「そんなサービスやりたくない。けどお客さんを…」吉原のトップ風俗嬢・桃子が明かした“心遣い”《日本最大の色街のいま》

「そんなサービスやりたくない。けどお客さんを…」吉原のトップ風俗嬢・桃子が明かした“心遣い”《日本最大の色街のいま》

静まりかえった吉原の街(羽田さん撮影)

 江戸時代に産声をあげて、400年以上の歴史を持つ色街、東京・吉原。この街で働く女性たちは、長引くコロナ禍をいかに生き抜いているのか――。『娼婦たちから見た日本』(角川文庫)、『青線 売春の記憶を刻む旅』(集英社文庫)の著作で知られるノンフィクション作家・八木澤高明氏が現地を歩いた。(全3回の1回目/ #2 、 #3 を読む)

◆◆◆

■吉原のネオンが消えた

「いつもは明かりがついていて、客引きの人だったり、お客さんを乗せたバンとかが、ひっきりなしに走っているんだけど、あの日吉原を通ったら、真っ暗で衝撃だったのよ。私は女だから遊ぶわけじゃないけど、いつもの光景が失われたことが何かショックでね、思わずスマホで写真を撮ったの」

 昨年4月、最初に緊急事態宣言が発令された際の吉原の様子を語るのは、隣接する山谷で介護福祉士として働く羽田栞(44、仮名)だ。彼女は仕事柄、山谷や吉原周辺のマンションやアパートを周りながら、独居老人などの介護をしている。

 ちょうど話を聞いた日も、吉原から通りを一本隔てた場所にあるアパートで、呼吸困難に陥った老人の介護をしていたという。彼女にとって吉原は見慣れた日常の風景である。その吉原のネオンが消えたことは、日常の喪失を意味し、ただならぬ出来事だったのだ。

 彼女のスマホに保存されていた写真を見せてもらうと、街灯だけが吉原のメインストリートである仲ノ町通りを照らしていて、ひとっこ一人歩いていない。

 このような光景が果たしてあったのだろうか。もしかしたら売春防止法が施行され一時的に吉原の灯が消えた時以来なのではないか。

 ご存知のように東京にある色街吉原は、江戸時代に産声をあげてから400年以上の歴史がある。その存在は常に世の中の浮き沈みとともにあったわけで、日本だけでなく世界を大混乱に陥れている新型コロナウイルスの大流行とも無縁ではいられない。

 政府が声高に不要不急の外出の自粛を訴えているが、そのスローガンから最も目の敵にされる存在ともいえる。この未曾有の危機の中、そこで働く関係者や女性たちはどのように生きているのだろうか。その生の声を聞いてみたいと思った。

■ソープの仕事が天職だと言った桃子

 私が吉原を初めて取材したのは、5年ほど前のことだった。話を聞いたのはソープランドで働く桃子(24、仮名)という女性だった。

 ソープランドの一室で話を聞いたのだが、まず驚かされたのは、彼女の荷物だった。何日かの旅行にいくような大きな黒いボストンバッグが部屋の片隅に置かれていた。

「お客さまを迎える時の服だったり、仕事で必要なものを入れると、これぐらいのバッグが必要なんですよ」

 なぜそんなに服が必要なのかというと、1日に迎える客ひとりひとりに合わせて服装を変えるのだという。彼女なりの心遣いとプロ意識が、ボストンバッグいっぱいの服なのだった。

「私はエッチも好きですし、この仕事は本当に好きなんですよ。だから精神的に落ち込んだりすることもないんです」

 彼女はこの仕事が天職だとも言った。

 桃子は高校時代から風俗稼業に入り、数々の風俗業界を渡り歩いてきた。飛田の青春通りでは半日で20人の相手をしたという。さらに福原、雄琴、川崎、中洲と各地のソープランドで働き、辿り着いたのが吉原の高級ソープだった。どの店でもトップを張り、風俗業界を道場破りしながら歩く、“女版宮本武蔵”のようだなと思った。

■月に2回は性病の検査へ

 そんな彼女が一番気をつけていたのが、性病だった。

「コンドームは必ずつけてますが、月に2回は性病の検査に行きますよ。1回2万円はかかるんで、お金は痛いですけど、仕方ないですね。その時には、喉の検査もしてもらうんです。意外と喉に感染しているっていう人が少なくないんです」

 血液検査や喉の性病の検査は店が出してくれるわけではなく、すべて自腹である。吉原では、コンドームを着けないサービスも少なくないが、彼女は絶対に無理だといった。

「外国からのお客さんも最近多くなってきて、梅毒などの性病に罹った女の子もいるって話です。そうした子は勿論、コンドームを着けてない店の子だと思います。女の子もそんなサービスはやりたくないんですよ。だけどお客さんを取る為に仕方ないと思ってやっているんです」

 桃子は若さもあり、多くの客がついているが、いつまでも続けられる仕事ではなく、貯金が楽しみだとも言っていた。彼女は24歳の若さで浮かれることなく、冷静に現実を見ていた。

 果たして、そんな彼女はこのご時世、どう生きているのか気になって、メールを送ってみたのだが、残念ながら送り返されてしまった。もし現役を続けていれば30歳。機を見るに敏な彼女のことだから、すでに引退をして幸せな人生を送っていることだろう。

■当時を知る人が語った「阿部定の記憶」

 3度目の緊急事態宣言が出されて間もない今年5月、私は吉原の状況を取材するため東京メトロ三ノ輪駅から、歩いて吉原に向かった。

 吉原へと向かう道筋から少し外れるが、駅から歩いて5分ほどで竜泉の町につく。将来吉原の遊女になることを宿命づけられた美登利という少女が主人公の樋口一葉の『たけくらべ』の舞台となった。そして、恋人のイチモツを切った阿部定が、事件後おにぎり屋をやっていた場所でもある。樋口一葉の像がある千束稲荷神社の向かい側に阿部定の店はあった。その場所を訪ねてみると、今も当時の建物が残っていた。

「あの阿部定がここに確かにいたけど、店にもいったことはなかったし、たいしたことは何も覚えていないんだよ。ただの婆さんだっていう記憶ぐらいかな」

 近所の人には阿部定の記憶が残っていた。そしてここ竜泉には、遊廓文化華やかりし頃、吉原遊廓で働く娼婦たちが、多く暮していた。今では住宅街となっている竜泉だが、吉原という世間の中での離れ小島のような土地と密接に繋がっていた。ここで世間から蔑まれた阿部定が、店を開いていたことからも、娼婦に対する土地の包容力を感じずにはいられない。

 竜泉をあとにして、10分ほど歩くと、吉原のソープランドの看板が目に入ってくる。微かに吉原の土地が高くなっていることに気がつく。かつて吉原は、お歯黒どぶと呼ばれた堀で囲まれていて、遊女たちが逃げ出せないようになっていた。すこし高くなっているのは江戸時代の名残りである。

 吉原の区画は、この場所に移ってきた1657年から350年以上変わらず、町の名前も当時のままである。江戸時代初期に産声を上げ、戦後の1958年に施行された売春防止法により、遊廓からはじまった吉原と売春の歴史は途絶えたかと思われたが、ソープランド街として生まれ変わった。

 そもそもソープランドは1951年に吉原ではなく、東銀座で産声を上げた。「東京温泉」と呼ばれ、20人のソープ嬢からはじまった。その後トルコ風呂と名乗ったが、後にトルコ大使館からのクレームにより、ソープランドと呼ばれるようになった。ソープランドが初めて吉原にできたのは、1958年8月のことで、当時の入浴料は700円、今でいえば1万円ぐらいの価値だった。

■吉原に増えた「ファミリータイプのマンション」

「お店決まってますか? ご案内できますよ」

 と、案内所の男性が声を掛けてきた。コロナの影響だろうか、歩いたのは午後6時をまわった頃だったが、客と思しき男性を見つけることができない。かろうじて、3人組の男性が、頬を緩ませながら歩いているのに出会った。一方で目についたのは、自転車に乗った親子の姿だった。吉原の中に建てられたマンションで暮らすファミリーが増えているのだ。

「数年前から。吉原だけじゃなくて、山谷のドヤを潰して、どんどんマンションが建っているのよ」

 明かりが消えた吉原の写真を見せてくれた羽田が言った。吉原には、現在140軒のソープランドがあるというが、全盛期の6割ほどだ。そして山谷のドヤ街も労働者の高齢化により、外国人旅行者向けのホテルやマンションなどに姿を変えている。行政からしてみれば、ソープランドが消えていくということは、彼らにとっての街の健全化が達成されるということであり、喜ばしいことなのかもしれないが、私には、400年という歴史を生き抜いてきた巨木が少しずつ朽ちていっているように見えて、何とも切なくなってくるのだった。

 街を歩きながら現役のソープ嬢に話を聞けないかと思った。そこで私が頼ったのは、以前取材したスカウトとして吉原に女性を紹介している龍雄(36、仮名)だった。

 後日、龍雄と池袋で10年ぶりに会った。

「久しぶりっすね」

 池袋西口にある喫茶店で先に店に入って待っていると、こんがりと日焼けをした男性が入ってきた。10年ぶりということもあり、顔や姿ははっきりとは覚えていなかったのでが、張りのある声を聞いて、かつての記憶が蘇ってきた。

「何だか寂しい景色ですよね」

 最近の吉原について尋ねると、開口一番に出たのは、光を失った街の様子についてだった。

( #2 を読む)

「ホストに月80万円は使ってる」吉原勤務のルナ(27)がスマホを置いて真剣に語った“将来の展望”とコロナ へ続く

(八木澤 高明/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)