「私のしたことは間違っていたのでしょうか?」参院補選での選挙違反を告発した女子高生…一家を待ち受けていた“重すぎる報酬”

「私のしたことは間違っていたのでしょうか?」参院補選での選挙違反を告発した女子高生…一家を待ち受けていた“重すぎる報酬”

「私は間違っていますか」と問題を投げかけた朝日の記事

 地域で爪はじきにされることを意味する「村八分」という言葉は死語だろうか。そう思っている人が多いかもしれないが、実はそうではない。

 現実に最近も裁判になったケースがある。コロナ禍で同調圧力や“自粛警察”などが叫ばれるのを見れば、表面には出ない実質的なケースも多いと考えられる。

 いまから70年近く前、静岡県の小さな村で半ば公然とした選挙違反が行われ、それを1人の女子高生が告発したことから、女子高生一家が地域で「村八分」にされたと報じられた。正式には村八分と認められなかったものの、時期は日本が占領から独立に踏み出した直後。戦後の民主化に逆行した、地域の封建的な体質を露呈した出来事として反響が広がり、全国的な話題に。

 それから長い時間がたち、地域社会は大きく変質したが、選挙違反も村八分も、その時代や地域だけの問題だとは思えない。いまも、似たような事例がどこかで起きているのではないか――。文中、差別語が登場するが、当時の状況をできるだけ正確に伝えるためなので、ご了解を。(全2回の1回目)

◆ ◆ ◆

■選挙違反の告発と「村人を罪に陥れたのはけしからん」

 1952年5月6日、静岡県で参院補欠選挙が行われ、元農林省高級官僚で戦前、農相や貴族院議員を務めた石黒忠篤(緑風会)が当選した。それから約1カ月半後の6月23日、朝日夕刊は「私は間違っていますか? 公明選挙を願う少女は嘆く」の見出しで次のように社会面トップで報じた。

〈選挙違反を投書した 娘さん一家を“村八分” 罪に問われ逆うらみ

【吉原発】さる5月の静岡県参院補欠選挙で同県富士郡上野村では、部落の有力者が棄権者の入場券を集めて歩き、これを使って数回も同一人が投票所に入るのを管理者が黙認したという選挙違反事件があり、このため佐野(茂樹)・同村村長、牧野(百松)・選管委員長ら十数名が取り調べを受け、役場吏員・望月敏夫(44)、配給所長・佐野二郎ら10名が送検された……。ところが、同事件が部落内の一少女の公明選挙を期待する投書から発覚したことを知った村民の一部が「村人を罪に陥れたのはけしからん」との考えから、その後、少女の一家を暗黙のうちに「村八分」同様の状態にし、この結果、生活に困った同家が村からの立ち退きを相談し合うという問題が起こっている。

?

 少女は上野村塚本、農(業)、元警察官、石川市郎さん(47)の次女皐月(さつき)さん(17)=富士宮高校2年=で、同家は父親市郎さん、妻きみ子さん(44)、皐月さん、妹の玲子さん(14)の4人暮らし。1反歩(約992平方メートル)の耕作のほか、生計のほとんどを他家の手伝い仕事に頼っていたが、選挙違反事件後は田植え時のこのごろでも全く手伝いの頼み手がなく、たまたま田植えを頼まれて行った家でも「昼間は人目がうるさいから夜来てくれ」と言い渡される始末。母親きみ子さんは「田植えに使う農具も貸すなと部落で申し合わせた」と涙のうちに語っている。

?

 皐月さんは社会科担当の山香(弘夫)先生に提出した感想文の中で「部落の人と行き来することはもちろん、言葉を交わすことさえ絶たれてしまったのだ。道を通れば、田植えの手を休め『スパイだ』『アカだ』とささやき交わし……。1人だけ来てくれる村のおばあさんにも『老い先も短いのに、何を好んでスパイの相手になるのか』と、私たちとの絶交をたびたび勧めるのだそうだ」と訴えている。

?

 静岡地検ではこの問題に対し、事実とすれば人権擁護局に連絡して調査のうえ処置をとるとの見解を示している。〉

■「私のしたことは間違っていたのでしょうか?」

 本人の名前の表記は「石川さつき」としたものも多いが、手記などでは「石川皐月」となっており、引用文以外はその敬称付きで統一する。記事には以下のような談話が付いている。

〈皐月さんの話 私のしたことは間違っていたのでしょうか? 間違っていたとすれば、父母や妹まで苦しんでいることにどう責任をとったらいいのでしょう。不正を見ても黙っているのが村を愛する道なのでしょうか。

 市郎さんの話 田舎では有力者の言う通り、黙々としていなければ暮らせない。子どものしたことを聞いたとき、思わず「困ったことをしてくれた。生活の問題だぞ」としかったものの、子どもは正しいことをしたと思っています。この正しいことが結果は無言のつるし上げに遭う始末になったのです。敵意に囲まれたここでの生活はもう続けられない。早く引っ越したいと思っています。

?

富士宮高校社会科担任・山香教諭の話 石川さんは優秀な生徒です。社会科の教師として、「正しいことはあくまで押し通すべきだ」と教えながら、現実の社会悪に対して全く無力だということは大きな悩みです。

佐野村長の話 石川の娘さんは中学からの秀才で、奨学資金ももらっている。石川さん一家がいじめられているという話は知らないが、警察で調べられた人たちが“盗人の逆恨み”をして、両方で気まずくなったのだろう。至急事情を調べてみる。

?

佐野配給所長の話 組長あたりが中心になって申し合わせをやり、農具を貸さない、暮らしに困っているのを知りながら田植えの手伝いも頼まない、という話があるのを聞いている。私自身は石川君の娘を恨んじゃいない。石川君一家をいじめるようなことをするのは私たちに対する忠義立てかは知らないが……。

?

静岡地検・山本次席検事談 今度の選挙違反は、村人の無知を利用した点で悪質なものだった。こうした違反事件はなかなか見つからぬもので、摘発に端緒を与えてくれた石川さんの勇気は褒められてよい。自分たちが悪事をはたらいて、これをただそうとした人を逆恨みするとは全く言語道断で、当然人権問題になるだろう。〉

 村八分について神崎直美「近世日本の法と刑罰」は「村法に違反する行為を行った者に対して、村内居住は認めるものの、火事や葬式以外の村落生活について、もしくは生活全般にわたり村内で付き合いを拒否する制裁をいう。当時の農村生活は、日常において近隣の相互協力なくしては成り立たないため、村八分の適用は大変厳しい処置であった」と書く。

 火事と葬式の「二分」は付き合うが、残りの「八分」(出産、元服、婚礼、追善、建築、病気、水害、旅行)を断ち切る。「村外し」「組外し」などとも呼ばれた。実際には時間がたつと崩れ、永久的な絶交ではなかったという。

■「あまりにも正々堂々たる」違反

 朝日の記事の反響は大きかった。

「富士宮市史 下巻」は「“村八分”事件」に1節を割いているが、いち早く『ラジオ東京』(現TBSラジオ)では6月27、28の両日、現地を訪れ、石川さん一家をはじめ、部落の人たちの声や同村の青年団と、さらに富士宮高校の先生や生徒の意見などを録音して『マイクは探る』という番組で7月1日夜、20分間放送した。

 評論家・神崎清が雑誌「教育技術」1952年9月号臨時増刊「脱皮する日本教育」に載せた「現地調査記録 静岡県の村八分をめぐって」は「静岡県の小さな村の片隅の事件を全国的な話題に投げ込んで、大きなセンセーションを巻き起こした」と書いている。同論文によれば、北は北海道から南は鹿児島まで、あらゆる階層の人々から実に1200通の感想文が石川家に舞い込んできたという。

 静岡県富士郡上野村(当時)は国鉄(現JR)身延線富士宮駅からバスで約40分。富士山南西山麓にあり、「角川日本地名大辞典」によれば、1950年当時、面積は13.6平方キロメートルで戸数は964戸、人口5334人だった。主な産物はコメと繭(まゆ)。1958年に富士宮市に合併された。

「アサヒグラフ」の1952年7月23日号には、この問題が広がるきっかけとなった石川皐月さんの感想文が載っている。高校の山香教諭から求められて書いた文章だ。それには事件の端緒がこう書かれている。

〈 1952年5月6日、静岡県においては参議院補欠選挙が行われた。夕方帰宅し、母に様子を聞いてみた。ところがどうだろう。午前10時ごろ、隣組(田舎にはまだこの制度がある)の組長が棄権者の票を集めに戸別訪問したというのである。

?

 折あしくこの日は、近くの浅間神社の祭りのため、自覚のない多くの人たちは、投票よりも祭りの花火にひかれていたのは事実だったようだから、棄権者が多数いるだろうことは想像に難くなかったし、事実だった。

?

 母は断って投票に出かけたという。そこに見たのは何だろう。5回投票してきたと笑い興じている婦人群と、顔知りの人に替え玉を依頼する組長級の馬鹿者だったという。帰途、先ほど家に訪ねてきた組長Kと出会い、Kが既に30枚ほどの票を村役場のMに手渡してきたという事実をK自身から聞いて知ったという。

?

 あまりにも正々堂々たるものなので、いかなる理由によるかと聞いたところ、「棄権防止ということですよ。だが、村ではI氏を担いでいるらしい」と漏らしたという。同じ方へ帰る人々2、3に会い、Kの部落のみかSのところも、Iのところも同様のことがあったことを耳にしたという。ひどいことには、Iの部落では、組長が回ったどころか、「棄権者は入場券を組長宅までお届けください」との意味の紙面が回覧されたということだ。〉

■選挙の背後にあった中央政界の事情

 このときの参院補選の背後には、当時の吉田茂・自由党内閣が絡んだ保守系内部の複雑な事情があった。

 前年の知事選で現職の小林武治(のち厚相、郵政相、法相)が自由党の公認争いに敗れて退陣。参院補選も小林と大昭和製紙専務の斎藤美英(了英、のち大昭和製紙社長)が公認を争ったが、前年公職追放解除になった石黒が突如出馬を表明した。

 吉田内閣は参院で野党の攻勢に苦しんでいた。「静岡県政の百年」によれば、吉田首相は斎藤寿夫知事らを呼びつけ、「石黒が全国農業界に持つ勢力は、彼の心一つで20人の農業代議士を左右できる。緊迫した政局を押し切るには、石黒を参院に据えるしかない」と説得。「他党候補を応援するとは」という地元の根強い反対を押し切った。

 斎藤美英は出馬を辞退。石黒が自由党公認を得た小林に競り勝った。「石黒を落としたら交付金や補助金を減らす」と斎藤知事が脅されたといううわさも。

「静岡県の村八分をめぐって」によれば、戦没学生の遺稿集「きけわだつみのこえ」で知られる日本戦没学生記念会(わだつみ会)の現地調査報告では、上野村でも4月下旬、町長が村会議員らに「村の平衡交付金(のちの地方交付税)は石黒氏の票数と比例すると言われた」と言明したという。ねじれとしこりを残した選挙だった。

■「確かにこれは田舎の悲劇だ」

 そんな中で、皐月さんは、問題の捉え方と自分がとるべき手段を書き進めている。

〈 確かにこれは田舎の悲劇だ。無自覚な人々は、腹黒い陰謀さえ見抜く力を有してはいなかったのだ。これは現代の重大な課題の1つに違いない。時代の流れに、社会の進歩に取り残された農村の根底には、深刻な世紀の断層が露出している。このままにしておいたら、どうなるのだろう。目覚めない民衆がいわゆる顔役に利用される危険は逃れられないことに違いない。

?

 一番悲しいのは、村人の多くが事の重大さを、偉大なる不正であることを認識しないことだ。だから第一に、棄権防止のために棄権者の票を集めてよいなどという規則はどこにもないのだということを村人に徹底しなくてはならぬと私は考えた。そのためには、村人を集めて話し合うなどという芸当は、高校生の私にはできようはずがない。

?

 次の日(5月7日)、村の中学に通っている妹から、ホームルームの時間に選挙の反省会が行われたということを聞いた。というのは、中学生は棄権防止に駆り出された。無論、組長の棄権防止? とは意味が異なるのだが、そのとき、数名の生徒から「組長が集めに来たり、何枚も票を持っている人を見たが、そんな選挙はいけないと思う」という意見が出たということを聞いた。

?

 だとすると、この事実は村中に広まっている。組長2、3人の私事ではない。何か1つの中心地がある。何ということだろう。自分の住んでいる愛する村が、愛する国の民主化のために大きな害になっていようとは!〉

■「参議院議員選挙のとき、今回と全く同じような不正が公然と行われたのです」

 皐月さんは、家で購読している朝日新聞の静岡支局に真相調査を願うはがきを出すことにした。「警察には割り切れない反感があったし、村の民主化のために結成されているグループも折あしく知らなかったし、中立の立場から正しい調査が望ましいと考えたからだ」(感想文)。そこには、2年前の苦い経験があった。

「昭和25年6月4日の参議院議員選挙のとき、今回と全く同じような不正が公然と行われたのです」と、事件翌年の1953年に出版された手記「村八分の記 少女と真実」で皐月さんは書いている。

 投票所で数人が「○○さんに投票してもらいたい」と顔見知りに頼んでおり、同じ人間が何度も投票に来るのを担当者は傍観していた。不正行為をやめさせる者がいなかったことで、彼女は「悔しかった、恥ずかしかった」と、在学していた上野中学の文芸部同人誌に書いた。

 それは同中の学校新聞に転載されたが、「学校では直ちに受け持ちの先生を通じて全生徒に新聞を回収させ、焼き捨てたのです」(同書)。

「静岡県の村八分をめぐって」は「(学校新聞を読んで)狼狽した村長は、中学の校長を呼んで『あんな新聞を出されては困る』としかりつけ、回収を命じた。校長はいったん拒否したが、職員会議を開いたところ、『村立の中学としては村長の意向に逆らうわけにはいかないだろう』という意見が勝ち、新聞を回収したという。

 同記事によれば、皐月さんは翌5月7日の早朝、学校近くの富士宮郵便局ではがきを投函した。上野村には富士宮高校の分校があったが、富士宮市の本校に自転車で通学していた。それを読んだ同村を管轄する朝日新聞吉原通信部の記者は8日、その名前の人物が実在するか電話で村役場に確かめたうえ、9日に車で現地入りし、石川家に乗りつけた。

 しかし、取材に関係者は口をそろえて疑惑を否定。「幾分不安を覚えました。村長は無論、ほかの人々も事実を否定し、結局あなただけが事実を認めているのですという記者の話だったからです」と皐月さんは「村八分の記」に書いている。

 彼女は中学校の教師に聞いてみてほしいと答えた。そして5月10日付朝日朝刊静岡版に「棄権者の入場券集めて投票 どう使われた? 上野村で」という見出しの、この問題での第一報が載った。記事には住民数人の匿名の談話があるが、そのうち、「私のところにも来ましたが、入場券など人に渡すものではなく、自分で行きますと言って出かけました」と語った「K・Iさん(48)」というのは皐月さんの母親だった。

■「帰ってきたら礼に行く」

「村八分の記」によれば、それから十数日たったある日、彼女は家の近くで隣の組の組長の妻に呼び止められた。

「あんただってねえ、選挙違反を投書なんかしたのは。きょう十何人もの人が警察に呼ばれたんだけど、まだみんな帰ってきていないから、帰ってきたらみんなしてお礼に行くそうだから」「自分の村に恥をかかせてさあ……」などと言われた。

「自分が住んでいる村だからこそ抗議したんです。自分の住んでいる村がこんな不正を行っているということは、本当に悲しむべきことではないんですか」と反論すると、「違反の起きたのはここだけではないのに」などと責められた。

 5月29日付朝日静岡版には「管理者も替玉を黙認 上野村の不正投票事件送検」の記事が。それによれば、上野村の主食配給所主任から「棄権者の入場券を回収してくれ」と頼まれた同村馬見塚新屋下組の組長が10枚、塚本の組長が7枚を集め、投票所で渡そうとしたが、配給所主任の姿が見えなかったため、選挙管理者の1人の役場書記に渡し、書記から主任に渡された。

 ほかにも頼まれて入場券を集めたり、替え玉になって投票したりした者が6人いた。調べに当たった国警富士地区署=当時は国警(国家地方警察)と自治体警察の2本立てだった=は5月28日、静岡地検吉原支所に事件を送致した。

 わだつみ会は、現地調査の結果、投票数2450票のうち、有権者本人が投票したのはわずか1000票で、残り5分の3の約1500票が不正投票だったと推計した(「静岡県の村八分をめぐって」)。

 その結果、「富士宮市史 下巻」によると、投票率は87.1%に達したという。朝日の記者が村役場に問い合わせ、車を自宅に乗りつけたことで、記事のニュースソースが彼女であることを地域の人たちに知られてしまった。「村人の反感的圧迫が私の家に一途に迫ってきた」「群衆の圧迫は、特に理性のない感情の圧迫は、考えるひまを与えないすさまじさを有している」(感想文)。

■「正しいと思って行ったことに対する報酬は重すぎた」

 上野中学に通っている妹は、小学生につきまとわれて「スパイの妹だ」「赤の妹だ」といってののしられた。再度取材に乗り込んできた朝日の記者も子どもたちに車を取り囲まれ「スパイが来た」とはやし立てられたと「静岡県の村八分をめぐって」は書いている。

「正しいと思って行ったことに対する報酬は重すぎた」

「信念は、どんな理由によっても曲げられてはならぬ、偽ってはならぬと固く信じてきたつもりだったし、今後も信じ続けたい」

「私は正しいと信じて行ったし、いまも正しかったと信じている。だが、家に迫ってくる圧力は日々強くなり、冷酷さを増す。この事実をどう割り切ったらよいというのだろう」(感想文)

 思い悩んだ皐月さんは山香教諭に相談。「感想文にまとめて持ってきたまえ」と言われて書いたのが「アサヒグラフ」に載った感想文だった。読んで「村八分」の実態の深刻さと政治的背景の複雑さに驚いた山香教諭は、朝日新聞東京本社にいた友人に感想文を送って問題解決に協力を求めた。それが6月23日付夕刊の「私は間違っていますか?」の記事に結びついた。

 朝日は6日後の6月29日付夕刊社会面トップで「皐月さん 勇気を持って… 全国から激勵(励)殺到 だが、冷たい村人の態度」という記事を載せた。全国から激励の手紙が殺到し、石川家を素通りしていた回覧板が回されてくるようになったものの、「実質的には相変わらず絶交状態が続き、かえって村八分を正当化しようと“逆恨み”さえ強くなっている現状だ」と指摘。次のように書いた。

「村の知識層とみられる村長や富士地方事務所員たちまでもが『困ったことになったが、石川さんの方に何か弱みがあるに違いないし、部落の人たちとしても、皐月さんのために摘発されたんだという、面白くない感情を持っている面もあるのでしょう。時間がたてばなおりますよ』と、迷惑したという態度を見せている」

 村から富士宮高校に通っている生徒の1人も学校新聞で問題を取り上げたとき、こう語ったという。

「少なくとも同じ村に住んで村人を罪に落とすのは人間でない。しかも、発言権のない世間知らずの高校生があばいたのは思慮がなさすぎる。村にそんな平和を破壊するような者がいるのは実際不愉快だ。たとえ事実があったとしても、村人としての礼儀で、口外するなどもってのほかである」

■「村八分の事実なし」

 同じ日付で地元紙の1つ、静岡新聞は「村八分の事實(実)なし 富士地區(区)署で上野村の實状調査」という2段の記事を掲載した。

〈【吉原発】富士郡上野村塚本、農、石川市郎さん(47)一家は、去月行われた参議院選挙の違反を投書したことから村八分になったという事件で、ラジオ東京その他、新聞社関係のニュース班が泊まり込みで押しかけ、それぞれのテーマで撮影、録音などしているが、右につき富士地区署は「部落民が石川家に対して村八分の共同謀議を行ったり、精神上または肉体上に具体的の迫害を加えた形跡はいまのところ認められない」と言っている。〉

 同紙は7月1日付朝刊でも、石川家の住宅の写真を入れた「法務局が實地調査」という記事を載せた。

 注目されるのは、皐月さんの父親が「村八分するといったことはもちろんあり得ないが、精神的な圧迫がある」と語っていること。さらに佐野村長は談話で、事件発生後も区長が父親に金を貸していること、ほかに4人が前から金を貸しているが、事件後、遠慮して(返済の)催促をしていないと述べている。

 さらに「引っ越しは2、3年前から口にしていることだ。石川さんはさる(昭和)20年ごろまでは水田5反1畝(約5060平方メートル)、宅地435坪(約1440平方メートル)、畑6反6畝(約6550平方メートル)、山林5反8畝(約5750平方メートル)を持っていたが、石川さんがあまり百姓に熱心でないらしく、だんだん売り食いしてしまったようだ。替え玉投票については申し訳のないことをしたと遺憾に思っているが、村八分の点は真相をよく調べてもらいたかったと思っている」とも。

 隣組の組長も父親のことを「普段寄り合いがあっても出ない人だった。近所との付き合いもこんな調子で、ほかの人とは変わっていた」などと語っている。

 同じ日付のもう1つの地元紙、静岡民報も馬見塚区長の「村八分の事実は全くない」という談話を載せた。さらに読売は静岡版トップで「本当に“村八分”はあったか “金や農具も貸した” 口を揃えて抗議する部落民」の見出し。朝日の特ダネに対抗する意図もあったのだろう。町長や組長ら村側の話を載せ、地元2紙同様「村八分は虚構」の論調を打ち出した。

《不正選挙告発 17歳女子高生の涙》“日本一の非文化村”で起きた「村八分」問題…その背後で見失われたもの へ続く

(小池 新)

関連記事(外部サイト)