「小室圭さんが“嫌われている感情”を回復するために」プロのスピーチライターが考える“記者会見のテクニック”

「小室圭さんが“嫌われている感情”を回復するために」プロのスピーチライターが考える“記者会見のテクニック”

小室圭さん ©JMPA

〈「小室圭さんは炎上を恐れず、記者会見を開くべきです。それが現状を前に進める唯一の道だからです。しっかりと越えるべきハードルを越えれば、事態を好転させられる可能性は十分にあると考えています」(蔭山洋介氏)〉

 4月8日に小室圭さんが自身の母親と元婚約者間の金銭トラブルについて説明するために、A4判28枚にも及ぶ文書を発表した。しかし、その文書をめぐって批判が集中すると、わずか4日後には元婚約者に対して解決金を支払う意向を示した。婚約延期から3年以上が経過するが、昨年の会見で秋篠宮さまがおっしゃった「多くの人が納得し喜んでくれる状況」とはほど遠いのが現状だ。

 5月に米フォーダム大学のロースクールを卒業した小室さんは7月にニューヨーク州の司法試験を受け、その後、帰国する可能性も囁かれている。しかし、秋篠宮さまがおっしゃった「それ相応の対応」を果たすには、文書ではなく自らの口で国民に説明すべきだという声も上がっている。

 プロのスピーチライターであり、一部上場企業や政治家の会見のサポートもする蔭山洋介氏に、小室さんがもし記者会見を開く場合、どのように答えるべきか、くわしく聞いた。

■忘れてはならないのは、「会見は魔法ではない」こと

 私は、スピーチライターとして記者会見の支援をさせていただく仕事をしています。スピーチライターというと、一言一句を修正し、人の心を動かす表現や言い回しを考えるものだと思われがちですが、実は言葉以上に大事なのは、会見を開く前に話すべき内容を整理する事前準備にあります。

 忘れてはならないことは、「会見は魔法ではない」ということ。どれほどの美辞麗句を並べ、人の心を感動させるコメントをしても、事実として「なかった」ことを「あった」ことには出来ないのです。うわべだけを繕っても人間は案外だまされないものです。すぐに「ああ、この人は嘘をついているな」と見抜かれてしまいます。

 もし、小室さんの側に嘘や、不誠実さがあれば、それは見抜かれてしまって、ご結婚を前に進めるための会見を開いても、それが逆の結果に結びつくということは十分にありえます。

 たとえば、最近でも会見で本音が出てしまい、失敗してしまった例がありました。東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長の会見です。

■森喜朗氏の会見は何が「ズレていた」のか?

 2月3日に行われた日本オリンピック委員会の臨時評議員会で森氏が「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」と発言。この発言が女性蔑視にあたるということで批判が高まった結果、翌日に謝罪会見が行われました。

 しかし、会見で記者が「オリンピック精神に反するという話もされたが、そういう方が組織委員会の会長であるのは適任なのか」と質問を投げかけると、「あなたはどう思いますか」と森氏がキレ気味に逆質問をする場面がありました。これでは森氏がいくら女性蔑視発言について「反省している」と述べても、本心では全く反省していないと思われても仕方ありません。

 謝罪会見では、何が問題視され、何を謝罪すべきなのか、その認識を示すことが基本中の基本です。当時森会長が問題視されたのは女性蔑視はいけないという『認識』を持っているかであって、どう『表現』したかではありませんでした。それにもかかわらず、冒頭で『五輪精神に反する不適切な表現であった』と『表現』について謝罪したのはズレていたと言わざるを得ません。

 その結果、会見を開いたにも拘わらず、森氏への批判はむしろ拡大し、森氏は結果的に組織委員会の会長の退任を余儀なくされました。

■国民の疑念は「400万円の借金問題」と「小室さんのお人柄」

 小室さんは、謝罪ではなく説明が必要な立場だと思いますが、もし世間が疑うような不誠実な人間ではないのだとすれば、この森氏と同じケースに陥ることは絶対に避けなければなりません。逆に、小室さんが世間が疑うような不誠実な人間であるなら、そのことがやはり明らかになるべきです。

 では、もし会見を開くとして具体的に小室さんはどんな問題を解決しなければならないか、についてです。小室さんの場合、多くの国民が彼に対して“疑念”を抱いている、その根幹にあるのは「お母様の400万円の借金問題」と、それを発端とする「小室さんのお人柄への不信」という2点に集約されるのではないかと思います。この状況において、秋篠宮殿下が言うような「多くの人が納得し喜んでくれる状況」を作り出すためには、私は何より「感情的回復」が必要になると考えています。

「感情的回復」は、「論理的回復」という言葉と対になる概念です。小室さんのケースを例にとると、小室さんが論理的回復を果たすというのは、小室さんが主張していた400万円は贈与である、ということが論理的に間違っていないことが伝わることにほかなりません。この借金問題については、先日の文書で小室さんは「論理的に問題がない」と反論されていました。しかし、その文書に説得力があるかどうかは、小室さんの状況を改善する上であまり重要ではありません。

■小室さんに求められているのは「感情的回復」

 なぜなら、小室さんに求められているのは「感情的回復」だからです。「感情的回復」とは「お前のことを嫌いだ」というような感情的なもつれに対して、その嫌われている感情を回復する作業です。そのためには文書ではなく直接会って話すことが大切になります。

 仮に誰かと喧嘩をした際に文書だけで謝られるのと、直接会って話すことでだんだんと打ち解けていくのとでは、相手の「許してやろう」という感情が生まれてくる度合いが違います。繰り返し繰り返しコミュニケーションを取り続けることが、感情的回復の基本です。

 裁判だったら文書で正当性を主張するわけですが、多くの人に説明するという「公共コミュニケーション」の場合、文書だけの説明は感情の回復に対してとても効力が弱い。だからこそ、大勢の人に説明や謝罪をする手法として記者会見が繰り返し行われてきているのです。小室さんも国民との間にある感情のもつれを回復するのには、まずは記者会見を開くこと、そして会見を起点にその後のインタビューに応じることが必要になってきます。

 28ページの文書から推察するに、小室さんは自分たちが間違っていないことを主張することで、感情的回復が図られると思っているのかもしれません。しかし、論理だけで戦っても、感情的回復は実現できないのです。長い文書を書くよりも、何度も挨拶に行くことの方が、シンプルで強力なコミュニケーションの手段になります。

 小室さんは、口頭での説明を避けてきたことで、皇室をはじめ多くの国民に心配をかけ、心を「傷つけていること」を理解し、その回復に努めなければなりません。

■会見前を開くために最初にして最大のハードル

 こういったコミュニケーションを実現するために、まずは小室さんが、論理的回復ではなく感情的回復に努めるのだという「意識改革」を会見の前に行う、この下準備が何よりも重要です。しかし、小室さんがそのような態度でコミュニケーションを図りたいと思ったとしても、狙い通りの会見を開くためにはいくつかのハードルがあります。

 まず、最初にして最大のハードルが直接的な関係者である皇室側と事前にしっかりとコミュニケーションをとることです。当たり前のことかもしれませんが、このコミュニケーションがしっかりととれないのであれば、ご結婚に向けて前に進むために会見を開くことができません。皇室側から「会見を開いて欲しくない」と言われれば、それを押し切って会見を開くのは極めて難しくなるからです。また、仮に感情の回復を目指して会見を開くことに合意が取れたとしても、宮内庁などと連携が取れなければ厳しい結果となるでしょう。

 例えば、小室さんがアメリカから帰国するとなれば、メディアも空港に駆け付けるでしょう。そして、その場で小室さんが独断で会見を開いてしまう、これは最悪のパターンです。

■小室さんが独断専行で起こしてしまった「大失敗」

 実はすでに小室さんはこの独断専行による「失敗」をしてしまっています。28枚の文書を発表したその日に宮内庁長官が「非常に丁寧に説明されている」と会見で述べていました。おそらく、文書を出すことについては宮内庁と事前に話が通っていたのではないでしょうか。ところが、世間の反発を受けて、文章を発表してからわずか4日後、解決金を支払わない意向であると思われていた小室さんが「解決金を支払う意向」であることを代理人弁護士を通して示すと、宮内庁は今度は「(小室さんからの連絡は)事前にありませんでした。事後も話を聞いていない」という見解を示しました。

 これが大失敗でした。本来であれば、「解決金を支払う意向である」ということを発表してもよいかどうかについても、事前に宮内庁と相談しておいて、小室さんがコメントを発表してすぐに、宮内庁が「その方向が一番いい解決方法ではないか」と発表するといった具合に、事前に緊密に連携をとっておくべきだったのです。結果的に、「結局あの文章を発表して、何がしたかったのか。切実に名誉の問題だと言っておきながら、簡単に翻してしまうほどなのか。小室さんの発言はやっぱり信用ならない」とさらなる反発が生まれてしまったわけです。小室さんは「同じ轍」をもう二度と踏まないようにするためにも、宮内庁を始めとする皇室側との緊密な連携を取り続けることが大事です。

■会見でいきなり過去の過ちを謝罪しても意味がない

 宮内庁との連携がとれたなら、次に解決すべきハードルは「人格問題」です。事の発端である金銭トラブル以外にも、小室さんは過去に週刊文春と文春オンラインで 小学生時代、そして中学・高校時代にも同級生に対して、いじめを行っていた と報じられています。記事の中では被害者たちも取材に答え、小室さんから投げかけられた「学校来るな!」「キモい!」という言葉が今でもトラウマになっていることを明かしました。こうした報道によって、今となっては最初に報じられた金銭問題以上に小室さんの誠実さについて首をかしげている方が多いのではないでしょうか。

 人間は誰でも過ちを犯すものです。だからこそ、過去に起こしたことはしっかりと謝罪しなくてはいけない。重要なのは、会見でいきなり過去の過ちを謝罪しても意味がないということです。事前に当事者としっかり向き合って“和解”しておく必要があります。つまり、会見では「過去に私は過ちを犯しました。しかし、そのことを十分反省し、当事者であるAさんには帰国した後、直接会い、謝罪させていただきました。最初は会うことも拒絶されていたAさんですが、最後には『もうこの話は水に流そう。幸せになってくれ』と言ってくれました。それで私が犯した過ちが消えるわけではありませんが、今後もAさんには誠心誠意向き合っていくつもりです」と、これはあくまで例ですが、具体的にこの問題が解決済みであることを伝えるのです。

■母親の元婚約者との間の金銭トラブルについてはどう答えるべきか

 これは小室さんの母親と元婚約者との間の金銭トラブルについても同様です。こちらの問題は元婚約者の方が、4月27日に「金銭問題は終わったことだと考えておりましたので一連の出来事に関しては大変困惑いたしました」と代理人を通して述べるなど、かなりこじれており、会見をする前に和解することは難しいかもしれません。

 しかし、少なくとも、和解に向けて呼びかけを行うこと、可能であれば話し合いのテーブルを持つことが大切です。会見を開けば、当然この借金問題についての説明が求められるからです。ここで、解決していることを話せればいいのですが、解決していなくても誠実に対応していることを伝えれば、大きな問題にはならないでしょう。

 当然のことですが、ここで和解していないのに「和解した」と嘘をついては絶対にいけません。後に当事者から不満が出てきてしまえば、さらなる批判が巻き起こります。繰り返しになりますが、会見は魔法ではない。なかったことをあったことには出来ないのです。

■嘘はつかず、間違った行いがあれば認めて謝罪をする

 2018年7月にフォーダム大学のHP上に小室さんが「fiance of Princess Mako」、つまり眞子内親王の婚約者が入学すると発表されました。これに対し宮内庁は、すぐさま眞子様のフィアンセではないと伝達すると発表しました。このことについて「小室さんがご自身でフィアンセだと大学側に伝えたのですか?」と会見で質問がとんだとしましょう。本当に一切伝えていないのであれば「自分では一切伝えていません」と答えれば済む話です。新聞報道などを見た関係者が、大学の宣伝として表現をした可能性も十分あります。

 しかし、実はアプリケーションフォーム等に記入していたというような場合、そう答えるのは最悪の回答です。説明した後にアプリケーションフォームが出てきてしまい、嘘がばれてしまう。こういったことは絶対にやってはいけません。間違った行いがあれば、認めて謝罪をする。会見でよい方向に向かうには小室さんの発言がすべて正しいことが前提です。嘘がたくさん入り混じっていては、悪い方向に向かってしまうだけです。

 以上のように、まず何より重要なのは、会見を開く前に事前準備を万端整えることです。実は会見というのは「開く前に終わっている」もの。今述べたところまで準備ができれば、国民が抱いている小室さんへの悪感情もある程度取り除くことができるでしょう。

■もはや2人だけの問題でなく皇室全体に関わる問題

 ただし、もう一つ重要なのが、小室さんが会見で説明すべき相手は一般の方々、つまり国民であるという自覚を持つことです。2017年に眞子さまと一緒に行った婚約内定会見の時のように誰もが分かる言葉遣いが求められます。論理で武装して、相手を説き伏せにいくような態度をとれば、国民はたちまちそっぽを向いてしまうでしょう。

 ここまで眞子さまとの結婚問題が長期化し国民の反発が強い以上、一回の会見で状況が変わるとは考えにくいと思います。会見後にメディアからの単独取材の場を求められれば、しっかりと対応をする。そうして複数回にわたり、自分の言葉でしっかりと繰り返し国民に説明する必要があると思います。

 私は今の状況は眞子さまと小室さん、そして皇室全体についてもよくないと感じています。今年2月に天皇陛下がお誕生日に際した会見で「眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し喜んでくれる状況になることを願っております」とご発言されました。もはや2人だけの問題でなく皇室全体に関わる問題になっています。

 小室さんも無事に国際弁護士の資格を取得できれば、これから自分がどのように眞子さまを幸せにしていくのか、ようやく具体的に説明できる段階にくるということではないでしょうか。会見はあくまでスタートに過ぎないのです。感情の回復は点ではなく線で行うものです。お二人が結婚を強く望むのであれば、誠実な対応で根気強く向き合う、それにつきると思います。

(蔭山 洋介/Webオリジナル(特集班))

関連記事(外部サイト)