売れる「就活本」で大学生の進路希望がわかる? 東大・京大は研究者、早稲田はメディア、慶應はプレゼン

売れる「就活本」で大学生の進路希望がわかる? 東大・京大は研究者、早稲田はメディア、慶應はプレゼン

東京大学 ?iStock.com

 新型コロナウイルスショックが大学生活を直撃している。特に2020年度はオンライン講義が中心となった大学も多く、学業やサークルなどの活動も含めて、2019年度までとは異なる大学生活となってしまった。

 就職戦線の求人倍率や内定率を冷静にみると、実はリーマンショック直後ほどは落ちていないので、「就職氷河期再来」というのはやや誇大な表現である。ただ、売り手市場から一変したのは間違いない。

 このような状況下で、学生たちはどのようにして就職活動を乗り切ろうとしているのか。大学生協で売れている就活対策本から読み解いてみよう。

 多くの読者が注目するであろう、東大・京大、早慶という国公立、私立のトップ校での売れ行きを確認した。2021年4月に各大学の生協で売れた書籍ベストテンは次のようになっていた。

■東京大学

1位
学振申請書の書き方とコツ
大上雅史/講談社/2500円

2位
スマホ脳
アンデシュ・ハンセン/新潮社/980円

3位
実力も運のうち 能力主義は正義か?
マイケル・サンデル/早川書房/2200円

4位
東大生が書いた問題を解く力を鍛えるケース問題ノート
東大ケーススタディ研究会/東洋経済新報社/1500円

5位
TOEFLテスト英単語3800
神部孝/旺文社/2300円

6位
「会社四季報」業界地図 2021年版
東洋経済新報社/東洋経済新報社/1300円

7位
独学大全
読書猿/ダイヤモンド社/2800円

8位
文部科学省
青木栄一/中央公論新社/900円

9位
52ヘルツのクジラたち
町田そのこ/中央公論新社/1600円

10位
民主主義とは何か
宇野重規/講談社/940円

■京都大学

1位
人新世の「資本論」
斎藤幸平/集英社/1020円

2位
問いの立て方
宮野公樹/筑摩書房/780円

3位
推し、燃ゆ
宇佐見りん/河出書房新社/1400円

4位
学術書を読む
鈴木哲也/京都大学学術出版会/1500円

5位
思考の整理学
外山滋比古/筑摩書房/520円

6位
学振申請書の書き方とコツ
大上雅史/講談社/2500円

6位
スマホ脳
アンデシュ・ハンセン/新潮社/980円

6位
実力も運のうち 能力主義は正義か?
マイケル・サンデル/早川書房/2200円

9位
戦後政治史
石川真澄、山口二郎/岩波書店/1040円

10位
文部科学省
青木栄一/中央公論新社/900円

■早稲田大学

1位
ヤバい経済学
スティーブン・D・レヴィット、スティーヴン・J・ダブナー/東洋経済新報社/2000円

2位
史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集 2023最新版
オフィス海/ナツメ社/1300円

3位
「会社四季報」業界地図 2021年版
東洋経済新報社/東洋経済新報社/1300円

4位
これが本当のWebテストだ! 1 2023年度版
SPIノートの会/講談社/1500円

5位
大学は何処へ 未来への設計
吉見俊哉/岩波書店/900円

6位
TOEIC L&Rテスト文法問題でる1000問
TEX加藤/アスク書店/2300円

7位
それをお金で買いますか
マイケル・サンデル/早川書房/800円

8位
東大生が書いた問題を解く力を鍛えるケース問題ノート
東大ケーススタディ研究会/東洋経済新報社/1500円

9位
実力も運のうち 能力主義は正義か?
マイケル・サンデル/早川書房/2200円

10位
人新世の「資本論」
斎藤幸平/集英社/1020円

■慶應義塾大学

1位
権力分立論の誕生
上村剛/岩波書店/6600円

2位
現代民主主義
山本圭/中公新書/860円

3位
「オピニオン」の政治思想史
堤林剣・堤林恵/岩波新書/840円

4位
公式TOEIC Listening&Reading問題集 7
ETS/国際ビジネスコミュニケーション協会/3000円

5位
「会社四季報」業界地図 2021年版
東洋経済新報社/東洋経済新報社/1300円

6位
方法としての史学史
成田龍一/岩波現代文庫/1620円

7位
これが本当のWebテストだ! 1 2023年度版
SPIノートの会/講談社/1500円

8位
労働組合とは何か
木下武男/岩波新書/900円

9位
史上最強SPI&テストセンター超実戦問題集 2023最新版
オフィス海/ナツメ社/1300円

10位
現役東大生が書いた地頭を鍛えるフェルミ推定ノート
東大ケーススタディ研究会/東洋経済新報社/1450円

 各大学のランキングは大きく異なり、特徴が出ていて面白い。一般的に売れているベストセラー、ロングセラーや、明らかに教科書販売シーズンの特需と思われるものがあるなかで、進路に関わる本も数多くランクインしている。

 京大を除く3つの大学で、ベストテンの中に東大が2冊、早稲田と慶應は4冊ずつと、大きな存在感を発揮している。早稲田にいたってはベスト3のうちの2冊が就活対策本だ。受験難関校であり、就活においても採用優先度の高いこれらの大学でさえ、就活への不安は強いようだ。

■東大で1位になったのは…

 東大で1位、京大で6位にランクインした『学振申請書の書き方とコツ』(大上雅史 講談社)が早慶では10位に入っていないのも興味深い。「学振申請書」とは日本学術振興会特別研究員に選ばれるための申請書のことを指す。これに選ばれると、数年にわたって研究費が支給されるので、アルバイトなどをせずに研究に専念できる。主に修士課程の学生が購入したのだろう。

 なお、東大・京大では月によっては『日本人研究者のための論文の書き方・アクセプト術』(エイドリアン・ウォールワーク 講談社)や『科研費獲得の方法とコツ』(児島将康 羊土社)など、明らかに大学院生や研究者のニーズに応えた本がベストテン入りする月もある。東大・京大においては研究者を目指すことが進路として存在感がある現状が現れている。

 前提として、各大学で売れる書籍は、必ずしもその大学や学生の「特徴」をあらわしているとは言い切れない。学生数や学部・学科の構成、教科書などの各科目で指定するものなどの影響を受けるからだ。大学生協がプッシュし、入荷量を増やし、「売れた」というよりも「売った」本も存在する。Amazonなどの通販や、各種古本流通、電子書籍など書籍の入手方法も多様化していて、大学生協の売上がすべてではない。とはいえ、各大学やその学生の特徴なども見えなくはない。

 この売れ筋就活対策本から見えてくるものは何だろうか。

 ランクインしている就活本は、SPI、WEBテストなどの一般的な就活対策本、業界・企業研究本の他、東大ケーススタディ研究会による「ケーススタディ」や「フェルミ推定」の本がランクインしている。

 いわゆる「上位校」の明確な特徴の1つは、就活難関企業、つまり総合商社、外資系のコンサル会社やIT企業の選考を突破するための就活本が売れているということだ。

■就活人気ベスト10企業を見ると

 たとえば、ワンキャリアが2021年3月1日に発表した「東大京大22卒就活人気ランキング」( https://www.onecareer.jp/articles/2573 )では、1位・三井物産、2位・野村総合研究所、3位・アビームコンサルティング、4位・KPMGコンサルティング 6位・三菱商事 9位・アクセンチュア 10位・ボストンコンサルティンググループというのが東大京大の学生が選んだ上位の人気企業だ。ベストテン以降も総合商社、コンサルティング会社が並ぶ。

 大学生協の売れ行きも、それを反映したものになる。『現役東大生が書いた地頭を鍛えるフェルミ推定ノート』のランクインは象徴的だろう。

 フェルミ推定とは、簡単に言うと「日本に蛍光灯は何本ある?」などを推定するもので、単に数が合っているかどうかではなく、未知の問題を思考する型や考える体力などが試される。外資系コンサルティング会社などでよく問われることで知られている。仮にこのような質問がでなくても、問題の本質を考えることにつながるスキルである。『独学大全』など、継続的に学び続けるための本のランクインも目を引く。

■「発想法」「プレゼン術」が目を引く慶應

 慶應義塾大学でも傾向は似ているが、とりわけ"社会に出てからも使えるスキル"に関する本が売れるのが慶應の特徴だ。「地頭力」や「発想法」、「プレゼン術」などのキーワードが目立つ。就職してからどう仕事で成果を出すか、さらにステップアップして転職するために、という世界観が見てとれる。

 早稲田大学では、同大学が強いと言われているメディア関連の対策本が売れていることが目を引く。業界の人気も大学によって異なるのだろう。

 もうひとつの意外な特徴は、上位大の学生でも「買わざるを得ない本」は存在するということだ。早稲田や慶應は受験で数学を使わない生徒も多いのでSPI対策本が売れるのはわからないではない。しかし京大の生協職員によれば、この月にはランクインしていないもののナツメ社のSPI対策本『史上最強SPI』シリーズは京大でも絶大な支持を受けているという。全大学での売り上げでは、36%をSPI対策本が占めている。

 東洋経済新報社の『業界地図』を筆頭とする業界研究本も「買わざるを得ない本」に含まれるだろう。『業界地図』は、東大、早稲田、慶應でランクインしている。

 上位校で安定した売上を誇る『業界地図』は、業界ガイド本としては、約75%のトップシェアを誇り、2位の日経を大きく引き離している。就活生のSNS上でも「これは読んだ方がいい」と必携書としてよく名前があがる。

 編集長の西澤佑介氏によると、『業界地図』のコンセプトは「大人社会の図鑑」。紙の良さを活かし、パラパラめくるワクワク感を意識しているという。

「『業界地図』は『週刊東洋経済増刊号』として約15年前にスタートしました。『会社四季報』の記者が全業界を執筆していることに加え、ルーツがビジネス雑誌であることがポイントで、一般読者にも興味を持ってもらえるようにと意識していて、たとえば地域別の人気企業ベスト3を取り上げたりもしています。

 もちろん、年に1冊の業界研究の"決定版"でもあります。特典として紙と同内容をWebで見られる電子版や、四季報オンラインや東洋経済プラスなど同社の有料サービスの体験版を添付するなど、情報をアップデートできる仕組みも作っています」

 大学をまたいで人気な本には、やはりそれなりの理由があるのだ。

■東大生は東大が好き?

 就活本だけでなく、一般書についても比較してみよう。前述したとおり、大学生協のランキングだけで各大学や学生の特徴を判断するのはやや危険だが、傾向は見えなくはない。この1年間の各大学のベストテンをもとに、一般書も含めた特徴を考えてみよう。

 東大に関しては、東大関連本がベストテンによくランクインする。この1年で特徴的だった本といえば、2020年11月に1位となった『猫と東大。』(東京大学広報室 ミネルヴァ書房)である。12月にも4位にランクインしている。東京大学の広報誌『淡青』の特集をもとにした企画である。東京大学と猫の写真を紹介しつつ、猫に関する研究や猫を愛する関係者、さらには猫にまつわる学内の美術品を紹介する本である。

 その他、履修科目に関係したものとも考えられるが同大学の教員がリリースした本が売れている。

 東大生の官僚離れが叫ばれているが、官庁関連の書籍がランクインしたりもする。『文部科学省』(青木栄一 中央公論新社)などがそうだ。

 京大は人文、特に哲学関連の本がよくランクインする。たとえば、ベストセラーとなった『人新世の「資本論」』(斎藤幸平 集英社)も、この4大学の中でベストテン入りした回数が最も多い。その他にもランクインした人文書は多い。ロングセラーの『思考の整理学』(外山滋比古 筑摩書房)は、年間を通じて何度もベストテンに入っている。

 早稲田は、文学書の存在感が目立つ。芥川賞や本屋大賞を受賞した作品は上位にランクインしている。また、就活本以外にもTOEICなど英語関連の本が数多くベストテン入りするのも特徴だ。

 慶應では昨年、年間を通じて『人生は20代で決まる』(メグ・ジェイ 早川書房)が何度も1位を獲得した。就活対策本以外のキャリア、スキル関連の書籍がランクインするのが慶應の特徴だ。そのほか、サンデル関連の本が年間を通じてよく売れている。

 最後に。就活対策本が有名大学の大学生協で売れていることに対して「嘆かわしい、もっと高尚な本を読んでいてほしい」と思う人もいるかもしれない。私も以前、この手の本を書いたことがあり、それだけで「就活生を食い物にしている」と批判されたこともある。

 だがこの手の就活本の歴史は古く、昔も今も学生たちは進路に悩み、ヒントを求めていたということも事実だ。この手のものを一切読むな、自分の頭だけで考えろというのも酷な話であり、大人のエゴである。就活本が社会への扉を開くこともあるのだ。

 若者の読書離れが指摘されており、実際、書籍の購入数や読書にかける時間などは低下していると言われる。とはいえ、読んでいる学生は結構な難易度の本を読んでいる。

 大学生協での就活書籍の売り上げ自体は、2020年度はコロナウイルスショックを受けて大きく低下している。

 学内で開催されるはずだった合同企業説明会などの就活支援イベントも中止や規模縮小が相次いだ影響を受け、就活対策本の売上は2019年度に対してマイナス48.2%とほぼ半減した。この影響は都市部ほど大きく、東京は対前年比でマイナス65.9%減だったが、東北はマイナス18.7%、北海道はマイナス22.9%、九州はマイナス27.7%だった。

 いまや、就活対策のノウハウは、ネット上でも手に入る。現役学生を含む就活・キャリア支援YouTuberや、Twitterの就活支援アカウントなども情報源として台頭してきている。とはいえ、診断テスト対策や業界研究に関しては書籍ならではの専門性、使いやすさが根強く活きているということだろう。

 出版社のシェアでみると、トップが東洋経済新報社の19.0%。四季報シリーズや、業界地図などのシリーズで知られている。2020年度は対前年比で3.1ポイントのシェアアップとなった。2位以降は成美堂出版(17.3%)、高橋書店(14.2%)、講談社(13.8% ※旧洋泉社の就活対策本を承継)などが続いている。

 大学生協のスタッフにはいつも熱を感じる。彼ら彼女たちこそが、若者の未来の扉を開く、背中を押す存在だ。ぜひ、たまに大学生協のランキングを覗いたり、近所の大学の書籍コーナーを訪問してみてほしい。そこには、知的な刺激がきっとある。

(常見 陽平/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)