「風俗とか水商売にはすごく偏見があった」それでも…女子大生の私がソープで働く道を選んだワケ

「風俗とか水商売にはすごく偏見があった」それでも…女子大生の私がソープで働く道を選んだワケ

©iStock.com

 新型コロナウイルスによる経済的な打撃は学生たちの生活に大きな影響を与えた。アルバイト先がなくなる、シフトが減らされる、給与の未払い…。それでも、生活のためにはお金を稼がなければならない。そんな窮地を「裏バイト」でやり過ごす女子大生も現れた。

 ノンフィクションライターの中村淳彦氏は、そうした学生たちに取材を重ね、貧困と性産業の実態に迫った書籍『 女子大生風俗嬢 性とコロナ貧困の告白 』(宝島社新書)を上梓した。ここでは同書の一部を抜粋し、ソープで働くこと決めるまでの紆余曲折を紹介する。(全2回の1回目/ 後編を読む )

◆◆◆

■「高級ソープで働いています。総額9万円のお店です」

 平野麻衣さん(仮名/19歳)は「コロナは気にしていないし、取材場所はどこでもいいです」と言う。一人暮らしをする自宅は大学に通いやすい東武東上線沿線のようで、大学のある池袋西口まで行くことにした。

「今は高級ソープで働いています。総額9万円のお店です」

 緊急事態宣言中、池袋西口の喫茶店はほぼずっと満席状態が続いていた。やってきた麻衣さんは、スラリと背が高く、清潔感のある美人だった。知性と気品があり、女優の小雪似だ。チェーンが華やかなシャネルのバッグを片手に、プレゼント用のGODIVAのチョコレートを抱えていた。ソープランドのお客さんにバレンタインチョコを渡すらしく、先ほど東武百貨店で購入したようだ。チョコレートは人によって種類を変えていた。

「出身は北海道で一人暮らしです。風俗嬢を始めたのは、大学に入って半年くらい経ってから」

 19歳とは思えない品のある雰囲気で、物腰は柔らかだ。我々が何を聞きたいのか、一言二言の挨拶ですぐ察したようで話が始まった。

「家が裕福ではなくて、大学は地元か東京かで迷いました。長期的に考えると就職は東京でしたほうがいいし、折り合いの悪い父親とも離れたくて東京の大学を選びました。高校2年のときに両親は離婚して、勝手に父方につけられた。大学生になったはいいけど、父親からの仕送りはないし、学費も払ってくれる予定が全部パーになった。奨学金だけしかない、みたいな状態になりました。はい、だからです」

 麻衣さんの経済的苦境も「父親のリストラ」から始まっていた。世帯主の雇用が奪われると、家族全員に影響を及ぼしてネガティブが連鎖していく。父親は現在46歳。44歳のときにリストラされたことがキッカケで母親に暴力をふるうようになった。暴力の的になった母親は精神疾患を患った。母親は仕事を休職し実家に戻った。祖母が引き取る形で、両親は離婚となった。

■学資保険の200万円は父親の借金返済に

「高校時代に両親の様子を見ていて、大学費用を払ってくれるか微妙だと思ってました。だから、大学入試と入学のお金の一部はバイトして貯めました。あらかじめ準備したんです。合格してから母方のおばあちゃんが、内緒だよ、お父さんには内緒だよって、黙って渡してくれたお金をそのまま入学費用に使いました。家が貧しいから国立を考えていたけど、私がやりたいことが私学にしかなくて、A大学に入りました」

 私立大学への進学は経済的に心配だったが、なんとかなるだろうと思った。

「あとから知ったんですけど、母親は私に学資保険を積み立ててくれていた。そのお金は父親に盗られてしまって全部パーになりました。そのことを母親からの手紙で知って、え? って。よくよく話を聞いたら、離婚してから私の親権は父親になって、そのお金を使い込んだらしい」

 大学進学時に200万円のお祝い金が下りる学資保険だった。父親はそのお金を使ってしまった。保険会社から麻衣さん名義のお祝い金200万円は下りたが、お金は進学費用に使われることはなかった。

「いつの間にかお金は消えているし、父に借金があったっていうのが大学に入って半年くらいで判明した。大学から学費未納の連絡があって初めて気づいたんです。たぶん、父親が親権を欲しがったのはその200万円のため。最初に感じたのは、悲しいなーって。それまで自分が貧困みたいな状況になるとは思ってなくて、だから、風俗とか水商売にはすごく偏見があった。汚い人たち、くらいに思ってました。でも、お金で躓いて、初めて自分の身に置き換えて、悲しんでいる場合ではないと。どうしようって考えました」

 父親には何を言っても無駄だと思った。200万円のことを問い詰めても、おそらく手元にはない。ないものを返せと言っても心労が増えるだけ。だから、何も言わなかった。

 父親は中小企業のサラリーマンだった。44歳でリストラに遭った。再就職は決まらず家にいるようになり、ずっとお酒を飲んでいた。大学入学のときには働いてなかったので、お金があるはずはない。200万円はお酒に消えたのだろう、と思った。

■風俗の存在さえ知らなかった

「お酒を飲んで暴れるみたいなのは昔からで、リストラされてからひどくなった。リストラの前は酔って暴言を吐くことはあっても人は殴らないし、まだマトモでした。働かなくなってからは暴れるわ、物は投げるわ、母親に暴力をふるうわ、メチャクチャに。母も病んでしまって家事をあんまりしなくなって。私が家事をやったんだけど、そうしたら母親の仕事だろって暴れる。高校のときは自由な時間がない、家に居場所がない、だから学校で勉強している、みたいな感じでした」

 家がおかしくなって、学校で勉強するようになって成績は上がった。地元の国立大学、早慶を含めた東京六大学は合格圏内だった。

「ひとりっ子なので父親は唯一の家族だし、嫌いにはならない。けど、あきれます。あういう大人になりたくない。血は継いでるけど、ああはなりたくないって。私もイラッとしたら、キレやすいっちゃキレやすい。父親を思い出して、あまり怒らないようにするとか。アイツにならんとこ、みたいな感じです」

 とにかくお金がない。そのまま学費を払わなければ、除籍になってしまう。延納を大学に相談し、現状で受けられる可能性がある給付型奨学金を調べた。

「本当にちょっとだけど、生活の足しになる奨学金があったり。医療費を大学が持ってくれる制度があったり。できることを片っ端から調べました。塾講師のアルバイトはしていたけど、そんな金額では無理なので夜の仕事、ホステスとかキャバクラとかの求人を見ました。本当に何も知らなくて夜のお仕事=キャバ嬢と思ってました。父は酒乱だけど、私はそんなにお酒が強くない。無理って。はじめて風俗ってあるのを知って、どんな感じかとか、稼ぎとかも知らなかった。それで調べてなるほどなるほど、みたいな」

 1年後期の授業料約55万円は半年間待ってもらえた。半年後に延納する55万円と、2年前期の授業料55万円、合わせて110万円をつくらなければならない。日本学生支援機構の第一種、第二種奨学金はすでに借りていて、増額しても足りない。早急にお金をつくらなければならなくなった。

■“本強”地獄だった錦糸町のデリヘル

 池袋を歩いているとき、スカウトマンに声をかけられた。風俗と水商売のスカウトというので立ち止まって、話を聞くことにした。スカウトマンは麻衣さんの事情を聞きながら、風俗の仕事の説明をしてくれた。デリヘル、店舗型ヘルス、ソープランドがあることを聞いて、それぞれ何をするのか教えてくれた。

「2時間くらいルノアールで話を聞いて、やるしかないって思いました。エッチなことは抵抗あるといえばあるけど、そんなことを言ってられる状況じゃなかった。それしか手段がないし、大学は絶対に卒業したいのでやろうと」

 スカウトマンはその場でデリヘルに電話して、外見と年齢は間違いないと口頭で店舗に伝えていた。スカウトマンが麻衣さんの写メを撮って店に送ると、速攻で採用が決まった。錦糸町にある大衆デリヘルだった。

「最初は大衆店でした。講習はなくて、口頭で本番はしない性行為を説明されただけ。不安だったけど、覚悟してやるしかなくて、なんとかなりました。バックは60分1万円か9000円で、プラス送迎費で2000円取られたり、みたいな感じ。安かったです。プラスアルファで本番やってもいいよ、って裏引きが当たり前の店で、私はそんな知識はないから普通にやってるみたいな。新人で業界未経験、しかも未成年だったから“本強”がすごくて、最初はそれに苦しみました」

 これまで何度も出てきている“本強”とは、本番強要のこと。警察に届けを出して営業するデリヘル(無店舗型ヘルス)は、違法である本番サービスはしない。そこで、男性客は女の子たちに直接、本番サービスを求める。女の子たちはルール違反と断るか、プラスアルファでお金をもらうか、言われたまま本番をするかの選択になる。

 デリヘルはラブホテルで男性客と2人きりとなる。店員が近くにいる店舗型と違い、ストッパーになる存在がない。女性や子どもに強く出る性格の男性客は多く、本強はおそらくすべてのデリヘル嬢が経験している。

「やってもいいと思ってる人がたくさん。挿入してもいいって。無理やり押し倒されることも頻繁で、男の人の力に抵抗できない。何度も無理矢理やられそうになって。泣いたこともあったけど、お仕事だからと思って。最初の頃は言葉でうまくかわすことができなかった。やってくるのは、だいたい中年男性です。未経験だから何やってもいいと思ってる人がけっこういて、押さえつけられて、お前に拒否権ねーからって。精神的に疲れてしまって、一度休んでいるんです」

■会員制交際クラブで「強姦」被害

 本番強要をしたり、暴言を吐くのは40代後半以降の中年男性のようだ。2021年3月、世界経済フォーラムは日本のジェンダーギャップ指数が156カ国中120位、主要7カ国中では昨年に引き続き最下位であることを発表した。40代後半以上の男性はずっと続く男尊女卑を受け継ぐ世代であり、風俗嬢に対して横暴だったりする。

「錦糸町の店は本当にキツくて、もうダメだと思いました。それでスカウトを変えた。会員制の交際クラブを紹介されました。その仕事はめちゃ楽しくて楽だった。エッチしなくていいし、ご飯食べればよかった。ただ交際クラブでも50代の人に眠剤もられて、目が覚めたら全裸で朝だったことがあった。強姦されたんです」

 警察に訴えたら親や大学に連絡が行ってしまう。証拠もない。泣き寝入りした。

「踏んだり蹴ったりですけど、学費のことがあるので、そういう仕事を辞めるっていう選択肢はありませんでした。大学1年の後半はいろいろひどい経験したけど、目が血走ってお金を稼がなきゃって状況でした。本強とか強姦とか経験して、本当にどうしたらいいのかわからなくて、頭が狂っていました。もうヤバイ、ヤバイしか頭にないし、勉強で疲れているけど働かなきゃって強迫観念もあって。当時のことを友達に聞いたら、すごい目つきが怖かったって」

 大学2年になるまでに、最低110万円が必要だ。家賃と生活費を除いて月20万円の貯金ができないと達成しない。デリヘルで一日に稼げたのは2万〜3万円くらい。期日までにその金額を貯められるか微妙だった。追いつめられた。

「中年男性とエッチするなんて、それは嫌です。でも、お金のためだから、お金のためだから、みたいな。全部、金、金、金、金みたいな感じ。お客さんは写真がネットとかで載るから付くけど、本指名で帰ってくる人は、だいたい羽交い締めにされても黙って言うことを聞いた人みたいな。いい人は戻ってこなかった。本当に怖いし、疲れるし、しんどい。風俗があまりにしんどくて、大学の成績も下がりました。このままではダメだと思いました。最終的に思ったのは、はじめから割り切れるところに行ったほうがいいってこと。ソープランドで働こうって思いました」

【続きを読む】「家族に嘘をついているのが心苦しかった」5万円のギャラでAV出演、48歳で風俗嬢デビューした女性の“告白”

「家族に嘘をついているのが心苦しかった」5万円のギャラでAV出演、48歳で風俗嬢デビューした女性の“告白” へ続く

(中村 淳彦)

関連記事(外部サイト)