸被告は「残酷な仕打ち」を楽しんでいた

 山本被告は衣食住といった人の基本的な生活を支配し、度を超えた暴力を瑠美さんに加えることで、人としての尊厳を奪っていったのだ。

「こうした支配関係が続き、瑠美さんは完全にマインドコントロールされていました。恐喝行為もエスカレートしていきましたが、山本被告らの目的はただ金を奪うことではなかったように見えます。山本被告と岸被告は残酷な仕打ちを瑠美さんに加えることそのものを楽しんでいた。この後、瑠美さんへの暴行はますます残虐なものになっていったのです」(同前)

 そして2019年9月以降、山本、岸両被告の自宅に監禁状態となった瑠美さんの身には、死に至るまでの「鬼畜」とも言える暴行が繰り返されていくのだ。( #2 へ続く)

「青あざを通りこして血が滲み、汁が出る」“太宰府女帝”傷害致死 “普通の主婦”への暴行と恐喝の全容とは? へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)