「徹底的に干す」「脅しておいて」発言の“ワニ大臣”平井卓也デジタル担当相 弟が社長を務める四国新聞が報じた見出しは…?

「徹底的に干す」「脅しておいて」発言の“ワニ大臣”平井卓也デジタル担当相 弟が社長を務める四国新聞が報じた見出しは…?

平井卓也デジタル担当相 ©文藝春秋

 今年は動物がやたら逃げます。横浜ではニシキヘビ、長野ではオオカミ犬。千葉では「怪鳥」ミナミジサイチョウが捕獲。

 そんななか今度はワニが逃げています。平井卓也デジタル改革相のことです。

■国会中に見ていた「ワニ動画」でブレイク…?

 平井先生といえば昨年、国会の質疑中にワニ動画を見ていたことでブレイク。見ていたタイミングもすごかった。検察庁法改正案をめぐる国会の質疑中。

 あの法案はSNSでも関心が高かったが平井先生はよほど興味が無かったのだろう、午前9時から始まった委員会の9時9分からワニ動画を見始めたという(毎日新聞2020年5月14日)。

 タブレットで巨大なワニが歩いたり、大蛇にかみつかれたりする動画を約5分間見続けた。

 記者には「(質疑を)聞いてたからね。たまたま(ワニ動画が)出ちゃった」と答えた平井先生。

 ワニ動画って、たまたま出るものなのか。

 平井先生はその年の秋にめでたくデジタル改革担当相に就任された。『100日後に死ぬワニ』という漫画があったが、ワニ動画を見ていたら100日後に大臣になったのである(数字は適当)。

 平井大臣はそのあとBS放送でワニ動画を見た理由を尋ねられ、「ワニが好きで」などと釈明した(毎日新聞WEB2020年9月23日)。

 やっぱり好きだったんじゃないか。ワニ動画ってたまたま出るものではなかったのである。

■五輪向けアプリの開発会社に「脅しておいて」

 そのワニ大臣、先週末にネット上でまた爆発した。この記事だ。

『「徹底的に干す」「脅しておいて」平井大臣、幹部に指示』(朝日新聞デジタル6月11日)

《東京オリンピック(五輪)・パラリンピック向けに国が開発したアプリ(オリパラアプリ)の事業費削減をめぐり、平井卓也デジタル改革相が今年4月の内閣官房IT総合戦略室の会議で同室幹部らに請負先の企業を「脅しておいた方がよい」「徹底的に干す」などと、指示していたことがわかった。》

「NECには(五輪後も)死んでも発注しない」「今回の五輪でぐちぐち言ったら完全に干す」「どこか象徴的に干すところをつくらないとなめられる」。さらに幹部職員にNECを「脅しておいて」と求めていた。

 この記事の何が面白いかって、動画が添付されていて平井大臣の「音声」も堪能できること。デジタル改革相にふさわしい構成だ。

■デジタル大臣による「アナログ」な脅し方

 この「ワニ動画」は怖かった。平井先生はデジタル大臣だが脅しの内容はアナログだった。

 直接NECを脅しているのではなく、脅すよう会合で指示していた。つまり自分の手は汚さない。そして激高していないしキレてもいない。冷静にねっとりと話している。これはゾクッとする。ワニがすーっと水辺の獲物に近づく様子に似ている。NECのおじさんたち逃げてー!

 平井大臣はこの音声の話し相手は「10年来仕事をしてきた仲間なので非常にラフな表現になった」と釈明している。だが「仲間」からこの音声がリークされることに深刻さを感じる。パワハラ体質が日常であり、もういい加減にしてくれ、助けてくれという悲痛な思いが「仲間」にあったのではないか? だからこそのリークではなかったか。

■大臣の弟が社長の「四国新聞」はこの件をどう報じた?

 さて、今回の私のコラムはここからが本番である。新聞読み比べ好きとしてはどうしてもチェックしておきたいことがあった。それは平井先生の地元である香川県の「四国新聞」はこの件をどう報じたか? である。野次馬精神がとまりません。

 平井卓也先生にとって四国新聞はただの地元紙ではない。弟が四国新聞の社長を務めていて社主は母親。つまり平井一族のオーナー経営。

 ドキュメンタリー映画『なぜ君は総理大臣になれないのか』(大島新監督・2020年)では、2017年の総選挙の様子も描かれているが、このなかで印象深かったのは四国新聞の報道だった。

 平井卓也の対立候補である小川淳也には厳しいが、平井には「地域貢献に汗流す」という見出しで思わず笑ってしまうほどのわかりやすさだった。

 では今回の脅し音声について弟が社長を務める新聞はどう伝えたのか。私は我慢できなくて四国新聞の東京支社に出かけて購入した。

 6月12日(土)にその記事はあった。2面の下。

『「税金の無駄なくすための発言」 73億→38億に 五輪アプリ経費削減巡り』

 不適切な発言があったと書くが、「国民の血税を預かる立場。無駄をなくしていく強い気持ちを持っている」というお兄ちゃん、いや、平井先生の言葉を見出しに持ってきていた!

 さらにおっと思ったのは記事後半の小見出し。

『減額は国民に利益 橋下氏「ハッパかけすぎ」』

 何のことかと思ったら橋下徹氏のテレビでの発言を記事にしていたのだ。

《「職員に言っている話。直接、NECに言ったら大問題」とした上で、「減額したこと自体は国民にとって利益」と指摘した。

 続けて「必要のないアプリについて減額をやる時には気合を入れてやっていけ、と。ハッパをかけたのだろうが、ハッパかけすぎですかね」とコメントした。》

■四国新聞もさすがに援護材料に窮していた…?

 わざわざテレビでのコメントを引っ張ってこなくちゃいけないほど擁護材料に困っていたとみるのは意地悪すぎだろうか。

 平井大臣も四国新聞も「税金の無駄をなくすための発言」というが、そもそもアプリ開発の委託費73億円は高すぎだと以前から問題視されてきた。

『出来レース? 73億円「五輪アプリ」の入札期限がわずか4日半、応札1者のみ 公正性に疑問の声』(東京新聞Web版4月13日)

『海外客断念なのに…73億円「五輪アプリ」の見直し迷走中』(同)

 今回慌てて減額になったが、当初から不透明でプロセスは拙速であった。そして「拙速」はアプリだけでなくデジタル改革法をめぐる報道でもよく見られたキーワードである。

《秋までにある解散総選挙と自民党総裁選をにらみ、実績を残したい菅政権は突貫工事で法案を作った。(略)政権発足からわずか5カ月で閣議決定。国会審議では要綱などに記載ミスが大量に見つかり、野党から「立法府の軽視」と批判を受けた。》

 この記者解説のタイトルは『拙速 デジタル改革法』である(朝日新聞5月17日)。

■ワニ大臣の「恐怖」は飼い主譲り…?

 今回何が怖いって、言うことをきかないと「どこか象徴的に干すところをつくらないとなめられる」とデジタル改革相が言っていることだ。個人情報、マイナンバーを扱うところのトップが。しかも議論は拙速で評判が悪いという自らの責任は棚に上げて脅しにかかる御方なのである。

 平井大臣は言葉がラフだったと逃げているが、ワニ大臣は危険すぎないか。こういうのって「飼い主」の責任ではないだろうか。

 すると菅首相が言ったという言葉が別のニュースで出てきた。

『強引にやれば外為で捕まえられるんだろ?』

 東芝と経済産業省が一体となって海外株主に圧力をかけたとする報告書が公表された件である。

 ああ、飼い主がこれだとワニもそうなるよね。

(プチ鹿島)

関連記事(外部サイト)