「目が慢性的に紫外線を浴びていると…」眼科医がサングラス着用を勧めるワケ

「目が慢性的に紫外線を浴びていると…」眼科医がサングラス着用を勧めるワケ

「目が慢性的に紫外線を浴びていると…」眼科医がサングラス着用を勧めるワケの画像

日本人が知らない、“夏の必需品”サングラスの新常識とは から続く

 そろそろ梅雨も明け、本格的な夏が到来する。日差しが強くなるのに加え、海や山などアウトドアでのレジャーも増えるシーズンだ。降り注ぐ紫外線に対して、肌は日焼け止めなどで対策をしながらも、目については無防備な人も多いのではないだろうか。

 ここでは紫外線が目に与える影響や、その対策について新宿シティ眼科院長の小川葉子先生に話を訊いた。

■意外と知られていない、紫外線の目への影響

??これから夏になり、日差しが強くなってきます。「サングラスで紫外線から目を守りましょう」などと言われますが、なぜそうすべきなのか具体的には知られていないように思います。

小川 そうですね。まず紫外線についてご説明しますと、地表表面に到達する紫外線は、UVAとUVBに分けられます。UVAは315〜380nm、UVBは280〜315nmの波長帯で、これらは可視光線よりも波長が短く目には見えないものです。UVBは角膜で吸収され、UVAは水晶体で吸収されるとされています。

??目に見えないということは、眩しさを感じていなくても目は紫外線にさらされているということですね。とくに紫外線が強いのは、やはり夏なのでしょうか。

小川 1年のうち5月から8月にかけては紫外線の量が多く、UVBに関しては7月8月がピークとなります。1日のなかでは、太陽の高度が高くなる10時〜14時に紫外線量が多くなると言われています。

??なるほど。では、紫外線によりどのような影響があるのでしょうか。

小川 長時間にわたり過度な紫外線にさらされると、急性もしくは慢性の紫外線障害が生じることがあります。前者は、急激かつ集中的に紫外線を浴びたときに起こるものです。たとえばその一つが、角膜(黒目)の日焼けである、「紫外線(光線)角膜炎」です。晴れた日にスキーをした後、目の痛みや充血などが起こる「雪目」もこのひとつにあたります。これからの季節だと、一日中海やプールで太陽光を浴び続けるようなときも注意する必要があるでしょう。

 痛みがしばらく取れない場合は、ぜひ早めに眼科を受診されることをおすすめします。何らかの理由で角膜の修復異常が起こってしまうと、傷が残ったり慢性化したりする恐れがあります。

■長年紫外線を浴び続けてきたことが原因になる病気も

小川 また、紫外線を慢性的に浴びることで引き起こされる病気もあり、これらについては紫外線の累積量が重要となります。たとえば、目の表面の慢性炎症性疾患である「翼状片」などがその例で、屋外で多くの時間を過ごす職業に従事している方は、気を付けたほうがいいでしょう。黒目に隣接する白目が黄色っぽくなったり、隆起したりする「瞼裂斑(けんれつはん)」も、紫外線が原因のひとつと言われています。

 さらに、白内障や加齢黄斑変性症についても、紫外線がすべてではないですが、要因のひとつにはなり得ると言われています。これらの病気は加齢に伴い発症するため、若い頃に紫外線を浴び続けたからといってすぐに自覚できるものではありません。また、最近では紫外線がドライアイの要因のひとつという報告も出ています。

??紫外線の累積量によって引き起こされるとなると、これらの病気を予防するためには、日頃から目に入る紫外線を防ぐことが大事になりますよね。「過度な紫外線は浴びないように」などと言われますが、“過度”とはどれくらいのことをいうのでしょうか。

小川 はっきりとした数字で表すのは難しいのですが、先ほど説明した急性の眼病の予防という点については、日常生活で浴びる程度の紫外線なら問題ないでしょう。ただし、ゴルフやテニスといった屋外で2〜3時間以上行なうスポーツ、また直接光の反射を目に受けたりするスキーに加え、夏の海やプールサイドなどで過ごすときはサングラスなどで防御をしたほうがいいですね。

 日差しが強い夏はもちろん、紫外線は一年中降り注いでいますから、慢性的な影響を予防するという観点では、年間を通じてある程度対策をされたほうが望ましいかもしれません。

■コンタクトよりもサングラス・メガネがベター

??やはり目に入る紫外線を防御するという点では、サングラスが有効なのでしょうか。

小川 眩しさも同時に防ぎたいということであればサングラスが有効です。ただし、必ず紫外線カット効果の高いレンズを搭載したものを掛けるようにしてください。紫外線カット効果のあるものなら、メガネでも大丈夫です。

 いずれも、あまり顔の形に合っていないものを掛けるとズレた隙間から紫外線が入ってきてしまうので、フレーム選びも大切なポイントです。専門性の高い眼鏡店に相談することをおすすめします。

??ちなみに、コンタクトでも紫外線はカットできるのでしょうか。

小川 UVカット機能を謳っているコンタクトもありますが、メガネと同等程度の防御は期待できません。というのも、コンタクトはいわゆる黒目と言われる角膜上で装用しますから、白目の部分は守られないんですね。たとえば先ほど申し上げたドライアイについては、紫外線により白目の上皮が傷つき、涙の成分の分泌が損なわれることが生じる要因のひとつとされています。

■太陽光を浴びることによるメリットも

??なるほど。ここまで紫外線による影響について伺ってきましたが、一方で紫外線はある程度浴びたほうが良いとも聞いたことがあります。

小川 おっしゃる通り、紫外線を過度に恐れ過ぎて、まったく太陽光を浴びないというのも問題です。たとえば紫外線を肌に浴びることでビタミンDが生成されます。これが不足すると血中のカルシウムが不足するため、骨からカルシウムが溶けだし、骨粗しょう症を引き起こすと言われているんですね。また、昼間に太陽の光に当たることでサーカディアンリズムが整うと、質の良い睡眠を促すとも言われています。

??最近では、小児眼科学会や日本眼科学会などから、十分な太陽光を浴びない場合、小児の近視進行のリスクが高まるとの見解も出されていましたね。

小川 バイオレットライトといわれる、紫外線の手前のもっとも短い可視光線である360nm〜400nmの波長には近視を抑制する効果があるという基礎研究の結果があり(Jiang X, 鳥居秀成、栗原俊英、坪田一男,et al. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A. 118, e2018840118 (2021))、最近、「サイエンス」という国際誌にもEditor’s Choiceとして取り上げられました。とくに発育段階にあるお子さんは、この太陽光を浴びることが心身の発達にも好影響を与えるとされていますので、過度に太陽光をカットするのは良くありません。つばの広い帽子をかぶるなどして、直射日光は避けるようにしながら外遊びをするとよいでしょう。

 このように太陽光は心身の健康のために欠かせないものでもありますが、やはり過度な紫外線を浴び続けることは避けたいところです。日傘や帽子、そしてサングラスやメガネを活用して、紫外線と上手に付き合うようにしてください。

写真=今井知祐/文藝春秋

INFORMATION

【取材協力】
新宿シティ眼科
住所:東京都新宿区新宿3-28-2 ルナージュビル4F
電話:03-3356-1488
火曜休診
https://www.shinjuku-city-ganka.jp/

(伊藤 美玲)

関連記事(外部サイト)